14718028

古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

はじめに

古文単語や古文文法、敬語、古文常識など、古文は学習すべき内容がたくさんあります。それゆえ古文は多くの受験生が苦手科目として行き詰まってしまう、代表的な科目です。
そこで市販される参考書や問題集を使って勉強法を定める、という方法で古文を学んでいくのも1つの手段です。本本番までに力をつけて、センター古文や難関私大の問題などを解けるようにしましょう!

本記事では、GMARCHや早慶などの私立大学を志望する方におススメの、古文参考書を紹介します。下記の参考書を上手く利用して、難関大学合格を実現しましょう!




古文の勉強法

15082833

ここでは、古文のおすすめの勉強法をお伝えします。センターレベルの内容から学習することで着実に読解力、解答力が身につくので段階的に取り組んでみてください。

まず、センター古文レベルの勉強についてです。いわゆる古文の基礎に当たる部分をマスターするのが目標です。きちんとした文法・語法の知識に基づいて、1300字程度の長文をしっかりと読めることを目標にしてください。過去問の具体的な使い方としては、まず20分で問題を解いてみること。そして答え合わせの上、間違えた設問における解答の導き方の確認を徹底的にすることが重要です。最後に、じっくりと時間をかけて、文章全体について、主体や客体を確認しながら、内容がきちんと理解できるように復習してください。

次に、難関私大レベルを意識した勉強についてです。私大の過去問でも同様に、問題を解きっぱなしにせず、最後に復習し、文章の内容を理解するということを忘れないようにしてください。この作業を繰り返すことで、少しずつ古文読解の方法を体で覚えることができるでしょう。

古文の勉強でおすすめの参考書・問題集

15085966

古文の学習に比較的多くの時間を割けるであろう私大志望の方への参考書として、以下の6つを挙げます。

*これらのうち『古文読解教則本』と『古文の読解』は、研究者の著した参考書です。特に、『古文の読解』は名著と言っていいでしょう。これ一冊で受験勉強をカバーするのには骨が折れますが、文法や単語を一通り学んだ後、読み物としてこれを少しずつ味読すれば、古文に関して怖いものはなくなると言っていいでしょう。

自分に合った参考書選びを行い、効果的な学習を行いましょう!

8624655
参考書名
富井の古典文法をはじめからていねいに 大学受験 名人の授業シ
著者
富井 健二
ページ
293ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
19788170?w=80

高1の頃学校の授業がゴミだったので これ&富井の古典読解はじてい&ゴロゴを 使ったら古文を驚くほど読めるようになった。 漫画チックなので誰でも理解できると思う。

12213173?w=80

本当に古典ボロクソだったけど、 ある程度まで理解できるようになった! ただ、これ一冊で完璧!って感じではない

9992529?w=80

すべての古典文法にお勧めします! (望月先生の古文教室は完全初学者向け、本当に古典がダメな人は望月→富井もあり) 基礎的なところ(活用とか)とか入試に必要な文法事項(識別とか)までマスターできます。 問題は少しかないけど例文や別冊のまとめ集で覚えればなんとかなると思います。 本書中でも富井先生が仰られるようにマニュアルは絶対では無いことを頭に入れといてください。

レビューをもっと見る
524960
参考書名
古文読解教則本[改訂版]―古語と現代語の相違を見つめて (駿台受験シリーズ)
著者
高橋 正治
ページ
117ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
9186442
参考書名
改訂版 元井太郎の 古文読解が面白いほどできる本
著者
元井 太郎
ページ
318ページ
出版社
KADOKAWA/中経出版
Btn amazon
18665775?w=80

マジ神

15284067?w=80

代々木ゼミナールの鬼才古文講師、元井太郎氏渾身の書き下ろし。 メイン層は、”早稲田上智などの最難関私大”、”旧帝大〜の最難関国立大”を目指す難関大受験者である。 というのも著者である元井太郎氏は「高学歴至高主義」の持ち主であるため、それ以下の大学に進む事はすなわち「死」であると考えるからだ。 彼に言わせれば、”GMARCHはFラン、ゴミゴミ、ゴミっすよ”と一蹴である。 東京大学大学院人文科学研究科国語・国文学専攻博士課程満期退学と、9年近くを日本最高学府の東京大学で過ごした経歴が彼をそうさせたのかもしれない。 確かに今の日本は学歴社会と呼ばれるだけあって、より良い大学に進む事は幸福な人生を歩むこととイコールなのかもしれない。 しかし私は、日本人は学歴を追い求めるあまり「大切な何か」を忘れている気がしてならないのである。 詰まるところ私が言いたいことは、『元井太郎を信じろ。』

レビューをもっと見る
1632873
参考書名
図解古文読解講義の実況中継
著者
山村 由美子
ページ
313ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
4559
参考書名
古文の読解 (ちくま学芸文庫)
著者
小西 甚一
ページ
536ページ
出版社
筑摩書房
Btn amazon
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    14717775?w=120

    古文参考書問題集6選!GMARCH志望の方は文法・単語から学ぼう!

    15825492?w=120

    【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

    14718028?w=120

    古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

    15835108?w=120

    【古文】「源氏」でわかる古典常識の使い方と特徴

    15950292?w=120

    【古文】古文上達 読解と演習56の使い方と特徴

    15906059?w=120

    【古文】最強の古文 読解と演習50の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay