14647647

【日本史の覚え方】大学受験対策!早大生が教える参考書・問題集別勉強法

はじめに

日本史の勉強法に困っている。
センター日本史で満点を取りたい。

そんなあなたは、本記事が紹介する「合格者が実際に使った」オススメの参考書別の勉強法で、日本史の偏差値をぐんぐん伸ばしましょう。

日本史は単純な暗記作業だと思われがちですが、勉強の方法に「効率的な学習のルール」を設定することで、同じ時間でもより成果の高い勉強を行うことが可能です。

本記事を読んで、参考書を使った効率的な勉強方法を実践しましょう!

偏差値~40

14641153

日本史の学力が偏差値40以下の受験生は、単純に「これまで日本史を勉強してこなかった」ことが現在の低学力の原因です。受験勉強は「できない」ではなく、「やってきてない」ことが低い偏差値を出してしまうメジャーな原因なのです。そのため、「自分は勉強ができない」と落ち込む必要は全くありません。日本史の偏差値が40に満たないあなたは、まだ日本史の初心者です。まずは大学受験の日本史の勉強に有効な「勉強に関する知識」を手に入れましょう。

ここでは、センターと私立大学の入試問題の違いや、効率的な学習を実践するための方法を紹介します。

センター日本史・私立大学との違い:「流れ」か「知識」か

[センター試験]
センター試験は、マーク式の試験です。全問選択式のため、私立大学の入試問題のような記述式より易しいと考えがちですが、問題の特徴に対応した勉強ができるかによって得点が大きく変わってきます。

センター日本史試験は、より歴史の「流れ」を理解していることを受験生に要求します。つまり、単純な知識を問うだけでなく、出来事の因果関係や前後関係を把握しているかどうかを試してきます。そのため、一問一答的に「知識」だけを頭に入れていても、本番の試験で得点することが難しいのです。

日本史でセンター7割、8割、9割、満点といった高得点を狙うのであれば、歴史の流れを意識したレクチャー系の参考書を使用して学習を進める必要があります。

また、センター日本史試験では、例年大問によって出題範囲がある程度決まっています。

大問1: 全時代を範囲とするテーマ史
大問2: 原始・古代
大問3: 中世
大問4: 近世
大問5: 近現代
大問6: 近現代

また、史料や図版、地図やグラフなどを使った、多様な問題が出題される傾向にあるため、史料集を使って対策をしておくことも重要です。

[私立大学]
一方で、MARCHや早慶上智などの私立大学ではより「知識」が問われる傾向にあります。もちろん、大学・学部によって問題の傾向も出題範囲も様々ですが、総じてセンター試験より「深い」レベルでの知識が問われます。私立大学の日本史対策としては、「広く深く」日本史の知識を得ていくことが重要です。

センター日本史と私大の日本史の注意すべきもう一つの違いは、私大が記述問題を多く出題するということです。つまり、受験生のあなたは日本史の出来事や人物名を「覚える」だけでなく、「書ける」ようにしなければなりません。日本史の試験に頻出する事件や人物名は難しく、複雑な漢字が多いため、意識して覚えていかなければいけません。

また、大学によっては論述問題もあるため、個別の対策も必要になります。志望大学・学部の問題を可能な限り早めに知り、対策することが重要です。

日本史の効率的な勉強の理論:「インプット(覚え方)」と「アウトプット(問題演習)」

日本史は単純で退屈な暗記作業という印象の強い科目ですが、効率的な学習の理論を応用した勉強法を実践していくことで定着率(勉強したことを覚える度合)を上げることができます。

日本史に限らず、英単語や古文単語などの知識系の学習をする際に意識するべきなのが、「インプット(入力)学習」と「アウトプット(出力)学習」の考え方です。

インプット学習は、「知識を取り入れる」学習であり、教科書を読むことや講義を受けること、ノートを眺めて日本史の用語を暗記する活動がこれに当てはまります。

アウトプット学習は、「知識を外に出す」学習であり、問題集を使っての問題演習や過去問を解くような学習活動がこれに当てはまります。

「良い学習=効率の良い・学んだことの定着率の高い学習」は、このインプットとアウトプットのサイクルが短期間で多く回転している学習です。つまり、「知識を得て、演習で試す」、「演習によって漏れていた知識を認識し、もう一度暗記学習に取り組む」といったサイクルを回すことで、効率よく学ぶことができるのです。

努力して長時間勉強しているにも関わらず、偏差値がぜんぜん上がらない受験生の多くは、「インプット学習」ばかりを行っている傾向にあります。つまり、知識を暗記する学習はするものの、「何を覚えて何を忘れているのか」を知ることに取り組まないのです。

このような、「偏った」学習が「現状の学力」に対するcheckのないまま、「弱点を潰す」という明確な目的のない、曖昧な勉強習慣を生み出してしまうのです。

教科書や参考書、ノートを使用して知識の「インプット」を行ったら、問題集を使った「アウトプット」にも取り組みましょう。学力によって、「インプット」と「アウトプット」のどちらかに集中すべき時期というのはあり得ますが、基本的には両方の学習を意識した勉強をしていくことが重要です。

偏差値40~偏差値50

14647584

さて、センター日本史と私大日本史の違いを知り、効率的な日本史の勉強法を知ったあなたは、本格的に勉強を開始してぐんぐん偏差値を上げていく準備が整ったと言えます。

日本史は知識科目なので、極端に言えば保有する知識が増えるほど偏差値は向上するはずです。ここでは、偏差値40から偏差値50のあなたが、どのように勉強していくべきかについて紹介します。

日本史の「流れ」学習:歴史の理解

まず、歴史の「流れ」を知るための学習をしていきましょう。確かに、日本史は知識の量が点数に反映されやすい科目ではありますが、歴史の「流れ」を理解せずに行う暗記学習は効率が非常に悪くなります。

なぜなら、人間の脳は事象と事象の関連性によって記憶の定着が高まるようになっているからです。日本史の出来事の前後の背景や詳細なエピソード、「なぜそうなったのか」を知らずに単発の知識だけを覚えようとしても、無味乾燥で効率の悪い学習になってしまいます。

日本史は、深く学べば非常に面白い科目です。私達の祖先と国が、何を考え、どのように生きてきたかを理解することは非常に重要ですし、数々のドラマに出会うことができます。「戦国時代」や「明治維新」など、歴史のターニングポイントとなる時期の出来事や人物には、必ず背景があります。それらを学ぶことは、机の前でガリガリとノートに用語を書き起こす作業よりもずっと興味深いものです。

歴史の「流れ」を理解し、センター日本史試験に備えると同時に、後の暗記学習の効率を高めるための土台を固めましょう。

「流れ」を把握するための参考書として、下記のシリーズがオススメです。

『石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)』
『石川晶康 日本史B講義の実況中継(2)中世~近世 (実況中継シリーズ)』
『石川晶康 日本史B講義の実況中継(3)近世~近代 (実況中継シリーズ)』
『石川晶康 日本史B講義の実況中継(4)近現代 (実況中継シリーズ)』

このシリーズは、読んで楽しめる内容になっている、「流れ」を学ぶための参考書です。学校の授業で学んでも良いのですが、それらよりずっと早く(自分のペースで)歴史に触れることができます。

集中的に読み込んで、日本史の「流れ」をおさえてしまいましょう。偏差値のなかなか向上していかない受験生の特徴として、勉強計画が「他人任せ」であるというものが挙げられます。
あなたは、学校が決めたスケジュールや、友だちにすすめられたスケジュールに沿って学習を行っていませんか?
そのスケジュールは、あなたが合格を掴むために「ベスト」なものですか?

残念ながら大抵の場合は、そのスケジュールはベストとは言えません。なぜなら、あなたの勉強計画・スケジュールは今のあなたの学力と、目標大学の基準となる学力の「差」を埋めるために立てるものだからです。あなたが、ゴールとなる学力までの距離を埋めるために本当に必要な時間と、やるべきことを明確にしましょう。自立した学習を行うことが重要です。

学校のレクチャーの代替品として、有用なのが実況中継のシリーズです。自分のペースで、必要な時期に必要な学習を行いましょう!

8562185
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
ページ
362ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
13571662

この本は効率が悪いです 確かに詳しい、が、その分時間が掛かります センターレベルなら金谷の参考書で充分ですし それ以上なら山川の教科書の方が良いです またこの本は噛み砕いて語り掛ける様に文が構成されていますが、入試はそんな事ありません 教科書の様な固い表現で出題される筈です もし実況中継を今使っていて思う様に日本史の点数が伸びないのなら直ぐに山川にしましょう 実況中継から逃げるのは決して恥ではありませんよ。

Icon default user

個人的な意見です、 自分が使ってたのは一つ古いやつかもしれませんが、教科書は単なる単語の羅列になりがちになっている一方この教材はその単語を支える論理てきな部分が記述されているため、ただ歴史用語を起きた順序に覚えるよりはるかに知識を吸収しやすいです。また語呂合わせや単純暗記すべきところも書いてある点も助かりました。歴史を流れで覚えるのは当然ですがその起点となる部分や流れとかが関係してこないものは単純暗記しなくてはならないのです。そこで記憶すべきところは語呂合わせを使ったり、覚える集団 (例えばある時代の有名な作品など) の頭文字を羅列して覚えるなどして、一つの事柄を思い出すのに様々な方向からのアプローチがあると記憶が強くなる気がするので、そうするといいと思います。 もちろんこの教材の後には問題集などにも取り組むべきです!しかしこの教材はバイブル的な感じで覚えるように読みました!そして読むだけでなく自分で流れを書き出してみるのが大事です!ただ自分は私文だったので時間がさけましたが自分の状況に合わせて考えてください 慶應経済の日本史は近代史がこれで補えるものよりえぐいのでいろんなものを解きましたが、慶應の他の学部や、他の大学はこの本を中心に勉強することで日本史で失敗することはありませんでしたし、むしろ英語と共に、自分の苦手な国語を補完してくれるだけのものになりました。あくまで自分の場合ですが

12843777

苦手な範囲を数回読めば得意になる。 ほんまびっくりやでぇ 史料も覚えるべきポイントが書いてあって効率ええでぇ

レビューをもっと見る
8593797
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(2)中世~近世 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
ページ
387ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
8607215
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(3)近世~近代 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
ページ
437ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
9301836
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(4)近現代 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
ページ
364ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon

日本史の「知識」学習:通史の重要性

日本史の「流れ」の学習と同時並行で、通史の学習を行いましょう。通史とは、日本史の全ての範囲を意味します。

受験生のあなたが、可能な限り早い時期に通史の勉強を一通り終えておく必要がある理由は、「未だ勉強していない範囲」を受験直前期に残さないためです。通常、学校の授業では、カリキュラムの特徴上、近現代などの頻出範囲であっても受験直前期の11月や12月にはじめてレクチャーをすることがあります。しかし、受験直前まで「知らない」範囲を残しておくことは、不確定要素を増やすということです。自分に「何ができて何ができないか」を早めに明確にし、弱点を潰すことが受験勉強では必要になるのです。

既に紹介した実況中継シリーズと、日本史一問一答などを使用して通史を早期に終えましょう!

『日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)』

一問一答は、学校の授業や実況中継シリーズと並行して学習することをオススメします。勉強法の例を挙げると、実況中継で縄文時代について学んだ後に、一問一答を使用して単発の知識のインプットとアウトプットを行いましょう。学んだ内容を、補完する形で暗記学習に取り組んでいくことをお勧めします。

1053305
参考書名
日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
金谷 俊一郎
ページ
440ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
15821334

大学受験のためではないのですが、用あって買いました これなら一日一ページでもやっていけそうです! 場所と遺跡の名前が両方隠せたりしてノートをつくる時間を省けるのでいい本買った気がします。 同じ東進ブックスで同じ大きさの世界史Bと付属の赤シートの大きさが違って不思議だなぁ(^-^)

15030833

大学入試の一問一答はこれに載ってないものはなかなか出ない。出たら超難問か奇問。

15441042

日本史の前に何していいのかわからずとりあえず眺めるのはどーなんでしょうか。 近代以降を出してくる学部なのに旧石器時代を眺めるのは意味がわかりませんが。 結局一問一答を眺めて勉強してるフリをしてるだけだと足元をすくわれますよ、そんな用語覚えたところででませんから。

レビューをもっと見る

偏差値50~偏差値60

14702295

既に紹介した方法で勉強を継続すれば、偏差値50は容易に超えてくるはずです。超えない場合には、単純に「知識の量」が不足しているので、実況中継と一問一答を使って漏れている知識を補いましょう。特に一問一答は、できるかどうかをシビアにパーセンテージで測るようにしましょう。

偏差値50を超えてきたあなたは、知識の幅を「広げる」と同時に「深める」勉強に入りましょう。

日本史の「知識」学習(インプット):知識を広げる

知っている知識の幅を広げるために、史料集や用語集を補助的に用いていきましょう。

『日本史用語集―A・B共用』
『詳説日本史研究』

この2冊を使用して勉強することで、日本史の知識をより広く知ることができます。

『日本史用語集―A・B共用』は、知らない用語を調べたい時に使う「辞書」的な一冊です。情報量が豊富なため、わからない用語はこれを使って調べれば欲しい情報を得ることができます。

『詳説日本史研究』は、すごく詳しい教科書のようなものです。その分厚さに驚くかもしれませんが、センターでも私大(早慶上智やMARCHのような難関大学)でも頻出の史料問題に対応できるだけの情報が記載されています。史料や図版が豊富なので、教科書や実況中継で不足している知識もこの一冊でカバーすることが可能です。

8739742
参考書名
日本史用語集
著者
ページ
437ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
16665392

早慶を目指すなら、基準はこれかな。 これとセットで山川出版社から一問一答も出ているので、併用するととてもいいです! コピーして、問われそうなところを緑マーカーで塗りつぶして、赤シート使って覚えてます! 是非、使ってください!

16381417

中学生でも全然使えますよ! 授業の理解をより深めるのにもってこいです。

13723903

日本史の用語が確認出来ていいですねぇ! わかりにくい単語も載っててて便利過ぎィ! みんなも使って、どうぞ すみませんふざけました とても使いやすいのでオススメです

レビューをもっと見る
12107
参考書名
詳説日本史研究
著者
ページ
552ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
16630190

書いてある文も資料も教科書より断然多い。 最難関大学を目指してる方や、暗記ではなく理解して日本史に取り組みたい方にオススメです。日本史好きな僕からしたら読んでるだけで楽しいですw

16548310

日本史好きには超オススメの参考書! この参考書でしっかり勉強すれば、塾や予備校は必要ない程の物です! 僕みたいな宅浪には強い味方です!!

15907136

内容は、普通の山川の教科書の2.5倍強。とても詳しく書いてあるが、通常の大学入試レベルでは必要ない。 東大、京大、一橋等の最難関国公立の大學を受験の視野に考えている場合の人が手元に置いておきたい一冊。 内容は、ハイグレードな為、大学生におすすめできるレベルである。

レビューをもっと見る

日本史の問題演習(アウトプット):知識を深める

これまでの学習で得た知識を確かめ、さらに「深める」ために問題演習に取り組みましょう。

『実力をつける日本史100題[改訂第3版]』

Z会が出版している、『実力をつける日本史100題[改訂第3版]』が日本史の問題集として優れています。問題の難易度は確かに高いですが、記述・論述問題までが含まれているために、この問題集をやり込むことで確実に日本史の実力がつきます。

問題集を解くアウトプット学習は、自分の知識を確かめることに加えて、知らなかった知識に出会う機会でもあります。『実力をつける日本史100題[改訂第3版]』を3周ほどすれば、偏差値は60を超えるくらいにまで上昇し、センター試験でも80点以上の得点が出るようになってくるはずです(3周というのはあくまで目安ですが、問題の全てを完璧に解答できるレベルまで持っていくのに最低このくらいはやり込む必要があると思います)。

956152
参考書名
実力をつける 日本史 100題 [改訂第3版]
著者
Z会出版編集部
ページ
464ページ
出版社
Z会
Btn amazon
15030833

センター試験というより、私大一般入試向け。 これを2周3周まわして解説も覚えれば、MARCHなら9割、早慶でも8割は取れる。 記述も論述もあり、解説が充実していて本当に実力がつく日本史100題です。

11953958

基礎事項・用語の確認にもなり、応用・発展問題も適度に組み込まれて、また論述にも対応しており、非常に良い問題集だと思います。 問題集自体は2-3周して、わからない・目標点数まで行かないセクションだけ何周もするのがいいと思います。

9007417

対象学年としては高2で日本史ができる方と、高3生です(1月〜3月なら高2生にやってもらいたいです)。 私は山川の問題集は無味乾燥していて面白くないということで、少々レベルの高いと言われていたこの問題集に高2の夏くらいから取り組み始めました。 正直なところ、教科書レベルが分かっていれば普通になんの障害もなく取り組めます。ただ、途中でなんじゃこりゃ!っていう語句が出てくることもありますが、まあ一題に2〜3語でしょう。 日本史が好きで、なおかつ基本的な語句を覚えている人には新たな知識を入れるための問題集として使って頂けるのではないでしょうか。 また、高3のまとめの時期、すなわち早くても9月〜12月の間に後半部分のテーマ史あたりまで完璧にすれば、早慶上智にもある程度対応する力はつくと思います。ただ、慶應のような用語集頻出度①のような語句が載っていることはあまりなかったので、早慶上智対策は用語集と過去問中心に、たまに山川が出してる早慶別の問題集を学習することをお勧めします(私はこれと過去問しか(たまに用語集)やらず、失敗しました。笑) 取り組み方としては、高2生には1日2題+復習、高3生は1日3〜5題+復習ですかね。あくまで目安に。 最後になります。確かに一問一答も素晴らしいですが、問題文から背景知識を吸収することができるので、一問一答と併用しながら、しっかりやることをお勧めします。 また、書店でご覧になってちょっと難しいなと感じる方は「日本史総合テスト」(レビューあります。私のプロフから飛んでください。)に取り組んで頂いて、基本語句を確認してください。 ※【以上経験則からですので、個人差あると思います。何かあればコメ欄まで】 (16.4.26 追加編集) (16.12.14 追加編集) (17.1.17 追加編集)

レビューをもっと見る

偏差値60~偏差値70

14704362

日本史の偏差値が60を超え、センター日本史試験や模試でも8割以上の得点が出せるようになったあなたは、受験する大学・学部の過去問対策と文化史・テーマ史の学習をして得意分野を作る学習に移行しましょう。

日本史の実践的学習:過去問対策

志望校の過去問には、必ず出題の特徴があるはずです。まずは「情報収集」として問題を解いてみましょう。偏差値60以上のあなたであれば、ある程度高い正答率になるはずですが、あまり解けなくても構いません。まずは問題形式を知りましょう。

もし、受験する大学・学部が論述問題を出題するようであれば、特別な対策の必要があります。過去に出題された問題を広く観察して、傾向を見抜きましょう。

基本的には、過去問を解いて答え合わせをし、復習が済んだら、同じ範囲を実況中継や一問一答を使って復習していきましょう。同じ範囲を繰り返し、テキストを変えて学習することで暗記の効率を高めることができます。

日本史の分野別学習:文化史・テーマ史で得意分野を作る

偏差値60を超えた受験生が取り組んで良いもう一つの学習テーマは、「文化史・テーマ史」です。これらは時代横断的に出題されますが、対策をしておくことでライバルの受験生に差を付けることができます。通史の復習にもなるため、より多面的に勉強することで自分の「得意分野」を作りましょう!

過去問

ここでは、過去問の解き方と時期別の解く量について紹介します。過去問に本格的に取り組むことのできる時期によって、対策する量と大学・学部を選択しましょう。

解き方

過去問は、解いただけでは何の意味もない学習活動です。解いた後で、そこから何を得るのかがより重要なので、解いた後の復習を徹底しましょう。出題された範囲を、実況中継や一問一答、実力をつける100題で確認することが重要です。過去問はあくまで教材の一つと捉えるべき、ということができるかもしれません。重複的に、今までやりこんできた参考書を復習するための材料として、過去問を使用してより広く深い知識を身につけましょう。

入試半年前(9月頃)

入試までに時間のゆとりがある状態で過去問に取り組めるあなたは、以下の年数を解くことで徹底的に対策を行いましょう。対策するほど、合格の可能性とこれからの勉強計画を修正できるので、挑戦校(第一志望校)を中心に綿密な対策を実行しましょう。

[取り組む過去問の年数(量)]
挑戦校:10年分
実力校:5年分
滑り止め校:2年分

入試まで残り2ヶ月(12月)

入試までの時間があまりないあなたは、挑戦校と実力校(自分の学力に見合った学校)を中心に過去問を解いて行きましょう。挑戦校と実力校に集中するために、滑り止め校はある程度犠牲にしても構いません。

[取り組む過去問の年数(量)]
挑戦校:5~10年分
実力校:3~5年分
滑り止め校:1年分~「情報収集」のみ

入試まで残り1ヶ月 (1月)

入試本番までに本当に時間の余裕がないあなたは、挑戦校と実力校の対策と一問一答での広い範囲の知識の強化に集中しましょう。滑り止め校は本屋で内容を確認するくらいでも構いません。自分の志望順位の高い大学を中心的に勉強しましょう。

[取り組む過去問の年数(量)]
挑戦校:5年分
実力校:3年分
滑り止め校:「情報収集」のみ

最後に

14704370

日本史は単純な暗記作業が必要な受験科目ですが、インプットとアウトプットを繰り返すことで効率的に知識を習得することができます。

本記事の偏差値帯別オススメ参考書と勉強法を使って、効率よく志望校に合格するだけの学力を身につけましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720512
早稲田大学 文化構想学部に通っていました。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。 教育業界への関心が強く、2017年9月からロンドンにある大学院「UCL」のInstitute of Educationに入学予定です。得意科目は英語で、IELTSのスコアは7.0です。

関連するカテゴリの人気記事

14641447

【日本史勉強法】参考書を最大限に活用するための暗記テクニック

14706764

【日本史問題集】MARCH志望者のためのオススメ問題集4選

14704382

【日本史の勉強法】入試で9割取るための日本史ノートのまとめ方

14647647

【日本史の覚え方】大学受験対策!早大生が教える参考書・問題集別勉強法

15304445

【日本史の問題集の使い方】私大受験対策おすすめ対策本3選

15380543

【大学受験の日本史勉強法】ノートのまとめ方と参考書・問題集

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay