14634635

【センター英語対策】長文読解で満点を取れる2つのポイント

はじめに

センター英語で6、7割の点数はとることができるけれど、どうしても8割に届かないあなた。
いつも時間が足りずに後半の長文の問題で点数を落としてしまっていませんか?
私は時間が足りなくて、最後は勘でマークしていました汗

センター英語において長文の配点は200点中の3/4もあります。
長文問題は各問題の配点が高く、安定して正解できるようになれば、センター8割は余裕で越えられる上に、満点も夢ではありません。
つまりセンター長文を制するものはセンター英語を制するのです!

センターの長文問題は早稲田大学や慶應義塾大学などの難関私大の問題と違って、答えが本文中に書いてあることが多く、ある程度の単語量とコツさえつかめば、より早く、より正確に解答することが可能になるのです。

ここでは、まずセンター英語における長文問題について説明した後に、私が実際に満点を取ったセンター長文の解き方のコツを紹介します。
そしてセンター8割を目指すためにやってほしいこと、おすすめの参考書を紹介します。

センター英語における長文問題

15085366

先ほども述べた通りセンター英語において長文は肝となってきます。その長文問題も数問あり、それぞれに特徴があるので、まずその特徴を説明します。

問4 図表問題

問4は、図、表、グラフと、それを説明した長文を読解して問題に答える、センター試験特有の問題です。配点は年によって変わるのですが、おおよそ【35点】くらいです。

A問題の文量は300~400語程度でそれに関係したグラフを読み取る問題です。その文章に対する設問は3、4問です。設問を先に読んで、聞かれる箇所を重点的に読むようにしましょう。また、本文の固有名詞やメインテーマに注目して読むこともおすすめです。

B問題はニュースレターや広告の読解問題で、設問は3問です。この問題は普段あまり見ない形式なので、みなさんが落としやすい問題となっています。しかしこの問題も設問を先に一つずつ目を通すこと、そして広告などの中でもその設問に関係してそうな部分をしっかり読むことができれば大丈夫です。
この問題では日付や値段の引っ掛け問題が多いので注意しましょう!

このような慣れない問題の対策としてはしっかりと過去問を解くことです。そうすることで引っ掛けてきそうな部分もだんだんとわかるようになってくると思います。
また解くときにしっかりグラフや広告の重要な部分を読解できるように練習しましょう。

問5 長文読解①

次に第5問、配点はおおよそ【30点】くらいです。この第5問に関しては2010年と2016年に問題形式が変わっているので、一概にこのような問題が出題されるとは言えないのですが、だいたいは600~700語の文(物語など)を読んで、内容一致問題に答えるという形式です。

ここではかなりの分量があるので速読力が必要となります。このような問題のポイントは設問を先に読んで、設問の内容に当てはまる部分だけを読むということです。というのも、物語を理解しようとしたら時間が足りなくなってしまうからです。限られた時間の中で効率的に解くようにしましょう。内容を理解するのは復習の時だけ、問題を解く時は内容を理解するのではなく、答えを探しに行くイメージです!

問6 長文読解②

最後に第6問です。この問題の配点はおおよそ36点くらいです。
分量は600~800語ほどで一番量が多くなっています。そうはいっても内容は一般的な評論文で難しいものではありません。

A問題はパラグラフごとの要約になっています。ここでも先に問題を読むようにして、ポイントを絞って本文を読むようにしましょう。

B問題はパラグラフごとに内容をまとめた表があり、その空欄を埋める問題で、全問正解で6点の配点だと考えられます。この問題のコツはA問題でパラグラフごとに読解をしていきながら解くことです。A問題を解いた後でB問題を解いたら二度手間になってしまいます。またこのB問題は完答で点数がもらえるのでしっかりと得点したい問題です。

第6問のポイントはこの問題にどれがけの時間を残せるかということです。落ち着いて解けば確実に得点源にできる問題なので、焦らないようにしっかり時間を残しましょう。

センター長文を解く2つのコツ

15183155

ここまでセンター試験の長文の説明と軽く問題ごとのポイントを紹介してきました。
今から私が実際に試して成功したセンター長文のコツ2つを紹介します。
このコツはセンター英語全てに共通していることなので、ぜひ盗んでいってください!

①限られた時間をうまく使う

センター英語は膨大な量を80分という限られた時間で解かなければなりません。この80分とは実際に問題を解いてみると嘘みたいにあっという間に過ぎてしまうのです!

まず最初に自分で各大問ごとに時間配分を決めて解いていくことをおすすめします。時間を決めることで最後の長文に手が回らないという事件を防ぐことができます!
そこで時間配分の目安を紹介します。

第1問 5分
第2問 10分

第3問 15分
第4問 10分
第5問 15分
第6問 15分

余り10分

ポイントとしては、第1問と第2問は発音アクセントと文法の問題であり、知識を問う問題です。これに関しては知っているか知らないかの二択なので時間をかけて答えがでる、というわけではない問題なのです。そこに時間をかけるなら、長文読解問題にかけたほうが確実に得点に繋がると思います。

また、余りの時間は必ず取りましょう。これを取ることによって分からない問題は後回しにすることができるので心の余裕ができます。また、もし途中の大問で時間オーバーしてしまったときも焦らずに済むのです。
これはあくまでも目安です。このポイントを抑えながら、自分で実際に過去問を解きながら自分にあったベストな時間配分を見つけましょう!

次に解く順番を変えてみるのもおすすめです。
例えば、先に長文の問題から解いて発音アクセントや文法問題を最後にやる、などです。また実際に過去問を解いてみて自分が苦手な問題を最初にやっつけるのもいいですね。これも人それぞれなので、自分でベストな順番を見つけましょう!

最後にこれはセンター長文だけでなく、センター英語すべてに共通することなのですが、「潔さ」を持つことです。これは時間が限られたセンター英語において一番重要であるとも言えます。「潔さ」というのは、例えば分からない問題があったら「潔く」飛ばすということです。これはさっきも言いましたが、第1問と第2問の知識問題について特に言えます。
一つの問題に時間をかけすぎてしまうと、後の問題に手が回らなくなってしまうので、自分で決めた時間の中で考えるようにしましょう。

②先に問題を読む

次に問題のパターンを把握することです。どの大問でどのような問題が問われるのかをあらかじめ把握しておくことによってスムーズに解答することができます。センター長文の問題はほとんどの解答が文中にあります。なので最初に設問に目を通してからポイントを絞って本文に答えを探しに行くイメージで読み進めましょう。すべての内容を理解する必要はないのです!

グラフや広告などの問題で求められることは、設問を先に読んだ上でグラフや広告から必要な情報を取捨選択して読むことです。例えば価格を問われている問題であったら価格が書いてある部分に絞ってその付近を読んでいく、ということです。

また評論などの文章は、緩急をつけて読み進めていきましょう。つまり設問ごとにテーマや重要な部分を伝えている部分と例を述べている部分を区別して読むことです。第6問のような長文では各段落ごとの要旨が問われる問題もあるので、段落ごとの内容を意識しながら読むことで問題が解きやすくなると思います。

センター8割を取るためにやってほしいこと

15347409

そしてここからは皆さんお待ちかねの勉強方法です。普段の勉強をどのように進めていけばセンター英語で8割以上を取れるのかを紹介します。

理想の単語量は?

まずは単語量について。どの程度覚えたらセンター8割に届くのか分からないですよね。
ここではセンター英語で8割を取れる最低限の単語量を紹介します。難しい国公立大の二次試験や私立大学の入試を受けるのであればそれなりの単語量はプラスアルファで必要となってきます。
最低限の単語量としては約3000語くらいだと考えられます。その中でも1000語ほどは中学レベル、残りの500語くらいは派生語だと考えられます。なので目安として大学受験勉強として覚えるべき単語量というのは1500語くらいと考えていいと思います。もちろんそれ以上覚えていいですし、1500語くらいの単語帳で勝負するという方はそれを完璧にする必要があります。

おすすめの単語帳はこの後紹介しますね。

速読力をつけるには?

いつも長文で時間が足りなくなってしまうあなた、ここでは速読力をつける勉強法を紹介します。これはセンター試験だけではなく大学受験英語全般で使えると思うのでぜひ使ってくださいね。

それは「英語脳になること」です。詳しく言うと英語を英語のまま理解するということです。
簡単な例から挙げると”face”という単語を聞いたときまず何が頭に浮かびましたか?
そこで”顔”という日本語が浮かんだあなた。英語脳とは程遠いです。
英語脳とは、簡単に言うとここでリアルな顔のイメージが頭に浮かんだ時(顔は誰でもいいですよ)”face”とあなたの中のイメージが繋がっていると考えられるのです。

次に”It’s sunny.” という文です。頭にいい天気のイメージが浮かびましたか?
つまり私が言いたいことは英文を見聞きしたとき、日本語を経由せずに、頭でイメージできるかどうかということなのです。

そこでどうすれば「英語脳」になることができるのか、とっておきの方法があるのです。
それは「リスニングと音読」なのです。普段英文を読むときに時間が足りない人って日本語を経由して解釈してしまっているんですよね。特に長文読解などは時間をかけようと思えばいくらでもかけることができてしまうから、ゆっくり読んでしまうのだと思います。そのような読み方では速読力はつきにくいです。
そこで「リスニングと音読」をおすすめするのです。なぜかというと、リスニングや音読をしている時はどんどん英文が流れていきます。つまりゆっくり和訳しながら理解する暇がないのです。その早い流れの中で英文を理解する、つまり英文の内容を頭でイメージすることができれば自然と速読力はついてくると思います。

なので速読力をつけたいあなたには「リスニングと音読」を強くおすすめします!

過去問演習

今までいろんなところで過去問を解くと言ってきましたが、センター試験においては過去問を解くことが一番の対策なのです。さっきも言った通り、出題傾向や自分の得意不得意を把握できたり、自分に合った時間配分や解く順番などの作戦を立てることもできます。

そのような作戦を立てるためにも、しっかり復習をしてほしいのです。長文の場合、解くのにかかった時間の2倍以上は復習にかけるようにしましょう。その時間を惜しんではいけません。しっかりやればそれだけの力はついてきます。

復習ではまず和訳を見ずに自分で全訳してみましょう。そしてわからなかった単語や文法をチェックしてもう一度問題を解いてみましょう。そうすると自分の間違いやなぜ間違えたかが分かると思います。そして答え合わせした後に、自分が根拠をもって解答できたかどうか確認して、最後にやっと和約を見て自分の全訳があっているか確認しましょう。

オススメの参考書

15183168

単語を増やしたい人に

4222
参考書名
英単語ターゲット1400(4訂版) (大学JUKEN新書)
著者
宮川 幸久
ページ
382ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
16576353

高一の時に購入したものを高二の学年末後からやり始め、ようやく一通り終えました。1900を買えばよかったと後悔していたのですが、単語の勉強を今までサボりがちだった私にとって、1400でも知らない単語が多かったのでちょうど良かったように思います。 シンプルで見やすく、付箋も貼りやすいし、100ごとに分かれているのがGOODでした。また、アプリと併用して使っていたので、音声もテストも無料で利用できたのが一番の利点です。 本書もまだ完璧ではありませんが、次はシス単に移ってみようと思います=(^.^)=

15645032

この本をバスで使っていると、向かいに座っていた子どもに「あの犬ブサイクゥ〜」とdisられました。今ではブックカバーをかけて愛用しています。

15252778

この子いつの間にか迷子になったんですけど だれか拾いませんでしたか?😉😉

レビューをもっと見る
200400
参考書名
英単語センター1800 (東進ブックス)
著者
ページ
446ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
16658581

無人島へ持っていくと死期を早めるもの堂々の第一位です。疫病神の化身

15399377

センター試験対策としてならすごく良いと思います。東進の生徒ならアプリをダウンロードすることをオススメします。スキマ時間にさくっと100単語ほど確認…ということもできます。 ただ2次試験対策となると、単語の訳が1つしかないため、その単語の根幹となる意味やより使用頻度の高い訳を知らないままになり、問題を解くときに苦労していました。

12900187

正直この単語帳だけではセンター止まりです。 ただ、高校1年や2年の前半などで使用する上では全く問題ないし、 上のレベルの単語帳をいきなりやる前にこの本をやっておくことで多少楽になります。多少。w 300単語事に色が変わるのが、ターゲット1900とちがって気分が変わって割といいです。 ターゲット1900だと確実にデザインに飽きます。それと比べると東進の優しさを感じますね。

レビューをもっと見る

東進の1800はターゲット1400より語彙数が多いからレベルが高いと思う方も多いと思いますが、レベル的には同じくらいです。そう考えるとターゲット1400のほうが効率的だとも言えます。

速読力を付けたい人に

9006832
参考書名
速読英単語 (1)必修編 [改訂第6版]
著者
風早寛
ページ
384ページ
出版社
Z会
Btn amazon
16640079

机に突っ伏して寝たい!そんな時には辞書を使いますよね!?それでも物足りなく感じる方はこの速読英単語 (1)必修編 がおすすめ!高さの微調節に使えます!! 睡眠学習最高✨ ↓真面目にレビューします(^^; 毎日一個のペースで長文をよみ、単語を覚えてきたのですが、そのおかげで長文を読む力がつき、長文で点を落とすことがほぼなくなりました! とても素晴らしい教材です( ⁼̴̀꒳⁼̴́ )✧ ティッシュの次にアイシテマス!

16053395

これをやるのは、意外と遅くても大丈夫です。 秋になり、センターの得点が伸びない!!っていう時に大活躍します。 レベルは低め、読解系の参考者で出てきた、意味のわからない単語をノートにまとめておくと、相乗効果出ます。

9908969

本当に本当に素晴らしい。 出てくる単語のレベルはほんの少し低いものの、たいへん覚えやすく、網羅性もほぼ十分です。 狙われやすい重要な語法や連語、多義語の意味もしっかりと収録されているのも良いです。 そして何と言っても、文章がついているのが本当に素晴らしい。それも意欲を持って取り組める読んで楽しい文章が多いです。 英文は全部で70あって、これを10x7に分割し、1日15分程度かけて10個を音読して、1週間でサイクルを回していました。 すると3ヶ月ぐらいしてからマーク模試で8割(もとは6割弱)取れるようになり、それから2ヶ月後には9割取れるようになりました。本番では、英文法が苦手だったものの、それ以外は間違えることなく、196点をとることができました。 本当に最高の本だと思います。感謝しています。

レビューをもっと見る

これは単語帳として発売されていますが、単語を覚えるために使うのでなく、速読力をつけるために使うのにはもってこいの参考書です。別売りでCDも売っているのでそれと併用しましょう。
CDを使いながら勉強すれば、先程言った「英語脳」になるための練習ができる教材です。

ひたすら長文を読みたい人に

2770
参考書名
英語長文レベル別問題集 (3) (東進ブックス―レベル別問題集シリーズ)
著者
安河内 哲也, 大岩 秀樹
ページ
133ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
16336937

私は長文が得意な方ではないので試しに買ってみましたが、解説も分かりやすく分構造もしっかり掲載してあるので、買ってよかったなと思いました。 レベル別なので、自分にあったものが見つかると思います。

13072441

大岩のはじめからていねいを終えた方にオススメです。僕はlesson1を始めてやった時、時間ギリギリだったのですが、しっかり解説を読んで次に進むと劇的に早く読めるようになり、lesson5は10分くらいの時間で解き終えました。解説がとても良いのでしっかり読むことをオススメします。短期間で劇的に読む速さが上がります。

16075517

私はこの前、英検準2の試験を受けてきましたがやはり、長文で時間をロスしてします人は多いのではないかと思います、 長文で時間が取られないためには慣れしかないと思います。 少しでも慣れるためにとこの本を買いました!とても解説がわかりやすかったです!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

レビューをもっと見る
3912
参考書名
やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)
著者
杉山 俊一, 塚越 友幸, 山下 博子, 早崎 スザンヌ
ページ
151ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
16671918

センターより簡単。 文の構造も複雑じゃないので読みやすい! ただ、センターレベルの単語(シス単だと2章)くらいは完璧!とかじゃないとたまに単語が難しいです。 各設問ごとに解説が丁寧だし、全文訳もあるし、だいたいの単語を解説本の方で拾ってくれてるのでとても使いやすいです。 あと、解説がメインで載ってて、問題文は取り外し可能なので取り外した方が使いやすい… 最近まで気づきませんでした笑

15265902

タイトル通りです。長文の読解量稼ぎには適しています。 難易度に関しては易しめのものが多いですが、中には語彙力が少し高めのものが混ざっているので、そこで読解に必要な語彙の確認・習得もできます。 解説は別に詳しくはなく、どちらかというと淡白なので、読解の基礎的な知識はつけてからやるとより効果的かと思います。 ちなみに「量はいくらか少なくていいからCD付きが欲しい」というのでしたらこちらではなく、イチから鍛える英語長文というシリーズがオススメです。

15358943

易しい〜普通くらいの難易度です 量が多いのでピックアップしてやってもいいと思います

レビューをもっと見る

この二冊はセンターレベルの長文問題集です。もちろんセンター長文対策としては、過去問やセンター模試が最適なのですが、このような問題集は解説がしっかり載っているのでおすすめです。

最後に

15085378

ここまでセンター試験における長文問題の解説、その解き方のコツ、そして普段からやってほしい長文勉強法とそれに合わせた参考書を紹介してきました。

センター長文と解く上でのポイントは「時間配分」と「問題先読み」の2つです!
これらは今すぐにでも実践できると思うので、ぜひ次から試してみてください。

そしてスムーズに解くためにもある程度の単語量や速読力、普段からの過去問演習が必須となってきます。これらは普段の勉強の積み重ねです。しっかり積み重ねればきっと結果はついてくると思うので、めげずに頑張ってください!

あなたがこのコツや勉強法をうまく使って、センター長文を制してセンター英語で高得点を取ることを願っています!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720493
イクラが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語が得意なので、主に英語を中心とした文系科目に関する記事を書いています。

関連するカテゴリの人気記事

14650399

【センター英語対策】3ヶ月で8割9割目指す勉強法&参考書・問題集

14641462

センター英語のリスニングで確実に8割を取る「レベル別」勉強法

14634635

【センター英語対策】長文読解で満点を取れる2つのポイント

15455019

センター英語で9割取る人の時間配分や過去問を使った勉強法を公開!

14623885

【大学受験英語勉強法】高3からでも短期間で長文読解の基礎を固めよう!

15082833

【センター英語文法】誰でも満点を取れるコツとおすすめ参考書

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay