20216429

【合格体験記】高3春からの勉強で慶應・MARCH現役合格した話

はじめに

現役で早稲田や慶應、MARCHに合格したい・・・
その為にはどうすれば良いのだろう・・・

あなたはそのような悩みを抱えていませんか?
そんなあなたに、偏差値40以下の高校に通っていた私が約1年間の受験勉強で慶應に現役合格をした体験記をおくります。早慶上理ICU・MARCHなどの難関と言われる人気大学に合格するのに必要な勉強スケジュールや勉強法などを私の経験からご紹介するので、これを参考にあなたも合格を掴み取ってください。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

自己紹介

14641210

出身校の偏差値:37~40
受験校:    慶應義塾大学法学部
        慶應義塾大学経済学部
        慶應義塾大学文学部
        国際基督教大学(ICU)
        上智大学経済学部
        立教大学経営学部(センター利用)
上記全て合格

進学先:    慶應義塾大学法学部政治学科
現役/浪人:   現役
勉強開始時期: 高3春(4月)

私は慶應義塾大学法学部に通1年生です。受験勉強についてお話を始める前に、まずは簡単な自己紹介をしたいと思います。
私は偏差値が40もない中高一貫校に通っていたので、中学入学から高校3年の春までほとんど勉強せずに趣味や友達と遊ぶことに熱中していました。
高3の4月時点の偏差値を皆さんにお伝えしてから、合格体験記を書きたいところですが、私は模試もろくに受けない程に不真面目だったので偏差値はわかりません。(受けてもほとんど解けなかったと思います)
しかし、そのような状態から勉強を始めたのにも関わらず、10ヶ月間後には慶應・上智・ICUなどの難関大学に現役合格を果たしました。

18324234
私立 / 東京都 神奈川県

現役合格できた3つの理由

14647647

私が実際にどのように受験勉強を進めたかを具体的にお教えする前に、現役合格を可能にした3つの秘訣をお教えします。

自分なりのスケジュールを立てて、それを遂行した

私は高3の4月に「受験して大学に行こう」と考えるようになりました。その時点で本番の試験が行われる2月までは10ヶ月しかありませんでした。非効率な勉強をただがむしゃらに行うのではとても間に合いません。しかし同時に、受験生にとってその10ヶ月は非常に長い道のりでもあります。
極端なことを言ってしまえば、受験勉強を成功するために必要なことは「合格可能な学習スケジュールを立ててそれを遂行する」という一点のみですが、多くの受験生が途中で心が折れるなどしてスケジュールを遂行できずに失敗してしまいます。

受験生(特に現役生)は、限られた時間をより効率的に勉強を進めていくために綿密な学習計画に沿って諦めずに勉強をすることが重要なのです。

古文・漢文を一切やらなかった

高3の4月まで全くと言っていいほど勉強をしてこなかった私にとって、慶應に現役で合格することは到底容易なものではありませんでした。取捨選択をしなければ絶対に受かることができないと考えた私が取った道は

古典(古文・漢文)を一切勉強しない

というものでした。
学校の先生には、受けることができる併願校の選択肢が狭まるからという理由で反対されました。しかし、実際私は慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学、立教大学に合格をしてますし、東京理科大(経営学部)・青山学院大学(国際政治学部)・中央大学(法学部)などの併願校も含めれば古文や漢文を捨てるという受験スタイルにも十分、併願校の選択肢が残されていることがお分かりいただけるかと思います。

自分と向き合い自分を信じた

昨今では、様々な参考書や問題集が発売され、様々な塾や予備校が登場し、受験勉強をしながら受験生が触れる人や情報量がとても増えています。インターネット上の情報も含めれば、その情報量は無限と言っても過言ではない量で、信憑性が保証されていないものも数多く存在しています。そんな中で、不安な受験生は様々な情報に流されてしまいがちです。例えば、いろいろな参考書に手を出して、結果的にどれも中途半端で知識の定着がなされず、時間とお金だけが無駄に費やされてしまう人は「失敗する受験生の典型」です。
私は受験生時代に、何が効率的で何が合格の役に立つのだろうかと徹底的に自分で考えました。受験勉強は孤独な作業です。だからこそ、自分自身としっかり向き合い・自分を信じて突き進める人間が結果的に合格すると思います。情報が氾濫している時代だからこそ、「合格のために必要なこと」を常に自問自答できる受験生になってください。

学習計画の立て方

14641153

ただガムシャラに勉強をするだけでは確実に志望校に合格することは難しいです。なぜなら「ただガムシャラに勉強する」場合、その受験勉強における努力が正しかったのか否かは、本番が終わり結果が判ってからしか知り得ることができません。受験生が避けなければいけないのは「無駄な努力」です。そしてその為には、学習計画をきちんと立てることが欠かせません。
では、どのようにして学習計画を立てれば良いのでしょうか。ここでは私が実際に行った学習計画の立て方をお教えします。

合格から逆算して学習計画を立てる

私が学習計画を立てる際に、最も重要視した点は

合格から逆算する

ということでした。

具体的には、まず志望校に合格した先輩に、合格に必要だった知識量を聞きました。
例えば文系であれば、知識量を把握しなければなりません。
「英単語は英検何何級のレベルまで覚えれば良いか」
「世界史はどこまで細かい知識を覚えたら良いか」
「小論文に必要な一般常識は具体的になんなのか」
といった基礎知識の暗記面でやらなければならない課題や「過去問は大体何年分くらい解くべきなのか」といった演習面でやらなければならない課題を明確にしておくことが重要です。本番までにやらなくてはいけない課題がわかっていれば、あとは自分に可能なペースでそれらをこなしていく為に学習計画を立てるのです。

大目標を達成する為には小目標が必要

次に学習計画を設定する上で行った工夫は、

様々な期間での達成目標を設定する

ということでした。
高3の春までほとんど勉強していなかった私には、夏までに英単語1900個を覚えなければいけないという課題がありました。しかし、4月から7月までの3ケ月で1900個の英単語を暗記することがツラい道のりであることは容易に想像できました。
そこで私は3ケ月(12週間)で1900単語→1週間で◯◯単語→1日で◯◯単語を覚えなければいけないという目標設定をしました。1900個を覚えるという大きな目標を達成する為に必要な道のりに小さなゴールをたくさん設定したことで、勉強の進捗状況(進み具合)やペースを正確に把握することが可能になりました。さらに、比較的カンタンに達成可能な小目標をこなしていくことで、ツラい受験勉強のなかでも毎日達成感を味わうという喜びを見出すことができました。

ゼロから合格までの道のり・おすすめの参考書

14641222

これまで、私が1年間弱という限られた時間で慶應法学部への現役合格を成功できた3つの秘訣や学習計画の立て方、勉強を進めていく上での注意点などをご紹介してきました。
ここからは、実際に私が「どの時期になんの参考書や問題集を使って勉強していたか」を4月〜2月まで細かくご紹介します。

高3春〜夏休み前

14636527

私は4月〜夏休みが始まる前の期間を問題演習に挑戦できるレベルまで基礎知識を定着される為の期間を考えて勉強をしていきました。
難関私大は(早稲田大学以外は)基本的に、英語の配点を他科目に比べて高く設定しています。ですから英語が得意であることが合格に圧倒的に有利に働くと考え、1年間通して基本的に英語力の向上を主眼に勉強をしました。

英語

英語に関しては、長文を読むのに必要な英単語と英文法を必死に定着させました。
具体的には「英単語1900個を完全に暗記」と「初・中級の英文法参考書をほぼ暗記」という目標を設定し、勉強に励みました。
私が使っていた英単語帳『ターゲット1900』は3つのレベルに単語が分けられていました。その基本単語の章の800語程度覚えていればセンター試験の英長文はある程度読めてしまうので、この時期に1900個ではなく800個+長文を読むトレーニングをしていれば模試での偏差値はカンタンに上げることができます!
しかしわたしは長文読解のトレーニングよりも、英単語を1900個暗記することを優先しました。「直近の模試の成績よりも2月の合格」そう自分に言い聞かせて長期的な結果を求めて勉強をしたのです。近視眼的に受験勉強を進めることは、多くの受験生がやってしまうことですが、私は失敗の素だと考えます。
使った参考書
『ターゲット1900』

412435
参考書名
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
著者
宮川 幸久
ページ
511ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
20001787?w=80

わたくしは学校の教師が勧めてきたので、何も分からずこれを買ってしまいました。 途中でシス単の方が良さそうと浮気心が湧きましたが、グッとこらえこちらに集中すると割と長文の単語が分かってきました 少しこの犬が可愛く見えました。

19881661?w=80

コンパクトなので、朝の満員電車専用で使ってます あと、一秒一単語のやり方で覚えてる人はやりやすいと思います

15171553?w=80

気に入ったポイントは覚えるべき意味がひとつに絞られているという点です。 速単やシス単と違って、単語と例文がただただ羅列してるだけなので、シンプルに単語だけ覚えたいという人には向いてるかなー、と思いました。 僕はこれとアプリにあるタゲ友を使って二年の終わりくらいにガッツリ取り組んでみました。正直言って後半の(特にセクション3)単語はあまりその後の長文演習には出てこなかったため、最近やったらガッツリ忘れてたんですけども・・・。 まあ、とりあえずこれを仕上げたら大体の英文は読めるようになると思います。 僕は買ってすぐにカバーをゴミ箱に放り込みました。

レビューをもっと見る

『英文法・語法問題GRAMMERMASTER』

294631
参考書名
英文法・語法問題 GRAMMARMASTER
著者
風早寛
ページ
0ページ
出版社
Z会出版
Btn amazon

私はこの『英文法・語法問題GRAMMERMASTER』の熟語の章以外は基本的に夏休み前までに暗記しました。

世界史

世界史は4月からはじめてセンター試験までにマスターをしよう、センター試験以降の1ヶ月程度の期間で早稲田や慶應などの難関私大の世界史に対応できる高度な知識を上乗せする形で覚えようと計画をしました。
ですのでこの時期は、オリエント・地中海世界などの古代から〜16世紀の大航海時代の前までを覚えていました。

小論文・現代文

小論文にはまだ手をつけませんでした。
読解力の重要性は理解していたので、国語の授業で扱われた論説文を軽く読む程度でした。授業で小説が扱われると、受験の息抜きとして一読してあとは英単語を覚えていました。

夏休み

14650371

英語

努力の結果、『ターゲット1900』(単語帳)と『GRAMMARMASTER』(文法参考書)で英語力の基礎を固めた状態で夏休みを迎えた私は、遂に長文読解のトレーニングを本格的に開始しました。慣れていない為に読解スピードこそ遅いものの、MARCHレベルの過去問の長文であれば大方理解できるようになります。
さらに、より高度な英単語を覚えなければ慶應や上智、ICUの長文は正確に読解できませんから準一級レベルの英単語帳を覚え始めました。

使った参考書
『英検準1級 文で覚える単熟語 三訂版 』

680870
参考書名
CD付 英検準1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)
著者
ページ
384ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
19562536?w=80

スプーンがわかりやすくよかった

18334918?w=80

レベル高い級目指す人は長文に目を慣らすためにも使ってみてほしい! 私は朝に長文よむ&昨日の復習→夜に朝読んだ長文の単語確認って感じで使いました!

16943370?w=80

分野ごとに単語が分類されているし、その分野の長文を読みながら覚えられるので効率的だと思います。 実際に試験でも出てきた単語が多かったかと思います。 また、長文のレベルも試験問題とほぼ同じかと思うので、長文対策にもなりますし、もちろん語彙対策にもなって一石二鳥です🙆

レビューをもっと見る

私は7・8月でこの単語帳を覚えきりました。

『全解説頻出英文法・語法1000(英頻)』

2742
参考書名
全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)
著者
ページ
367ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
19833392?w=80

難関大学になるほど、文法の問題はおとしたくないですよね。(センターでも!)そんな貴方におすすめ。偏差値1145141919810upも夢じゃない!

18849509?w=80

大学で予備校の先生の説明会に行ったらこの勉強法をおすすめしてくれました ビンテージ⇢英文法1000⇢nextstageの順で、動名詞ならどの単元の問題だけを1日にやるという勉強法です。 ビンテージには乗ってないことが結構1000の方にでてくるので、1000でしっかり理解してからnextstageを解くとほぼ満点になります。わからないところの穴が埋まって楽勝に解けるかんじと、解くスピードが上がってるのも同時に感じられてとってもいいです! でも、1000の関係詞とかめっちゃムズくて辛いので少しずつ確実に覚えたいです

11661140?w=80

とにかくひたすら解きたい!という人はいいかもしれません。解説の詳しさは人によって感じ方は違うかもしれませんが、個人的にはとても詳しいというわけではなくてある程度習得してる人向けだと思います。

レビューをもっと見る

文法に関しては、これまでに覚えた事項の復習をメインに学習をしました。具体的にはこの『全解説頻出英文法・語法1000(英頻)』をつかった復習をしました。

世界史

夏休みの世界史勉強は通っていた予備校の夏期講習に従う形で、19世紀末の帝国主義の台頭から第二次世界大戦の集結までのいわゆる現代史と(東洋文化史を覗く)古代から現代までの文化史を覚えました。
多くの受験生が文化史の暗記で最も苦戦するのが東洋文化史だと思います。ベトナムなどの東南アジアは歴史の流れが複雑である為、それらのと文化を結びつけることもまた難しいからです。そしてなんと言っても中国や朝鮮の文化はそのほとんど場合、文化の世界史的な意味合いと共に漢字を覚えなければいけません。このように負担が大きい為、私は東洋文化史だけは後回しにしました。

小論文・現代文

小論文はまだ手をつけていませんでした。
読解力の育成の為、滑り止めとして考えていた青山学院などのMARCHレベルの過去問から評論文だけを抜き出して演習に使っていました。
英語や世界史の勉強の合間に息抜きとして気軽にやっていましたが、今考えると気軽に行っていた評論文読解によって小論文に必要な論理的な文章読解力・構成力が養われたのかもしれません。

9月〜12月

14647584

英語

夏休みが終わるまでに、英単語と英文法の基礎はほぼ完璧に出来ていたので、この時期はセンター試験レベルやMARCHレベルなどの比較的簡単な英長文であればすらすらと読めるようになっていました。
慶應に合格できなかった先輩から「なるべく多くの時間を割いて英文に触れ合ってほしい。」というアドバイスを受けていたので、私はとにかくたくさんの長文問題をこなしました。なるべく多くの長文問題を授業や自習の時間に解き、それらの問題を捨てずにとっておき、休み時間や電車移動の時間にその英文何回も音読していました。その結果英文に慣れることができ、読解スピードが向上しました。
慶應法学部の過去問を試しに解いてみて、英文の語彙力の高さや試験時間に対する問題量の多さを痛感してた私は、必死になって英文に触れ、わからない単語は全てリストアップして貪欲に暗記していました。

世界史

9〜11月は大航海時代〜19世紀末の帝国主義の台頭を暗記していました。それに加えて東洋文化史を毎日コツコツ暗記していました。
12月は冬期講習で戦後史(世界大戦後〜EUの成立過程)を学び、それをひたすら覚えていました。

小論文・現代文

9月の新学期が始まるタイミングで週に1度の小論文の授業を取り始めました。演習と解説を隔週交互にやっていたので、2週間に1本のペースで小論文を書く演習をしていました。

1月(センター試験)

14641173

英語

センター試験の対策はほとんどしていなかった私でしたが、さすがに不安感を覚えたのでセンター試験本番の2週間程前から対策を開始しました。センター試験に特化した勉強を行っていなかった私でしたが、それまでに基礎を完成させた上に意識的に多くの時間を英長文読解に割いていたので、少しの調整で万全の準備ができました。
センター試験が終わってからは、さらなる語彙力を身につけようと思いました。予備校の先生に相談したら「慶應法学部目指す受験生は英検1級の単語帳をやるべき。」と言われたので、この時期から本番までの1ヶ月で『英検1級語彙・イディオム問題500』を完全に暗記しました。
使った参考書
『英検1級語彙・イディオム問題500』

4690
参考書名
英検1級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)
著者
ページ
239ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
9326270?w=80

決して悪くないのですが、出版年やレイアウトのことを考えると、The Japan Timesの『英検1級語彙問題完全制覇』の方が良いです。的中率もそちらの方が良いです。前回の版からかなり年月が経過しているため、旺文社が新しく出版すれば、状況が変わるかもしれません。

レビューをもっと見る

世界史

世界史も英語同様にほとんどセンター試験対策をしていなかった私ですが、安心していました。私の持論ですが、ほとんどに私大やセンター試験(世界史の大論述がない問題)において、過去問演習はほとんど意味をなさないと思います。東大のように数百字の世界史論述問題は何度も演習することが不可欠だと思いますが、マークをする練習は必要ないと考えてたのでセンター世界史は1回くらいしか過去問演習を行いませんでした。

小論文・現代文

センター利用でMARCHの滑り止めを確保したかったので、現代文だけはセンターの過去問演習をしっかりやりました。
1日1年分を目標に直前の2週間で毎日演習を行いました。
センター試験後からは、小論文を2日1本書くようにしていました。
信用できる先生に添削をお願いして、完璧と言われるまで書き直しをしていたので過去問が足りなくなる心配もありませんでした。はじめの頃は何度書き直してもダメ出しをされ完璧な合格答案を書き上げるのに時間がかかっていましたが、徐々に書き直しの数が少なくなっていきました。

2月(本番期)

14641192

この時期は本番と同じコンディションで過去問を解いていました。朝◯◯時から英語・◯◯時から国語・◯◯時から世界史といったように入試要項にある本番のタイムスケジュールにそって自習室で本番を再現するのです。本番さながらの緊張感を持って演習することは、本番の緊張緩和に繋がります。
私にとっての初めての大学入試は2月3日国際基督教大学(ICU)でした。それから数日おきに上智・慶應文学部・経済学部・法学部と立て続けに試験をこなさなければいけません。精神的な安定と健康を保つことを一番に重視し、それぞれの試験に120%の力を注ぎながら、基礎知識の復習と過去問演習を続けました。
第一志望であった慶應法学部の試験よりも前にICUと上智の合格通知が届き、精神的な疲れから「もういいかな・・・」と考えたりもしました。悩みがら慶應法学部の試験を受けに行って、結果として慶應法学部に進学しましたが、今改めて本番期の気疲れの怖さを感じます。やはり「いかに平常心を保てるか」が勝負を大きく左右するのだと思います。

最後に

14717576

1年弱の受験勉強は辛いことも沢山ありましたが、その分合格を手にした時の喜びは何にも代えがたいものがあります。慶應法学部政治学科の合否通知ページを開いた瞬間の浮遊感は忘れられません。

皆さんも本当に行きたいと思える学校を見つけて、挑戦してみてください。どんなに現状の偏差値や実力と懸け離れた難関校でも、1年あれば努力次第で合格は掴み取れます。私の合格体験記を参考にあなたも大学受験を成功させてください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
    20396873
    現役で慶應義塾大学法学部政治学科に合格しました。英語と世界史が得意科目なので、その2科目を中心に記事を執筆していきます。

    関連するカテゴリの人気記事

    20183827?w=120

    【東京大学合格体験記】受験に勝つ勉強法と勉強時間を紹介します!

    20062518?w=120

    【慶應合格体験記】勉強時間からおすすめの併願校まで紹介します!

    20216429?w=120

    【合格体験記】高3春からの勉強で慶應・MARCH現役合格した話

    20277001?w=120

    東京大学の合格体験記!時期別・科目別勉強法からおすすめの参考書まで

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay