20062518

【慶應合格体験記】勉強時間からおすすめの併願校まで紹介します!

はじめに

あなたは順調に受験勉強を進められていますか?

毎日コツコツ勉強できているという人もいれば、思うように集中できずにいる人もいると思います。
受験が迫った高校三年の春から秋にかけて、私は完全に後者でした。
周りが必死に追い込みをしている中、ストレスと不安で勉強が全く手につかなくなってしまっていたのです。

しかし最終的には早慶上智ICUを始めとする難関私大に現役で合格することができました。

この記事では自分で考えるその理由と、受験生へのアドバイスを紹介していきます。





〜プロフィール〜

【現役・浪人】現役

【出身高校】公立高校

【受験科目】英語、世界史B、国語(現代文古文漢文)、数学Ⅰ、地学基礎、生物基礎

【塾・予備校】通っていなかった

【受験勉強の開始時期】高2の秋

【合格した大学・学部】
慶應義塾大学法学部、慶應義塾大学文学部、早稲田大学国際教養学部、国際基督教大学(ICU)、上智大学外国語学部英語学科、上智大学外国語学部フランス語学科、上智大学総合グローバル学部、津田塾大学国際関係学部(センター利用)、立教大学フランス文学部(センター利用)

【不合格だった大学・学部】
国際教養大学A日程、早稲田大学政治経済学部、東京外国語大学国際社会学部

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

志望校の決め方

14641218

高3の秋に国立から私立第一志望へ

私はずっと「どうしてもここに合格したい!」と思える志望校を見つけられずにいました。

高2の秋頃までは模試に記載する志望校も全て親まかせ。自分でなんとなく考えていた志望大学は一橋大学でした。
しかしその志望動機も「みんなが国立志望だから」という本当に適当なものだったのでイマイチやる気を出せずにいました。

もちろんそんな生半可な気持ちでは一橋大学を目指すことはできませんでした。
特に私は数学が大の苦手だったことから一橋大学の判定はいつもD。あと1年弱で数学の苦手を克服することはできないと思い、高3の5月に二次試験で数学を使わなくて済む東京外国語大学に変更しました。

しかしその後も志望校は二転三転。結局高3の秋に東京外国語大学の合格も半分諦め、私立文系(早慶上智)のどこでも通用する学力をつけることを目標に勉強を進めていきました。

時期別の勉強時間とその内容

14641456

高1(平日1時間、休日2時間)

公立の小学校から公立の中学に進んだ私にとって高校入試が初めての受験でした。
なんとか第一志望の公立高校に合格したものの、入学してからしばらくは受験の解放感からほとんど勉強していませんでした。
しかし私の学校の行事が前期に集中していたこともあり、後期は自然と勉強に取り組むようになりました。
この時は主に授業の予習復習を中心に五教科まんべんなく勉強していました。

高2(平日6時間、休日12時間)

高2になると、少し受験を意識し始めるようになりました。
今まで通り授業の予習・復習に加えて英単語を覚えるなど、自主的な勉強も開始しました。
高2の夏には苦手な数学を克服するため、「青チャート」等を使って学習を進めていきました。

しかし本格的に勉強を開始したのは高2の秋でした。
きっかけは今まで一緒に遊んでいた友達が、本気で世界史の勉強をしていることを知ったことでした。
それまでのんびりと勉強していた私はその姿を見て急激に焦り、気を引き締めて勉強するようになりました。
朝は早起きして学校の自習室に行き、放課後も夕方まで学校で勉強して帰ってからも勉強していました。

当時は勉強して知識が増えていくのが楽しくて、ほとんど勉強が趣味のようになっていました。

高3

4〜6月(平日2時間、休日5時間)

高3に入ると、高2の時とはうって変わって勉強に集中できなくなってしまいました。

周りが本格的に受験勉強を始めている中、家でだらだらしたり、学校行事を言い訳にしたりして全く勉強しない日もままありました。
自分ではどうしてそんなに急にやる気が出なくなってしまったのか分からず、自己嫌悪に陥っていたのですが、今考えるとその主な原因は模試の成績の上昇からくる油断だったんだと思います。

高2の後期に周りより一足早く勉強を開始した結果、私の成績は順調に伸びていました。
特にもともと得意科目だった英語と、世界史ばかり勉強していたのでその2科目に対する自信が高まっていました。
それが油断につながってしまったのだと思います。

その一方苦手な理系科目は後回しにしていたため、その偏差値は相変わらず低いままでした。
思うように勉強に集中できていなかったためこの頃、先程話したように数学受験を諦めてより文系科目に絞って対策をしていくことに決めました。

7・8月(1日9時間)

「夏を制するものが受験を制する」と言われるほど大切な高3の夏休み。
私は学校の先生から40日で合計400時間勉強を目指すように言われていました。
そこで全て自己管理となる夏休みにどれくらい勉強できたのかを把握するため、「スタディプラス」のアプリを使用して学習の記録をつけることにしました。
以下がその実際の記録です。

20047762

20047760

注:7月半ば〜10月半ばの記録です。
(グレー:世界史、ピンク:英語、10月の黄緑は世界史)

結果的に、私の学習時間は40日間で約364時間でした。
私は塾・予備校に通っていなかったため基本的に自習、たまに学校の夏期講習を利用して学習を進めていきました。

364時間というと結構勉強できたように思えますが、実際には勉強していない時間も多くありました。
私の学校では高3の9月末の文化祭まで行事が残っていたので、学校での自習の合間によくそれに向けての準備に参加していました。
学校行事などは受験の妨げになると思われがちですが、しんどい受験生活の中の良い息抜きになるし、なにより良い思い出になるのでしっかりと取り組むことをおすすめします。

学習内容に関しては特に計画を立てずに、そのときにやりたい科目をやりたい分だけ勉強することでストレスを溜めないようにしていました。
そしてこの頃から少しづつ過去問に触れていきました。

9月(1日1時間)

夏休みも終わって学校も再開。
受験も近づいて更に集中…と思いきや、その全く逆になってしまっていました。

先程のスタディプラスの記録を見ていただければわかるように、9月に入って更に勉強が手につかなくなってしまいました。
自習はもちろん、授業にも全然集中できないという、かなりまずい状態だったと思います。

この時の原因は受験のプレッシャーと不安からくるものでした。
どれだけ勉強しても合格できる保証はないし、高3に入って以来思ったように勉強できていなかった事もあって、受験を目の前にして逃げ出したい気持ちでいっぱいになっていたのです。

学校の先生にそのことを相談すると、一旦勉強のことを全て忘れて他のことをやってみるように言われました。
受験まで半年を切った状態でそんなことをしていいのか、半信半疑でしたが思い切ってそのアドバイスに従い、9月の殆どを文化祭の準備に費やしました。

そうして約1ヶ月間勉強から離れた結果、10月に入った頃には自然とまた勉強に向き合えるようになりました。

10〜1月(1日10時間)

10月以降は順調に勉強を進めることができました。

特に英語では1ヶ月間触れていなかったことから感覚が鈍り、そのブランクを埋める必要がありましたが、それが逆に程よい焦りにつながって集中して取り組むことができました。
11月に入ると本格的に受験校を考え出し、それぞれの過去問を解くことを通して自分との相性を確認しつつ、知識の漏れを確認していきました。
本格的なセンター試験対策は12月に入ってからはじめ、主に過去問を沢山解くことで形式に慣れることを意識しました。

12月中は私大の入試対策とセンター試験対策を平行して行い、1月に入ってからはセンター試験にシフトしていきました。
過去問や予想問題集での点数が安定していなかったことから不安もありましたが、結果的には英語9割世界史10割国語8割をマークすることができました。
センターリサーチでセンター利用合格ができそうだと分かったおかげで、安心して二次試験に挑むことができたと思います。

センター試験が終わってから私大の入試や国立大の二次試験までの間は、主に英単語の語彙を増やすことと、世界史の知識を確認することを行っていました。

科目別勉強法&参考書・問題集

15182668

英語

私は英語の学習において「単語帳を作る」、「音読をする」、「沢山英語を聞く」の3つを意識して行っていました。

1単語帳を作る
私ははじめ語彙力が不足していたため、高1の冬から自主的に英単語を覚えていきました。
その方法は市販の単語帳の巻末の索引からわからない単語を全てピックアップし、それを単語カードにまとめて覚えるというものです。
単語カードは作成に時間がかかるため批判されることも多いですが、軽くて持ち歩きに便利な上、シャッフルできるなどおすすめです。
英文を読むにあたって単語力は本当に重要です。
私の方法でなくても、自分にあったやり方でどんどん語彙を増やしていきましょう。

2音読をする
私は早い時期から音読を意識して行うようにしていました。
その題材は教科書であったり、単語帳の例文であったりと様々です。
音読することで英語のリズムに慣れ、英文を速く読むことができるようになりますよ。

3沢山英語を聞く
リスニング問題に対応できるよう、できるだけ沢山英語を聞くようにしていました。
リスニングは他の作業をしながらでもできるため、私は朝身支度をしているときや学校の登下校時に英語を聞くようにしていました。
そして特におすすめなのが、夜眠れないときに布団の中でリスニングをすることです!
集中して聞ける上、程よく疲れるためよく眠れるのでおすすめです。

〜おすすめの参考書〜

【教材名】鉄緑会東大英単語熟語鉄壁
【分類】英単熟語帳
【使用時期】高2の2月〜高3の5月
【使用目的】英単語力の強化
【使用法】見出し語を初めのページから確認→知らない単語に付箋を付ける→単語カードにまとめる→覚えるまで繰り返し確認
【おすすめポイント】収録単語数が非常に多く、大学受験に必要な語彙力を十分身につける事ができます。また、イラストや語源など覚えるコツも載っているので無理なく覚えることができますよ。

4061
参考書名
鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁
著者
鉄緑会英語科
ページ
666ページ
出版社
角川学芸出版
Btn amazon
20113968?w=80

鉄壁をやっていると東大に行けそうな気がします。 テーマ別に覚えることができるため非常に覚えやすく、語彙が増えると自信にもなり点数にも繋がる(繋がるとは言っていない) 関関同立やGMARCH、日東駒専、産近甲龍志望の英語嫌いなあなた!ぜひ鉄壁で志望校合格を勝ち取りましょう!

20215531?w=80

ターゲットやシステム英単語は一つの単語に意味一つといったようなものが多く中々覚えられない、この単語の意味だけで大丈夫なのかと思っている最難関レベルの大学に受ける人はお勧めです。 多くの意味が載っている上、単語の構造や例文、イラストなどが載っており、一単語に対する理解が深まる上に覚えやすくなっています。 単語帳としては値が張るものですが、買って後悔することはありません。

13396428?w=80

鉄緑会英語科の神、尊師三木大先生の最高傑作。入試というレベルを超えて生活必需品とも言えよう。人生におけるバイブルと言っても過言ではない。内容の充実度も去ることながら、巻頭の文章も心に響く物があり、一読どころか暗唱の価値まである。 すごいよ

レビューをもっと見る

【教材名】Vintage
【分類】英文法・語法問題集
【使用時期】高2〜センター直前
【使用目的】文法・語法問題に慣れる
【使用法】
①全ての問題を解く→間違えた問題に付箋→できるまで繰り返す
②苦手な文法事項の解説を確認
【おすすめポイント】
他の文法問題の参考書と比べて、収録問題数が多くなっていることが特徴です。解説も充実していて重要事項がまとめられています。
マスターするまで繰り返し解くようにしましょう。

8756047
参考書名
英文法・語法 Vintage New Edition
著者
編著者名 篠田重晃・米山達郎編著
ページ
0ページ
出版社
いいずな書店
Btn amazon
20416054?w=80

周りはあまりよくないとかわかりにくいと言っておりますが、個人的には結構良いと… 文法と熟語はこれで十分だと勝手に思ってます。何周もしてれば頭に入ると言われてるのでひたすらやっております。

17682920?w=80

参考書というよりは問題集。 文法、語法、イディオム、会話表現、多義語、発音アクセントなど全ての部分を網羅してるので、これを何周もやればかなり力がつくと思う。

16308253?w=80

大抵の人は学校で配られると思いますが、何度もやってるうちに左側の文章見た瞬間に答えわかります。だからといって、新しい文法書は買わなくていいです。文法を確認する問題集を買って本当に身についてるか解いて確認して、何周もすればパーフェクト💯

レビューをもっと見る

世界史

詳しい私大向けの世界史勉強法はこちらで紹介しているため、ここでは時期別の勉強内容を紹介します。

高2の秋…世界史の学習をはじめる。

高2の冬…通史の学習を始め、高2の3月に一通り終わらせる。

高3の春…国立向けの論述問題集を使って自分の理解を確認し、よく覚えていなかった分野を再度確認する。

高3の夏…過去問に触れる。志望校のレベルを確認した後は「実力をつける100題」という参考書を使って沢山の問題を解いたり、山川の世界史用語集を使って細かい用語の知識を入れる。

高3の秋…本格的に過去問演習に取り組む。知識の穴を埋めることを意識して慶應大学と上智大学の過去問を中心に解く。

直前期…今までの知識を確認して、覚え忘れをなくす。


世界史の学習で大切なことは、インプットとアウトプットを繰り返すことです。
特に通史を進めていくときはなんとなく教科書を読み進めるのではなく、単元ごとに問題集を解くなどしてその都度覚えた知識を確認するようにしてくださいね。

〜おすすめの参考書〜

【教材名】ナビゲーター世界史
【分類】講義型参考書
【使用時期】高3春
【使用目的】通史の確認(インプット)
【使用法】教科書を読んで一通り通史を学習した後、復習として流し読みをしました。
【おすすめポイント】
講義形式で地域別・時代別の通史が解説されています。口調が柔らかくて理解しやすい上、ポイントもしっかりまとめられているためおすすめです。
付録として内容に対応した確認問題がついているので、それを使って確認するのも良いと思います。

14722553
参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 1 先史~中世ヨーロッパ史の徹底理解
著者
鈴木 敏彦
ページ
236ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
20343730?w=80

流れを理解しやすい。 喋り口調で書いてあるので、読みやすい。4冊あるから大変だけどオススメです!赤字のところは覚えて損はないです

レビューをもっと見る

【教材名】新世界史頻出年代暗記
【分類】世界史年号語呂合わせ
【使用時期】高2の秋〜高3の冬
【使用目的】通史確認・年号暗記(インプット)
【使用法】
①解説部分を使って地域別別の通史を重要年号を抑えつつ把握
②年号の覚え方を辞書的に確認
【おすすめポイント】
この参考書のおすすめポイントは「収録年号数が多いこと」「事項解説が充実していること」「比較的無理のない語呂合わせであること」「年号以外の重要事項の語呂合わせも紹介されていること」「一つの語呂合わせで関連する用語が覚えられること」などです。私は世界史の学習を始めてすぐの時点から繰り返し確認するようにしていました。
しかし語呂合わせには好みがあるので、ぜひ手にとって確認してみてくださいね。

89994
参考書名
新世界史 頻出年代暗記
著者
別宮 孝司
ページ
239ページ
出版社
学研教育出版
Btn amazon

【教材名】実力をつける世界史100題
【分類】問題集
【レベル】上位〜難関私大
【使用時期】高3春〜夏
【目的】知識の確認(アウトプット)
【使用法】そのときに学習している単元の問題演習として解く。わからなかった問題にはチェックをし、解説を確認。
【おすすめポイント】早慶をはじめとした難関私大の対策をするのにちょうど良い難易度の問題集となっています。実際に入試で出題された問題も多く、やって損はないでしょう。また解説もしっかりしているためよく読み込んでくださいね。

956149
参考書名
実力をつける 世界史 100題 [改訂第3版]
著者
Z会出版編集部
ページ
480ページ
出版社
Z会
Btn amazon
11906834?w=80

タイトルにもある通り、非常に難易度は高いです。超難関私立大学の入試問題にも対応出来るレベルではないでしょうか。 この難易度に挑もうと志す方にはそんな方はいないと思いますが、教科書内容すら頭に入っていないのなら論外です。その次に待ち構える甚だ高い壁だとみなしてください。 無論、センター試験のみで世界史に別れを告げる人に関しては、この教材は無意味に近いと思います。定期テスト前や模試の前にこの教材の振り返りをしたことが何度かありますが、ほぼ1点にも結びついていませんから。 すなわち、文系で国立大学個別試験や、私立大学で世界史をとる方、且つ受ける大学が国立なら東京、京都、一橋などの論述が課される試験を採用していて、今現在記述の分量不足で困っている、私立大学ならば早稲田、慶應、上智のような極めて高いレベルの理解を要する試験を受ける方にしか推薦出来ません。 100題を解き切る道程は到底容易ではありませんが、壁は高ければ高いほど、超えた時の達成感はひとしおです。是非、高い志を持っている方は挑戦してみてください。

16080186?w=80

難易度は普通に高いですがだからと言って 全てが全てわからないと言ったことは無いでしょう100題のほとんどが記述の問題で時間はかかると思いますがしっかりとした復習と周回を重ねてこの一冊を完璧にすれば(+a )早慶上智レベルの単語はほぼ抑えられるかと思います 中国史の漢字はしっかりと書いて定着させてください 解説がかなり細かいのでしっかりと答え合わせだけでなく解説も通読してください! これプラス志望学部の過去問を見て+aで自分で必要なところを抜き出して強化すれば自ずと世界史で差をつけることができると思います

20366881?w=80

なんかこれめっちゃむずいみたい早慶向けだーみたいに書いてる人多いですけど実際マーチの人もやっていいと思います。 解説も詳しいですしいい問題ばかり! 標問もやりましたが実際標問のほうがむずい気がしました() 僕はこれを3周くらいして過去問行きました! これをやる前にマイナーですがスタンダード世界史(山川)をやるのが意外といいと思ってます、よかったら👌

レビューをもっと見る

国語

国語の学習はほとんど学校のカリキュラムに従って進めていきました。
具体的に言うと、授業とその予習復習、さらに補助教材を使っての学習です。
特に現代文の学習はなかなか難しいので、個人的には学校や塾予備校の計画に従って学習することをおすすめします。

一方古典は知識が必要になってくるため、それに関しては個人でどんどん覚えていくようにしましょう。
特に古文の活用形や単語、漢文の返り点や句法を覚えなくては始まりません。

また、古典では繰り返し音読することも大切です。
何度も口に出して読むことで独特のリズムに慣れることができ、読むスピートを上げることができるからです。

〜おすすめの参考書〜

【教材名】現代文キーワード読解
【分類】現代文用語解説
【使用時期】高2の冬
【使用目的】現代文の頻出テーマや語句の知識を深めることで様々な文章に対応できるようになるため。
【使用法】さらっと一読
【おすすめポイント】現代文で頻出のテーマや語句について解説されています。現代文では日常であまり聞く事のない用語を使って話が進められていきがちですよね。用語が分からず文章全体がちんぷんかんぷんになってしまわないためにも、是非この参考書を使いましょう。また、キーワードだけでなく頻出「テーマ」についても分かり易く解説されている点でもおすすめです。

7049501
参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]
著者
Z会出版編集部
ページ
360ページ
出版社
Z会
Btn amazon
19549425?w=80

大学受験宅浪の者です! 英語が苦手だったので現代文を10月まで全く手をつけていませんでした。 もちろん現代文も大嫌いでした! 現代文は勘で解けるとかセンスとか色々言われておりますが、語彙や文章中で表現されるキーワードの意味を知らずに受験に挑むのは、リスクが大きいですし、現代文は得点源に出来るものでもったいないです。 肝心のこの参考書の内容ですが、 現代文を最初からやるならまずこれだと思います。私が思うこの参考書の長所は、例え表現がとてもわかりやすい点だと思います。 実際の入試問題に書かれている意味が難しいと感じる場合は、例えを見ると日常的に感じる内容に言い換えてあり理解しやすいです。 あとは、テーマ別に分かれてあったり意味を図で表してありイメージがしやすいのと他の語との関連性がしっかりと書かれている点です。 短所はあんまりないですが、もしかしたら語彙自体に難しいと思ってしまう人がいるかもしれないです。聞いたことある語彙もあれば聞いたことない語彙もあります。しかし、ここに書かれてあるのは現代文を解く上での最低限の語彙なので、語彙の意味のイメージが出来るまで、 その意味を他人に説明できるまで理解してください。 やり方は人それぞれですが、ページの全てを見るのではなく先に何を理解するのかを決め、項目を限定して読んでほしいと思います。 しかし語彙を知るのは現代文を解く上での手段に過ぎないので、現代文を得点源にするには、解き方も勉強しなければなりません。 この参考書に価値を見出すのはあなた次第です!頑張ってください! 私は来月の1ヶ月後のセンプレが楽しみです。

Icon default user

まあ、語彙もそうやけど、同じかそれ以上に重要なことが実はこの本には隠されてる それを知った俺は偏差値70over、勿論他の参考書もやったけど、おそらくそれで掴んだ偏差値70じゃないと思う。 紛れも無い、「現代文 キーワード読解 」のおかげやと思ってる。 前振り長くなったけど、長くならざるを得ないくらいほんまに凄い恐ろしいぐらい伸びるから感謝してもしきれません。ありがとう。」 使い方入る前にもう一度言っておく。 「語彙じゃないねん!」この本のバケモノなところは語彙じゃないねん!その隣にある短めの文章に偏差値70の秘訣が隠されてる。 でも残念ながら言葉では伝えきれません。 自分で見つけることに意味があります。 あえてヒントを出すとすれば、「抽象をいかに具体化できるか。そのための「文or単語の抽象への代入」 今君達はこの意味が分からないだろう。ちなみにこれは、ひと文章4回は読まな分からん。ケントウヲイノル。

14980579?w=80

慶応と早稲田に受かった先輩に進められました! これだけで駿台模試の国語の成績が 48から73にあがりました!

レビューをもっと見る

【教材名】古文上達 基礎編
【分類】古文文法事項解説&練習問題
【使用時期】高2の冬
【使用目的】文法事項の確認と古文に慣れるため
【使用法】文法解説部分をよく理解する→練習問題を解く→解説熟読→問題文をすらすら読めるまで繰り返し音読
【おすすめポイント】文法解説は重要な部分が簡潔にまとめられていて分かり易いです。また、各文法事項ごとについている練習問題の質がとても高くなっています。課題文の解説も面白く、文法の知識だけでなく古文常識も同時に身につけることができるので、古文が苦手な人は是非一度使ってみてくだいさい。

4572
参考書名
古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用まで
著者
仲 光雄
ページ
192ページ
出版社
Z会
Btn amazon
15962115?w=80

■取り組み時息子のレベル 古文教室と品詞分解を軽くやった程度の古文初心者 ■取り組み方針 古文初心者が45章をアウトプット用として丁寧に進めるとしたら、少しレベルが高く1章約30分ぐらいかかるし、そもそも英数もあるので古文に毎日30分は使えない。 ならば毎日10分程度小刻みに進めるとしたら1周するのに135日かかり、最初のほうを覚えてるのか定着も怪しい。 ということで、古文は語学ということもあり、速読英単語と同じように音読をメインにインプット用読み込み教材として使いました。 ■取り組み方法 新宮竹虎さんの勉強本を参考にしました。最初から別冊だけ使うインプットメインのやり方です。 要約を読んで現代文訳を見くらべながら読み、大体の意味がわかったらひたすら音読するやり方は、古文をやりなれてない息子にとってほとんど作業なのでやり通すことが出来ました。 1周目は1日10分とすると1日目は要約と現代文訳を見比べながら内容把握し、音読3回程度、2日目は10回程度音読をワンセットとして進めました。 最初に頑張って1周さえしちゃえば、2周目以降は1章音読するのに大体1~1.5分程度なので、10分で約9章、5日で45章終わります。 ■工夫 読み慣れたところでマンネリを防ぐために途中で古文読解をはじめからていねいにを挟みました。さくさく読める良書です。主語のとらえ方など読み方も変わったようです。 あと、10周目ぐらいで問題を解かせました。読み込んでいるので10分で3章分ぐらい進みます。さすがに間違いは少なく、間違ったところは次の読みのとき引っかかりにもなりよかったです。 ■まとめ 1周したときに効果を確認したところ、期待したほどではなくがっかりし、この進め方を疑ったのですが、そのあと何周かするうちに随分読み慣れたのか、難関高校の入試問題もすんなり読めるようになりました。5~6割平均のところ7~8割ぐらいはとれます。 反省としては1章2日20分かけたのですが、2日目は不要で、とにかく早く1周したほうがよかったかもしれません。 この参考書は別冊が充実しており、読み込み教材として秀逸ですし、本当に基礎が身につく鉄板の参考書です。高校用なので、この本をやり通すと大学受験までやる参考書はあと数冊ですみます。 トータル時間は24時間程度。アウトプットメインで最初から問題もとく丁寧なやり方で1章30分としたときに1周するのと同じぐらいです。ただ同じ時間で10周以上復習音読が出来たので、定着が全然違うし、作業なので挫折しにくいということがよかったというのが感想です。 ただ、古文初心者が取り組んだ場合の1例なので、ある程度基礎のある方は最初からガンガンすすめてもいいと思います。

18849509?w=80

この本は1日4題やっても苦にならないです それどころか毎日読めるようになってる!ていう実感がつきます。 ゴルゴ600単語と並行してやってるので、ゴルゴがおぼわってきたのもあると思います。 これを一通り復習までやってから過去問を何周もしたいです

20387176?w=80

実践問題1を解いた瞬間笑いが止まらず、はじめて参考書を好きになりました 何事にも溜めすぎはよくありませんね お手洗いはこまめに行くべきだということを再確認した問題でした

レビューをもっと見る

【教材名】銭形漢文 大学入試出る順センター漢文
【分類】漢文句法解説
【レベル】センター試験
【使用時期】高3の冬
【目的】重要句法と重要漢字の確認
【使用法】文法解説部分はさらっと読み、付録の「虎の巻」はセンター当日まで携帯して確認。
【おすすめポイント】「ゴロゴ」シリーズで人気の板野博之さんの漢文参考書です。この参考書は結構古いもの(2008年出版)なのですが、特に取り外し可能な「虎の巻」が優れていたため愛用していました。「虎の巻」では重要句法から重要漢字、重要熟語、センター試験の解き方のコツまで大切なポイントが簡潔にまとめられています。またコンパクトなため持ち歩きにも便利ですよ。

4152
参考書名
銭形漢文 大判 ルパン3世の合格大作戦5 (ルパン三世の合格大作戦シリーズ)
著者
板野 博行
ページ
274ページ
出版社
星雲社
Btn amazon

慶應の小論文対策

慶應の小論文の対策として、高3の11月〜1月のはじめにかけて、法学部と文学部の過去問をそれぞれ4年分づつ解きました。
解いた過去問は学校の国語科の先生に添削してもらっていました。
しかしはじめは原稿用紙の使い方すら危うく、文章を書くことも苦手だったため正直入試は一か八かの気持ちで受験することになってしまいました…。

私がやっていなくて後悔したことは次の4つです。

1.早いうちにも出題形式や難易度を知っておくこと。
2.新聞やニュースを利用して、様々なことに関心を持ち、知識を増やしておくこと。
3.まとまった文章を書く練習をすること。(原稿用紙の使い方の確認も含む)
4.漢字を書けるようにしておくこと。

1に関して…何事もはじめにゴールを知っておくことが大切です。早いうちに入試問題を知っておくことで、余裕を持って対策をすることができます。

2に関して…慶應の法学部と文学部の小論文では、自分の意見とともにそれをサポートする経験や知識を紹介するように求められることが多いです。様々なテーマについて論ずる事ができるよう、日頃から意識的に情報収集をしていきましょう。

3に関して…特に私立文系だと、普段の学習の中で文章を書くという機会が少ないと思います。直前になって焦らないように普段から自分の意見を文章にする練習をしておくと良いと思います。

4.に関して…意外に大事だと思ったのが漢字の勉強です。小論文なので自分で書く言葉を選ぶことができるのですが、案外簡単で重要な単語の漢字が書けなくて焦ることがあります。私は実際に入試のときに「制定」「是非」といった基本的な漢字に自信が持てず、とても不安になりました。(結果的にはあっていました。)

あなたは私の様にならないためにも、普段からしっかり対策してくださいね。

併願校について

15085689

受験が迫ってくると考えなくてはいけないのが併願校。
いろんな学部があって悩んでしまいますよね。
私は合計17学部に出願し、そのうち12学部を受験しました。

私が併願校を選ぶ際に重視したポイントは主に次の4点でした。

1.興味のある学部であること→国際系
2.レベル→早慶上智レベル
3.問題形式→記述少なめ
4.日程→受験日が被ったり、連続しすぎない

ここでは私が実際に受験した大学と、受けてみて感じたその特徴・対策法などを紹介します。

センター利用入試

津田塾大学

津田塾大学は日本の女子教育の先駆者として知られる津田梅子によって1900年に設立された女子大学です。
英語教育に力を入れていて、留学の制度も充実していることから受験を決めました。

学部は学芸学部と2017年4月に設立されたばかりの総合政策学部の2つがあります。
私は学芸学部の国際関係学科のC方式(センター利用)に出願しました。
使用科目は英語(リスニング含む)・国語(現古漢)・選択科目(地理歴史公民数学理科から1つ)の3科目で、配点はそれぞれ250点・200点・100点の550点満点です。
2017年のボーダーは476点だったので、ボーダーは86%程度です。
マーチのセンター利用では90%以上必要となる事が多いため、それよりは多少合格しやすいと言えるかもしれません。

また総合政策学部には3月9日まで出願できる「後期2教科型」という方式もあるので参考にしてみてくださいね!

津田塾大学センター利用入試ボーダー

19555345
私立 / 東京都

立教大学

MARCHのどこかに出願しておこうと思い、選んだのが立教大学でした。
その理由は蔦で覆われた校舎がとても素敵だったからです。
そんな立教大学の中で、比較的ボーダーの低いフランス文学部(3科目型)に出願しました。
使用科目は英語・国語(現古漢)・選択科目(地理歴史公民数学理科)で、配点はそれぞれ200点・200点・100点の500点満点です。(英語は0.8倍に圧縮)
ボーダーは82%程度なので、やはり合格しやすいように思います。
他にも4科目型など様々な入試形式があるため自分にあった形式を見つけてみてくださいね。

立教大学センター利用ボーダー

20065205
私立 / 東京都 埼玉県

一般入試

国際教養大学

国際教養大学は2004年に設立されたばかりの秋田県の公立大学です。
設立されて十数年と歴史の浅い大学ではありますが、実はとても評価の高い大学なんです。
その理由の一つに1年時の寮生活と1年間の留学が義務付けられていることが挙げられます。
一学年200人程度と非常に少人数なのに対し、留学生は学校全体で29の国・地域から173人と多くなっています。
そんな国際的な環境の中での生活できるなんて素敵ですよね。
また24時間利用できる図書館もあり、その美しさは本当に素晴らしいです。

そんな国際教養大学の一般入試形式はなんと16形式あり、1つの年度に最大6回も受験可能なんです!
また一般的な国公立大学の入試の日程は集中しているのに対し国際教養大学の入試は2月前半にも設定されているため、他の国立大学とも併願が可能です。また、秋田県だけでなく全国7都道府県の会場で受験することができるんです。
使用科目的には私大とも併願しやすくなっているので是非検討してみてくださいね。

ちなみに一般入試の問題形式は英語国語ともに論述形式となっています。
私は残念ながら不合格となってしまいましたが、合格するためには高い論述力を身に着けておくことが不可欠だと思います。

国際基督教大学

国際基督教大学はICU大学とも呼ばれていて、リベラルアーツという日本では珍しい教育形態を取っていることで有名です。
リベラルアーツとは、文系、理系の区別なく幅広い知識を得た後に専門性を深めることで、豊富な知識に裏打ちされた創造的な発想を可能とする教育のことです。そのため学びたいことが決まっていないという人におすすめです。
さらに教員の3人に一人、学生の10人に一人が外国籍という国際性豊かな環境となっています。
また、秋篠宮の眞子さまや佳子さまの出身大学としても有名です。

ICUの入試の形式は他大学の入試と異なり、A方式(一般入試のみ)で使用する科目は英語・総合教養・選択科目(人文・社会科学または自然科学のいずれか)の3科目で、配点はそれぞれ90点・80点・80点となっています。
英語はリスニングを含み、マークシート形式で難易度は高くなっています。
総合教養とは日本語で放送される講義や参考文献をもとに様々な問題を解く形式で、教科の枠を超えた総合的な知識を問われます。
選択科目の人文社会科目は哲学、宗教、文学、芸術、歴史、政治、経済、社会など「人文・社会科学」に関わるテーマの資料をもとに様々な問題を解く形式です。

その独特な問題形式から対策は難しく思えるかもしれませんが、問われる知識は他大学の入試の対策をしていく中で身につけることができるものばかりであるように思いました。特に世界史を勉強していると少し有利な気がしたので、気になった方はぜひチャレンジしてみてください。

上智大学

上智大学は入試日程が2月の前半と少し早いこともあり、早慶の練習として「総合グローバル学部」、「外国語学部フランス語学科」、「外国語学部英語学科」の3つを受験しました。

上智大学は学部・学科が非常に多く、受験日ごとに入試問題が作成されています。
試験科目は主に英語・国語・歴史(日本史または世界史)の三科目で、配点は学部によって異なります。

上智大学の入試問題の特徴は英語の分量が多く、世界史では細かい知識が求められるということです。
英語では90分の解答時間で大問が9つ出題されることもあります。こういった問題に対応するためには普段から速読を意識して行う必要があります。
しかし問題内容に関しては素直なものが多いので解きやすいと思います。
一方世界史では細かい知識が問われます。特に地図問題の出題が多く、特別な対策が必要であるように感じました。
具体的に言うと、過去に出題された地域に関する問題が再度出されることが多いので過去問をしっかりやりこんでおくことがおすすめです。

15792166
私立 / 東京都

早稲田大学

早稲田大学は文化構想学部・国際教養学部・政治経済学部・社会科学学部の4学部に出願し、そのうち国際教養学部と政治経済学部を受験しました。
出願したのに受験しなかった理由は受験日の前により行きたい大学・学部の合格を頂いていたからでした。
私は今回このように出願したのに受験しなかった学部が複数あり、受験料を考えるともったいないことをしてしまいました。
ですから、これから併願校を考える人はそういったことも考えて出願することをおすすめします。

早稲田大学の国際教養学部はSILSとも呼ばれていて、2004年に設立された早稲田大学の中で一番新しい学部です。
留学生や帰国子女が非常に多く、授業が英語で行われるなどとても国際性豊かな学部となっています。
そのため入試では配点が英語・国語・歴史それぞれ100点・50点・50点となっていることからもわかるように、英語が非常に重視されています。
さらに2018年度から今まで実施されていた英語のリスニングが廃止され、英語4技能テスト(実用英語技能検定もしくはTOEFL®iBT)結果を出願時に提出する必要があります。SILSを受験する人はこれらを事前に受けていなくてはならないため気をつけてくださいね。
また英語の試験問題のレベルが高い分、国語と歴史科目の難易度は低くなっているためそれらが苦手な人にもおすすめです。

政治経済学部は早稲田大学の看板学部として有名です。
その為入試問題のレベルも総じて高く、私は合格することができませんでした。
政治経済学部では私立大学では珍しく世界史で100字程度の論述が出題されるので、ここに合格するためにはしっかりと論述の対策をしておきましょう。

16051059
私立 / 東京都 埼玉県

慶應義塾大学

慶應義塾大学は法学部と文学部を受験しました。
慶應大学の入試の特徴はほとんどの学部で小論文の試験が課されるということです。(一部数学受験で小論文を使わないこともできます)
慶應の小論文対策については「科目別勉強法」の項目で紹介しているので参考にしてみてくださいね。

慶應大学の中でも法学部と文学部を選んだ理由は入学後にあまり数学を使わなくて済みそうだったからです。
慶應法学部の入試は英語・歴史科目・論述問題の3科目で、配点はそれぞれ200点・100点・100点となっています。
解答形式は英語と歴史科目は全てマークシート形式となっていて、小論文は文章を読み、問に対して1000字程度で論ずる形式となっています。

一方文学部の入試科目は英語・歴史科目・論述問題で配点はそれぞれ150点・100点・100点となっています。
解答形式は法学部と異なり記述形式となっています。
また慶應大学文学部の特徴として挙げれれるのが英語の試験が「辞書持ち込み可」であることです。
紙の辞書の持ち込みが2冊まで許可されていて、試験中に自由に使用することができます。
ただし解答時間に限りが有るため、英単語は出来る限り覚えておく必要があります。

慶應義塾大学法学部の英語の対策についてはこちらを御覧ください。
18324234
私立 / 東京都 神奈川県

東京外国語大学

東京外国語大学はその名の通り外国語教育に力を入れている国立大学です。
語学に興味があったことと国立大学では珍しく二次試験で数学が必要ないことから受験しました。

東京外国語大学には言語文化学部と国際社会学部という2つの学部があり、言語文化学部ではベンガル語やラオス語などマイナーな言語についても深く学習することができます。
一方私が受験した国際社会学部では特定の地域について歴史や経済など様々な角度から理解を深めていくことができます。
学科の数が非常に多く、それぞれ倍率が異なるためどこに出願するかが非常に重要となります。
しかし合格だけが目的となって興味のない学科に入ってしまうと4年間の学習が辛いものとなってしまうので、慎重に選択するようにしましょうね。

東京外国語大学は数学の他に国語も二次試験が課されません。
そのため二次試験では外国語と歴史科目の2科目のみで行われ、それぞれの配点は300点・100点となっています。
英語の試験時間は150分と非常に長く、その難易度も極めて高くなっています。
特に200字英作文が2題出題されるなど高い英作文能力が問われます。
またリスニング問題のスピードも速く、長くなっているためしっかりとした対策が必要です。

受験生へメッセージ

20061756

とにかく早く勉強を始めることが大切。

私は受験生でいちばん大切な時期とも言われる高3の春〜秋に思うように勉強に取り組むことができませんでした。
それでも現役で合格することができたのは、高2の秋に一足早く対策を始めたからだと思います。
受験勉強にフライングはありません。なるべく早い時期から勉強を始めることで周りと差をつけましょう!

苦しくなったら、思い切って休もう。

1年以上に渡る受験生活は本当に長く、辛いものだと思います。
特に勉強したのに成績が上がらなかったり、本当に合格できるのかと不安になると集中して勉強することが難しくなってしまいますよね。

そんなときは中途半端にダラダラと勉強するより思い切って休んでしまうことをおすすめします。
やる気のないまま勉強してもストレスが溜まるだけだし、知識も身につきません。
私のように1ヶ月休むのは少し危険ですが、どうしても苦しくなったら1週間位勉強を忘れて遊び呆けるのもいいと思います。

これは眠いときも同じです。眠いいときは無理して勉強するのではなく、一旦寝て、スッキリしてから勉強に取り組むようにしましょう。

ただし当たり前ですが、遊んだ後はしっかり勉強に取り組むようにしてくださいね!

学校や予備校を最大限活用しよう。

私は予備校に通っていなかったため、学校で利用できるものを最大限活用することを意識していました。
具体的に言うと、「授業」「予習・復習」「副教材」「自習室」「先生(質問・相談)」「図書館(参考書・赤本)」などです。

あなたは授業をきちんと受けていますか?
私も正直全ての授業に集中していたわけではないのですが、受験で必要となる科目に関してはしっかりと取り組むようにしていました。
毎日受けなくてはならない授業を疎かにしてしまうのは勿体ありません。
学校で購入した参考書などもなんとなくやるのではなく、しっかりとやりこめば力がつきます。

また、先生と仲良くなるのもおすすめです。
先生方も受験に詳しいため、勉強だけでなく、併願校の決め方からメンタル面まで様々なアドバイスをくれると思います。

最後に

15085430

ここまで私の合格体験記を紹介してきました。

「学問に王道はなし」という言葉があるように、どんな勉強法も人によって向き・不向きがあります。
ですから、ここで紹介した私の勉強法が全ての人に通用するかはわかリません。

しかしそれを理解した上で、この合格体験記が少しでもあなたの助けになれば嬉しいです。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
    19164991
    現役で慶応法学部法律学科に合格しました。主に私大向けの英語と世界史の記事を執筆していきます。予備校に通っていなかったので独学で勉強する際に役に立つような記事を書いていこうと思います!

    関連するカテゴリの人気記事

    20183827?w=120

    【東京大学合格体験記】受験に勝つ勉強法と勉強時間を紹介します!

    20062518?w=120

    【慶應合格体験記】勉強時間からおすすめの併願校まで紹介します!

    20277001?w=120

    東京大学の合格体験記!時期別・科目別勉強法からおすすめの参考書まで

    20216429?w=120

    【合格体験記】高3春からの勉強で慶應・MARCH現役合格した話

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay