19785884

【早稲田大学法学部の国語】傾向対策とおすすめの参考書を紹介!

はじめに

早稲田大学の法学部ではどの入試科目も高難易度な問題が出されます。特に早稲法の国語は時間配分や記述問題など、様々な対策が必要です。
現代文・古文・漢文を十分に対策し、本番では国語を得点源にしましょう!

この記事では、早稲田大学法学部の入試国語についてお伝えします。傾向と対策法やおすすめの参考書・問題集、合格のための勉強法、解き方や読み方のコツまで広く紹介しますので、今後の勉強の参考にしてみてください。
あと少し、合格のためのラストスパートを切りましょう!

目次[ 非表示 ]
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

早稲田大学法学部の国語 入試情報

19898272

まずは早稲田大学法学部の国語について、入試情報を確認してみましょう。配点や問題の形式を知っておくことで、どの程度勉強すれば良いか目処が立ってきます。

配点と設問形式、時間配分について

まずは配点についてお話します。早稲田大学法学部の国語はトータルで50点満点です。英語が60点、選択科目(日本史・世界史・政治経済)が40点ということを考えると英語に次いで重要な科目だと言えます。
ただし、後ほど詳しくお伝えしますが、早稲法の国語は一筋縄では攻略できません。なので、英語と並行して対策することが大切です。

次に設問形式についてです。早稲法の国語は
大問一:古文
大問二:漢文
大問三:現代文
大問四:現代文
このようになっています。2015年度までは古文と漢文がミックスされた大問(古漢融合問題)が出されていましたが、2016年度からは古文と漢文が独立して出題されるようになりました。
古い過去問をたくさん解いてしまうと、「漢文対策は少しでいいや」なんて錯覚してしまうかもしれません。現代文・古文・漢文いずれもまんべんなく対策していきましょう!

以下のリンクから、早稲田大学が公式掲載している過去問のデータにアクセスできます。一度目を通して問題形式を確認してみてください。

早稲田大学入試センター 過去の入試問題

目標点

本番では、7割を目標点として頑張りましょう。
早稲田の法学部の国語では、難問奇問が出題されることがありますが、まずは6割ほどある基本的な問題に正解することが大切です。そこに難題に正解するイメージを加えて7割超え、というビジョンが理想です。
平均点が高い年度、低い年度がありますが、本番で7割以上取れれば国語が足かせになることはなくなります。

一方で演習をしている際には、6割が目標値の目安でしょう。知識を覚えたり問題に慣れないことには、高得点を狙うのは難しいです。なので、勉強していくうちに少しずつ解けるようになった、という手応えを感じつつ対策することが大切です。

過去問演習や日々の勉強では苦手や知識不足を克服しつつ6割を、本番では7割を目指してみてください。

16051059
私立 / 東京都 埼玉県

出題傾向と対策法

19898318

ここでは早稲田大学法学部の国語の出題傾向と対策法についてお伝えします。古文・漢文・現代文と科目別にお話しますので、問題を解くときの参考にしてみてください。

古文

早稲法の古文については、出典の時期やジャンル(日記文学、随筆など)が様々なのが特徴です。なので、有名な作品の他に少しマイナーな作品まで基礎知識を押さえておきましょう。こうすることで記憶を頼りにストーリーを思い起こすことができて読解が非常に楽になります。
さらに、出典と時期が同じものはどれか、同じジャンルのものを選べ、のように関連のある作品を選ばせる問題にも対応できるようになりますよ。

次なる傾向として、読みにくい文章が引用されやすいことを覚えておきましょう。古文では主語を補って読むのは当然ですが、早稲法の場合特に慎重になって読む必要があります。年度によっては何人も登場するので、日頃から丁寧な読解を心がけましょう。
特に、人物が出てきたときは余白に人物関係をメモしておくと良いです。

漢文

早稲法の漢文では、2016年、2017年と続いて散文(通常の文章)から出題されています。それ以前の古漢融合の時代では漢詩が多かったので、引用文の形式が間逆だと見て取れます。早稲法というと難題が多そうなイメージですが、漢文については文章も設問もセンターと同等くらいです。
ただし、句形や句法など漢文文法だけではなく、漢文単語も暗記する必要があります。というのも、基本的な漢文単語については注釈による説明がないからです。ここでは漢文文法に加えて漢文単語も勉強する必要がある、ということを覚えておきましょう。


勉強法やおすすめの参考書については後ほど詳しく紹介します。

現代文

現代文は早稲法の国語の中では最も警戒すべき科目です。大問が2つもあるので、じっくりと傾向をつかんだ上で対策を練っていきましょう。

まず、早稲法の現代文は堅苦しく馴染みの薄いテーマであることが多いです。具体的には経済や法律、西洋思想、宗教、現代文明批判、言語学などがよく題材とされます。こういった文章題を攻略するには、とにかく論理的に読むことが第一に求められます。しっかりとディスコースマーカーに着目して、丁寧にロジックを追いかけましょう。

また、文章がとにかく長いことも特徴として挙げられます。制限時間は例年90分ですが、それでも現代文を目の前に時間が足りない、なんて焦ってしまう人は結構います。こういった状態にならないためにも要所要所をテキパキ捌けるようになりましょう。
特に文章をすべて読解している暇はありません。日々の勉強でスピードを上げて読んでいく、いわゆる速読が大切です。
読み方については勉強法のコーナーで詳しく紹介します。ひとまず速読は必須ということを覚えておいてください。

入試難易度

入試難易度は、
古文=やや難
漢文=標準
現代文=標準
といった具合です。

古文は読解に苦労するため、丁寧さが求められます。古文をじっくり読むのは我慢が要りますが、限界が来て雑に読んでしまうと得点できるはずの問題を落としてしまうことになりかねません。なので一般的な大学入試古文よりも難しいと言えます。

漢文は漢文単語や句形・句法を暗記しておけば読解・解答ともに手こずることはないです。センター漢文くらいの難易度ですので、特段難しいと感じることは少ないと思います。ただし、漢文の勉強を疎かにする人は難しく感じるかもしれません。早稲法合格のために漢文もしっかり対策しましょう。

現代文も、漢文と同様に標準レベルです。現代文のレベルが標準、と言うとにわかには信じがたいかもしれません。実際、読解に苦労してなかなか得点できない人が多いからです。
ですが設問自体は非常にシンプルです。なので思いの外正解にたどり着きやすいのです。文章ばかりに目が行ってしまうとドツボにはまってしまうので、設問をよく読んだ上で本文を読むと難しさが緩和されます。

16051059
私立 / 東京都 埼玉県

早稲法の国語はここがポイント!

19898356

ここでは早稲法の国語で特に差がつきやすいポイントについてお話します。総合的に学力を高めることも必要ですが、ぜひ戦略的な受験対策も意識してみてください。

設問重視の取り組みで解答力を高めよう

早稲田法学部の国語では、しっかりと設問の意図を理解して「何について答えるべきか」をしっかりと押さえることが重要です。本文は堅苦しくて読みづらいものが多い一方、設問の内容は読み取りやすいのです。
なので、設問や選択肢からキーワードを特定してから本文を読む、というスタンスを確立すると良いです。こうすることで押さえるべき内容を瞬時に判断し、解答のスピードや正確さがぐっと上がります。

ぜひ解答力を高めるためにも設問を重視しましょう。

最後の論述問題を解くかどうか

早稲法では一番最後に100〜200字程度の論述問題が出されます。設問の要求自体はシンプルですが、いかんせん文章が長いため、本文のヒントとなる場所を見つけ出し、そこから情報をまとめるのにかなりの時間がかかってしまいます。
ですので、先に設問を読んで集めるべき情報を把握したり、ヒントになりそうな部分を欠かさずマークして読む必要があります。

ただし、論述問題の答案作成には思いの外多くの時間が掛かるのがネックです。過去問演習のときにどの程度時間が掛かったのか、試しに計ってみると良いです。10分以内で論述の答案が完成すれば理想ですが、全体の時間配分との兼ね合いを見て解くかどうか戦略を練ってみましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

早稲法の国語対策におすすめの勉強法

19898327

ここでは早稲田大学法学部の国語対策におすすめの勉強法を紹介します。勉強法は様々ありますが、ここでは早稲法の国語にフォーカスしたものだけをお伝えします。
ぜひ参考にして、早稲法合格を目指してください!

早稲法合格のための勉強法【古文編】

まずは古文単語の暗記から

古文勉強の事始めとして、まずは古文単語を暗記しましょう。早稲法の入試では脚注があまりないほか、優先順位が少し低い語句もたくさん出ます。なので最低でも600語は頭に入れたいです。センター古文で求められる語彙数は300語前後と言われているので、600語は多く感じますが、ぜひ頑張って覚えましょう。


また、暗記のときはメインの意味となるものだけを覚えると良いです。古文単語は使われる時代に応じて意味が少し変化しているものがたくさんあります。それらの意味を全て暗記していたらパンクしてしまいますよね。それに早稲田の古文では、単語のメインの意味だけを知っていれば解ける問題がたくさんあります。
なのでこのような暗記法は実は合格の近道だったりするのです。1つの古文単語に1つの訳、という暗記の原則のようなものを打ち立てて取り組んでみましょう。

おすすめの古文単語帳については後ほど詳しく紹介しますね。

次に古文文法を徹底的に理解する

単語をある程度覚えたら、次は古文文法の勉強です。よく、助動詞を暗記すれば古文は読める、と豪語する人がいますが、それだけでは解く力が身につかないのです。ぜひ総合的に文法をおさえましょう。

まずは助動詞の勉強からです。「つ」を例にポイントを整理してみると、以下のような情報を暗記することが大切です。
・意味(完了.強意)・用法(下に推量系の助動詞があれば強意)
・訳(〜た・〜だろう)
・接続(未然形接続)
・活用形(て・て・つ・つる・つれ・てよ)
こういったポイントを整理して暗記すると、文中で出てきたときに速く正確に意味を理解できます。助動詞は20個ほどありますが、根気強く丁寧に覚えましょう。

次にその他の品詞の文法を覚えましょう。主に動詞、形容詞、副詞、助詞の文法事項を繰り返し覚え直すことです。これらは一度暗記すると復習のサイクルから外されがちな単元なので、おろそかにしないようにすることが狙いです。これらの穿ったポイントとしては、
動詞:現代語と異なる活用をもつもの
形容詞:形容詞の語幹用法
副詞:呼応の副詞
助詞:敬主格、強意の副助詞など現代には馴染みがないもの
などがあります。全て基礎的な内容ですので、盲目的に助動詞を整理するのではなく、これらも再度見直してみてください。

敬語、各文学作品の知識を暗記しよう

古文の勉強では、敬語や文学作品知識の暗記も欠かせません。それぞれ勉強のポイントを解説します。

敬語は尊敬語・謙譲語・丁寧語の敬意の方向を正しく理解すること、それぞれの敬語動詞を暗記することが大切です。中途半端に覚えて敬語の種類を履き違えると、人物関係がおかしくなってしまいます。なので、これらの点は丁寧に覚えましょう。
また、二方面敬語(謙譲語+尊敬語)、絶対敬語(奏すなど)、自尊敬語など特殊な敬語についても理解しておきましょう。早稲田の古文では容赦なく文中に出てくるので、正確に理解することが求められるのです。これらは古文単語帳で覚えるか、参考書の巻末付録の敬語動詞一覧を見てサクッと暗記すると良いです。敬語は読解で活かせるかがカギなので、演習するにつれて知識を使いこなしましょう!

文学作品は、作者、成立時期、ジャンル、作品のあらましを覚えることが大切です。特に作者、成立時期、ジャンルは設問で聞かれることがあります。こういった知識系の問題は読まなくても正解できるので、日々の勉強で知識を蓄えておきましょう。文学作品の年表をたまに眺めてみると徐々に頭に入ってきます。

一方で、作品のあらましを理解することは案外重要です。例えば、出典もリード文もない状態で、尊敬語がたくさん出てくる、なんてことが実際にあります。このときに作品の知識がないと探り探り読んで解答する、という時間と正確性のコスパが悪い解き方をしなければなりません。
ですが概要が頭にあれば、「作者が敬語を多用する文章は枕草子くらいしかないな」などと推測でき、暗に出典を想起しながら読み進めることができるのです。明らかに後者のほうがメリットが多いですね。
全ての作品の大筋を覚えるのは余裕が無いと思うので、まずは源氏物語や更級日記などの有名な作品を、次いでその他の作品の内容を把握できたらベストです。これらを実践するかしないかで比較にならないほど読みやすさが変わります。
ぜひ便覧などを参考に作品理解も進めてみてください。

早稲法合格のための勉強法【漢文編】

まずは漢文文法をマスターしよう

漢文の勉強はまず、句形・句法などの漢文文法からスタートしましょう。
漢文文法には主に、置き字・再読文字・受け身・使役・反語・否定の形や抑揚形のような単元があります。大学受験で覚えるべき句形・句法は60〜70個程度なので、単語カードを使ってスキマ時間に覚えてみると良いです。
ちなみに早稲法では書き下し文を作ったり、返り点や訓点を付す問題が出るので、アウトプットも意識してみてください。

漢文単語の勉強も大切!語数は100前後で十分

漢文では、漢文単語の暗記も忘れてはいけません。語彙を増やすことで文章が読みやすくなるのはもちろんのことですが、実は漢文単語を勉強するのにはもう1つの狙いがあります。
それは、単語レベルで学ぶべき文法のルールについて学習することができる、と言うものです。漢文単語の中には返読文字や置き字など、普段の文法の学習ではあまり意識しない学習事項があります。
これらは、なんとなくレ点や一二点がついてるな、くらいの感覚で流してしまいがちな項目です。ですが単語の勉強をすると、語彙力アップだけではなく文法の穴を埋めていくことができます。

ちなみに100語も覚えれば早稲法の入試には対応できますので、ぜひ漢文単語の学習も行いましょう!
後ほど漢文の参考書について紹介しますが、そこの巻末にある単語リストを参考にしてみてください。

早稲法合格のための勉強法【現代文編】

まずは精読を、徐々に速読をマスターしよう

早稲法現代文の攻略のカギの一つが速読です。文章を全部読む時間はほぼないので、スピーディーに読みたいところです。ですが、闇雲に読み飛ばしたり雑に読むのはNGです。
そこで、まずは精読して本文を正しく理解できるようになりましょう。読み方のコツとしては、接続詞や強調表現などをみて筆者の主張を把握したり、同意表現を線で結ぶなどがあります。はじめのうちは時間を考えずじっくりと読んでみましょう。同じ文章を繰り返し読むことで、徐々に読むスピードが上がってきます。さらには、ここは軽く読んでいい、などと読解のセンスが磨かれていきます。

精読を継続するうちに速読をマスターするようなイメージで、現代文の勉強に取り組んでみましょう。

設問チェックから始めることを習慣化しよう

本文を読む前に、設問や選択肢に目を通すことを意識しましょう。これには、正答率を上げることと読解の時間短縮という2つの狙いがあります。
入試では何より正解することがカギです。設問を熟読し、どのような情報が解答に関係するか把握した上で読むことができれば、それだけ正解に近づきやすくなり、余計な箇所を読み飛ばすことができるのでおすすめです。

問題演習の際にはぜひ設問チェック→本文読解という流れを意識しましょう。

「ここでは何の話をしている?」と自問しながら読む

早稲法の現代文を読んでいると、様々な話題に移ったり、気づいたら別の論点だった、なんてことがしばしばあります。集中していても入試問題に振り回されてしまうことはよくあるので、注意したいですね。

そこで、「ここでは何の話をしているのか」ということを自問しながら読みましょう。設問とは関連のない論点であれば、そこはドライに無視しても大丈夫です。接続詞の使い方を正しく理解することが求められますが、設問のヒントにならない部分は華麗に読み飛ばすことも大切です。例えば、唐突に「ところで」なんて言葉が出てきたら要注意ですね。

何について話しているのか、思考しながら読み進めていきましょう。

早稲法の国語対策におすすめの参考書・問題集

19898407

ここでは早稲田大学法学部の国語の対策におすすめの参考書を紹介します。これらの対策本を使って、本番では高得点を狙いましょう!

『標準古文単語 650 (完全征服 21)』

早稲法を受験するのであればぜひ使ってほしい古文単語帳です。先ほど述べた600を超える語数が載っているので、これ1冊で入試で必要な古文単語は身につきます。
見開きの右側には古文単語や補足説明、左側には例文と練習問題と見やすいレイアウトも特徴の1つです。暗記に傾注したいときは右側だけ、アウトプットをしたいときは左側だけ眺めるなど使い方のアレンジに幅が生まれますよ。また、メインの意味は太字になっているので、そこだけ覚える、という戦略を立てることも可能です。
古語は覚えるのが大変なので、徐々に覚えていくイメージを持つと良いです。1日50単語を目安に何度も眺めてみてください。

ちなみに暗記のときはチェックペンと赤シートを使うと効率が上がります。

4410
参考書名
標準古文単語 650 (完全征服 21)
著者
ページ
304ページ
出版社
ピアソン桐原
Btn amazon

『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ) 』

この本は予備校系列が出版している古文文法の参考書兼問題集です。
助動詞、助詞、敬語など品詞ごとに学習項目がまとまっていて、さらに説明文→演習ドリルという流れで勉強することができます。古文文法の予備知識がない人でも、無理なく続けることができますよ。
30個の単元に別れていますので、1日1単元やれば一ヶ月で、1日2単元やれば半月で終わる計算です。じっくりやるもよし、さくっとやるもよしのおすすめ文法書ですので、ぜひ取り組んでみましょう。発展的な内容や解くためのエッセンスも盛り込まれていて、ちょっと古文には腕がある、という人にもうってつけです。

ちなみに、ドリル形式なのでコピーして使うと良いです。繰り返し解いて、古文文法をマスターしましょう!

2749
参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)
著者
井上 摩梨
ページ
83ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
18133651?w=80

定期テストで赤点を取るくらい古典が苦手でしたが、これを1ヶ月かけて丁寧に1周したら、この前の河合塾の全統マークの古文は1個しか間違えませんでした。古文がすごく苦手な人にはぜひオススメです。もう2周くらいしようと思ってます。

18769524?w=80

基礎が不安になった高3の夏終わりに解いた。まあ、ばり簡単やったわ。古文が苦手もしくは高2の人向けやな。

19886908?w=80

古典が苦手な人におすすめ!これやると本当に希望が見えます!

レビューをもっと見る

『漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)』

漢文の文法参考書兼問題集です。見開きで1つの学習項目が整理されています。こちらも説明文→ドリル、という一連の流れで暗記ができるので、非常におすすめです。
上記で述べたように漢文では60〜70個ほどの句形・句法の知識が求められますが、この対策本は66個に絞って重要な文法を解説してます。この1冊で漢文文法の勉強は十分カバーできます。漢文の参考書選びで迷っている人はぜひ買ってみてください。3周も回せば完璧に暗記できますよ。

8467763
参考書名
漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)
著者
三羽邦美
ページ
208ページ
出版社
学研マーケティング
Btn amazon
18155648?w=80

最初はこんなんで力つくんかな?と思ってたんですけど、右ページに 句法・その句法を使った例文・例文の解説や成り立ちがかかれてるので、それをしっかり読んで左ページの問題をといて間違ったとこを右ページや、左ページの解説をみて覚え直すことで知識が定着しやすくそこで1度知識として覚えれるとあんまり忘れることはなくテストでも使えました!! ほんとにこれはしっかりとやれば得点に繋がるのでオススメです!!!

19708248?w=80

漢文の偏差値56だったのに、たった一周しただけでセンターの過去問満点取れました。嘘だと思うならやってみてください。前半の句法の説明+簡単な演習・後半のセンター過去問・ところどころ挟まれる重要語のコラムという構成も最高です。間違いなくセンターはこの一冊でいけます。

19386560?w=80

学校のテストで赤点取るレベルでしたが、これ1ヶ月やったらマーク模試で9割(語句問題以外)安定して取れるようになりましたU^ェ^U

レビューをもっと見る

『一目でわかる漢文ハンドブック (東進ブックス) 』

こちらも漢文の参考書です。ヤマのヤマとは違って解説文がずっと並んでいるので、漢文文法の要点を短い時間で詰め込みたいときにおすすめです。
さらに、この本は漢文単語まで載っています。280語も載っていますが、どれも漢文読解には欠かせない、あるいは知っていて当然の語句ばかりです。ちょっとボリュームはありますが、漢文で確実に得点するためにも暗記して損はありません。
他にも、訓読、句法、語法、漢詩、文学史・思想史など、入試漢文に必要な事柄が網羅的に詰まっています。
ヤマのヤマと併用して漢文を得意科目にしてしまいましょう!ちなみにヤマのヤマを使ってある程度句形・句法をマスターしたらこの本1冊で漢文を勉強すると効率的です。

8530
参考書名
一目でわかる漢文ハンドブック―大学受験 (東進ブックス)
著者
三羽 邦美
ページ
149ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon

『頻出難関私大の現代文 (αプラス入試突破) 』

タイトル通り、難関私立大学の現代文だけを取り扱っている問題集です。文章のテーマや問題形式が様々であり、現代文を読み慣れるのに適しています。また、難関私大を受験する人に焦点を合わせているため、早稲田法学部を受験する人には力試しとして最適です。
しかも収録されている文章の多くは早稲田大学の問題です。解説も含めて早稲田レベルの問題を体感するいいきっかけになります。
解説には丁寧な読み方や解き方のコツ、さらには評論用語の解説もたくさん載っていますので、余す所なく読んでみましょう。早稲法本番で悪くても8割は取れるだけの論理的思考力、解答力が身につきますよ。
ちなみにこの本があれば評論用語が載っている現代文の用語集は不要です。

過去問演習に取り掛かる前にぜひ解いておくことをおすすめします!

624954
参考書名
頻出 難関私大の現代文 (αプラス入試突破)
著者
斎藤 隆
ページ
182ページ
出版社
(株)開拓社
Btn amazon

早稲田大学法学部の過去問演習で最後の追い込み

受験対策では、過去問が欠かせません。特に早稲法のようなクセのある問題は傾向とそれに合わせた正しい対策が必要です。傾向と対策についてはこれまでお伝えしたので、ぜひ過去問演習で実践してみてください!
ただし、なんとなく時間を計って解くだけではなく、
1.本番さながらの環境を整える
2.時間配分を探る
3.しっかり復習して過去問から用語や解き方のノウハウを覚える
といった工夫をしてみましょう。直前期になると焦って本調子での勉強が難しくなる場合があります。そのまま本番を迎えてしまうと100%の力を発揮できないこともありますので、日頃から本番を意識した過去問演習を心がけましょう!

18340365
参考書名
早稲田大学(法学部) (2018年版大学入試シリーズ)
著者
ページ
1040ページ
出版社
教学社
Btn amazon

最後に

14702772

ここまで早稲田大学法学部の国語について、傾向と対策、日々の勉強法、おすすめの参考書・問題集などについてお話しました。
早稲法の国語は一見難しいですが、落ち着いて解くことができれば標準的なレベルだという感覚で解くことができます。古文・漢文・現代文それぞれ的を射た勉強を心がけてみてください。

正しい勉強法を続ければ早稲田法学部に合格するだけの力がつきますので、最後まで諦めず頑張ってください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

以下の記事は早稲田大学法学部の英語対策についてまとめたものです。ぜひ合わせて読んでみてください!

【早稲田大学法学部の英語】傾向対策&おすすめの参考書を紹介!

この記事を書いた人
18538440
早稲田大学 法学部に通っています。得意科目は古文・日本史です。あと半年で卒業してしまいますが、出来る限り受験生のサポートができたらと思っています。

関連するカテゴリの人気記事

14706855?w=120

【日本史参考書】早慶上智志望者にオススメのハイレベル参考書厳選3冊

19195963?w=120

【慶應義塾大学商学部の英語】配点・対策と参考書

19582205?w=120

【早稲田大学法学部の英語】傾向対策&おすすめの参考書を紹介!

19939774?w=120

【慶應義塾大学法学部の英語】配点・対策と参考書

19785884?w=120

【早稲田大学法学部の国語】傾向対策とおすすめの参考書を紹介!

19804847?w=120

慶應法学部小論文の総まとめ!頻出テーマ解説とおすすめの参考書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay