19182846

高校生必読!高校英語文法が驚くほどわかる45の記事を総まとめ

はじめに

高校英語の英文法が苦手。
大学受験英語に向けて高校英語文法を総復習したい。

この記事では、高校英語文法の最重要事項を教科書や参考書よりもわかりやすく解説している45の記事を総まとめで紹介します。ご紹介する高校英語文法の解説記事は、時制・進行形・完了形・助動詞・受動態・動名詞・不定詞・分詞構文・関係代名詞・関係副詞・比較・仮定法などの高校英語の頻出テーマを、例文やイラストを使ってシンプルにわかりやすく解説しています。

隙間時間に読むだけで役立つこと間違いなしの良記事ばかりなので、是非自分の苦手な英文法テーマの記事を読んで、高校英語の期末試験や大学受験英語対策に活かしてくださいね。

自分の苦手な英文法を解説している記事だけをピックアップしてみましょう!

目次[ 非表示 ]
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

時制

14634276

時制①:時制の一致

【時制の一致】英語の時制を徹底解説!時制の一致のパターンを知ろう!

高校英語文法の頻出テーマである時制。

現在形・過去形などの英語の時制は、中学校英語でも学習する基礎的な英文法の一つです。しかし、実は時制、特に時制の一致の問題は大学受験英語でも頻出の英文法テーマなのです。時制の問題はセンター英語の大問2(英文法問題)でも頻出のため、中学英語・高校英語の基礎と侮ると痛い目を見ることになります。

時制の一致を高校英語の教科書や問題集で勉強した人も多いと思いますが、意外と混乱しがちで教科書や参考書の固い説明文だと理解しにくいものです。この記事では、高校英語の時制・時制の一致を例文を使ってわかりやすく解説してあります。期末試験や大学受験英語の文法対策として時制の一致を復習しておきたい人、時制の勉強をしたいけど、教科書や問題集の説明文では理解しづらいという人は一度読んでみると良いでしょう。

時制②:未来形

【英語の未来形】willとbe going toの違いを解説!

高校英語の時制の中でも、未来形が苦手な人はそんなにいないと思います。

なぜなら、未来形には過去形や完了形のような一般動詞の語形変化がなく、シンプルだからです。しかし、高校英語・大学受験英語対策として英語の未来形を学習する際には、willとbe going toの用法をおさえておくことが重要です。未来形のwillとbe going to の意味の違い・使い方の違いを明確に説明できるようにしておきましょう。

実は、この未来形の使い分けは、実際に英語を話す時にはとても重要になります。高校英語の教科書や問題集ではあまり取り上げられていませんが、実際に英語で未来について話す時には頻出する表現なので、しっかり押さえておきましょう。

この記事では、英語の未来形、特にwillとbe going to の使い方の違いをシンプル且つ詳しく解説しています。また、willとbe going toの基本的な意味や使い方の違いだけでなく、willとbe going toのそれぞれの否定形・疑問形の語順もまとめています。センター英語の未来形の過去問と解答も網羅しているため、未来形の勉強はこの一記事でばっちりだと思いますよ!

進行形

14650514

進行形①:現在進行形

【現在進行形】進行形のイメージを掴もう!受験まで役立つ重要ポイント

高校英語で学習する英語の進行形は、基礎的な英文法でありながら、実はセンター英語にも出題されることがあります。高校英語の進行形を完璧にマスターするための土台として、まずは現在進行形からおさえておきましょう。

この記事では、英語の現在進行形の意味と現在形の違いをシンプルに解説します。高校英語の教科書・参考書・問題集よりもわかりやすく説明されているため、進行形が苦手な人はこの記事で勉強しましょう。また、ingで有名な現在進行形ですが、動詞のing形の作り方には4パターンあり、覚えるのが意外と大変です。動詞のing形の作り方から「現在進行形にできない動詞」までを詳しく解説しているため、現在進行形の復習をしながら知識を深めるには最適です。

高校英語の期末試験やセンター英語対策として、現在進行形を簡単に復習したい方は是非チェックしてみてくださいね。

進行形②:過去進行形

【過去進行形】過去進行形を徹底解説!過去形との違いを理解しよう!

高校英語では、現在進行形だけでなく過去進行形の対策も重要です。過去進行形は英文法の基礎的な領域ですが、センター英語でも英文法問題のダミー選択肢として活躍しています。過去進行形を完璧に理解しておくと、英文法問題の正答率を上げることができますよ。

また、多くの人が混乱しやすい英文法問題として、過去形と過去進行形の使い分けがあります。この記事では、英語の過去形と過去進行形を例文でわかりやすく解説しています。過去進行形の復習をしたい人、大学受験英語の英文法対策が必要な人におすすめの記事になっています。

完了形

14647599

完了形①:現在完了形

【現在完了形】3つの意味(完了、継続、経験)や過去形との違いを解説!

完了形は、高校英語で頻出の英文法テーマの一つです。
完了形には現在完了形・過去完了形・未来完了形の3つの形があります。特に現在完了形は、完了形を学習する上で基礎になるため、しっかりと理解しておくことが重要です。現在完了形を適切に理解しておくと、過去完了形と未来完了形の学習もスムーズにいきますよ。

完了形の理解の基本となる、現在完了形の表現〈have(has)+p.p.(過去分詞)〉をしっかり覚えておきましょう!

この記事では、現在完了形の3つの意味(完了・継続・経験)を例文でわかりやすく、詳しく解説しています。現在完了形をマスターしたい人は読んでおくことをおすすめします。

完了形②:過去完了形

【過去完了形】過去形、現在完了形、過去完了形との違いって?

高校英語では、現在完了形に続き過去完了形を学習することになります。
大学受験英語において、過去完了形が英文法問題として出題される際には、過去形・過去進行形・現在完了形・過去完了進行形などとの混同が狙われます。そのため、過去完了形と過去形・過去進行形などの違いについては、正確に理解しておくことが重要です。

特に、過去完了形の形〈had+p.p(過去分詞)〉は暗記必須ですよ!

この記事では、過去完了形を例文とイラストで参考書よりもわかりやすく解説しています。過去形と過去完了形の違いなど、混乱しやすい部分を丁寧に解説しているため、過去完了形についての理解を深めたい方は読んでみましょう。

完了形③:未来完了形

【未来完了形】未来形や未来完了進行形との違いを紹介します!

高校英語で学習する完了形の3つ目は、未来完了形です。
未来完了形の勉強では、未来形や未来完了進行形との違いをおさえておくことが重要です。この記事では、未来完了形を中心に、未来完了形を例文とイラストでわかりやすく解説しています。完了形の勉強の総仕上げとして読んでみると良いでしょう。

未来完了形の形〈will have+p.p(過去分詞)〉をしっかり覚えておきましょう!

助動詞

15377842

【助動詞】英語の助動詞はイメージで解決!イラスト付き解説♪

高校英語の助動詞は、大学受験英語の英文法問題だけでなく、英語長文問題でも頻出のテーマです。助動詞の意味の理解は英文の理解度に大きく影響するため、助動詞の知識が弱いと英語長文読解の精度が低くなってしまいます。また、助動詞の知識は英文法問題でも頻出するため、各助動詞の知識を蓄えておくべきです。

特に、will/can/may/must/shouldなど、高校英語・大学受験英語で頻出の助動詞はしっかりと意味と使い方を覚えておく必要があります。高校英語の教科書では、意外と大学受験に頻出する助動詞をまとめて扱っていたりはしないものです。しかし、この記事では高校英語文法で頻出の助動詞が一覧になっているので、一気に頻出表現をおさえることができます。

高校英語文法の助動詞を勉強したい人、効率よく頻出表現を頭に入れたい人は、この記事を読んでみるとよいですよ!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

受動態

19182835

【受動態】英語の受動態を徹底解説!頻出表現と出題傾向も完全網羅!

高校英語の学習範囲である受動態は、「〜される」という受け身を表す英文法の基礎的なテーマです。しかし、高校英語・大学受験英語の受動態では、受動態の進行形・受動態の完了形・群動詞の受動態など、他の頻出英文法テーマと絡めた形で出題されることが多くなります。

この記事では、大学受験英語の対策として受動態をおさらいしておきたい人のために、受動態の解説、受動態に関係する頻出表現がまとめてあります。受動態の勉強を実践的に行いたい人にオススメです。

準動詞

15058298

準動詞①:動名詞

【英文法】動名詞の用法・不定詞との違いを例文で徹底解説!

高校英語の準動詞で頻出の英文法テーマは、動名詞と不定詞です。
動名詞は高校英語でも大学受験英語でも頻出の英文法テーマなので、不定詞と関連付けて正確に理解しておくこと、動名詞を目的語にとる動詞(通称メガフェプス)を覚えておくことが重要です。

大学受験英語では、センター英語試験の英文法問題や一般入試の英文法問題で出題されます。この記事では、動名詞の用法や動名詞と不定詞の違いを例文で解説しています。動名詞対策にはぴったりです。

準動詞②:メガフェプス

英語のメガフェプス攻略!動名詞を目的語にとる動詞を覚えよう

メガフェプスとは、動名詞を目的語に取る動詞グループの総称です。このメガフェプス、実は高校英語の教科書ではまとめて出てこないことが大半です。普通、大学受験対策の英語文法参考書や問題集で勉強してはじめて、メガフェプスを知ることになるでしょう。

大学受験英語の英文法問題で動名詞が出題される場合には、動名詞の後に続く選択肢を選ばせる問題が多いため、メガフェプスを覚えるだけで解ける問題もあります。大学受験英語の対策では、メガフェプスのように覚えているだけで解ける知識問題はしっかりと覚えておいて、得点を稼ぎましょう。

【メガフェプス一覧】
M=mind,miss
E=enjoy
G=give up
A=admit, avoid
F=finish
E=escape
P=put off, postpone, practice
S=stop

この記事では、大学受験英語で頻出のメガフェプスと、to 不定詞を目的語に取る動詞を例文で解説しています。高校英語の教科書を中心に勉強してきた人、期末テストで助動詞が出題される人などは、メガフェプスを覚えて効率的に得点を稼ぎましょう。動名詞とメガフェプスに関する英文法問題に強くなりたい方は、この記事を読んでおきましょう!

準動詞③:不定詞

【英文法】to不定詞と原形不定詞をおさらい!英作文を得点源に!

高校英語の英文法の中でも、不定詞は苦手とする人が多いテーマです。不定詞の勉強では、まず不定詞の名詞的用法・不定詞の形容詞的用法・不定詞の副詞的用法といった用法の違いをしっかり理解しましょう。その後で、不定詞と動名詞の違いなど、英文法問題を意識した勉強を実践していくと良いでしょう。

「to不定詞」のワードに聞き覚えはあるけど、理解はまだちょっとできていない…そんなあなたはこの記事を読んでみましょう。この記事では、不定詞の各用法や動名詞との違いなどの重要事項を丁寧に解説しています。不定詞を最短で理解するのにちょうど良いですよ!

分詞

14706764

分詞①:分詞構文

【英文法】分詞構文への書き換え方!分詞構文の形と用法を徹底解説

高校英語で学習する分詞の中でも、分詞構文は頻出のテーマであり、且つ混乱しやすい構文でもあります。高校英語の中間試験・期末試験と違って、大学受験英語では「分詞構文を作りなさい」というような問題は殆ど出題されません。しかし、分詞構文自体は英語長文にも頻出の英文法事項であるため、しっかりと対策をしておきましょう。

この記事では、分詞構文の書き方や意味を丁寧に解説しています。分詞構文の作り方を知りたい人、試験や模試の前に分詞構文を復習しておきたい人は、この記事を読んで対策しておきましょう。

分詞②:現在分詞

【現在分詞】過去分詞の違いから分詞構文まで徹底解説!

現在分詞は、高校英語で学習する分詞の一つです。
現在分詞と聞くと難しそうですが「ing形」と聞くと馴染みがあると思います。現在分詞は基礎的な英文法テーマに思えて、高校英語でも大学受験英語でも頻出のテーマなので対策をしておきましょう。

現在分詞の学習は、現在分詞そのものの意味はもちろん、現在分詞の用法や過去分詞との違いをおさえておくことが必要です。この記事では、現在分詞の頻出テーマと重要項目をわかりやすく解説しています。参考にしてみてください。

分詞③:過去分詞

英語の過去分詞とは?例文で覚える過去分詞の用法&一覧表

過去分詞は、高校英語の他の重要な英文法テーマである受動態や完了形との関わりが強く、様々な英文法問題で間接的に知識を要求されます。大学受験英語の英文法問題では、見かけないことがないほど頻出するため、過去分詞を正確に理解することで他の英文法問題の正答率も上げることができます。

この記事では、よく出る過去分詞の一覧をまとめて掲載しているため、過去分詞の知識を簡単に確認したい人におすすめです。過去分詞をしっかり対策しておいて、高校英語の英文法を網羅的に対策しましょう。

比較

19182804

比較①:比較級

【英文法】比較級をマスター!受験生が絶対に覚えるべき6つのポイント

比較は、高校英語の中でも有名な文法テーマの一つです。比較級はシンプルなので、覚えやすいと思います。高校英語の比較級は英文法問題や英語長文中でよく出るため、頻出の比較表現は一つ一つ覚えておく必要があります。

この記事では、高校生・大学受験生が覚えておくべき比較級のポイントがまとめてあります。比較級のおさらいにぴったりの記事なので、是非読んでみてください。

比較②:最上級

【英文法】最上級をマスター!受験生が絶対に覚えるべき6つのポイント

比較級と同様に、最上級も高校英語の比較における重要表現の一つです。高校英語で学習する最上級ではthe+最上級の形を覚えておくことが基本で、さらに大学受験英語の問題では最上級に関連する頻出表現を覚えておくことが重要です。

例えば、最上級の頻出表現では「one of the 最上級+複数形の名詞」などの最上級に関連した表現が出題されます。また、英作文でも比較級・最上級の表現をミスなく自由に使いこなせるようになっておくとよいでしょう。

この記事では、受験生が覚えるべき最上級の表現がまとめてあります。高校英語・大学受験英語の比較表現をまとめて把握しておきたい人は是非チェックしてみてください。

関係詞

15944850

関係詞①:関係詞

【英語の関係詞】関係代名詞・関係副詞・関係形容詞の要点まとめ

関係詞は高校英語の重要テーマであり、苦手な受験生が続出する英文法テーマでもあります。関係詞には、大学受験英語で超頻出の関係代名詞、関係副詞などが含まれるため、覚えるべきことが非常に多く、混乱しやすいのです。

多くの高校生・大学受験生が、高校英語の教科書や参考書だけでは関係詞を正確に理解できません。それは、関係詞が日本語にはない複雑な構造を持つ英語文法だからです。高校英語文法の問題集に取り組む前に、この記事で簡単に関係詞のキモを掴んでおきましょう。関係詞の本質や頻出表現をおさえたら、参考書や問題集に戻って大学受験英語の対策を行うと効率的です。

what/which/that/who/how/when/where/why/how/whatever/whichever/whoeverなど、高校英語で学習する関係詞には本当に様々な種類があります。「絶対覚えられない」と頭を抱えたあなたのために、この記事では関係代名詞・関係副詞・関係形容詞の要点をコンパクトにわかりやすくまとめてあります。これまで関係詞の勉強が思うように進まなかった人や、いまいち理解できていないと感じる人は、是非この記事を読んで関係詞の基本をマスターしてみてください。

関係詞②:関係代名詞

【関係代名詞】東大生が解説!大学入試で出やすい3つの用法

関係代名詞は、高校英語の関係詞の中でも重要な英文法テーマです。大学受験英語でも、関係代名詞は英文法問題だけでなく、英語長文読解の精度に関わってきます。

関係代名詞what・関係代名詞that・関係代名詞whichなどは英語長文読解の対策としても、正確に理解をしておきたい分野です。また、関係代名詞と関係副詞の見分け方などは英文法問題でよく出題されるため、自分の言葉で説明できるくらいよく理解しておきましょう。

関係詞③:関係副詞

【英文法】関係副詞を完全理解!関係代名詞と関係副詞の見分け方

高校英語の関係副詞で覚えておくべきなのは、関係副詞when、関係副詞where、関係副詞how、関係副詞whyの4つです。また、大学受験英語では関係副詞と関係代名詞の見分け方も問われるため、関係代名詞との違いをおさえておくことも重要です。

この記事では、関係副詞の4つの重要表現(when・where・how・why)を網羅した上で、関係代名詞と関係副詞の違いを英語の例文を使ってわかりやすく解説しています。関係詞のイメージがまだ掴めていないという人、関係代名詞が苦手という人が理解できる記事になっているので、チェックしてみてくださいね。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

仮定法

14720734

仮定法①:仮定法

【仮定法の簡単な見分け方】仮定法過去・未来・現在の時制を徹底理解!

高校英語の英文法の中でも、苦手なイメージを持ちやすいのが仮定法です。仮定法では、英語の時制をあえてズラすことで仮定の文章であることを示しています。そのため、英語の時制の理解がきちんとできていないと、余計に混乱しやすいのです。

仮定法には、仮定法現在、仮定法過去、仮定法過去完了、仮定法未来など、様々な重要表現が含まれています。大学受験英語や高校英語の定期試験の仮定法の問題で高得点を取りたい人は、仮定法の重要表現をしっかりと覚えておきましょう。仮定法の頻出表現は決まっているため、覚えておくだけでかなり得点力が向上します。ただし、仮定法の勉強では覚える前の理解が必要なので、仮定法をマスターしたい人はこの記事で仮定法のキモを学んでおきましょう。

教科書や参考書、問題集の説明で仮定法を理解しきれなかった、もっと優しく丁寧に説明してもらいたい、そんなあなたはこの記事で仮定法をマスターしましょう!

仮定法②:if用法

【ifの用法】"もしも"だけじゃない!3つの用法と見分け方

高校英語の仮定法で頻繁に見かける"if"ですが、ifは仮定法だけで用いられるわけではありません。大学受験英語では、仮定法以外にも様々なifの用法が出題されます。仮定法のifだけしか知らないと、英語長文の読解で誤読をしかねないので、ifの用法に関する知識の幅は広げておくことが重要です。

この記事では、ifの用法をわかりやすく解説しています。実は、ifの用法の中には名詞節を作るifがあります。この記事では、仮定法のifと名詞節を作るifの見分け方を簡単に理解することができるので、ifの用法をばっちりおさえておきたい人は読んでみましょう。

疑問詞と疑問文

19182759

疑問詞と疑問文①:疑問詞

【わかりやすい英文法】一覧付き!疑問詞を使った疑問文の作り方

高校英語の疑問文では、who(whose)、what、which、why、when、where、howの7つの疑問詞の意味と使い方を覚えておくことが重要です。高校英語で扱う疑問文には、間接疑問文や付加疑問文に加え、〈疑問詞+to不定詞〉の疑問文も頻出です(I don't know what to do now.など)。

高校英語の教科書ではまとめて扱うことはあまりないかもしれませんが、疑問詞は大学受験対策の参考書、問題集で勉強する時にはまとめて勉強することになるでしょう。この記事では、高校英語文法の頻出疑問文の基礎を網羅的に解説しています。疑問詞を使った疑問文の作り方をおさえておきたい方は、この記事をチェックしておくと良いでしょう。

疑問詞と疑問文②間接疑問文

【間接疑問文】関係代名詞との違いと使いこなす3つのポイント

間接疑問文は、高校英語では超頻出というわけではありませんが、英会話では頻出する表現の一つです。最近の大学受験英語の問題では、英会話に関する知識を要求されることが多いため、英会話表現の知識が重要になってきています。間接疑問文も、英会話表現の一つとしておさえておくべきでしょう。

この記事では、間接疑問文の作り方を直接疑問文と比較して紹介しています。また、ifとwhetherの使い分けなど、間接疑問文や英会話の重要表現をまとめてあります。疑問文をより深く理解したい人は読んでおきましょう。

疑問詞と疑問文③:付加疑問文

【わかりやすい英文法】付加疑問文の作り方と答え方を完璧に!

付加疑問文は、間接疑問文と同様に英会話表現の問題で頻出します。大学受験英語では、付加疑問文自体を作らせるような問題は少ないですが、英会話文の中に自然に出てくるような問題が多く出題されます。したがって、高校英語の付加疑問文では、付加疑問文の作り方と、付加疑問文への返答の仕方を覚えておけば十分でしょう。

この記事では、付加疑問文を例文でわかりやすく解説しています。付加疑問文をはじめて勉強する人、簡単におさらいしたい人にはおすすめです。

無生物主語・強調

19182754

無生物主語・強調①:無生物主語

無生物主語を使う理由知ってる?英作文で活用できるようになろう!

高校英語の英語長文では、無生物主語を用いた英文が多くなります。高校英語・大学受験英語では扱う英文のレベルが上がるため、専門的なテーマの英語長文が多くなり、自然と無生物主語の英文も増えていくのです。

無生物主語と聞くと難しそうですが、実際には"This bus will take you to the shop in five minutes."のように、単純に生物でない名詞が文の主語になるというだけのことです。

この記事では、無生物主語と共に使われる動詞も紹介されています。無生物主語の問題のパターンに対応できるようになるのにぴったりの記事なので、一読しておきましょう。

無生物主語・強調②:強調

強調とは?強調構文の作り方や見分け方など徹底解説!

「強調」は高校英語の学習テーマの一つですが、英文法問題としての出題よりも英語長文中での理解が重要になります。英語の強調表現で最も有名なのは強調構文で、"It is - that ~.の「-」の部分に入る単語を強調できるという構文です。

英語長文中で筆者の強調したい部分を適切に見抜くことは、長文読解上とても重要です。強調構文など、英語の強調表現を覚えておきましょう。

名詞

15689156

名詞①:名詞

英語の名詞とは?名詞の種類と用法の見分け方をマスターしよう!

名詞は英文中でメジャーで基礎的に思える英語の品詞ですが、高校英語・大学受験英語で覚えるべき事項が非常に多い品詞でもあります。高校英語における名詞の出題範囲は多岐に渡り、可算名詞/不可算名詞・集合名詞・普通名詞・抽象名詞・物質名詞・固有名詞・代名詞・常に複数形で扱われる名詞・名詞句・名詞節などが含まれます。

名詞は英語の品詞の一つにすぎませんが、メジャーであるがゆえに他の品詞と密接に関わりがあり、名詞の理解なくしては英語力を向上させることはできません。逆に、大学受験英語における名詞の出題形式を学べば、確実に名詞の問題はで点数を稼げるようになります。

簡単なようで奥が深い英語の名詞をマスターしたい方は、是非この記事を読んで名詞に関する理解を深めてみてください。

名詞②:代名詞

代名詞とは?人称代名詞から不定代名詞・関係代名詞まで徹底解説

代名詞とは、名詞の代わりになる語のことです。高校英語の英語長文では、代名詞の指す内容を理解しているかを試すような問題が頻出します。「下線部1のItの内容を答えよ」のような問題が、高校英語の代名詞の問題ではメジャーです。また、高校英語の代名詞は設問として出題されるだけではなく、英語長文読解の精度を大きくわけます。英語長文中の代名詞が指す内容を把握できなければ、読み進めるに連れて内容が理解できなくなっていくことでしょう。

人を指す「人称代名詞」だけでも、I/you/he/she/it/they/weの基本形がそれぞれI/my/me/mineなどと変化していくため、代名詞は覚えていることが必須です。したがって、代名詞の理解は高校英語・大学受験英語の長文対策のキモと言えます。

代名詞の要点を確実におさえておきたいあなたは、この記事を読んでおきましょう!

動詞

14635376

動詞①:be動詞

be動詞とは?過去形や意味、一般動詞との違いまで徹底解説!

高校英語の英文法の中でも、当たり前のように登場する基本的な動詞に、be動詞があります。一番最初に知ったbe動詞はおそらく”I am ◯◯/ My name is ◯◯”と自分の名前を紹介する際のフレーズに含まれる“am”か“is”でしょう。am/is/was/wereなど、be動詞の様々な形を理解し、使いこなせることが高校英文法の基本です。

be動詞は高校英語の基礎ですが、大学受験英語でも様々な形で出題されます。大学受験英語の英文法では、be動詞と一般動詞の違いやbe動詞の進行形を理解しておくことも重要です。be動詞は高校英語の基礎と侮らず、試験に出るポイントをしっかり押さえておきましょう。

動詞②:頻出の動詞12選

【英語】必要な動詞はこれだ!最重要な12の動詞と完全版動詞活用表

英語長文読解の要となる動詞には、高校英語・大学受験英語で超頻出の動詞があります。これらをおさえておくことで、英文法問題にも英語長文にも強くなることができるでしょう。

この記事では、最重要の12の動詞

1. have
2. get
3. make
4. take
5. go
6. come
7. bring
8. give
9. put
10. keep
11. turn
12. run

の意味や用法を徹底解説しています。また、規則動詞と不規則動詞の活用表一覧もわかりやすく表にしてあるので、英語の動詞を勉強したい人にはぴったりの記事です。高校英語・大学受験英語で超頻出の動詞をしっかりおさえておきましょう。

動詞③:知覚動詞

英語の知覚動詞攻略!よく出る知覚動詞一覧と受け身の作り方

高校英語として学習する知覚動詞には、視覚・聴覚・触覚などに関係する以下のような動詞があります。

視覚…look at(見る) watch(見る) see(見える) notice(気付く) perceive(気付く、知覚する)
聴覚…listen to(聴く) hear(聞こえる)
触覚…feel(感じる)

知覚動詞は、大学受験英語の長文でもエッセイタイプの長文でよく出てきます。筆者の経験をベースにしたタイプの英語長文を多く出題する大学を受験する場合には、知覚動詞をしっかりおさえておくべきでしょう。

この記事では高校英語で扱うメインの知覚動詞と、知覚動詞の受動態についてまとめています。知覚動詞を勉強したい方は、この記事をチェックしておきましょう。

動詞④:句動詞

【最頻出】覚えるべき句動詞(群動詞)一覧!英語の重要イディオム

句動詞は、動詞に前置詞や副詞がセットになって、1つの動詞と同じ働きをするものを言います。つまり、句動詞はイディオムの一種なのです(句動詞は群動詞とも言います)。高校英語で頻出の句動詞を知りたい人は、この記事で試験や大学受験英語で対策必須の句動詞をチェックしましょう。

この記事では、

come up with~
do away with~
keep up with~
look up to~
look down to~
looking forward to~
catch up with~
get along with~
put up with~
run out of~
take care of~
make use of~
take advantage of~
pay attention to~

など、高校英語・センター英語を含む大学受験英語で超頻出のイディオムを例文で学ぶことができます。試験前にさくっと語彙力を高めたい人、センター英語のために頻出の英熟語・イディオムをチェックしたい人におすすめですよ。

動詞⑤:be to構文

英語のbe to構文を徹底解説!5つの意味・用法をマスターしよう!

高校英語で学習するbe to 構文は〈be to 動詞の原型(V)〉の構文のことで、「可能・予定・運命・意思・義務」の5つの意味を持ちます。be to 構文は形は一緒でも意味が異なるため、和訳には注意が必要です。

be to 構文の5つの意味をきっちり押さえておきたい人は、この記事を読んでbe to 構文の対策をしておきましょう。

動詞⑥:使役動詞

【英語の使役動詞】make、have、letの使い分けと受動態

高校英語で扱われる使役動詞では、make・have・letが頻出です。使役動詞とは、「誰かに何かをしてもらう(させる)」意味を持つ動詞を意味します。そんな使役動詞は原型不定詞とも呼ばれる単元の一つですが、高校英語・大学受験英語の英文法問題や英語長文問題で頻出のテーマでもあります。

高校英語で学習する使役動詞を勉強しておきたい人は、この記事を読んで対策をしておきましょう。

動詞⑦:自動詞 他動詞

【自動詞・他動詞】目的語に注目して違いを見分けよう!

高校英語では、自動詞と他動詞の違い、自動詞と他動詞の見分け方を理解することがとても重要です。なぜなら、自動詞と他動詞の違いは英語の「目的語」「5文型」「前置詞」などの理解とも深く関係しているからです。

自動詞と他動詞の理解は、英文法だけでなく英語長文読解にも大きな影響を与えます。総合的な英語力を高めたい人は、自動詞と他動詞に関する理解は避けて通れないと言えるでしょう。

高校英語の自動詞と他動詞をしっかり理解しておきたい人は、この記事を読んでおきましょう。自動詞と他動詞の見分け方をわかりやすく解説しています。

動詞⑧:一般動詞

【英語の一般動詞とは】三単元・過去形の解説&不規則変化動詞一覧

英語の動詞を大別すると、一般動詞とbe動詞に分けることができます。一般動詞には、三人称単数のsの付け方や過去形の語尾変化(規則変化動詞/不規則変化動詞)など、覚えておくべきことがいくつもあります。

この記事では一般動詞の三単元・過去形の解説と一般動詞の変化表が付いています。一般動詞の語形変化を覚えておきたい人は、この記事を参考にしてみてください。

動詞⑨:目的語

【英文法】目的語のわかりやすい見分け方!目的語と補語の違い

高校英語で学習する目的語は、英語の文の主要素のうちの一つです(SVOC:主語・述語・目的語・補語)。目的語は動詞と深い関係があり、動詞の「動作の目的」となる語です。したがって、動詞に関わる英文法の勉強の際には、必ず目的語の理解の必要性が付いて回ります。

目的語と補語の違い、目的語の見分け方など、目的語の学習には混乱するところも多いかと思いますが、この記事を読んで目的語をばっちり理解しておきましょう。

動詞10:三人称単数

【三人称単数】現在形と人称を解説!「三単現のs」で英作文でも高得点!

三人称単数は、中学英語だけでなく高校英語でも勉強する英文法です。実は、大学受験英語の英作文問題でも三人称単数のミスで失点する受験生は非常に多く、日本人の苦手な英文法の一つになっています。

高校英語の三人称単数の勉強では、三人称単数を理解するだけでなく、英作文の時にミスなく使いこなせるようになるレベルにまで到達しなければいけません。この記事を読んで三人称単数の要点をおさえておきましょう。

その他の頻出英文法

14647622

その他の頻出英文法①:英語の数字表現

英語の数字を攻略!序数・基数の違いと読み方・書き方を覚えよう

高校英語レベルでは、英語の数字を使いこなせるようになる必要があります。実は、英語の数字には序数と基数の二種類があり、この二つを適切に読み書きすることができるようにならなければなりません。

英語の数字も、高校英語の教科書ではまとめて扱うことの少ない英語文法の分野です。大学受験英語の対策では英語の数字表現を押さえておかないと、英語長文の読解や英作文に支障が出ることがあるため、しっかり対策をしてから問題集などに取り組むことが重要です。

英語の数字を簡単におさらいしておきたいあなたは、この記事を読んで英語の序数と基数の違いをおさえておきましょう。英語の数字を正確に読み書きできるようになることで、英語の基礎表現に隙のない状態を作ることが大事です。

その他の頻出英文法②:感嘆文

【英文法】感嘆文“What”と“How”の使い分けをマスター!

高校英語で勉強する感嘆文は、感情を強調して表現する英文法です。英語の感嘆文でよく使う表現にはwhatやhowがあります。感嘆文はセンター英語リスニング問題や中長文問題で出題されることもあり、一般入試でも会話文の中に登場することもあります。

感嘆文も、高校英語の教科書ではさらっと流されてしまう英語文法です。しかし、実際の英会話やセンター英語などの英会話問題ではよく出会うことになります。また、英語の感嘆文をマスターしておくと、英会話表現やリスニング問題に強くなることができます。この記事を読んで感嘆文の頻出表現をおさえておきましょう。

その他の頻出英文法③:ディスコースマーカー

【英語長文】ディスコースマーカーで英語長文の理解度を上げよう!

高校英語の英語長文読解では、ディスコースマーカーを把握した長文読解をすることが重要になります。ディスコースマーカーの種類と用法を覚えておくと、論理展開をしっかりと把握した英語長文読解ができるようになるため、センター英語試験の英語長文でもとても役に立ちます。

ディスコースマーカーも、高校英語の教科書ではなかなか扱いません。英語長文対策に本腰を入れたい人は、英語長文の問題集に取り組む前に確実に押さえておきましょう。この記事では、高校英語・大学受験英語で頻出するディスコースマーカーの一覧がまとめてあります。是非参考にして、ディスコースマーカーを活用した読解を行ってください。

その他の頻出英文法④:asの用法

【asの用法】暗記必須の4つの用法と6つの頻出表現を完全網羅

高校英語で扱うasの用法には、様々な種類があります。asの用法は大学受験英語の英文法問題でも頻出するため、まとめて覚えておくのが良いでしょう。この記事では、asの4つの用法と6つの頻出表現をまとめています。asの用法をおさえて、英文法問題でも英語長文でもasの意味を正確に読み取れるようにしましょう。

その他の頻出英文法⑤:セミコロン

【セミコロン】英語の記号を完全網羅!コロン・セミコロンの意味と使い方

高校英語の英語長文では、何気なくコロン(:)やセミコロン(;)が登場します。実は、コロン・セミコロンは高校英語、大学受験英語の英語長文読解に大活躍の英語の記号です。コロン・セミコロンの意味を知っていることで解ける問題も出題されるため、実は対策必須の記号です。

不思議なことに、セミコロンは高校英語の教科書中の英文にも何度も出てくるにも関わらず、意味と用法を正確に理解している高校生は多くありません。コロン・セミコロンを理解しておくと、英語長文の読解が非常に楽になるため、しっかりと学んでおきましょう。特に、英語長文の参考書や問題集に取り組む前に理解しておくと効率的ですよ!

コロン・セミコロンの英語長文中での役割を知って長文読解をより正確に行うために、この記事を読んでおきましょう。コロン・セミコロンを使えるようになると、英作文でも表現の幅が広がりますよ。

その他の頻出英文法⑥:so that

【英文法】so thatの意味・使い方・用法を例文で完全理解!

高校英語・大学受験英語の重要表現に「so that」があります。so that構文とも言われ、英文法問題・英語長文問題の両方で頻出のso thatは、しっかりと対策をしておかなければならない英語表現です。特に、大学受験英語の英語文法問題集や英語長文問題集では、so that構文の理解が問われる場面も多くなります。高校英語の教科書や参考書でso that構文を完璧に理解できなかった人は、この記事でso that構文の基本を理解しましょう。

この記事では、so thatの意味・so that構文について例文を使ってわかりやすく解説しています。so thatの重要表現をマスターしておきましょう。この記事では、so thatだけでなく、such thatなどの関連表現までカバーしていますよ。

最後に

15377002

高校英語文法の範囲は多岐に渡ります。そのため、得意な分野と苦手な分野が出てしまうのは当然のことです。

高校英語の教科書、参考書、問題集を使った勉強では英語文法をよく理解できなかった。そんなあなたは、ご紹介した記事で要点をおさえてから、もう一度教科書や問題集に取り組んでみましょう。英文法の学習は、一つ一つのテーマが孤立しているようにみえて以外と強く関連しています。頻出の英文法テーマはきっちりおさえ、自分の苦手は着実に潰しておきましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720512
早稲田大学 文化構想学部に通っていました。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。 教育業界への関心が強く、2017年9月からロンドンにある大学院「UCL」のInstitute of Educationに入学予定です。得意科目は英語で、IELTSのスコアは7.0です。

関連するカテゴリの人気記事

16234264?w=120

英語の前置詞とは?イメージで覚える英語の前置詞一覧&使い方

14647584?w=120

【大学受験の英語文法】2ヶ月でできる基礎からの英文法勉強法!

17182461?w=120

英語のbe to構文を徹底解説!5つの意味・用法をマスターしよう

15896856?w=120

【英文法】to不定詞と原形不定詞をおさらい!英作文を得点源に!

16797186?w=120

【英語の関係詞】関係代名詞・関係副詞・関係形容詞の要点まとめ

16354161?w=120

【英語の一般動詞とは】三単現・過去形の解説&不規則変化動詞一覧

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay