19180523

現役慶大生が教える!慶應義塾大学法学部の口コミ&評判

はじめに

慶應法学部ってどんな学部なのだろう・・・
ネットなどで得られる情報だけでは雰囲気ってわからないですよね。

そこで現役慶應法学部生の私が、慶應法学部のリアルについてお話しようと思います。
少しでも慶法に興味をお持ちの方は見ていってくださいね!

慶應義塾大学法学部とは

19180480

慶應義塾大学法学部とは一体どんな学部なのでしょうか。
ここではまず慶應義塾大学法学部に関する基本情報をお伝えします。

慶應法学部の学科

まず慶應義塾大学法学部についてお話する前に皆さんに知っておいてほしいことがあります。それは慶應義塾大学法学部にはは2つの学科があるということです。その学科とは「法律学科」と「政治学科」の2つで、各々「法法(法学部法律学科)」「法政(法学部政治学科)」と呼ばれています。

・法学部法律学科→法法
・法学部政治学科→法政

政治学科は法律学科に比べて自由に取れる科目が多く、比べると少しだけ人気が高い学科です。それゆえ法律学科に比べて政治学科の方が合格最低点は高いのです!法律学科と政治学科の試験は同じもので、受験の時にどちらの学部を受けるか選ばなくてはならないので、学科は事前に決めておく必要があります。

〈法律学科〉
法学部法律学科という名前の通り、法律学科は「法学」をみっちり勉強する学科です。弁護士を目指す人は政治学科ではなく法律学科を選びますが、単に法律学科は弁護士を目指す人が通う学科ではありません。日常生活の中で起こるさまざまな現象を法律的に捉えることができる能力、「リーガルマインド」を鍛えることができるのが、この法律学科です。また弁護士以外にも公務員や、公認会計士などを目指して勉強している人もとても多いのが、この法律学科です。

〈政治学科〉
法学をみっちり勉強する法律学科に対して政治学科は、政治学を中心に他の学問も勉強する学科です。他の学問とは後にご紹介しますが、法学、経済学、社会学などです。法律学科に比べて多様な学問を学べることが特徴だと思います。またメディア系の学問も政治学科で学べることも特徴といえます。なので公務員などに加えて、ジャーナリストやアナウンサーになりたい人も多いのです!

慶應法学部の人数と男女比

次に慶應義塾大学法学部の人数と男女比をご紹介します。法学部全体の学生数は5,287人で、そのうち男子が3,146人で女子が2,141人です。他の社会系学部である経済学部や商学部に比べて女子の割合はすごく多いです。

また法学部の中でも法律学科に比べて政治学科の方が女子の割合が多いイメージがあり、慶應の中で法学部政治学科は「華の法政(法学部政治学科)」と呼ばれています。現に私の周りも可愛い子や綺麗な子が多く、モデルをやっていたり、アイドルをやっている人も多いです!

19166320

慶應法学部の雰囲気

私立大学トップの慶應義塾大学法学部、真面目な人が多いのではないか・・・なんて思いますよね。
実は全くそんなことないのです!私も入学前は馴染めるか心配でしたが、心配には及びませんでした。

慶應義塾大学法学部は一般入試の他にAO入試や指定校入試(後述)があるので、ゴリゴリ勉強して合格した人ばかりではありません。
また内部生もいます。内部生は入学式で集団になっていて怖いイメージがありますが、全くそんなことありませんでした。
内部生が積極的にクラス会を企画してくれたり、盛り上げてくれて、一気にみんな仲良くなれたのを覚えています。

法学部には浪人生も多いです。私のクラスは30人くらいのクラスだったのですが、そのうち6,7人くらいは浪人して慶應に合格した人たちでした。ちなみに私が入学式で初めて話しかけて、今では親友である女の子は私の3つ上です。それをかなり後に知ったので、敬語は全く使っていません。同じタイミングで入学すればみんな同級生です。浪人してるからといって距離感がある人には出会ったことがないので、現役生も浪人生も安心してください。

また私立大学トップだからでしょうか、全国津々浦々から学生が集まります。私は首都圏で育ったので、方言などに初めて触れたり、知らない土地から来た人がいたり、本当に新鮮な毎日です!このように多種多様な学生がいるのが慶應法学部の特徴です。今までだと関わり得なかった人に出会えて凄く楽しいです(^O^)

慶應法学部のキャンパス

最後にキャンパスについてです。法学部の学生は1、2年次に日吉キャンパスに3、4年次は三田キャンパスに通います。

日吉キャンパスはワイワイしていますが、三田キャンパスはすごく静かです。三田キャンパスの方が周りにご飯屋さんなどは多いのですが、個人的に日吉キャンパスの方が楽しかったです。というのも三田キャンパスに通う3年生などになると、授業数が減って学校に行く機会も減ったり、友達になかなか会えなかったりするからです。

この記事の最後でキャンパスライフについては詳しくお話ししようと思います。

〈日吉キャンパス〉
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
東急東横線・目黒線、横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」より徒歩1分

〈三田キャンパス〉
東京都港区三田2-15-45
JR山手線、京浜東北線「田町駅」より徒歩8分。都営地下鉄浅草線・三田線「三田駅」より徒歩7分。都営地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩8分

慶應義塾大学法学部の魅力

19180477

慶法の魅力①フェニックス制度

慶應法学部の魅力と言ってまず思い浮かぶのは「フェニックス制度」です。この「フェニックス制度」というのは一言でいうと「留年しない制度」です!いつも留年と隣り合わせの大学生にとって夢のような制度ですよね。

詳しくいうと、フェニックス制度は単位数が足りなくても、「仮進級」という形で次の学年に進級でき、その次の学年の前期で不足分の単位を取りきれば、進級できるという制度です。名前の通り復活できるのですね!

私の友人は2年生から3年生になるための単位が足りず、仮進級になってしまいましたが、3年生(仮)の前期で不足分の単位を取りきったため、3年生の後期からはきちんとみんなと同じ3年生(真)になっていました。フェニックスした人々は、ハリーポッターになぞらえて、「不死鳥の騎士団」などと呼ばれることもあります。

この制度のおかげで法学部の留年者数は他学部に比べて圧倒的に少ないです。しかし!この制度に甘んじていると、フェニックスもできず本当に留年してしまうので注意です!私の友達も一度はフェニックスに成功したものの、その次の学期で失敗していしまい留年していました(´・ω・`)

慶法の魅力②入試方法がさまざま

慶應法学部、2つ目の魅力は「入試方法がさまざま」ということです。慶應法学部への入り口は一般入試に限りません。
慶應法学部の入試は一般入試の他に以下の推薦入試が2種類あるのです!

・指定校推薦
・FIT(自己推薦、AO入試)

〈指定校推薦〉
まず一つ目は「指定校推薦」です。これは大学が高校に推薦枠を与えて、高校で推薦された生徒は大学での面接を経て入学することができる制度です。もちろん高校で推薦されるためには普段の成績が良いことが絶対条件です!なので推薦で受かった人は入学後もしっかりと授業に出席し、ノートを取る、真面目な学生が多いです。

〈FIT入試〉
そしてもう一つはAO入試である「FIT入試」です。これは法学部限定の特殊な入試方式です。この「FIT入試」は書類審査による一次選考と、模擬講義・論述試験、グループディスカッションと個人面接による二次選考の二段階に分かれています。特別な応募規定はなく、部活動やボランティア、資格など自分が高校生の時に興味を持って挑戦したことを1つでも証明できれば、出願することができるのです。私の友達の中で、この「FIT入試」で合格した人は、「高校サッカー」や「バイオリン」、「大切な人たち」などさまざまなテーマで論文を書いたみたいです。

このFIT入試の中でも「B方式」は、地域ごとに枠が決まっているため、地方に住む学生も出願しやすくなっています。私の友人も関西枠で合格していました。このように入試方法が様々であることも魅力の一つだと思います。

慶法の魅力③比較的単位が取りやすい

3つ目の魅力は「比較的単位が取りやすい」ことです。

というのも、数学系の科目が多い経済学部や商学部に比べて、法学部は暗記系の科目が多いため「頑張れば単位が来る」科目が多いのです!

中でも政治学科は「息をしてれば単位が来る」と言われるほど単位が取りやすいことで有名ですが、私の実体験上、息をしていたのに単位が来なかった人は多数いました。しかし法律学科よりも政治学科の方が単位は取りやすいことは確かだと思います。暗記科目が得意な学生にとってはすごく楽な学部なのだと思います。

18324234
私立 / 東京都 神奈川県

慶應義塾大学法学部の授業

19180475

慶應法学部の必修科目

まずは1、2年次で学ぶ必修科目を学科ごとにご紹介していきます。

〈法律学科〉
必修科目:法学、憲法、刑法、民法

〈政治学科〉
必修科目:政治学基礎、法学、憲法、社会学、ミクロ経済学、マクロ経済学

このように法律学科だと法学系が必修となっていますが、政治学科は法学、経済学なども混ざっていますよね。「経済学部じゃないから経済はできないんじゃないの・・・」と不安に思うかもしれませんが、先生も鬼ではないので、皆さんが数学を使わずに法学部に入ったことは知っています。なので政治学科における経済学は比較的易しいのです!

慶應法学部の共通科目

次に法律学科と政治学科の共通科目をご紹介します。この科目は選択必修のようなもので、卒業するためには各分野から何科目ずつ単位を取ることが必要です。しかし分野内の科目は決まっていないので、自分の興味のある科目を選択することができます!

〈人文科学科目〉言語学、地域文化論、文学、歴史、科学史、論理学、倫理学、宗教学、哲学、音楽、漢文、美術、人文科学論、人文科学研究会など

〈自然科学科目〉物理学、化学、生物学、基礎数学、心理学、基礎統計学、自然科学特論、自然科学研究会など

〈社会科学科目〉社会学、地理学、経済学、政治学、近代思想史、憲法、民法、経済原論、経済政策、財政論など

個人的に面白かったのは、自然科学科目だと『化学』で、毎週実験をしていたのですが、その内容は化学反応を利用して絵を描いたり、ソーラーカーを校内で暴走させていたりしました。また『心理学』も面白くて人気の科目でした。人文科学科目の『地域文化論』は授業によって内容は多種多様であり、世界中の地域ごとの文化や歴史を学ぶことのできる授業でした。その中でもその地域の映画を毎週見て感想レポートを出す授業があり、すごく面白かったのを覚えています。

大学の授業はつまんないと思われがちですが、きちんと聞いてみたり、興味を持ってみるとすごく面白い授業もあります。単位が取りやすい授業、いわゆる『楽単』を取るのも、時には重要ですが、面白い授業を取るのも楽しいと思います!大事なのはバランスですね。

慶應法学部の外国語

法学部では第一外国語と第二外国語を選択することができます。第一外国語は基本的に英語で、第二外国語は「ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語、スペイン語、ロシア語」から選択することができます。私は第一外国語が英語、第二外国語がフランス語でした。英語がペラペラな人は第一外国語も第二外国語もまだやったことのない言語を選んでいましたが、だいぶ苦戦していました。

私が選んだフランス語は女子が多かったです。またスペイン語は男女同じくらいで、ドイツ語は男子の方が多いみたいです。この第二外国語のクラスは最初のホームルームとなるので、男性諸君にはフランス語をおすすめします!(笑)

また法学部の外国語には「レギュラーコース」と「インテンシブコース」というものがあります。レギュラーコースですと、週に2回授業×2外国語なので、4回の外国語の授業です。一方インテンシブコースは第一、第二どちらかの外国語の授業を週に4回受けることができます。それにもう一つの外国語の授業が2回ですから、週に6回の外国語の授業となります。

私もこのインテンシブコースでフランス語を勉強していました。外国語の授業は履修次第で1日にいくつも受けることができるので、私は週に4日、外国語の授業の日がありました。インテンシブコースは4回のうち2回がネイティブの先生の授業となるためすごく面白いですし、ずっと同じクラスで授業を受けるためクラスがとっても仲良くなるのです!またインテンシブコースを選んでも学費は変わらないところも魅力だと思います。

・レギュラーコース:第一外国語2回+第二外国語2回=週に4回
・インテンシブコース:第一外国語2回+第二外国語4回(うち2回はネイティブ)=週に6回
          or 第一外国語4回(うち2回はネイティブ)+第二外国語2回=週に6回

慶應法学部のゼミ

最後にゼミについてです。ゼミでは1、2年次に学んだことを専門的に学ぶことができます。多いゼミですと3、4年生合計で50人ほどいるゼミもありますが、少ないと10人程度のゼミもあります。ゼミは週に1〜2回行われ、教授と共に専門分野を勉強します。

3年生になると日吉から三田へとキャンパスが移動することは先にも話したと思います。するとだいたいのサークルは日吉中心で行われるので、3年生はあまり参加しなくなるのです。これはサークルにもよりますが、私のサークルも執行代は2年生で、3年生は時々遊びに行く程度になります。なので3年生以上はかなりゼミ中心の生活になるのです。つまりゼミ選びはサークル選び同様に重要なのです!

ゼミの種類をおおまかにご紹介していきますね。
〈法律学科〉
・憲法
・民法
・刑事法
・商法
・国際法
・外国法
・行政法
・社会法
など

〈政治学科〉
・国際政治
・日本政治
・政治、社会系
・政治思想
・地域研究
など

大学に入る前からゼミ選びをする人などほとんどいないので、大学1、2年生の授業で興味を持った分野のゼミに入るのが王道パターンです!

慶應義塾大学法学部生のキャンパスライフ

19180476

慶法生のキャンパスライフ〜日吉編〜

〈校舎〉
法学部の1、2年生は日吉キャンパスに通います。法学部に設置されている科目は基本的に「独立館」と呼ばれる校舎で授業を受けます。
この「独立館」は日吉キャンパスの中で一番綺麗な校舎です。

法学部設置科目以外はさまざまな校舎で受けます。日吉キャンパスはなかなか広く、教室数も多いので、入学当初は地図を片手に教室まで行っていました。全学部に共通して設置されている科目(人文科学科目)などもあり、他学部生との交流が多いのも日吉キャンパスの特徴です。学年が上がるにつれ、各学部で異なるキャンパスに通うこともあるので、この楽しさは日吉キャンパス特有のものです。

また余談ですが、日吉キャンパスのメディアセンター(図書館)ではDVDを無料で見ることができます。私もかなり通いつめていました。

〈食堂〉
慶應では学部ごとの校舎がはっきりとないので、空き時間やお昼休みは多くの学生が食堂に集結します。食堂は「焼き立てパン」から「ラーメン」、夏には「冷やし中華」、人気の「カルビ定食」など豊富なメニューがあります。私が印象的だったのは期間限定メニューの「エベレストカレー」というカレーで、その名の通り、普通のカレーの3倍くらいはあったと思います、、、食後30分は動けませんでした(笑)

ついつい食べ物のお話ばかりしてしまいましたが、食堂にはサークルの「たまり」というものもあります。サークルの「たまり」とは、いわゆるたまり場で、サークルのメンバーが自然と集まり、そこでトランプをしながら空き時間を潰したり、お昼ごはんを食べたりする学生も多いです。

また日吉キャンパスは屋外にもたくさんのベンチがあるため、天気の良い日は外で過ごしている学生も多かったです。私のお気に入りは陸上グラウンドのベンチで、そこでお昼寝をしたり、読書をしていました。慶應に行く機会があったら探してみてください。

〈授業〉
法学部の1、2年生は週に4、5回は授業があります。特に日吉キャンパスの授業(語学)などは出欠があるため、きちんと出席する必要があるのです。なぜこんなに1、2年生が必死に学校に行くのかというと、「3年生で楽ができる」からなのです。これは法政(法学部政治学科)に特有の制度なのですが、1、2年で取った単位を三田キャンパスに持っていくことができます。一方他学部や法律学科は持っていくことができないので、多く取りすぎては意味がありません。
つまり政治学科の生徒はいくら単位をとっても損にならないので、暇な1、2年生のうちに単位を取ろうとする人が多いのです!

法学部の授業の中には「日吉キャンパスだけに設置されている授業」もあります。この単位を三田キャンパスに移動する時、つまり3年生の段階で取れていないと、日吉キャンパスにその授業のためだけに通わなければならなくなるのです。本来は三田キャンパスに通っているのに、取り損なった授業があるため、日吉キャンパスに来ることを「来日」と言います。一般的な来日は、語学を落として来日するパターンです。学生は来日を回避するため、語学などの授業は必死で出席します。

慶法生のキャンパスライフ〜三田編〜

法学部の3、4年生が通う三田キャンパスは、日吉キャンパスとガラリと雰囲気が変わります。その理由としてまず考えられるのが、「語学の授業がない」ということです。語学の授業は(順調に単位が取れれば)2年間で終了します。インテンシブコースのみ、3年生でも語学の授業を取ることができますが、レギュラーコースの場合、三田キャンパスには語学の授業はありません。つまり、1、2年生で週に何度か集まっていたクラスがなくなるので急に寂しくなります(´・ω・`)

〈ゼミ〉
その代わりにゼミがあるのです。各ゼミによって活動頻度は各々ですが、最低週に1回はゼミの授業があります。なので必然的にゼミのメンバーとは頻繁に会うことになるのです。ゼミでは教授との交流も深く、合宿などもあり、すごく楽しいんですよ!私はこの間、伊豆に行ってきました♪

〈授業〉
また先に述べたように、法学部(特に政治学科)は1、2年で多くの単位を取るため、3年生になると学校に行くのは週に3回くらいになります(順調に行けば)。なので学校自体にいる人も減り、何だか閑散としています。しかしテスト前になると驚くほどの学生がキャンパスにいます。なんででしょうね〜

〈食堂〉
三田キャンパスにも日吉キャンパスと同じような食堂があります。三田キャンパスの人気メニューは「山食カレー」で、すごくボリューミーなカレーです。また食堂以外に「カフェテリア」と呼ばれるおしゃれスペースがあります!学校周辺にも美味しいごはん屋さんがあり、リーズナブルな値段のランチを食べることができます。三田キャンパス付近はオフィスも多いので、スーツの人たちやOLに混ざってランチをすると一気にドヤ顔になれるはずです。

またもう一つ!三田キャンパスからは東京タワーが見れるのです。大体歩いて15分くらいの場所に東京タワーがあり、校舎内や学校へ行く道などでも見ることができるのです!!私は夜まで授業を受け、クタクタな帰り道にで、ライトアップされた東京タワーを見るととっても幸せな気分になります(^O^)

最後に

ここまで慶應義塾大学法学部について赤裸々にお話してきました。
百聞は一見にしかず、もし慶應義塾大学に興味を持ったら一度キャンパスに足を運んでみてください。

オープンキャンパスもやっていますし、平日もキャンパス内には自由に入れるので、ありのままの雰囲気を味わえると思います!
この記事がみなさんの大学選びの参考になれば嬉しいです。

〈関連記事をあわせてチェック!〉

18324234
私立 / 東京都 神奈川県

慶應法学部に現役合格!勉強時間と本当に役立った教材紹介

慶應義塾大学理工学部の口コミ&評判!現役慶應理工生が実態を告白!?

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

早稲田大学法学部の口コミ&評判!早稲法4年の私が教える学生生活のリアル早稲田大学法学部の口コミ&評判!早稲法4年の私が教える学生生活のリアル

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
17045192
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。最近いくらと同じくらいホタテが好きなので改名を検討中です。

関連するカテゴリの人気記事

18399243?w=120

【MARCH】大学偏差値ランキングや国公立・私立との比較!

18422541?w=120

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

18557936?w=120

日東駒専の偏差値・ランキング・就職情報を徹底比較!

18557149?w=120

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

18463502?w=120

四工大(東京4理工)の偏差値・難易度を解説!他にはない魅力が沢山!

18559904?w=120

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay