18462947

高3生・浪人生必見!塾・予備校の費用の相場と奨学金・特待生制度

はじめに

塾や予備校にかかる費用っていくら??
何を基準に選べばいいんだろう?

大学受験に対して高い志を持っていたり苦手を克服していきたいと考えている方は、塾や予備校に通って勉強したいと思うこともあるでしょう。実際、予備校に通うことで成績は見違えるほどに伸びますし、私も予備校教育の質の高さを実感しました。

予備校選びには、合格実績、アクセス、人数、授業形式(個別指導、集団授業、映像授業)などの基準があると思いますが、塾・予備校には少なからぬ費用がかかります。漠然としたイメージではなく、きちんと相場を知ることは大切ですね。


この記事では、塾や予備校にかかる費用や予備校選びの注意点について紹介します。今後の塾・予備校選びの参考にしてみてください。

塾・予備校の費用はどれくらい?

18463179

塾や予備校に通いたい!そんな気持ちに重くのしかかるのが費用の問題です。一般的に100万前後かかると言われますが、どのタイミングでどのくらいお金がかかるのか、きちんと把握しておきましょう。

入学のときにお金がかかる

予備校に通う場合、入学のタイミングで費用が発生します。予備校にもよりますが、内訳の例を見ると

入学金:10万前後
授業料:50〜100万
諸経費(施設利用料・テキスト代):20万前後

このようになります。授業料に幅が出てしまうのは科目数によるものですが、この段階で70万近くかかってしまいます。後払いや分割払いを受け付けていないところが多いので、家計を圧迫することになりかねません。予備校ごとに初期費用がいくらかかるのか、きちんと確認することが大切ですね。

また、単科生として予備校に通うと安くなる場合があります。単科というのは、受けたい授業だけを受けるものです。古文だけ、世界史だけ、のように、科目を絞って受講できるので、上の例と比べると、授業料を安く抑えることができます。予備校で勉強したい科目や単元が決まっている場合は単科生プランを見てみるとよいです。


最近では、月謝制のところも少しずつ見かけるようになってきました。1年を通してみると総額費用は大差がないかもしれませんが、月謝制であれば日々の生活の負担を和らげることができますね。

講習のときにお金がかかる

講習というのは、長い休みの時期に行われる授業のことで、春期講習、夏期講習、冬期講習、直前講習などがあります。レギュラー授業とは違って、文法や読解など各単元やセンター対策など、幅広い内容が扱われます。また、レギュラー授業では扱わない内容も講習を通して学ぶことができます。
講習では、1つの内容につき5コマ前後の時間が使われ、1つあたり2万近くかかります。少ない人だと5個、多い人で10個以上も受講します。苦手を克服するためにも講習は必要ですが、10万〜20万くらい必要になるかと思います。ですが、講習は受けなければならないわけではないので、無理に取らなくても大丈夫です。

また、講習を申し込む際に、ちょっとした特典が付いていることがあります。例えば、レギュラー授業を受けている生徒を優先的に案内したり、割引価格で受講することができます。
講習にはその塾や予備校に通っていない人(いわゆる外部生)も来ることがあるので、優遇されるのは嬉しいポイントです。

医学部専門予備校では500万円以上

予備校には、医学部志望の受験生を対象にしているところもあります。医学部の入試では小論文が出題されたり医学の専門用語がたくさん出てきたり、一般的な入試と比べるとかなり癖が強いのです。ですので医学部志望の方にとってこのような予備校があるのはありがたいですね。
ですが、医学部専門予備校は、先程紹介した例とは違って、約500万円、場合によってはそれ以上費用がかかります。医学部に確実に合格したい、というのであれば医学部専門予備校に通うのも一つの手ですが、相当なお金を工面しなければなりません。医学部志望の方が予備校通いを検討するのであれば、少し慎重さが求められるでしょう。

ですが、最近では一般的な塾や予備校でも医学部対策をしてくれる場合があります。こういったところでは、「医学部志望だから」という理由で費用が高くなることはないので、小論文や医学部対策の講座があるかチェックしてみても良いと思います。もしなかったとしても、先生に添削をお願いするなどして、費用を節約しつつ効率的に勉強を進めることもできるかもしれません。

塾・予備校の費用まとめ
入学金:約10万円
授業料:50〜100万円
諸経費:約20万円
講習料:1コマあたり約2万円
医学部専門予備校は500万円以上

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

塾・予備校通いの負担を軽減できる制度

18463533

塾や予備校は費用が高い!というのが一般的なイメージですが、実は安く抑えることができる制度があるのです。負担金だけではなくちょっと家計にやさしくなる情報も見ておきましょう!

奨学金や特待生制度

生徒や保護者の方々にとって一度に数十万を納入することは少なからず生活に影響を与えてしまいます。実際、私も予備校に通い始めた頃は無駄な出費を避けるために外食禁止や節電などを心がけていました。
ですが、最近では奨学金や特待生制度が整っている予備校もあります。奨学金制度は、予備校が入校生の学費を肩代わりして、徐々に返済していくような形態をとるものです。教育ローンに近い制度ですね。
一方で、特待生制度は、出身高校や入校時の学力テストなどにより一定の学力レベルがあると認められた生徒の学費を一定額免除する、というものです。奨学金制度と違って返す必要はないのですが、特待生になるのにかなり高いハードルが設定されているのが特徴的です。

私はお世辞でも進学校と呼べない高校出身ですが、特待生制度を利用して予備校に通っていました。両親は100万円を用意してくれていましたが、この特待生となったおかげで諸経費の20万のみを払うだけで予備校に通うことができました(講習の費用は別です)。
家計の負担を軽くしてくれるので、予備校の費用に関する制度はしっかりと確認しておきましょう!

早期申込や新学期、講習のタイミングでの入校

予備校に通おうとするのであれば、時期を意識すると安くなる場合があります。例えば、新規生徒の募集がスタートして早い段階で申し込むことができれば無料で追加授業を5コマ取ることができたり、春期講習や夏期講習を受けた後に申し込むことで納入金の一部を免除してくれることがあります。
もちろん塾や予備校によって金銭的なサービスは違うので逐一見ていく必要がありますが、早め早めの行動力で少し安くなる場合があります。

志望校合格できなかったら返金される場合も

実績や授業のレベルに自信がある予備校がこのような制度を設けている事が多いです。これは読んで字のごとく、生徒が志望校に合格することができなければ予備校に納めた学費が一定額返金される、という制度です。この制度がある予備校は生徒を合格させようと全力を尽くしてくれるので、合格率が高くなったりします。講師やスタッフが熱意を持ってサポートしてくれるので、生徒にとってはかなり恵まれた環境で勉強できるといえます。

ですが、志望校に落ちてもお金が戻ってくるんだ、と気を緩め勉強をおろそかにしないよう注意が必要ですね。

学費免除のサービスまとめ
奨学金制度
特待生制度
早期割引、講習割引
返金制度

予備校選びの注意点

18463249

かつては、塾は現役生が、予備校は浪人生が通う場所、というイメージがありましたが、今ではそのような考えがなくなってきています。また、画一的に先生が教える場所、というものでもなくなってきています。ですが、このように教育の現場に多様性が生まれたからこそ選ぶ際に気をつけるべきことがいくつかあります。予備校選びに失敗しないようぜひ参考にしてみてください!

自宅から(学校から)のアクセス

これは費用と並んで最も大切なポイントですね。そもそも通うことができなければ意味が無いので、アクセスはしっかりと見ておきましょう。

定期券区間内かどうか、自転車や電車で何分くらいか、といった情報はくまなく把握しておくと良いです。

授業形式を見よう

授業形式、というと学校のように先生が教壇に立って生徒がノートを取る、というのが一般的ですが、近年の予備校は他の授業形式も取り入れています。
例えば、1:1や1:2の個別指導形式や画面越しに授業を視聴する映像授業があります。個別指導では生徒のレベルや深く学びたい単元に応じて先生が柔軟にカリキュラムを組んでくれたり、その場で質問することができます。映像授業は何度も視聴できるので、わからない所があれば巻き戻したり、忘れてしまったら繰り返し視聴することができます。
最近では、通学や部活遠征の移動時間でも勉強ができるよう、スマートフォンに動画を保存したり、動画配信サービスを推めている予備校もあります。

授業形式とあなたの苦手や生活スタイルを照らし合わせてみるのも塾選びでは大切なポイントです。

塾・予備校探しはこちらから

塾や予備校探しができるリンクを以下に載せておきます。市区町村や最寄り駅を基準に検索できるようになっています。
塾・予備校ページでは費用や授業形式など詳細な情報を見ることができるので、そちらも合わせてチェックしてみてください!

塾・予備校を市区町村から探す

塾・予備校を最寄り駅から探す

最後に

15183253

ここまで塾や予備校の費用や安くなる制度、選び方について見てきました。
年間を通して約100万円、講習や科目数によってはさらに必要となる場合があります。ですが、奨学金や特待生制度など、塾・予備校が行っている学費免除サービスで学費を安く抑えることができます。積極的に活用して負担を減らしつつ通うことができたらありがたいですね。
また、記事の後半に紹介したリンクから、塾・予備校探しをしてみてください。

受験勉強は大変ですが、きちんと勉強すれば逆転合格も夢じゃありません。一念発起して晴れて大学生になれるよう頑張ってください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
18538440
早稲田大学 法学部に通っています。浪人時代の勉強経験や知識を記事を通して伝えていけたらなと思っています。 サークルでは野球をやっていて、引退した今でも助っ人でたまに参加しています。

関連するカテゴリの人気記事

18462947?w=120

高3生・浪人生必見!塾・予備校の費用の相場と奨学金・特待生制度

関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay