18163114

【古典勉強法】古文・漢文の大学受験勉強法とおすすめの参考書・問題集

はじめに

「古典はフィーリングで解くもの」そんなふうに古典を甘く見ていたあなた。

受験を目前に古典の勉強法が分からなくなってはいませんか?

古典は確かに日本語に近いものではありますが、現代の日本語とは単語や文法が全く異なっているので、フィーリングで解くような解き方をするのは非常に危険です。

「かといって、そんなに時間もかけたくない…」

安心してください。実は、古典は覚えるべきことを覚え、正しい解き方をおさえるだけで、短期間で得点がのびやすいとても"割のいい"科目なのです!

そこで、本記事では古典の基本的な勉強法から古文・漢文それぞれの勉強法のポイント、さらにはおすすめの参考書・問題集にいたるまで古典勉強の基本のすべてをご紹介します。

本記事を読んで基本的な古典の勉強法をマスターし、志望校合格にはずみをつけましょう!

古典=外国語?まずは古典勉強法の基本をおさえよう

18161855

ここでは古典を勉強するにあたって基本となる学習のステップを紹介します。
はじめに述べた通り古典を現代語と同様に捉えるのは非常にリスキーなので、英語のような全く異なる外国語として一から学び直す姿勢が重要です。

古典の覚えるべきことを覚えよう

古典の勉強で基本となるのは暗記です。
古文単語や句形はもちろん、動詞・助動詞の活用から助詞や敬語の種類にいたるまで、あらゆる基本事項を覚えなければなりません。

けれど、日本史や世界史などと違うのは、活用に規則性があったり種類が限られていたりと、覚えるべきことがそこまで多くないということです。
また、覚えるべきことを覚えさえすれば、かなりの問題が解けるようになってしまいます。

まずは暗記すべきことを覚え、読解に必要な基礎力を身につけましょう。古典の場合、この基礎力が得点を非常に左右することになるので、ここが一つの踏ん張りどころです!

古典の読み方を知ろう

基本的な力が身についたら、いよいよ実際に古文・漢文を読んでみましょう。
単語や句形がわかればかなりの部分が分かるようになっているはずです。

まずは一つ一つの文章について細かく文法事項をチェックしつつ現代語訳ができるようになりましょう。覚えた単語や句形、助動詞などの確認にもなりますし、文章を正しく理解する上で、細かい訳ができるようになることは重要なフェーズの一つです。

次に、現代語訳が板についてきたら、「ポイントをおさえて読む」読み方を身につけましょう。センター試験のような時間が非常に限られた試験では特に、すべての文を正確に訳しながら読むと到底解き終わりません。

例えば古文漢文どちらにも言えるのはまず主語をおさえるということです。
古典の文章はなにかと主語が省略されやすいので問題として問われることが多いので、どんな文章でも必ず主語を意識しながら読み進めましょう。

文章を正確に理解しつつ問題に関わる部分に特に重点をおいて読む、というようなポイントをおさえた古典の読み方を身につけられるとセンター試験にも自信を持って立ち向かうことができますよ。

古典の文章に読み慣れよう

正しい読み方が身につくにはやはり慣れが必要です。
現代語とは違う古典独特の言い回しやリズムが存在するので、たくさんの古典に触れ、読み慣れましょう。

より多くの文章に触れることで、単語や助動詞の意味が瞬時に理解できるようになったり、動詞の活用や助詞・助動詞の接続の正しい形に見慣れたりと古典の読解力がぐんぐん身につきます。

また、説話などは特に物語のパターンが似たり寄ったりなので、文章の展開が読みやすくなり実際に問題に取り組む時のヒントになることもあります。

古典の予備知識を身につけよう

古典が英語などの外国語と異なるのは、読解の上で予備知識を求められるという点です。

ここでいう予備知識というのは、たとえば平安時代の結婚は男性が女性の家に通うという通い婚が普通であったというようなその時代の習慣であったり、あるいは有名作品の作者や書かれた時代など非常に多岐に渡ります。

現代とは全く異なる生活を営んでいた時代の文章を理解する上でその背景にある習慣や時代を知っておくことは確かに重要なので、文章を読みながら身につけていきましょう。

古典の基本的な勉強法まとめ
・覚えるべきことを覚えよう
・古典の読み方を知ろう
・古典の文章に読み慣れよう
・古典の予備知識を身につけよう

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

古文編

古文勉強法のポイント

18162174

中でも古文は漢文の基本となる知識であるうえ、漢文よりは覚えることも多いので、先に古文の勉強法を見ていきましょう。

古文勉強法のポイント①活用・接続を覚えよう

先程から古典は暗記が重要だとうるさいくらい強調してきましたが、古文においてまず覚えるべきは「活用」です。
なぜかというと「活用」は古文を読む上で欠かせない知識でありながら、覚えるべきことは意外と少なくすむからです。

古文単語より何よりまずは「活用」を完璧にしましょう。
「活用」と一口に言ってもその種類は様々ですよね。

まずは「動詞・形容詞・形容動詞の活用」をおさえましょう。
教科書の後ろのページによく載っている活用表はわかりますか?活用はあれがすべてといっても過言ではありません。
「あ、い、う、う、え、え」「い、い、いる、いる、いれ、いよ」のような簡単な覚え方がたくさんあるので、声に出しながら何度も繰り返し読み、何も見ないで活用表が書けるようにしましょう。

次に覚えるべきは「助動詞の活用および接続」です。
動詞や形容詞、形容動詞に比べて覚えることは多いですが、まとめて覚えてしまえばそこまで時間はかかりません。まずはそれぞれの活用を覚え、その後接続が同じ助動詞をまとめて覚えるというように段階的に覚えるのがおすすめです。
こちらも様々な覚え方があるので先生に聞いたり、参考書で調べたりしてみてください。

そして最後に、「助詞の接続」を覚えましょう。
助詞はなんとなく理解できそうな気がして手を抜きがちですが、現代語訳をする際に採点のポイントとなるので気を抜かずにしっかりと覚えましょう。

古文勉強法のポイント②敬語の種類と意味を覚えよう

古文の読解においてかなり重要になってくるのが「敬語」です。
覚えるべき単語数は50語弱とさほど多くはないですが、その種類と意味を明確にとらえる必要があります。

敬語には「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3種類があり、その分類によって「誰から誰に敬意が向いているのか」が全く異なってきます。
主語や目的語が省略されやすい古文では、この敬意の方向が主語を見極めるヒントになることがあり、
それゆえ、それぞれの敬語が「誰から誰への敬意を表現するか」をおさえることは、古文をマスターするうえで必須であるといえます。

また、敬語の中には複数の意味を持ったり、特定の人に対してのみ用いられたりするものがあるので、注意して一つ一つ丁寧に覚えていきましょう。

敬語がおさえられれば、主語や目的語が省略されて読みにくい古文の文章も随分読みやすくなりますよ!

古文勉強法③古文単語を覚えよう

基本的な文法事項をおさえたら、古文単語を覚えていきましょう。

現代語とは全く意味が異なるものも多く、注意が必要です。
ですが、センター古文に必要な単語数が約300〜500語と英単語に比べれば大した数ではありませんし、そうはいっても親しいものが多いので覚えやすいです。古文単語帳を一冊用意し、頻出単語をおさえましょう。

覚え方は人それぞれなので、語呂をつくってみたり、声に出して読んでみたり、試行錯誤を重ねて自分に合った覚え方を見つけましょう!

古文勉強法のポイントまとめ
・活用・接続を覚えよう
 (動詞・形容詞・形容動詞の活用→助動詞の活用・接続→助詞の種類・接続)
・敬語の種類・意味を覚えようー敬意の方向に注意!
・単語を覚えよう

古文のおすすめ参考書・問題集

18810119

ここでは私が実際に使用していたおすすめの参考書・問題集を紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

古文単語ゴロゴ

1102800
参考書名
古文単語ゴロゴ
著者
板野 博行
ページ
297ページ
出版社
スタディカンパニー
Btn amazon
16949525?w=80

私はどちらかと言うと単語よりもゴルゴのマンガが気になって買ってしまった感じです。今では、マンガの部分を切り取ってホッチキスで止めてマンガにしてしまっています。しかしなぜでしょうか話が繋がりません。

15920442?w=80

自分の様な三日坊主でも続けられます。 数回読んだだけでも効果を実感することが出来ます!

19798217?w=80

学校から配布された古文単語が本当に覚えづらかったので購入しました。 ゴロとイラストが強烈なので嫌でも覚えられます( 笑 ) 私はこの古文単語を買って3日で基礎と標準単語はほとんど覚えることが出来ました! 中には下ネタもあるので苦手な方はオススメは出来ませんが覚えやすいのは確かです😊( 笑 ) また、気分転換などにも読めるのでそこも良い点です!

レビューをもっと見る

語呂で古文単語を覚えるこの単語帳は、暗記が苦手な私にはもってこいの単語帳でした。愉快な語呂に複数の重要な意味が組み込まれていたり、面白いイラストが載っていたりと楽しみながら忘れにくい覚え方が実践できるのでとてもおすすめです!

古文―高校初級用 (発展30日完成 (32))

3063
参考書名
古文―高校初級用 (発展30日完成 (32))
著者
芦田川 康司
ページ
63ページ
出版社
日栄社
Btn amazon
Icon default user

古典で2次試験が必要な人河合記述模試偏差値50以上の人向け 文法テーマがこめられた文章が収録されています。易しめの文章で、文法の知識を定着したい人に使ってほしい人。『ステップアップノート』を活用しながら演習してください。

レビューをもっと見る

助詞・助動詞といった文法事項の暗記は、まず活用表を丸暗記するのが良いですが、それが終わったらこの問題集のような薄い問題集でアウトプットしていきましょう。
覚えた知識を総復習することができます。

改訂版 元井太郎の 古文読解が面白いほどできる本

9186442
参考書名
改訂版 元井太郎の 古文読解が面白いほどできる本
著者
元井 太郎
ページ
318ページ
出版社
KADOKAWA/中経出版
Btn amazon
18665775?w=80

マジ神

15284067?w=80

代々木ゼミナールの鬼才古文講師、元井太郎氏渾身の書き下ろし。 メイン層は、”早稲田上智などの最難関私大”、”旧帝大〜の最難関国立大”を目指す難関大受験者である。 というのも著者である元井太郎氏は「高学歴至高主義」の持ち主であるため、それ以下の大学に進む事はすなわち「死」であると考えるからだ。 彼に言わせれば、”GMARCHはFラン、ゴミゴミ、ゴミっすよ”と一蹴である。 東京大学大学院人文科学研究科国語・国文学専攻博士課程満期退学と、9年近くを日本最高学府の東京大学で過ごした経歴が彼をそうさせたのかもしれない。 確かに今の日本は学歴社会と呼ばれるだけあって、より良い大学に進む事は幸福な人生を歩むこととイコールなのかもしれない。 しかし私は、日本人は学歴を追い求めるあまり「大切な何か」を忘れている気がしてならないのである。 詰まるところ私が言いたいことは、『元井太郎を信じろ。』

レビューをもっと見る

一通りの単語・文法事項を覚えたら、古文の正しい読み方を身につけましょう。この本では古文を「なんとなく」読むのではなく、現代文同様きちんと根拠をもった解き方ができるような解き方を学ぶことができます。周りに差をつけたいあなたにおすすめの一冊です。

最強の古文

12243
参考書名
最強の古文 読解と演習50
著者
小泉貴
ページ
352ページ
出版社
Z会出版
Btn amazon

古文をもっと得意にしたい!二次試験対策をしたい!そんなあなたにおすすめなのがこの本です。かなりレベルが高そうな印象を受けますが、解説が非常に丁寧で自主学習にはうってつけの問題集です。

漢文編

漢文勉強法のポイント

18162101

古文編でも言った通り、漢文では古文の知識が生かされることが多いですが、漢文独特の言い回しや句形は別に覚えていく必要があります。どのように覚えていけばよいのか確認していきましょう。

漢文勉強法のポイント①書き下しのルールを覚えよう

漢文が古文と最も異なるのは訓読文を書き下すという作業があることです。

本来中国語で書かれた文章を日本語に訳するための手段としてつくられたのが漢文なので、中国語たる白文を日本語に訳するという手順が必要になってくるのです。

ということで、まずはレ点、一二点といった返り点の読み方やどこをひらがなで書くかなどの書き下し文の作法を覚え、文章を読む時自然に書き下せている、という状態を目指しましょう。

漢文勉強法のポイント②句形を覚えよう

漢文をマスターする上で最も重要になってくるのが、句形です。

これは英語で言う文法のようなもので一つ一つ地道に覚えていく必要がありますが、
英語に比べれば種類が格段に少ない上、よくでる頻出句形は非常に限られているので、あまり気負わずに取り組んでみましょう!

おすすめの覚え方は「文章を声に出して読む」という覚え方です。

時代劇などで「子曰く…」と漢文を唱えているのを目にしたことはありませんか?
実は漢文の文章はリズムよく発音できるような構成になっているので、声に出して読むことで文章のリズムが自然に体に染み込んできます。

また、訓読文を音読することで同時に書き下しの練習をすることもでき一石二鳥です。
いちいち書き下し文を書くよりもずっと手早くすむという点からもおすすめですね。

漢文勉強法のポイント③単語を覚えよう

句形の次に重要となってくるのが単語の暗記です。

例えば「悪」という漢字には現代語でも使われるような「あし」と読む「悪い」の意味もありますが、「にくむ」と読む「憎み嫌う」という意味の動詞にもなります。
このようにたった漢字一文字でも複数の意味をもつものは、問われやすいので地道に覚えていきましょう。

とはいえ、句形同様そこまで量は多くないので、一個一個確実に覚えることに力を入れてください。

漢文勉強法のポイントまとめ
・書き下しのルールを覚えよう
・句形を覚えよう
・単語を覚えよう

漢文のおすすめ参考書・問題集

18161937

ここでは漢文のおすすめの参考書・問題集を紹介します。紹介した参考書・問題集を参考にしつつ自分に合った参考書・問題集を見つけましょう。

基礎から解釈へ 漢文必携 四訂版

15895791
参考書名
基礎から解釈へ 漢文必携 四訂版
著者
菊地 隆雄, 村山 敬三, 六谷 明美
ページ
200ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon

まずはこの参考書で句形や単語、漢文の構成といった基礎知識を学びましょう。後ろに索引もついているので、問題を解いていてわからないところがあったら調べる、という辞書的な使い方もすることができます。

イメトレまる覚え漢文句形・単語 (合格文庫 10)

19697
参考書名
イメトレまる覚え漢文句形・単語 (合格文庫 10)
著者
北澤 紘一
ページ
190ページ
出版社
中経出版
Btn amazon

一通りの文法事項を学んだら、句形や単語をアウトプットしながら覚えていきましょう。赤シートで意味が隠せる上、サイズも文庫本サイズで持ち運びに便利なので、通学時間など時間の空いたときに少しずつ覚えていくのがおすすめです。

漢文―高校初級用 (発展30日完成 (33))

56111
参考書名
漢文―高校初級用 (発展30日完成 (33))
著者
佐藤 雅一
ページ
63ページ
出版社
日栄社
Btn amazon

最低限知識を身につけたら問題演習を積んで読み慣れていきましょう。それほど演習量を積む必要はないので、漢文もこの問題集のような薄い問題集を完成させるのがおすすめです。

最後に

18162015

ここまで、古典の基本的な勉強法から古文・漢文それぞれの勉強法のポイント、おすすめの参考書・問題集を紹介してきました。

古典は英語などと違って馴染みやすく、また二次試験で試験科目となることが少ないため、対策がないがしろにされやすい科目です。
しかし、覚えるべきことを覚え、ある程度の演習を積めば、短期間で他の受験生と大きく差をつけることができるお得な科目でもあります。

今回紹介したような古典の勉強法のポイントをおさえ、自分に合った参考書・問題集を使い、古典を得点源に全国のライバルを引き離しましょう!

⇩あわせて読みたい古文・漢文記事一覧⇩

【古文の勉強法】大学受験対策法とオススメの参考書・問題集

漢文の勉強法と厳選参考書・問題集【高校の定期テストからセンターまで】

【センター古文】満点を取れる勉強法とレベル別おすすめ参考書

センター漢文の勉強法!1ヶ月で8割取れるおすすめ参考書&問題集

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
17621409
現役で東京大学 文科Ⅱ類に合格しました。文系学部ですが数学が得意なので、数学や国公立対策の記事を中心に執筆しています。 マヨネーズが苦手なのですが、最近ちょっとずつ食べられるようになってきました!
スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay