14650514

センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

はじめに

センター試験当日まであと1ヶ月!12月に入って、受験生のあなたもそろそろ焦りだして来た頃だと思います。志望校に合格するために、センター英語で8割を取りたい!9割を取りたい!という目標を持ってここまで勉強してきたことでしょう。そんな目標をあと1ヶ月ちょっとで現実にしなければいけません。

センター英語の問題ってちょっと独特で、安定して8〜9割を取るにはセンター英語に特化した対策が必要なんです。単語・文法を鍛えたり、参考書を読んだり、問題集を何度も解いたりして、確実に英語の基礎力を上げてきたつもりでも、センター模試では7割しか取れなくて苦しんでいる人は数多くいます。

専用の対策が必須となるセンター英語を攻略するために、この記事では出題傾向を分析し、センター英語対策に特化した勉強法を伝授します!リスニングから長文読解まで、各大問ごとの対策法を載せていき、最後にセンター英語全体として8〜9割を狙うための時間配分や解く順番のコツについて紹介します。苦手な大問があったらそれは、あなたには単語力か、リスニング力か、読解力か…、何かの能力がまだ足りていないという証拠です。その為に、苦手な大問別のオススメ参考書・問題集についても紹介しちゃいます!

※記事本文で各大問の配点として挙げているのは、2015年度のデータです。年によって配点は変わることがあるので、注意してください。

センター英語最近の出題傾向

15366748

難化の筆記と易化のリスニング

まず最初に、センター英語の形式について説明しましょう。センター英語は、筆記試験とリスニング試験の2つで構成されていて、配点は筆記試験200点+リスニング試験50点の計250点となっています。試験時間は筆記試験が80分、リスニング試験が60分(うち解答時間30分)です。
それでは、センター英語の筆記試験とリスニング試験の過去5カ年の平均点は、どのように推移しているのでしょうか?
     
           筆記           リスニング
          116.17(2015年度)     35.39(2015年度) 
        118.87(2014年度)     33.16(2014年度) 
        119.15(2013年度)     31.45(2013年度) 
        124.15(2012年度)     24.55(2012年度)
        122.78(2011年度)     25.17 (2011年度)

出典: 大学入試センターホームページ

見てわかる通り、筆記の平均点は下がり、リスニングの平均点は上がっています。筆記は難化、リスニングは易化傾向にあるといえそうです。2015年度は、筆記の平均得点率が6割弱に対して、リスニングの平均得点率は7割もあります。つまり、センター英語で8割を狙う為には、易化しているリスニングは絶対に落としてはいけないのです。逆に、筆記試験は難化している為、8割を狙うのは年々難しくなりつつあります。難化が進んでいるということを頭に入れて、自分の英語力に慢心せず対策を周到にすすめ、努力を怠らないことが肝心です。

読解問題が配点の約7割

センター英語筆記試験は、大問1から大問6までの計6つの大問で構成されていて、そのうちいわゆる読解問題といわれるのは大問3から大問6までの計4つです。配点でいうと、これらの合計が約140点、すなわち読解問題は筆記試験200点分の約7割をも占めるのです。したがって、読解問題を確実に取り切ることが、センター英語8割へのカギだということがわかりますね。

語数は増加傾向 最近は4000語超え!?

センター英語筆記試験の問題は、正直言ってさほど難しくはありません。各大学の個別試験のほうが問題的にはよほど難しいです。ただ、センター英語筆記試験は各大学の二次試験に比べて、問題の量に対する解答時間が圧倒的に短いのです。よって、センター英語筆記試験攻略の肝は、「速読力」ということになります。
センター英語筆記試験には、本文・設問を含めると一体どれくらい語数があるのでしょうか。過去5カ年のデータをリストアップしてみます。

         4385語(2015年度)
         4187語(2014年度)
         4251語(2013年度)
         3956語(2012年度)
         3923語(2011年度)

(出典: 『2016大学入試 センター試験過去問レビュー』解答・解説編p.10, 河合出版)

このように、総語数は明らかに上昇傾向にあります。近年では、4000語を超えるのが当たり前になってきています。語数が増えているということは、受験生には更にレベルの高い「速読力」が求められてきているということです。
いかに素早く正確に、時間内にすべての問題を解き切るかが勝負なんですね。問題演習の際には正確性も大事ですが、とにかく「スピード」を意識するように心がけましょう。

大問1 発音とアクセント

15366770

大問1は単語の発音と、アクセントの位置についての知識を問われる問題です。配点は発音問題3問×2点=6点 アクセント問題4問×2点=8点 の計14点です。
ここのセクションはただの知識問題なので、一番時間をかけてはいけない箇所です。ササっと終わらせて次に向かうようにしましょう。

発音の基本はフォニックス 例外を潰そう

単語ごとに発音をいちいち覚えていたら、きりがありません。そこで活用すべきなのがフォニックスという方法です。フォニックスとは、英語圏の子どもたちが英語の発音とスペルを覚えるためにつくられた、スペルと発音の間に規則性を明示する学習法です。フォニックスの発音ルールを知っておけば、初めて見た単語の発音すらもなんとなくわかるようになるんです。便利でしょ?ただ、フォニックスのルールだけでは、すべての単語をカバーすることはできません。ルールに外れた例外も割とあります。そういう例外は、仕方がないのでその都度覚えるしかありません。しかし、フォニックスのルールを学んで発音の基礎を知り、例外を幾つか潰せば、発音問題はまず心配ありません。下に紹介する参考書で、ぜひフォニックスについて学んでみてください。

アクセントにも規則性がある!

単語のアクセントの位置についても、一つ一つ覚えていくのは気が遠くなる作業です。実は、アクセントにもある程度規則性があるんです。同じ音節にアクセントがある単語同士をグループ分けして覚えることもできます。アクセントの規則性やグループについてまとめられた参考書があるので、下に載せておきます。しかし、アクセントにも発音と同じく例外があるので、それはコツコツ覚えていくしかありません。

オススメ参考書・問題集

・フォニックスの参考書
 『フォニックスってなんですか?』『CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK』

・発音・アクセント対策
『Next Stage』『GRAMMARMASTER』『POWER STAGE』

204700
参考書名
フォニックスってなんですか? 発音確認 エクササイズ用CD付
ページ
96ページ
出版社
mpi
Btn amazon
2726
参考書名
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
出版社
明日香出版社
Btn amazon
191582
参考書名
Next Stage 英文法・語法問題 3rd edition
著者
瓜生 豊, 篠田 重晃
ページ
496ページ
出版社
ピアソン桐原
Btn amazon
15495815

文法、語法、イディオム、会話表現、単語や発音が、わかりやすい解説付きでのっています。はじめはこれをやるといいと思います。解説は別冊ではなくそのページごとにあるので、持ち運びも便利です。

12283716

究極です。 基本文法もちょっとプラスした文法もあっていい!

10339925

志望校が長文だらけの問題だったので文法おろそかにしてたら失敗しました。 わかってる人はわかってると思うけど 問われていないようで案外文法問われてる。 夏以降だとあんま時間取れないので今のうちに文法抑えましょう。

レビューをもっと見る
893432
参考書名
英文法・語法問題 GRAMMARMASTER [グラマスター]改訂版
著者
風早寛
ページ
541ページ
出版社
Z会
Btn amazon
14700328

なぜかヤル気が出なくなる(笑) ネクステの方が見やすいし、自分にはあっていました(・∀・)

10195772

解説が丁寧だと思ふ 僕の英文法の基礎はこれがベースだゾ

レビューをもっと見る
15688563
参考書名
POWER STAGE 英文法・語法問題
著者
瓜生 豊
ページ
592ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
16132933

ネクステの一個上のレベルのやつ!とてもよい! すぐ出来るし横に解説あるから通学中とか内職に向いてる!! 今イチオシの文法問題集。

レビューをもっと見る

大問2 文法・語法・会話文

15366775

大問2は文法や語法、会話における定型句などについて訊かれます。配点は文法・語法の単問が10問×2点=20点 語句整序や会話応答などの問題が6問×4点=24点 計44点です。ここも素早く終わらせるべき分野です。確かな知識をもとに、迅速に、精密に解き切りましょう。

前置詞にイメージをもとう

「at」、「on」、「in」、「across」など、英語の前置詞の使い方に苦戦する人は多いです。前置詞は基本的に1つで複数の意味をもっており、そのすべての意味を覚えきるのは至難の業です。そこでいい方法として、前置詞の意味ではなくイメージを覚えるという方法があります。例えば、「at」なら「ある特定の点」というイメージです。それを場所における「ある特定の点」と考えると、「〜で、〜において」という意味が出てきます。時間における「ある特定の点」と考えると、「〜時に」という意味が出てきます。このように「イメージ」を掴んで、「状況」に応用することで覚えなければならない知識の量を減らすことができます。

音読で並び替え問題を撃破!

外国語学習においては、「音読」はとても重要です。その言語特有のリズムを体に叩き込むことで、文法上のミスは「違和感」として気づけることが多いです。解き終わった問題を口に出して何度か読んでみて、「正しい文法で書かれた文」のリズムを感覚的に覚えましょう。余談ですが、これは漢文学習においても江戸時代から「素読」として親しまれてきた学習法です。

オススメ参考書・問題集

『Forest』『Next Stage』『GRAMMARMASTER』『POWER STAGE』

8466535
参考書名
総合英語Forest 7th Edition
著者
ページ
655ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
15478712

学校とか行かなくてもこれさえあれば十分です。下手くそな先生の授業よりも、さっさか自分でこれを勉強して行く方がよっぽど効率良いですよ。教えるのが上手かったり面白い先生なら別にその授業受けても良いけどね。

13227776

独学でも理解できる、分かりやすい構成です。 良くも悪くもあまり細かく書かれていないので、知りたい部分をを手早く調べられる点が良いです。 辞書や専門書として優れているのはロイヤル英文法ですが、大学受験はこれで必要十分だと思います。 装丁や質感はロイヤルの圧勝です(笑)

14665934

学校で強制的に買わされたけど買ってよかった! 解説とかもわかりやすいし付属で問題集と例文があるから使い勝手がいい!

レビューをもっと見る

大問3 類推や要約、文補充など

15366866

大問3は難しい単語の意味を文脈から類推させる問題や、本文の要約として正しい文を選ばせる問題など、年によって多岐にわたります。配点は中問Aが2問×4点=8点 中問Bが3問×5点=15点 中問Cが3問×6点=18点で、計41点です。

英語の総合力が試される大問3

この大問は問題がバラエティに富むこともあって最も対策が難しいのですが、どれも英語の基礎力がしっかりと備わっていれば解ける問題になっていて、奇問悪問というわけではありません。他の大問を確実に解き切る力が備わってくれば、大問3の得点率も自然と上がります。したがって、大問3に限って特別な対策をする必要はないと思います。強いて言うなら、要約が苦手な人は普段から解き終わった長文の要約練習をしておくといいかもしれません。

大問4 図表読み取りを混じえた長文読解

15366884

大問4は、文章+図やグラフ、表から必要な情報を読み取る問題です。配点は中問Aが4問×5点=20点 中問Bが3問×5点=15点 計35点です。
このような読み取り系の長文読解は、本文を読む前にまず問を読み、何が訊かれるのかについて把握しておくと解きやすいです。何について答えればいいのか、軽くメモなどをとっておくと頭の中が整理されてより解答しやすいですね。グラフや表が用いられる中問Aは、あまり問題なく解けるはずです。素直に、示されているデータを読み解けばいいだけです。多くの人はポスターや広告が用いられる中問Bで苦戦します。英語のポスターや広告には、日本のものと違った独特の形式があるので、それに慣れないとどうしても読み取りに時間がかかってしまいます。ここはひたすら「慣れ」です。問題数をこなして形式に慣れてしまいましょう。

大問5 マイルドな長文読解

15366808

大問5は小説や手紙など、比較的カジュアルな文章を読み解く長文問題です。配点は
5問×6点=30点 です。
大問6に比べるととっつきやすい文章が出題されることが多く、そんなに身構えないで読んでいくことができるはずです。大問3から6までの読解問題の中では最も難易度が低く、ここでぜひ満点をとってほしいです。時間もなるべくかけないようにします。問の文章の中に「NOT」が入っていることにより、ちょっとした引っ掛け問題になっている問題もあるので、問は気をつけて読むようにしてミスさえなくせば満点も難しくありません。逆に、このセクションで高得点が取れないならば読解の基礎的な能力が欠如している可能性が高いので、参考書を読み直し、問題演習を繰り返して一から鍛え直す必要があります。

大問6 ハードな長文読解

15366784

大問6は、評論的な硬い文章を読み解く長文問題です。配点は 中問Aが5問×6点=30点
中問Bが4つのマークを完答して6点 で計36点となっています。
大問4から6の長文問題の中で、大問6は各大学の筆記試験に最も近い形式になっています。文量・難易度共に、センター英語筆記試験の大問6つの中ではトップです。とはいえ、二次試験の英語長文問題に比べると問題自体の難易度はかなり低いです。基礎的な読解力さえ身につけて、冷静に解けばまず間違えることはないでしょう。解答時間に対する文量の多さに圧倒され、落ち着きを乱して失点してしまうことが多いので、余裕を持って解くために、この大問に時間を割けるようにしておくと安心です。大問6も含めた長文問題は問題演習量が命です。試験形式で緊張感をもって、時間内に解き切るという訓練を何度もこなすことで、実力と、何より自信を身につけましょう。

長文読解にオススメの参考書・問題集

・参考書
『英語長文ハイパートレーニングレベル2』
『ポレポレ英文読解プロセス50』

・問題集
『大学入試センター試験過去問レビュー英語』(いわゆる「黒本」)
『マーク式総合問題集英語』

・単語帳
『システム英単語』 『速読英単語』 『Duo3.0』

・熟語帳
『速読英熟語』 『英熟語fomula』

4127
参考書名
大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編
著者
安河内 哲也
ページ
222ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
15976366

オープニングの軽快なミュージックすき

11109606

問題を解いて終わりにしてしまいがちな長文ですが、この参考書では音読用のCDが付いていることは勿論のこと、1文ごとの精読解説や速読用のページがあったりと本文解説が非常に詳しく、とても復習がしやすいです。そのため成長していることが実感できるほどで、やっていて疑問点が残らないため楽しささえ感じられます。問題数が12題しかないことと、設問解説があまりないことが玉に瑕ですが、それを差し置いても素晴らしい参考書と言えるでしょう。

14812842

音読のためのような物 とてもいいです。

レビューをもっと見る
4083
参考書名
ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式
著者
西 きょうじ
ページ
129ページ
出版社
代々木ライブラリー
Btn amazon
Icon default user

基礎英文問題せいこうの次にやったから、ショック療法的な感じで解説多くてよかった けど、日本語理解不能なやつあるし、語彙載せてくれないし、まあまあ不親切、マイナス1点 一番いいのは薄さかな

16047334

題材は悪くないと思う。私は西先生の授業を受けて、全く伸びませんでした。標準レベルを飛ばして、発展レベルだけを説明する、旧帝大の医学部くらいの人しかついていけない授業でした。なのでこれで伸ばせるとは思いません。

15973619

阪大以下には漂うオーバーワーク臭 内容は最高

レビューをもっと見る
Icon default material
参考書名
2017センター試験 過去問レビュー 英語
著者
ページ
1103ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
Icon default material
参考書名
2017マーク式総合問題集 英語
著者
ページ
279ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
2970
参考書名
システム英単語 (駿台受験シリーズ)
著者
刀祢 雅彦, 霜 康司
ページ
375ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
16119033

長い例文より、実践的なフレーズで単語を覚えられるし、個人的には単語の類推力もつくのではと思いました。まだ使用途中ですが。

15358943

単語はこれやっときゃなんとかなる もうちょい専門的な単語やりたい人はこの次にリンガメタリカをオススメしたいです

16003586

そんなに高いわけじゃないから1回買ってみるのも良いと思う! シンプルだけど、それが見やすくて頑張ろうって思える!

レビューをもっと見る
9006832
参考書名
速読英単語 (1)必修編 [改訂第6版]
著者
風早寛
ページ
384ページ
出版社
Z会
Btn amazon
16054342

机に突っ伏して寝たい!そんな時には辞書を使いますよね!?それでも物足りなく感じる方はこの速読英単語 (1)必修編 がおすすめ!高さの微調節に使えます!! 睡眠学習最高かよ😘✨ ↓真面目にレビューします(^^; 毎日一個のペースで長文をよみ、単語を覚えてきたのですが、そのおかげで長文を読む力がつき、長文で点を落とすことがほぼなくなりました! とても素晴らしい教材です( ⁼̴̀꒳⁼̴́ )✧ ティッシュの次にアイシテマス!

16053395

これをやるのは、意外と遅くても大丈夫です。 秋になり、センターの得点が伸びない!!っていう時に大活躍します。 レベルは低め、読解系の参考者で出てきた、意味のわからない単語をノートにまとめておくと、相乗効果出ます。

9908969

本当に本当に素晴らしい。 出てくる単語のレベルはほんの少し低いものの、たいへん覚えやすく、網羅性もほぼ十分です。 狙われやすい重要な語法や連語、多義語の意味もしっかりと収録されているのも良いです。 そして何と言っても、文章がついているのが本当に素晴らしい。それも意欲を持って取り組める読んで楽しい文章が多いです。 英文は全部で70あって、これを10x7に分割し、1日15分程度かけて10個を音読して、1週間でサイクルを回していました。 すると3ヶ月ぐらいしてからマーク模試で8割(もとは6割弱)取れるようになり、それから2ヶ月後には9割取れるようになりました。本番では、英文法が苦手だったものの、それ以外は間違えることなく、196点をとることができました。 本当に最高の本だと思います。感謝しています。

レビューをもっと見る
2608
参考書名
DUO 3.0
著者
鈴木 陽一
ページ
432ページ
出版社
アイシーピー
Btn amazon
Icon default user

熟語覚えれるとこと、復習効率高いとこよい が、それは机上の話であり、かなり挫折率高いから気をつけて 高一からやっててまだ終わってないからさ。。。 頻度順のやつの方がオススメではある

14198090

別売りのCDが本当に優れ物。1時間で丁度1周できる短さなので、何回も聞き直して単語と表現を頭に染み込ませるように定着させることができます。 英作文の難しい大学を受ける人には特にお勧めしたいです

9285634

DUO 3.0はよく知られているように覚えるべき英単語・英熟語・構文等を一つの例文にできるだけ詰め込み、それでいて実用英語として通用する例文を暗記していく英単語帳である。 ところで君は英借文という言葉を知っているであろうか。 英作文として英文を「作る」のではなく、暗記している文書を「借りる」ことによって英作文の問題文に対処しようとするものだ。 もちろんこの類の参考書は多い。例えば竹岡広信氏の「ドラゴン・イングリッシュ」などがそれに当たるだろう。しかしその多くは英作文用であって英単語帳ではない。すなわち、英作文を本格的に始める段階以前に単語帳として単語を学び、かつ構文を頭に入れることのできる本はこれ以外にはないだろう。 ただしこの本はよく言われる様に程度が高く、センターレベル程度で充分である場合は姉妹書であるDUO セレクトを勧める。

レビューをもっと見る
2614
参考書名
速読英熟語
著者
岡田 賢三
ページ
317ページ
出版社
Z会出版
Btn amazon
16092115

女の人の声が高すぎてキンキンする。 その他はとても良いと思います。

11993866

英語が弱いからと英単語を通学時間にただ覚えるだけの無機質かつ退屈な朝をすごしているみなさん、ごきげんよう速読英熟語でございます。突然ですが長文には慣れというものが必要なのをご存知ですか?英単語が英語のすべてとおもっていませんか?この本を手にとってみる気にはなりませんか? はは、なにもこの本で偏差値が数十あがるだとかの無責任かつ机上的な事を語る気はございません。 しかしながら”英語”を英文、つまりは”文脈”として捉える、ささいなきっかけにはなることを保証いたしましょう。 そう、たかだか”きっかけ”です。 この”きっかけ”があなたの人生を大きく左右することなど、今のあなたは知る由もないでしょうが、

10204009

この本は熟語はもちろんのこと、単語、文法、などスクランブルやフォレストを圧縮した全てにおいて網羅できる教材となっております!しかも、長文が各パートごとに1個ずつ出され、日本語訳もついており、長文を読む練習もできます!!これほど優れた教材はございません!!この教材を使って志望校をもぎとりましょう!応援してます

レビューをもっと見る
6094
参考書名
英熟語formula 1000 (東進ブックス 大学受験FORMULAシリーズ)
著者
安河内 哲也
ページ
291ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
11996844

ターゲットの犬が嫌いな人にオススメ

レビューをもっと見る

リスニング問題

15366738

リスニングの配点と重要性

リスニングの配点は50点、筆記と合計した英語250点のうち2割を占めます。たかが2割、されど2割です。センター英語で8割超えを狙うには、リスニングで確実に得点することが大事。リスニングが易化傾向にある近年では、リスニングを取りこぼさないことの重要性はなおさら顕著です。リスニングでは8割、9割と言わず欲張って満点を狙っちゃってください。筆記試験での取りこぼしをカバーすることもできるので、リスニングでの高得点は必須です。

「英語耳」を鍛えるにはシャドーイングが効果的!?

「シャドーイング」という勉強法を聞いたことがありますか?英語の音声を聞いた瞬間、「その影のように」、後を追いかけて同じように発音を真似する、という学習法です。英語のリスニングを日本人が苦手とする理由は、単語同士の音のつながりや、ネイティブ特有の発音方法「リエゾン」が聞き分けられないからです。
ネイティブの発音になれるために、シャドーイングは非常に効果的なんです。正しい発音を体に染み込ませることで、「英語耳」も発達してきます。リスニング対策に、「シャドーイング」をぜひ試してみてください。

オススメの参考書・問題集

・参考書
『灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則』 『Duo3.0』

・問題集
『大学入試センター試験過去問レビュー英語』(いわゆる「黒本」)
『大学入試センター試験実戦問題集英語〈リスニング〉』

2897
参考書名
灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 (基礎編) (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
著者
木村 達哉
ページ
125ページ
出版社
アルク
Btn amazon
11005162

まるで外国人の声を聞いているのかのように感じられます

レビューをもっと見る
14626461
参考書名
大学入試センター試験実戦問題集英語(リスニング) 2017年 (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

センター英語を時間内に解き切るコツ

15366725

時間配分 どこにどれだけ時間を使える?

センター英語の解答時間は80分、大問が6つなので単純に考えると一問13分程度の時間を取れます。しかし、どの大問も同じ時間配分で解いていくのは効率がよろしくないです。大問1、2といった知識問題は手早く済ませましょう。長文問題に時間を取れるようにするべきです。長文問題は時間をかけて考えれば解けることが多いけど、知識問題は時間をかけたところで覚えていなければ答えが出るわけ無いからです。長文問題の中でも、最も文量が多い大問6に時間を割けるようにしましょう。大問5は読みやすく、難易度も低いことが多いので、長文問題の中では一番時間をかけないように意識しましょう。
以上のことから、時間配分の目安のオススメはこのようになります。

 大問1 3分
 大問2 10分
 大問3 12分
 大問4 15分
 大問5 13分
 大問6 22分
 見直し 5分

解く順番で解きやすさが段違い

大問1から6まで、その順序通りに解いていくのもいいですが、解く順番を変えるだけで解きやすさが全く変わってくる人も多くいます。試験開始直後、緊張で頭がまだうまく回らないだろうと思います。だから、まずは大問1から解いていくのがおすすめです。発音・アクセントなら思考することはほとんどなく、頭を使わずそれまでの知識と感覚で解いていけます。次に、落ち着きを取り戻してきたら筆記試験のボス、大問6にもう突入してしまいましょう。最強の敵を早めに倒しておくことで、余裕がでてきます。残りの問題も冷静に解けるようになりますよ。大問6が終わったら、残った長文問題を2つ、順番はどちらが先でもいいから片付けてしまいましょう。長文問題を後回しにして、試験時間最後の方に焦って解いて失点してしまうのはもったいないです。長文問題を制覇したら、大問3に移行します。大問2を最後に回す理由は、知識問題なので焦っていても解けるということと、配点のウェイトが低いということです。しかし大問1よりは、文章が出てくるために頭を使うので、試験のしょっぱなからは解きにいきません。
以上から、オススメの解答順はこうなります。

 大問1→大問6→大問4,5→大問3→大問2

最後に

難化傾向にあり、語数も増えてきている最近のセンター英語で8割〜9割を取るのは簡単ではありません。しかし残り1ヶ月でも、しっかりとした対策を練れば時間内に8割以上を確実に取れるようになります。センター本番まで時間がない中、発音やアクセントのルールを理解したり、音読を通して文法問題の違和感に気づけるようにしたり、些細なコツで詰め込まなければならない暗記量は大幅に減らすことができます。後は問題演習をとにかくこなして、センター特有の長文問題に「慣れていくこと」が肝心です。スピードと正確性を両方意識し、「速読速解」ができるように、今回紹介した問題集、参考書を使って勉強していきましょう!

この記事を書いた人
14720919
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.002。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

14641462

センター英語のリスニングで確実に8割を取る「レベル別」勉強法

14650399

【センター英語対策】3ヶ月で8割9割目指す勉強法&参考書・問題集

14634635

【センター英語対策】長文読解で満点を取れる2つのポイント

15455019

センター英語で9割取るために必要な3STEP勉強法と参考書

14623885

たった1つの英語勉強法! 音読&暗記でセンター4割を8割へ

15256767

【国公立】センター後の1ヶ月で英語の偏差値を60に上げる勉強法

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay