17942946

【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

はじめに

「教科書が難しくて読む気が起こらない」「そもそも暗記が苦手」といった人は多いでしょう。実際、世界史は暗記科目で取り掛かるのが面倒になりがちです。しかし逆に基礎を固めると一気に点数が上がる科目でもあります。
私も高2までは基礎的な知識が全く定着しておらず模試では全く点が取れませんでした。しかし、効率的に基礎を固めることですぐに点数はupしました。
今回は一からセンター試験、私大入試で8割取れる超おすすめの世界史勉強法を伝授していきたいとおもいます!是非参考にしてみてください!

科目の特徴

14641437

具体的な世界史の勉強法を述べる前にまず世界史とはどういう科目なのかについて考えてみましょう。

暗記科目であり、挫折してしまう人も多い

皆さんも知っての通り世界史は暗記科目です。暗記科目と聞くと拒絶反応を示してしまう人もいますよね。暗記するべき事柄も多くここまで覚えたら満点が取れるという明確なラインがありません。そのため闇雲に全部暗記しようとして途中で挫折してしまう人は結構多いのです。

ですが、英語や国語のような読解力も数学に必要な発想力も基本的には必要ありません。そのため、より多くの事柄を正確に暗記した人が高得点を取れるおいしい科目とも言えます。

流れが大切

世界史の勉強で大切なのはまず「大まかな流れを掴むこと」です。世界史の教科書はただ起こったこと出来事を羅列しているのではなく、前後の時代、もしくは周囲の地域と関連し重要であると思われている出来事を載せているのです。そのため流れを掴むことで個々の出来事がより深く理解できるでしょう。

大きな歴史の流れが木の幹、個々の出来事が枝葉といったイメージです。

通史と文化史がある

歴史には大きく分けて通史と文化史があります。
文化史は読んで字のごとく文化に関する歴史です。15世紀から16世紀にかけてのルネッサンスなんかが有名ですね。書物、絵画、音楽、宗教、発明品などがあります。
通史は文化史以外の歴史です。〇〇事件や〇〇帝など政治、社会に関する歴史がメインです。

センター試験でも私大入試でもこの2つは必ず出題されるので文化史もしっかりと対策することが重要です。文化史の勉強法は後ほど詳しくお伝えします。

世界史の勉強法

14641159

暗記量が莫大で面倒くさいというイメージが付きがちな世界史ですが効率的に覚えていく勉強法は存在します。しかし、「どう始めればいいのか分からない」「手始めに学校で使っている教科書を読んでみたけど言葉使いが難しくて読む気にならない」という人も多いかと思います。

そこでどのように効率的な勉強を進めていけばいいのかということを一つ一つ解説していきたいと思います。

まずは流れを掴む

先ほど、まず流れをつかむことの大切さをお伝えしました。流れをつかむためには、できるだけ「覚えるべき用語が少なめで口語調」の教材を選びましょう。最初に教科書や一問一答を使うと、使われている言葉が難しかったり、ただ用語を単発的に覚えることに終始してしまい、効率が悪くてつまらない勉強になってしまいます。

そこで用語が少なくて、流れに重点を置いている口語調の参考書を最初に使用することで、苦手意識を持つこと無く、世界史の大きな流れを理解することができます。今では、世界史の漫画なども多く出版されており、それらを利用するのもありだと思います。

読む際、はじめのうちは無理に用語を暗記しようとせず、読書感覚で読み進めていくと良いと思います。最低三回は読み返しましょう。読み終わった時に「18世紀から産業革命がはじまったんだな〜」ぐらいが分かっていると上出来です。

基本的な用語を覚える

大体の流れがわかったら次に基本的な用語を覚えていきましょう。基本的な用語とはセンター試験で出題されるレベルの用語です。使う教材は流れを掴むために使用した教材でも構いません。基本的な用語が一通り網羅されていれば、オッケーです。

この時に、大事なのは出来事の因果関係なども、まとめて覚えてしまうことです。より印象に残りやすくなります!
ここが一番の山ですが、頑張れば試験での大幅得点upが狙えるので頑張りましょう!

復習が大事

エビングハウスの忘却曲線によれば、人は二、三日すれば覚えたことの80%程は忘れてしまいます。それを100%に近付けるには復習が不可欠です。定期テストと違い入試では古代から現代まで満遍なく出題されます。一度、覚えたことがすぐに抜けると嫌ですよね。

翌日、1週間後など定期的に復習するよう心がけましょう。

困ったら用語集を見る

用語を覚える時にその用語の意味がよくわからない時、もしくはもっとその用語について知りたいときは、用語集を見ましょう。詳しすぎるため全部を覚える必要はないので、辞書のように必要なときにすぐ調べられるようにしておきましょう。私は電子辞書に用語集が入っていたので気になった時は、よく調べたりしていました。

手や口を動かして暗記する

暗記のコツとして、手や口をフルに動かすことがあります。これは実際の入試がマーク式であっても同様です。ただながめているだけでは理解できたとしても、知識は定着しにくいです。

私はいらなくなった裏紙を手元において覚えるべき用語などを書き殴っていました。発音しながら書くとさらに効果的です。ぜひ実践してみてください。

記憶のフックを意識する

これは私が高2のときに先生から教えていただいたことなのですが、印象的な出来事に関連する事柄は記憶に残りやすいです。先に頭に入れた流れと個々の出来事を結びつけていくイメージで勉強しましょう。一つの出来事の年号、因果関係、時代背景などもまとめて覚えていくとより効率的に暗記できるでしょう。

重要な年号は覚える

流れをつかむための一つの方法として年号を覚えることは効果的です。最低でも何世紀に起こったことなのかは言えるようにしておきましょう。また入試で年号問題が出題されることは多いため、その対策に悩んでいる人も多いと思います。手が届きにくいところですが、ここはしっかりと対策する必要があります。

私は年号がまとめてある参考書を一つ購入して覚えていました。年号を覚えるのは退屈で面倒くさい作業なので、語呂合わせを使って覚えるのはお薦めです。

文化史の勉強法

文化史はセンター試験でも私大入試でも出題されるのですが、何かと後回しにされがちです。ただテストでの配分は低めで独立性も高い分野であるので直前にまとめて暗記してしまうというのもありです。

どちらにしろ、学校の教材でも自分で購入した参考書でもいいので一つのものを徹底的にやり込みましょう。文化史に限っては教材による違いは、ほとんどありません。

資料集で地図を見る

世界史では視覚的に学習することがとても大事です。世界地図を完璧に覚えている人はほとんどいないでしょう。しかし、ある出来事がどこで起きているのかが分からないとイメージが湧きにくく勉強の効率も下がってしまいます。

また、地図問題はセンター試験や私大入試では必ず出題されるためその対策としても重要です。逐一、学校で配布された資料集などで地図を確認する癖を付けましょう。

一問一答で知識を定着

基本的な用語が一通り覚えられたと感じたら次は一問一答に取り掛かりましょう。一問一答とは簡単に言うとある用語の説明文を読んでその用語を答えるというものです。これは用語の確認として最後に使うのがベターで、具体的な使用時期は高3の夏以降でもOKです。これも最低三周はしましょう。

また一問一答は、種類がいくつかあって出版社によって難易度もバラバラです。そのため、自分にあったレベルのものを選ぶことはとても大事です。
この紹介は最後の章でします。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

センター世界史対策法

14641173

受験生の多くが直面するのがセンター試験です。ここでは、センター世界史で8割を確実に取る勉強法についてお伝えしていきたいと思います。しっかりと実践すれば9割も十分狙えるでしょう!

試験の概要

センター世界史の試験時間は60分で100点満点となっています。

例年、大問が4つあり、それぞれ9問ずつあるため、全部で36問構成です。
問題は正誤問題(文化史を含む)が大半を占め、他に年代配列問題、地図問題、写真問題がそれぞれ1,2問ずつ出題されています。制限時間は60分ですが本番では30分前後で終える人が多く、じっくりと見直しする時間も残っています。そのため、時間の心配はあまり必要ないでしょう。

では具体的な対策法をお伝えします。しっかりとこなせば8割は十分に狙えます!頑張りましょう!

正誤問題は消去法で解く

センター試験で出題されるのは正誤問題がほとんどです。正攻法は「消去法」です。いわゆる、一本釣りは出来るだけ使わないようにしましょう。これは、思い込みによる間違いに気付きにくいからです。

正解だと思う選択肢派が目に入っても、残りの選択肢がなぜ間違っているのかを必ず考えるようにしましょう。そうすることで、一本釣りで起こりがちな思い込みによる間違いを”格段”に減らすことが出来ます。試験時間は余裕があるので全ての選択肢を吟味しても見直しの時間は十分に確保できます。特に模試や過去問を解く際は、間違いの選択肢まで考えることでより多くの問題練習が出来ますし、知識のインプットにもつながるので有効です。

年号配列問題の解き方

センター試験の年号配列問題は正確な年号を問われているのではなく、複数の出来事を時代順に並べ替えることが出来るかどうかが問われています。もちろん、年号を正確に覚えている人は即答することができます。しかし、このタイプの問題は正確な年号を覚えていなくても正答することは可能です。出来事の因果関係や時代背景を考えれば、順序を推測することが出来ます。

実際、私もこの方法で正確な年号は覚えていなくても本番では正答することができました。普段から因果関係を掴む勉強をしましょう。時間がある場合には年号用の問題集を買って対策しても良いでしょう。

地図問題の解き方

地図問題は日頃からどれくらい地図を見る習慣が付いているかにかかっています。覚えていなければ、正答するのは難しいでしょう。しかし、2017年度の本試験を見てみると、ヴェネツィア、アムステルダムや大運河といった基本的な問題が多いため、日頃から地図を見る人にとっては、とても易しいと言えます。

地図を見る習慣をつけ、過去問にしっかりと取り組むことでここは満点を狙いましょう。

過去問や模試は出来るだけ多くやる

「センター試験の過去問は何年分やればいいの?」といった疑問を持つ人は多いと思います。私の答えは「ある分は全部やる」です。追試を含めて過去に出題された問題が再度、出題されることは頻繁にあります。それだけでなく、過去問を解くことで選択肢の引っ掛けパターンが分かってきて、問題文を見たときに目の付けどころが分かるようになります。そのため、過去問を多く解くことは非常に大事です。

私は本試験を20年分と追試験を数年分解きました。間違えたところには印をつけて何度か復習しました。過去問を解き切ったと感じたら各予備校から出版されている予想問題集もやりましょう。ですがこれは必ずしもやる必要はありません。

おすすめ参考書一覧

14641169

ここでは、おすすめの世界史の参考書、問題集をご紹介していきたいとおもいます。以下の物を使用すれば独学でもセンター8割は取れます!

ナビゲーター世界史

ナビゲーター世界史は山川出版から出されている講義形式の参考書です。語り口調で一から詳しく説明してくれているので世界史の全体像をつかむのに適しています。流れをつかむのには持ってこいですね。そのため、初学者、独学向けです。もちろん基礎をやり直したい人にもおすすめです。

一方で教科書の内容を噛み砕いて書かれているので全部で4冊もあります。そのため、夏までには読み切るのが理想です。自分の苦手な時代だけ利用するのも良いでしょう。

14722553
参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 1 先史~中世ヨーロッパ史の徹底理解
著者
鈴木 敏彦
ページ
236ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon

荒巻の新世界史見取り図

この本は三冊構成です。筆者の考えが色濃く反映されていて読書感覚で読み進められます。こちらも用語をできる限り絞って流れを理解するために書かれたものです。私も使っていましたが時代ごとの特徴なんかも書いているため、流れを理解するにはおすすめです。

8561
参考書名
荒巻の新世界史の見取り図 上巻―大学受験 (東進ブックス 名人の授業)
著者
荒巻 豊志
ページ
396ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
18198680?w=80

学校の先生が分かりにくいので家でこれ使って補強してます。学校の数倍わかりやすく、歴史背景も記憶に残りやすいです。

レビューをもっと見る

スピードマスター世界史問題集

この参考書はとにかく薄さが売りです。びっくりするくらい薄いです。その薄さでセンター試験レベルの用語をほぼ完璧に網羅しているので驚きです。基本用語を覚えるのに特化していて章ごとに穴埋め問題が付いています。

欠点として薄い分、流れを無視しているので、あくまで早く通史を一周したいときや模試前、入試前の知識確認に使用しましょう。

9200837
参考書名
スピードマスター世界史問題集
著者
ページ
123ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
17677839?w=80

まだ使い始めて間もないですが、わからなかった単語もたくさん出てきて今までなにをやっていたんだーってなりました。早くやっとけばよかった(/ _ ; )とにかく流れがつかめます!どんな参考書でも文字がつらつら並んであって世界史は苦手な私でしたが好きになりました。もっと知りたいって興味を持ったところをネットや教科書で調べて行くうちに定着してきてる気がします。

12305787?w=80

12月に入っても中々点数の上がらない世界史。センターの過去問も50〜60をウロウロ…。世界史は範囲は紀元前から現代まで、あぁ、広くて広くてとても終わらない!復習追いつかない!!!と嘆いていた時、友達がこの問題集を学校に持ってきていて、本屋で何度かみたことはあったので「それどう?」と聞いて見ると「割といいよ、1日に2章やれば半月で終わるし」と言われて納得、私も買いました。私は1日2章じゃ足りないと思い1日3章やり、2週目は1日5章やり、センター当日までに(文化史を除いて)3周しました。一問一答よりも流れを掴みやすく、点で覚えてた世界史を線で理解できた気がします。センターが終わってからも文化史を含めてもう1周しました。中々いいですよ。 山川の教科書と一緒に使えば理解力アップ間違いなしです🙆💕書き込みするのはお勧めしません(書き込み式ですが) ちなみにセンター当日は7.5割を超えました✌️

レビューをもっと見る

【資料集】タペストリー

タペストリーは資料集です。資料集は学校で配られたものを使うのでいいですが、私はこれを使っていたのでおすすめします。これのいいところは何と言っても網羅性です。これを全部覚えられたら敵無しですが、実際は不可能なので適宜これを参照しつつ勉強を進めていきましょう。

Icon default material
参考書名
最新世界史図説 タペストリー
著者
ページ
396ページ
出版社
株式会社 帝国書院
Btn amazon

世界史b一問一答

東進から出版されている一問一答は山川のものよりも量が多く網羅性に優れています。センターレベルを超えた用語が多く含まれているため、特に私大や国公立の二次試験で世界史を使う人にはおすすめです。ただ、それぞれの用語が星マークでレベル分けされているので個人の目標に合わせて使うことができ、全受験生におすすめできます。

1564680
参考書名
世界史B一問一答 完全版 2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
斎藤 整
ページ
493ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
15253653?w=80

程よい厚み、持っていると落ち着きます。 中身にも工夫が凝らされていて、問題の間に散りばめられた小気味よい豆知識の数々が世界史に対する興味関心を引き立て、どうしても無味乾燥としてしまう一問一答の弱点をうまく消しているように感じます。 「すべてはここから出る!」そう謳いたくなる気持ちもわかるような東進屈指の1冊だと思います!オススメ!

13886421?w=80

かなり良いと思います。 ただ、センターだけしか世界史Bを使わないという方は☆3を網羅出来ればある程度センターは取れると思います。 かなり深いところまで掲載されているので、これ一冊まるまる覚えられればかなりの高得点は期待できると思います。

16501755?w=80

小生は東進に通っていて、著者 斉藤整先生の講義を受講していた宅浪の身分。 さておき、この一問一答は他社の一問一答より深く、また豆知識を挟んでくる事で覚えやすくなっておる。 しかし、難易度としては非常に高い。センターレベル、大東亜帝国、日東駒専を受けられる方は、教科書など簡単な教材を使った方が効率が良い。 上智、慶應や早稲田の世界史用語集を超えた問題はこの一冊あれば大体は対処できる。MARCHは数問ある絶対誰にも解けない教授の趣味問題にも立ち向かえることが出来る。控えめに言って最高の一冊だ。 また、著者の斉藤整大先生のお顔や、お声が浮かんでくる麻薬のような一冊。是非手に取って合格を掴み取り斉藤大先生に報告しよう。

レビューをもっと見る

教科書

初学者には取っ付きにくいですが、教科書は使い方次第で素晴らしい参考書となります。山川、東京書籍、帝国書院などが有名ですがおすすめは帝国書院です。他の二冊よりも薄くて読みやすく因果関係や流れに重点を置いています。書店などでは取り扱っていない場合が多いので学校の先生などに頼んで貸してもらいましょう。

7504519
参考書名
文部科学省 46 帝国 世B-303 : 新詳世界史B
著者
川北稔 ほか9名
ページ
0ページ
出版社
帝国書院
Btn amazon

元祖世界史の年代暗記法

これは年号を暗記するためのものです。重要な年号がしっかりと網羅されていて覚えやすい語呂合わせが付いています。もちろん、語呂合わせが苦手な人も使用できるレイアウトになっています。一冊、年号用の問題集を持っていると安心ですね。

301871
参考書名
元祖世界史の年代暗記法 新装三訂版 (大学JUKEN新書)
著者
小豆畑 和之
ページ
224ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
18181337?w=80

これやらずして上智なし くらい大事です年号覚えれば上智だけでなくセンター瞬殺の問題とか出てきますので絶対やってください(威圧) 世界史は横の流れ大事ですからぁあああ

13075551?w=80

年代暗記をそろそろ買いたいと思って この教材の評価を見ようとしたそこのあなた! 正解のようだ… 年代というのはただやみくもに 全部を覚えればいいわけではない。 あくまで流れを掴みその上、忘れないことだ この本では右側に復習用に綺麗にその流れが まとめられ、怪しい条約の順番などはまとめてゴロに… What a great book!!

12370025?w=80

これは全ての人にオススメできる良書です!! どの語呂も口ずさみながらスキマ時間とかで覚えられます。 大切なのは何回もやることだと思います。 ゴロだけじゃなくて横に詳しく説明がされてあったりという点もオススメです。 一度手にとって、見たらわかると思います。

レビューをもっと見る

みるみる論述力がつく世界史

こちらは山川から出版されている論述対策用の問題集です。独学でも十分に記述問題に対応できるようになります。
まずは自分の力で書き、その後解説や解答を熟読すると良いでしょう。論述用の問題集は一冊でいいのでしっかりとやり込むことが大事です。

18130691
参考書名
みるみる論述力がつく世界史
著者
ページ
200ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon

最後に

14641462

これまで世界史の効率的な勉強法についてご紹介してきました。とにかく、流れを意識して勉強しましょう。これが一番大事なことです。もちろん試験では用語が問われます。しかし、用語だけを覚えようとすれば時間もかかり、行き詰まってしまいます。
世界史のタテ、ヨコのつながりに目を向けるだけで効率的に暗記でき、勉強が楽しくなるでしょう。
ぜひ、この勉強法を実践して合格を勝ち取りましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
17781791
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

14636371?w=120

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

18053865?w=120

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

15452608?w=120

【世界史 参考書】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

14620373?w=120

【世界史勉強法】世界史の人物・年号を確実に覚えられる暗記術

15376724?w=120

世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

15911230?w=120

【世界史】世界史B一問一答 完全版の使い方と特徴

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay