17793841

【センター英語】短時間で8割を達成する!超効率的勉強法と解答のコツ

はじめに

国公立大学合格に向けてセンター前最後の追い込みをかけているあなた。
「受験間近なのにセンター英語8割を達成できない…」と悩んでいませんか?

センター英語は問題数が多く、いかに早く問題を処理できるかが重要な鍵となってきます。なかでもセンター英語特有の発音・アクセント問題や全体の7割以上を占める長文問題は受験生の多くが苦戦する分野です。

私もはじめは全く解き終えることができず、得点も伸び悩んでいました。
しかし、様々な人の解き方を聞いて試行錯誤を重ねるうちにコツを身につけ、解答時間を短縮し、過去問を上手く活用したことで、その後の河合塾のマーク模試では常に得点率85%以上を達成することができるようになったのです。

そこで本記事では、東大に現役合格した私が実際に行っていた、
「短期間でセンター英語8割を達成する分野別勉強法と過去問の活用法」
を紹介します。

本記事を読めばセンター8割を達成するのも夢じゃない!英語を得点源に志望校合格を手にしましょう!

センター英語8割を達成できない…その理由は?

17793611

センター英語で8割を達成できないと悩んでいる人って結構多いのではないでしょうか。その原因って一体どこにあるんでしょう?

時間配分と解く順序が決まっていない

まずはじめに、あなたはいつも同じ順序、同じ時間配分でセンター英語を解いていますか?

試験本番でもっとも重要になってくるのはいかに普段通りに解答できるか、ということです。
その普段通りを形作るもの、それが「時間配分」と「解答順」なのです。

時間と順序を意識しないで解くと、一つの大問に時間をかけすぎて解き終わらなかったり、残りの大問数を把握できずに焦ってしまったりと様々な弊害が出てきます。
自分にあった時間配分と解答順をなるべく早く見つけて、自分の「普段通り」をつくり上げましょう。

センター英語のポイントをおさえられていない

80分で約55問。センター英語は何より時間が勝負です。やみくもに解答すると時間内に解き終えることができません。
そこで重要になるのがどこにポイントを置くかということです。

例えば、配点に注目してみると、センター英語は後半になるにつれてどんどん配点が高くなっていきます。つまり、全体の点数を考えたとき最も力をいれるべきは後半の長文問題なのです。
また、長文ひとつをとってみても設問で問われている部分と問われていない部分では重要度が違います。
重要な部分にポイントをおき注意深く読み取る、そういう姿勢が大切なのです。

このように、センター英語にはおさえるべきポイントがいくつか存在します。ポイントをうまくおさえ効率的に点数アップをはかりましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

分野別!センター英語で8割を達成するおすすめの勉強法

17793614

それでは具体的な勉強法をみていきます。分野ごとにしっかりと対策をし、センター8割を達成しましょう!

発音・アクセントは適度に対策

第一問で問われる発音とアクセントは、センター英語以外で問われることがほとんどなく、対策がおろそかにされがちな分野です。
適切な対策で周囲に差をつけましょう。

単語の意味と一緒に覚えよう

発音やアクセントを覚える上でもっとも効率的なのは、単語の意味を覚えるときに一緒に覚えてしまうという方法です。英単語を覚えるときには発音記号に着目し、声に出して読んでみましょう。単語の意味も覚えやすくなりますし、発音も覚えられるので一石二鳥です!

よく問われる単語を覚えよう

センター試験間近で単語を覚える段階ではない、そんなあなたにはよく問われる単語の発音をひたすら覚えていくという方法があります。

毎年異なる問題が出題されるとはいえ、受験生が間違えやすい発音というのは形を変え何度も問われる傾向にあります。
問題集や過去問の第一問を何度も解き、問われやすい発音・アクセントは確実におさえましょう。

地道に積み重ねれば、正答率も着実にアップしていくはずです。

ときにはあきらめることも重要

ここまで発音・アクセントの勉強法についてご紹介してきましたが、対策にかける時間には注意が必要です。

英単語は無数に存在するので、どれだけ対策したところで常に100%の正答率を維持するというのは非常に困難です。
この分野に時間をかけるよりは長文問題で確実に点数を取れるようにするほうが手っ取り早く、また確実です。

試験本番においても分からないからといって深く考え込む必要はありません。知らないものは知らないと割り切って次の問題に進みましょう。

ときには適度なあきらめも必要となるものです。

発音・アクセントのまとめ
・まずは単語の意味と一緒に覚える
・時間がなければよく問われる単語を優先
・適度なあきらめも大事

文法は量をこなそう

17793619

発音・アクセントに続き第二問で問われる文法・語法問題は、人によって得手不得手が分かれ、差がつく分野の一つです。
センター英語で問われるのはごく基本的な文法事項ばかりなので量をこなし安定した得点を目指しましょう。

センター英語の頻出文法をおさえよう

発音・アクセントと同様、文法にもよく問われる問題というものが存在します。
ただ発音・アクセントと異なるのはその分野が非常に多岐にわたるという点です。イディオムや構文、前置詞に時制…。上げていくときりがないほどです。
まずは、それぞれの分野の頻出文法をおさえましょう。授業で取り扱ってきたような主要な文法事項がおさえられていればひとまず大丈夫です。

やさしい問題集や過去問で知識を定着!

頻出の文法事項を一通りおさえたら、問題集を一冊決め、ひたすら問題を解きましょう。

ここで重要なのは
「複数の問題集に手を出さない」
ということです。

どの問題集も人によっての向き不向きはあるにしても、内容にそれほど差はないはずです。同じような参考書を二冊やったところで、内容に被りもありますし、やる量が2倍になるだけで効果はそれほど変わりません。
それなら一冊の問題集を完璧にしたほうがよっぽど効率的です。
また、慣れてきたら過去問も活用してみましょう。問われやすいポイントが分かってきます。

試験間近のあなたはテンポよく繰り返し問題集や過去問に取り組みましょう。
スピーディに解くことでより多くの問題に触れることができますし、試験本番で時間をかけずに文法問題を解く良い練習にもなります。

長文で文法に注目

もう少し余裕のあるあなたは、長文を読むときにも文法に目を配ってみましょう。

選択問題を解く中で覚えていくのは確かに効率的ではありますが、消去法に頼りやすくなるという弱点もあります。
正解してしまえば結果は同じなのですが、1つの正答を選ぶのと3つの誤答を消すのとではかかる時間も解答にともなう自信も異なってきます。

実際の文章の中で、覚えた文法事項を確認していくことで正しい使い方に慣れ、一つの正答を選びやすくなります。消去法で決めるより、素早く自信をもって解答することができるようになりますよ。

文法のまとめ
・頻出文法をおさえる
・やさしい問題集を繰り返し解いて知識を定着
・余力があれば長文で文法に注目してみる

長文読解はポイントをおさえよう

17793615

先ほど述べたように配点からもわかる通り、センター英語において最も重要なのは長文問題の攻略です。効率的な解き方を実践し高得点を目指しましょう。

センター英語の長文は設問から読む

実際にセンター英語の長文問題に取り掛かるときには、まずすべての設問に目を通しましょう。

というのも、長文は確かに語数は多いですが、その全てが得点に絡んでくるわけではないからです。必要なのは設問で問われる箇所であって、その他の部分はそのつなぎに過ぎません。

一読してすべての内容を暗記できれば何の問題もないのですが、なかなかそうはいきませんよね。
設問を読んでからもう一度文章を読み直すくらいなら、最初から知っておくべき内容を確認してから文章を読んだほうが断然効率的だと思いませんか?

また、設問から目を通すのにはもう一つメリットがあります。
それは
「設問に含まれるキーワードや問われる内容によって文章の内容を推測しやすくなる」
ということです。

どんな内容か全くわからない文章よりも、ある程度内容のわかる文章のほうが頭に入りやすく、読むスピードもアップします。

分からなければ読み飛ばす!

どれだけ単語や構文を覚えても理解できない文章に出会ってしまうことはあります。
試験本番の緊張状態にあればなおさらです。

そんなときは深く考え込まずに読み飛ばしましょう。数カ所意味がわからなかったところで解答ができないということはありません。
重要なのは設問で問われている箇所なのですからその部分は必死に読み取り、それ以外はわかるところだけを拾って大体の意味を把握できれば十分です。

強弱のある文章の読み方を心がけることで時間の無駄を省くことができますよ。

あとは過去問で慣れるのみ

これまで紹介したような長文読解のポイントをおさえたら、過去問を繰り返し解きましょう。長文攻略のコツは何よりセンター英語独特の問題形式に慣れることです。ポイントをおさえた読み方を身につけ、スピーディーに解く練習を重ねましょう。

長文読解のまとめ
・設問から読む
・わからないところは飛ばし読み!
・過去問で慣れる

センター英語対策におすすめの参考書・問題集

参考書や問題集には人によって向き不向きがあるので、色々な参考書・問題集を見てあなたにあったものを見つけましょう。

ちなみに私がセンター英語対策に使っていたのは『英文法・語法問題 GRAMMARMASTER』という問題集です。
実際にセンター試験や私大入試で出題された問題が豊富に載っていてかなり多くの問題に触れることができます。
この1冊を繰り返し解くことでセンター試験レベルの文法問題はある程度網羅できると思いますよ!

893432
参考書名
英文法・語法問題 GRAMMARMASTER [グラマスター]改訂版
著者
風早寛
ページ
541ページ
出版社
Z会
Btn amazon
14700328?w=80

なぜかヤル気が出なくなる(笑) ネクステの方が見やすいし、自分にはあっていました(・∀・)

10195772?w=80

解説が丁寧だと思ふ 僕の英文法の基礎はこれがベースだゾ

レビューをもっと見る

私はセンター試験対策にはこの一冊しか使用していませんでしたが、他にもさまざまな分野の参考書・問題集があります。
以下の記事でレベル別にたくさんの参考書が紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください!

センター英語で9割取る人の時間配分や過去問を使った勉強法を公開!

どう使えばいい?過去問の効果的な活用法

17793616

センター英語を攻略する上で欠かせないのが過去問の活用です。ここでは2つの活用法を紹介します。

過去問を大問別に解く

まずは過去問を大問別に解いてみましょう。

センター英語には6つの大問がありますが、どの大問にも特徴があるので、まずはその形式に慣れていくことが重要です。
毎年同じような形式で出題されているので、何年分か過去問を解いてそれぞれの形式に慣れましょう。

苦手な大問はどこで間違えたのか原因をつきつめながら繰り返し解くことで苦手を克服していきましょう。
特に、試験本番まであまり時間がない人は苦手分野のみ過去問に取り組んだほうが効果的かもしれません。

すこし慣れてきたら大問ごとに時間を測って解きましょう。
それぞれの大問を目標時間内に解けるようにしておくと後で通して解くときに余裕が生まれます。

過去問を1年分ずつ解く

ほとんどの大問が目標時間内に解けるようになったら、過去問を1年分解いてみましょう。大問ごとに解くより集中力も体力もずっと必要になるはずです。

80分というとそこまで長く感じないかもしれませんが、その間ずっと集中し続けるのは想像以上に大変です。
それでもセンター英語は解けば解くほど慣れていくものなので根気よく繰り返しましょう。

はじめに触れたとおり、この際重要なのは自分の時間配分と解答順を決めておくことです。本番さながらの練習をつづけることで、試験当日に普段通りを実現できるようにしましょう。

過去問活用のまとめ
・大問別に解いて形式に慣れる&苦手を克服する
・1年分ずつ解いて試験本番にそなえる

最後に

17873128

ここまでセンター英語で8割を達成できない原因とセンター英語8割を達成するためのおすすめの勉強法・解き方のコツを紹介してきました。

センター英語は時間的制約が厳しいうえ、独特の問題形式をとっているので、慣れるまでは苦労しますが、上手くコツがつかめればみるみる得点が伸びる試験でもあります。

私が紹介したようなポイントを上手くおさえた勉強法を実践し、過去問をうまく活用してセンター英語8割達成を目指しましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
17621409
現役で東京大学 文科Ⅱ類に合格しました。文系学部ですが数学が得意なので、数学や国公立対策の記事を中心に執筆しています。 マヨネーズが苦手なのですが、克服しようと日々努力しています!

関連するカテゴリの人気記事

14650399?w=120

【センター英語対策】3ヶ月で8割9割目指す勉強法&参考書・問題集

15455019?w=120

センター英語で9割取る人の時間配分や過去問を使った勉強法を公開!

15350275?w=120

【センター英語】時間配分と解答順を直して満点を取ろう!

14650514?w=120

センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

14634635?w=120

【センター英語】英語の長文読解で満点を取れる2つのポイント

15082833?w=120

【センター英語文法】誰でも満点を取れるコツとおすすめ参考書

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay