16917239

英熟語のコツはイメージ?!本当におすすめな「イメージ暗記法」

はじめに

膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・
どうしても熟語は後回しになってしまいますよね・・・

できれば熟語は楽に覚えたい!
誰もが願うことだと思います。

私もそんな英熟語がなかなか覚えられずに後回しにしてしまう受験生の一人でした。
しかし「ある勉強法」をやってみた途端、英熟語がスラスラと覚えられるようになったのです。

その勉強法とは「イメージ暗記法」なのです。

この記事ではみなさんができるだけ楽に、効率よく、熟語を覚えられるためのコツである「イメージ暗記法」を紹介していこうと思います。

英熟語のNG勉強法とおすすめ勉強法

16917247

まずここでは多くの人がやりがちな英熟語のNG勉強法を紹介して、それに対する私のおすすめの勉強法もあわせて紹介します。

目で見るだけで覚えようとしてない?「聞いて発音」勉強法!

まず一つ目のNG勉強法は「目で見るだけで覚えようとすること」です。英単語と同じく英熟語も目で見るだけではなかなか覚えられないものです。

そこで私がおすすめしたいのは「聞いて発音する」勉強法です。この勉強法はよく聞くけれど、あまり実践できていない。。。という人が多いのではないでしょうか?目で見るのに加えて耳で聞くと圧倒的に記憶は定着します。音楽なんかも歌詞カードを見ながら聴いたら歌詞なんてすぐ覚えちゃいますよね。
なのでこの勉強法はぜひ試してほしいのです。CD付きの熟語帳ならこれを活用しない手はありません。もしCDがなければ声に出す。これだけで英熟語の勉強はグッと効率的になると思います。

意味だけを丸暗記してない?「イメージ暗記」勉強法!

二つ目のNG勉強法は「英熟語の意味だけを丸暗記すること」です。丸暗記してしまうと、ど忘れした時に思い出せなかったり、応用が効かなくなります。

意味だけじゃ足りない?そしたらあと何を覚えれば良いんだ!と思いますよね。英熟語の勉強において意味とあわせて覚えてほしいもの、それは「イメージ」なのです。英熟語の勉強法において「イメージ」で暗記することはとっても重要です!私も途中からそれを知り、それからはかなりスムーズに英熟語を覚えることができました。「英熟語のイメージ暗記法」については次の項目でお話ししたいと思います。

インプットばっかりしてない?「同時にアウトプット」勉強法!

三つ目のNG勉強法は「インプットばかりして満足すること」です。いくらたくさんインプットしたつもりでも、自分が思っている以上に記憶は日に日に薄れていきます。

そこでおすすめしたいのは「インプットと同時にアウトプットをする」勉強法です。覚える熟語に一通り目を通したらどんどんアウトプットしていきましょう。英単語帳と同じく英熟語帳にも赤文字で意味が書かれていて、赤シートでそれが消えるようになっていると思います。それを活用しない手はありません!ずっとインプットしているのでなく、どんどんアウトプットをしてテンポよく勉強していきましょう。そっちのほうが効率もいいですよ。

毎日少ない熟語数を完璧にしようとしてない?「たくさんの熟語に触れる」勉強法!

四つ目のNG勉強法は「毎日少ない熟語数しか覚えないこと」です。さっきも言ったように、インプットしたつもりでも記憶は日に日に薄れていくものです。少しずつ進めていってやっと熟語帳を一周した!と思ったら、前半の方はほぼ忘れていた・・・なんてことがよくあるのです。

おすすめするのは「毎日多くの熟語をこなす」勉強法です。毎日多くの熟語をこなすことによって、その熟語帳を一周する期間が短くなり、記憶がなくなってしまう前に何度も反復して記憶を塗り直すことができるのです!英熟語だけでなく、暗記科目全般に言えることなのですが、効率よく暗記するコツは「忘れる前に記憶を塗り直すこと」なのです!

なので私だったら1000語収録されている熟語帳だったら
1日目:1~100
2日目:1~200
3日目:100~300
4日目:200~400
5日目:300~500
6日目:400~600
7日目:500~700
8日目:600~800
9日目:700~900
10日目:800~1000
11日目:900~1000,1~100
….

このように毎日範囲をかぶせて復習していきます。こうすれば3日連続で1~100をやることになるので3日目にはかなり覚えてきていることが実感できると思います。そしてこのペースだとまた一週間後に1~100がきますよね。
このようになるべく毎日新しい熟語を覚えるのと同時に復習できると良いと思います。

毎日300熟語も覚えられないよ〜と思いますよね。もちろんこれ一周で1000熟語覚えられるはずがありません。なので完璧にしようと思わなくていいので毎日たくさんの熟語に触れて、何周も反復することを意識してください!時間を決めてその時間内は自分で決めた範囲をひたすらぐるぐる何周もしましょう。

イメージ暗記法のすすめ

16917258

先に言ったように、私が英熟語でおすすめしたいのは「イメージ暗記法」なのです。「イメージ暗記法」をおすすめする理由は大きく分けて2つあります。

①丸暗記より覚えやすい

まず一つ目は意味を丸暗記するよりも覚えやすい、ということです。イメージで覚えることで頭に入りやすく、ど忘れする心配もありません。

②区別をつけることができる

二つ目は、似たような英熟語と区別をつけることができる、ということです。英熟語は英単語と前置詞の組み合わせなので、どうしても似たようなものが出てきます。それを丸暗記しようとすると、混乱してしまいますよね。そんな時に動詞ごと、前置詞ごとにイメージで覚えていけば、きちんと区別をつけることができるのです。そしてそのようなイメージを持つことで、似たような英熟語にどんどん応用していくこともできるのです!

それではここから「イメージ暗記法」の紹介をしていこうと思います。

例1:catch up withとkeep up with

まずこの例文を見てください。どちらが入るでしょうか。
・I finally (  )the leading pack.
①catch up with
②keep up with

①②の違いは動詞が「catch」か「keep」か、だけなので混同しがちな英熟語です。
そこで私が実際にやっていた「イメージ暗記法」で①、②を解説していきます。

①catch up with
「catch up with」は「追いつく」の中でも「手を伸ばして伸ばしてようやく追いつく」というイメージです。高いところにあるものをジャンプ(up)して「catch」する、みたいなイメージです。私のなかでこの熟語はフレンドパークの「ウォールクラッシュ」のイメージが強いです。気になる方は検索してみてください✋なので日本語でもそのまま「追いつく」と訳しましょう。

②keep up with
それに対して、「keep up with」は「追いつく」の中でも「遅れないで、ついていく」というイメージです。もともと追いついた状態で、それをキープする、例えば、マラソンの先頭集団(up)から遅れないで「keep」する、みたいなイメージです。なので日本語では「ついていく」などと訳したほうがいいですね。

それではこのイメージを基に先の例文をもう一度見てみましょう。
・I finally (  )the leading pack.

この例文のポイントは「finally(ついに)」です。“ついに、やっと追いついた”というニュアンスが含まれている「追いつく」が入ることがわかりますよね。そうなると答えは「手を伸ばしてようやく追いつく」イメージの「①catch up with」であることがわかります。
・I finally caught up with the leading pack.(私はついに先頭集団に追いついた)

②keep up with の例文も紹介します。
・I tried to keep up with him.(私は彼に遅れずついていった)
このようになるのです。

繰り返しになりますがこのようにイメージで暗記することで

・丸暗記するより覚えやすい
・ど忘れすることがない
・似たような英熟語の区別がつく
・類似の英熟語に応用がきく

のようなメリットがあるのです!


他にも紛らわしい英熟語を「イメージ暗記法」で紹介していきたいと思います。これはあくまで私の中での「イメージ」なので、みなさんもオリジナルのものを考えてみてくださいね。オリジナルのイメージを考えることで自然と頭に入っていたりするものです。こじつけでも自分さえわかればいいのです!どんどん自分の世界を広げていきましょう🌏

例2:result inとresult from

さて、次の例文です。

・The plan (  ) success.
・The success (  )the effort.
③result in
④result from

さてそれぞれの(  )にはどちらが入るでしょうか?③と④を「イメージ暗記法」で解説していこうと思います。ここでは③も④も「result(結果になる)」という動詞は同じで、後に続く前置詞が「in」か「from」かという違いがあります。なので区別をつけるポイントは「in」と「from」のイメージなのです!

③result in
まず「result in」は主語(S)が「ある結果」に入って(in)落ち着く、のようなイメージがあります。「in」は「〜の中」のようなイメージが強いです。例えばin Japanなど。形としては「主語(S)result in 結果」となり、日本語では「〜という結果になる」という訳になるのです。主語(S)から結果に矢印が向かっているイメージです。

④result from
対して「result from」は主語(S)の「原因」がどこかからやってくる(from)、のようなイメージがあります。「from」は「〜から来る」のようなイメージが強いです。例えばfrom Japanなど。形としては「主語(S)result from 結果」となり、日本語では「〜から生じる」という訳になるのです。原因から主語(S)に矢印が向かっているイメージです。

16962420

それではこのイメージをもとに先の例文を見てみましょう。

・The plan (  )failure.
この例文は〈その計画→失敗〉という矢印でつなぐことができますよね。なので当てはまるのは③result in となります。
・The plan resulted in failure.(その計画は失敗の終わった)

・The success (  ) the effort.
この例文は〈その成功←努力〉という矢印でつなぐことができますよね。なので当てはまるのは④result fromとなります。
・The success resulted from the effort.(その成功は努力からきたものであった)

このように前置詞をイメージすることも「イメージ暗記法」の一つです。
前置詞のイメージについては以下の記事でも紹介しているのでよかったら見ていってくださいね。

英文法の前置詞とは?イメージで覚える英語の前置詞一覧&使い方

例3:make the best ofとmake the most of

最後にもう一つだけ例を見てみましょう。
・You should (  )all your opportunity.
⑤make the best of
⑥make the most of

(  )にはどちらが入るでしょうか。辞書によっては⑤も⑥も「最大限に利用する」と訳しているものもありますが、この2つはニュアンスが異なってきます。このようなニュアンスを理解するためにも「イメージ暗記法」は最適なのです。ここでは「best」と「most」にニュアンスの差があるのです。

⑤make the best of
まず「best」は「やれるだけやってみよう」というイメージがあります。日本語の「ベストを尽くす」とは多少異なるのですが、悪い状況下で「やれるだけがんばってみようよ」というのが「best」です。なのでこれは「(悪い状況を)最大限に利用する」というニュアンスなのです。

⑥make the most of
それに対して「most」は良い状況下で「最大限に利用する」という意味になります。私の中では「most」はなんだか上から目線のイメージがあります。「せっかくあるんだからフルに使っていこうぜ」みたいな。なので余裕がある時は「most」を使うのです。

このイメージから例文を見直してみると、
・You should ( ) all your opportunity.
ここでは⑤のように切羽詰まった状態というよりは⑥の余裕がある状態ですよね。
なので当てはまるのは⑥make the most ofなのです。
・You should make the most of all your opportunity.(あなたはチャンスを最大限に利用するべきだよ)

⑤の切羽詰まった状態の例文も紹介します。
・I know you are in difficult situation but you should make the best of it.(あなたが困難な状態にあるのは知っているけど、やれるだけやるべきだよ)

センター試験の問題

最後に実践的なセンター試験の問題も見てみましょう。

16916506

まず「over」は「一通り、すべて〜しきる」などのイメージです。
①look over
「見る」という意味の「look」に「over」がつくので、「一通り見る」というイメージです。意味もほぼそのままで、「目を通す」という意味になります。

②move over
「動く」という意味の「move」に「over」がつくので、「すべて動ききる」というイメージです。ここでは荷物が主語になるので「すべて動かす」というイメージですね。意味もそこから「どかす」という意味になります。人が主語の場合は「詰める、譲る」などの意味になります。これも想像つきますね。

③turn over
「回転する」という意味の「turn」に「over」がつくので、「全て回りきる」というイメージです。意味はそこから「ひっくり返る」というものになります。一通り回ってひっくり返る、というようなイメージですね。

④go over
「行く」という意味の「go」に「over」がつくので、「一通り行く」というイメージです。意味はそこから「渡る、越える」などになります。橋を一通り行けば渡りますし、山を一通り行けば越えますもんね。そんな風にイメージしていきましょう。

このようなイメージから正解は②のmove overになることがわかります。
このようにイメージさえできれば初めて見る英熟語でも予想することができるのです!なので普段からどんどんイメージする癖をつけてほしいです。

大学入試センター過去問(平成26年度追試験)

おすすめ英熟語の参考書

16917259

最後のに私が本当におすすめする英熟語の参考書を一つだけ紹介したいと思います。
それは「解体英熟語」です!!

6090
参考書名
解体英熟語 改訂第2版 [ブック型] 必修語~重要語までの1017語
著者
風早寛
ページ
560ページ
出版社
Z会
Btn amazon
16839651?w=80

まだ使い始めて2ヶ月しかたってませんが、 覚えたものが過去模試を解く時にばんばんでてきてびびりました で、マークならばんばん点取れて最高でした。 1冊読破した後が楽しみです👋 (ぶっちゃけ1年間ネクステやったのよりこっちの2ヶ月の方が発揮されました)

17211137?w=80

速熟も解体もやった暇人でしたが、速熟は実際覚えられません、なんか出てきたなーくらいで僕は使えませんでしたので冬から解体やり始めたらもーめっちゃ覚えられました! カード型でもどっちでもいいです。 間違えたら付箋はって次の日とか眺めてればいいです。量>質です暗記はテキパキやりましょ

16014102?w=80

2017年度、慶応義塾大学文学部(以下慶文)補欠不合格者です。 この解体英熟語の383番compare~toをご覧下さい。"~を…にたとえる"という意味ですね?次に、慶文2017年度の英語下線部(2)をご覧下さい。compare~toが含まれていますね?僕は解体英熟語383を忘れており、かつcompare ~toの形を見破れず、この部分を訳し間違えてしまいました。もし383番を定着させていたら…?恐らくこの形を容易に見破れたでしょう。勿論、補欠不合格にも複数要因が考えられますが、時に熟語の定着率もその要因の1つになることがあるのです。

レビューをもっと見る

この熟語帳は私が今まで口を酸っぱくして言ってきた「イメージ」に基づいて英熟語を解説してくれているものです。また載っている熟語数も1000語以上と非常にボリューミーで、難関大学を受ける人はきちんと一冊やってほしいです。また難関大学を受けない人でも大丈夫です。この熟語数は「必修」「重要」「上級」の3パートに分かれているので、「必修」だけをやるのもOKです!

とにかくしっかりとイメージが湧くように、それぞれ解説がついているのでとってもわかりやすいです。本当におすすめしたい一冊です(^^)

最後に

16917272

ここまで英熟語の勉強法と、おすすめの参考書の紹介をしてきました。

もう一度おすすめ勉強法をおさらいしましょう。
・「聞いて発音」勉強法
◎「イメージ暗記」勉強法
・「同時にアウトプット」勉強法
・「たくさんの熟語に触れる」勉強法

中でも「イメージ暗記法」は一番やってほしい勉強法です。
今日からでもぜひ試してみてください!

この記事がみなさんの勉強の少しでも助けになればな、と思っています。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
17045192
イクラが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。

関連するカテゴリの人気記事

14647622?w=120

【大学受験 英語】参考書別!偏差値40から70までの勉強法

14942027?w=120

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

15016388?w=120

【大学受験英語 】本当におすすめな英単語帳をレベル別に紹介!

14641428?w=120

【大学受験 英語勉強法】偏差値40から偏差値60までの段階別勉強法

14635376?w=120

【大学受験 】英語文法おすすめ参考書と勉強法をレベル別に紹介

15363668?w=120

【大学受験】英作文のおすすめ参考書と勉強法ー例文暗記と添削が命!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay