16354161

【英語の一般動詞とは】三単現・過去形の解説&不規則変化動詞一覧

はじめに

「be動詞と一般動詞の違いって?」
「三単現のとき s か es かわからない」
「不規則変化動詞ってどんなものがあるんだろう」

一般動詞という言葉は聞くものの、実はその理解が不十分な方は多いのではないでしょうか?


英語では「〜である」「〜する」などの意味を表す言葉を動詞と言います。英語における動詞は主に2種類あり「be動詞」と「一般動詞」があります。

「一般動詞」には三人称単数現在(通称:三単現)の「s」をつける必要がある、疑問文を作るときに「Do」が出てくるなどのルールが存在します。さらに規則変化動詞や不規則変化動詞があるので、より綿密に覚える必要があります。これらのルールは英文法の基礎ですので早めにマスターしたいところです。

この記事では主に「一般動詞」について説明していきます。三単現の「s」やよく出る不規則変化動詞を一覧表にしてまとめているので、ぜひ本記事を読んで一般動詞をマスターしましょう!中学英語の復習にもおすすめです。

be動詞のおさらい

14634635

冒頭でも軽く触れましたが、一般動詞はbe動詞とよく対比されます。まずはbe動詞について軽くおさらいしてみましょう。

be動詞のポイントは大きく2つあります。

1つは、be動詞は前後の言葉をイコール(=)でつなぐことです。
I am Nobu.「私はノブです。」
この文であれば、I(私)=Nobu(ノブ)という関係が成り立ちます。

もう1つは、疑問文や否定文をそのまま作れることです。
(肯) He is 13 years old.「彼は13歳です。」
(疑) Is he 13 years old?[「彼は13歳ですか。」
(否) He is not 13 years old.「彼は13歳ではありません。」
このように語順を変えたり否定の語を加えるだけで疑問文や否定文が作れます。


be動詞に関してはこちらの記事もぜひ参考に勉強してみてください!
(助動詞も合わせて知りたい方も以下を参照してください)

【英語はbe動詞から!過去形・ing形から意味まで徹底解説】

【英語】助動詞はイメージで解決!イラストでわかりやすく解説

一般動詞とは?

be動詞に対して一般動詞にはどのような特徴があるのでしょうか。重要なポイントを紹介します。

三人称単数現在の「s」の4つのパターン

主語が三人称単数(he, she, it など)で時制が「現在」のとき、一般動詞の末尾に「s」をつけなければなりません。これは「三人称単数のs」や「三単現のs」と呼ばれます。ただし、単純に「s」をつける場合と動詞の末尾が「-es」や「-ies」に変化する場合があります。また、have「持っている、食べる」に限り「has」に変化します。それぞれのパターンを例文で紹介するので、正確に暗記しましょう。

1.末尾に「-s」をつける場合
ほとんどの一般動詞は主語が三単現のとき、末尾に「-s」をつけます。

・He likes soccer . (like →likes )
「彼はサッカーが好きです。」
・She plays volleyball. (play →plays )
「彼女はバレーボールをしている。」

2.末尾に「-es」をつける場合
一般動詞には主語が三単現のとき、末尾に「-es」をつける場合があります。
末尾が「-s」「-o」「-x」「-sh」「-ch」で終わる一般動詞に「-es]をつけます。例えば、pass「通過する」、go「行く」、relax「リラックスする」、wash「~を洗う」、watch「~を見る」などがあります。

・She passes the exam. (pass → passes)
「彼女は試験に受かる。」
・My father goes to the office. (go → goes)
「私の父は職場に行く。」
・She relaxes under the tree. (relax → relaxes)
「彼女は木の下でリラックスする。」
・He washes the dishes. (wash → washes)
「彼は皿洗いをする。」
・My little brother watches a baseball game on TV.
「私の弟はテレビで野球観戦をしている。」

3.末尾に「-ies」をつける場合
一般動詞には主語が三単現のとき、末尾に「-ies」をつける場合があります。末尾が「母音以外+ y 」で終わる一般動詞のとき、「y」を消して「-ies]をつけます。母音とは「a, e, i. o, u」の音を指します。末尾が「母音以外+ y 」で終わる一般動詞の例としては、study「勉強する」、fly「飛ぶ」、try「努力する、試す」などがあります。

・My sister studies English very hard. (study → studies)
「私の妹は一生懸命に英語を勉強する。」
・A white bird flies high. (fly → flies)
「一羽の白い鳥が高く飛ぶ。」
・He tries to get full marks in the next exam. (try → tries)
「彼は次の試験で満点を取ろうと努力している。」

4.have だけは特殊な形になる
have「持っている、食べる」は上記の1~3いずれの場合にも当てはまりません。主語が三人称単数で時制が現在の時、「have」は「has」に変化します。

・My father has 10,000,000 yen. (have→has ) haves✕
「私の父は一千万円持っています。」
・My best friend has a note PC. ( have→has ) haves✕
「私の一番の親友はノートパソコンを持っている。」

このように「have」→「has」に形が変わります。この例外を知っていないと「haves」と形を変えてしまうことにまります。「haves」という形はないので注意してください。

yes/no 疑問文を作るときは「Do」を文頭に置く

be動詞の疑問文では「be動詞が形を変えて文頭に置かれる」のに対して、一般動詞の疑問文では「Do」が文頭に置かれます。例えば「あなたはバスケットボールが好きですか。」と聞きたいときは
「Do you like basketball?」
という表現を使います。英文法のルールとして一般動詞は1つの文に2つ存在できませんが、疑問文や否定文のときは do ともう1つ一般動詞を置きます。
間違ってもbe動詞のような語順を当てはめて「Like you basketball?」としないようにしましょう。
また、「do」という一般動詞は「-o」で終わるものの仲間に分類されます。つまり三単現に形を変えるときは「does」になります。平叙文を疑問文にするときは以下のように言葉が変化します。

(平)He likes basketball.「彼はバスケットボールが好きです。」
 ↓
(疑)Does he like basketball?「彼はバスケットボールが好きですか。」

このとき like についていた三単現の「s」が Do に移行しています。「Does he likes...?」と三単現の「s」を重複させないように注意して書き換えましょう。

否定文を作るときの not の位置に注意

be動詞の文を否定文に直すときは be動詞の直後に否定語 not を置けば否定文が完成しますが、一方で、一般動詞の文を否定文に直すときは手順が異なります。

1.時制が現在で、主語が一人称単数(私)・二人称単数(あなた)のとき
このときは、主語と動詞の間に「do not」を置きます。

(平) I like soccer.「私はサッカーが好きです。」

(否) I do not like soccer.「私はサッカーが好きではありません。」

(平) You look beautiful.「君は美しいよ。」

(否) You do not look beautiful.「君は美しくないよ。」

このとき「do not」を短く「don't」と表すことが出来ます。縮めた場合に上の否定文はそれぞれ
I don't like soccer.
You don't look beautiful.
と書き換えることができます。

2.時制が現在で、主語が三人称単数のとき
このときは、主語と動詞の間に「does not」を置きます。

(平) He likes soccer.「彼はサッカーが好きです。」

(否) He does not like soccer.「彼はサッカーが好きではありません。」

疑問文に直すとき同様、do がdoes に変化します。「He does not likes...」としないように注意しましょう。また、「does not 」を短く「doesn't」と短く表すことができます。

【一般動詞の主な特徴まとめ】
・三単現の s には4つのパターン
  1.殆どの動詞 ⇨ 「-s」
  2.「-s」「-o」「-x」「-sh」「-ch」で終わる動詞 ⇨ 「-es」
  3.「母音以外+ y 」で終わる動詞 ⇨「y」を消して「-ies]
  4. have は例外的に has になる
・疑問文では Do[Does] を文頭に置く
・否定文では do not[does not] を一般動詞の前に置く

一般動詞の過去形と規則変化動詞・不規則変化動詞

14647599

一般動詞には「原形−過去形ー過去分詞」と呼ばれる3つの変化が存在します。これらが規則的に変化するものを規則変化動詞、不規則に変化するものを不規則変化動詞と言います。後ほど具体例を挙げて紹介しますが、積極的に覚えるようにしてください。

一般動詞の過去形(規則変化動詞)

過去形に変化するときは、基本的に動詞の原形に「-ed」「-d」「-ied」をつけます。この3つのいずれかの規則に従って形が変化する動詞を「規則変化動詞」と呼ぶことがあります。

1. 末尾に「-ed」を付ける場合
 ほとんどの動詞は「動詞の原形+ ed」という形で過去形を作ります。

(現) I play soccer.「私はサッカーをします。」
  ↓
(過去) I played soccer.「私はサッカーをしました。」

(現) He plays soccer.「彼はサッカーをします。」
  ↓
(過去) He played soccer.「彼はサッカーをしました。」

このように主語の人称に関わらず「 動詞の原形 + ed 」の形で過去形を作ります。

2. 末尾に「-d」を付ける場合
 動詞の原形が「-e」で終わる動詞は、「-d」をつけることで過去形を作ります。

(現) I use this pen.「私はこのペンを使います。」
  ↓
(過去) l used this pen.「私はこのペンを使いました。」

最終的には「 -ed 」の形を作るイメージで「-d」を付けると良いです。

3. 末尾に「-ied」を付ける場合
 動詞の原形が「母音以外+ y 」で終わるとき、「y 」を消して末尾に「-ied」を付けます。

(現) I study English .「私は英語を勉強します。」
  ↓
(過去) I studied English.「私は英語を勉強しました。」

三単現の「-ies」を付ける要領で「-ied」を付けるようにしましょう。

一般動詞の過去形(不規則変化動詞)

不規則変化動詞とは過去形や過去分詞形を作るときに「-ed」の変化をしない動詞をいいます。代表的な例としては、「take」「make」「buy」「run」などがあります。

(現) I take a bath.「私はお風呂に入る。」
  ↓
(過去) I took a bath.「私はお風呂に入った。」

(現) My mother makes us a cake.「私の母は私たちにケーキを作る。」
  ↓
(過去) My mother made us a cake.「私の母は私たちにケーキを作った。」

(現) She buys the next comic.「彼女は漫画の続巻を買う。」
  ↓
(過去) She bought the next comic.「彼女は漫画の続巻を買った。」

(現)He runs in the park.「彼は公園を走る。」
  ↓
(過去) He ran in the park.「彼は公園を走った。」

変化の仕方は動詞によって様々です。教科書や参考書にある不規則変化動詞についてまとめたページを眺めて早めに覚えましょう。

一般動詞の不規則変化一覧

ここではよく出る不規則変化動詞の一覧をまとめます。不規則変化動詞の中でも

「AーAーA」型(原形、過去形、過去分詞がすべて同じ形の場合)
「AーBーA」型(原形、過去分詞が同じ形の場合)
「AーBーB」型(過去形、過去分詞が同じ形の場合)
「AーBーC」型(原形、過去形、過去分詞がすべて違う形の場合)

この4パターンに分かれます。不規則変化の中でも規則を見つけて覚えるようにしましょう。

※過去分詞とは「動詞としての意味は持っていても文法的に動詞ではなくなった形」をいいます。主に「現在完了形」や「受身形」とセットで学習するです。以下の記事もセットに過去分詞の理解をしてみてください。

現在完了形のイメージを掴もう!イラストでわかりやすく解説

【受動態】早大生が教える「受動態」のシンプルな勉強法

16292555

16292564

16354129

16292577

おわりに

14702295

ここまで一般動詞について紹介しました。be動詞との違いを考えてみることで比べながら覚えることができます。「be動詞にも不安が…。」なんて方は上で紹介した記事もぜひご覧になってください。
また、一般動詞は文法を覚えるだけでは不十分で、規則変化動詞、不規則変化動詞の理解も大切です。一覧表を頼りに鷲掴みをするように覚えてしまいましょう。

一般動詞は覚えることが多く感じられますが、規則性もある程度はっきりしているので徐々に理解ができます。一般動詞をマスターできるよう頑張ってください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720555
早稲田大学 法学部に通っています。浪人時代の勉強経験や知識を記事を通して伝えていけたらなと思っています。 得意科目は英語ですが、塾講師もやっているのでそれ以外の文系科目も優しく丁寧に説明することを心がけています。 サークルでは野球をやっていて、引退した今でも助っ人でたまに参加しています。

関連するカテゴリの人気記事

14647622

【大学受験 英語】参考書別!偏差値40から70までの勉強法

14942027

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

14641428

【大学受験 英語勉強法】偏差値40から偏差値60までの段階別勉強法

15016388

【大学受験英語 】本当におすすめな英単語帳をレベル別に紹介!

14650991

最強の英単語の覚え方!早大生が教えるコツとおすすめ単語帳

14635376

【大学受験 】英語文法おすすめ参考書と勉強法をレベル別に紹介

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay