14712261

センター生物基礎勉強法!短期攻略の為の対策と参考書・問題集

162 view

はじめに

センター試験の科目の中でも、生物基礎や化学基礎といった理科の基礎科目は最も軽視されがちです。
特に、生物基礎は化学や物理と違って暗記要素の強い科目なので、しっかりと勉強する必要はないと判断されて、後回しにされることが多いです。しかし、志望校に合格する上での最後の詰めとなりうるこの生物基礎で、一点でも多く得点しておくことが受験競争において大きなアドバンテージになります。生物基礎での一点、二点の差で合格不合格が決まってしまうこともあるのです。

生物基礎で是非高得点をとって他の受験生より一歩リードしたい!というあなたのために、この記事では基本的な勉強の流れとおすすめの参考書・問題集を紹介していきます。

センター生物基礎の特徴

出題の範囲と傾向

「生物基礎」の教科書の内容は、「生物と遺伝子」「生物の体内環境の維持」「生物の多様性と生態系」の3つの分野に分けられます。センター試験の出題もそれに倣い、大問1「生物と遺伝子」20点、大問2「生物の体内環境の維持」15点、大問3「生物の多様性と生態系」15点となっています。正確な知識が要求されるので、用語をただ丸暗記しているだけでは対応できません。教科書や参考書の内容をしっかりと理解し、説明できるようになっておきましょう。

過去問が少ない

センター生物基礎の歴史は浅く、始まったのは2015年度からです。だから、他の教科に比べて過去問の量が圧倒的に少なく、大変演習しにくい科目であるといえます。過去問が少ないため、問題演習には各予備校の出版している予想問題集や過去のマーク模試をまとめた問題集を利用する必要があります。歴史の浅さ故に過去問研究はしにくいので、これらの問題集を使って問題演習量を増やし、どの分野も満遍なくカバーしておきましょう。

暗記科目に近い

センター生物基礎は化学基礎や物理基礎よりも求められる知識量が多く、理科科目の中でも暗記科目寄りといえます。文系の受験生は、生物基礎の他にも日本史や世界史といった大ボリュームな暗記科目を抱えているので、暗記が苦手だという人にとっては大変かもしれません。必要な暗記量の多さは、生物基礎>化学基礎>物理基礎の順になっています。

どうしても暗記が嫌だという人はいっそのこと生物基礎を諦め、受験科目を物理基礎と化学基礎に変えてしまいましょう。おそらく物理への苦手意識から物理基礎を避けて生物基礎を選択した受験生の方が多いと思いますが、基礎レベルの物理ならしっかりと対策をすればなんとかなります。物理基礎に変更すれば覚えなければならない知識量は大幅に減るので、暗記が苦手な方は生物基礎での受験を諦めてみるのも一つの手です。

センター生物基礎勉強法 勉強のフロー

教科書、参考書を読む

物理や化学に比べて覚えなければならない事項が多いとはいえ、生物基礎はあくまで「基礎科目」なのでそこまで範囲が膨大というわけではありません。まずは勉強範囲の概観をつかみ、大雑把に知識を頭に入れていく感じで、教科書や参考書をサーッと読んでみましょう。細かいところは後にやる問題演習を通して詰めていけばいいので、とりあえず基本的なところをおおまかに抑えるようにしましょう。勉強だと思って気合いを入れると、受験におけるウェイトの低さも相まって途端にやる気が起きなくなるのが生物基礎ですので、軽い気持ちで何遍か読んでいきましょう。

問題集を解く

教科書や参考書を読んで一通りの知識をインプットしたら、問題演習というアウトプットを通して知識を定着させていきましょう。また、知識はもっているだけでは役に立たず、その使い方を知って初めて問題が解けるようになります。問題を解いていくことで、問題を解く際に身につけた知識をどうやって使うのかを学んでいきましょう。問題演習を通じて自分の中にある知識を反芻するようにして、教科書や参考書の知識を自分のものにしてください。

センター試験本番の理科基礎科目では、時間が足りなくて解ききれなかった、となることはまずないでしょう。むしろ時間が余るくらいの人が多いと思います。だから問題演習段階においては解答スピードはそこまで意識する必要はなく、知識を定着させる、ということを重視してむしろじっくり丁寧に解いていきましょう。

弱点をノートにまとめる

問題集を解いてみると、点数が取れなかった分野や知識が曖昧だった分野がはっきりわかります。問題を解き終わるたびに、教科書や参考書を読んで自分の弱点分野の知識を復習しましょう。また、そういった自分の弱点とそれに関連する知識を見やすいようにノートにまとめておきましょう。こうやって作った弱点ノートは、センター本番直前で非常に心強い味方になります。

センター生物基礎勉強法 勉強のポイント

選択肢に基づき復習する

復習をする際、正解以外の選択肢もちゃんと活用しましょう。例えば、2015年度の本試験第1問の問2では、こんな問題と選択肢があります。

問2 下線部イ(細胞小器官)に関連する記述として最も適当なものを、次の①〜⑤のうちから一つ選べ。

① 細胞質は、ミトコンドリアを含まない。
② 細胞の中では、細胞小器官の間を細胞質基質が満たしている。
③ 葉緑体は、グルコースなどの有機物を分解して、エネルギーを取り出すはたらきをしている。
④ アントシアニン(アントシアンの一種)は、ミトコンドリアに含まれる。
⑤ 多くの動物細胞は、細胞膜の外側に細胞壁を持つ。

(出典:大学入試センター http://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00004822.pdf&n=2701-0703+seibutukiso.pdf)

この問題では②の選択肢が正解なのですが、復習をする際には他の4つの選択肢についてもしっかりと見て欲しいです。例えば③の選択肢が何故間違っているのか考える上で、「葉緑体にはどういうはたらきがあるのか」「グルコースなどの有機物を分解して、エネルギーを取り出すはたらきをしているのは何か」という2つの事項が復習できます。⑤の選択肢は、「動物細胞の機能的特徴は何か」を復習するきっかけになります。
選択肢として出題をされているということはそれだけ重要な知識だということです。なので選択肢に基づいた復習が、最も効率的な復習方法だということになりますね。

計算問題を解けるようにする

センター生物基礎にも、計算問題が出ます。しかし、化学基礎や物理基礎のそれと違って難易度は低いです。生物基礎の計算問題は計算自体は平易ですが、どの数字を使ってどのように計算すればよいのか、という点で知識を問われます。問題文や表の中には、解答には必要のない数字もいくつか出てきます。その中でどの数字を使えばいいか見抜き、計算式はどうすればいいのかを判断する能力が計算問題には必要です。教科書や参考書を覚えていく中で、その数字がどのような意味を持つのかにも注意して取り組んでいく必要があります。

おすすめの参考書・問題集

『田部の生物基礎をはじめからていねいに』

語り口調で書かれた参考書で、教科書の文章は堅くて読みづらいという人におすすめです。図が大きく、視覚的に生物基礎の内容を理解しやすくなっています。

『高校これでわかる生物基礎』

図やイラストが多く、教科書ではわかりにくい図や実験などを補足するのに役立つ参考書です。しかし解説があまりに簡潔なため、教科書代わりに利用するという感じではなく、教科書の補助帳として使うのがベターです。

『30日完成!センター試験対策生物基礎』

数学でお馴染みチャート式の問題集です。その分野についてまとめられた要点を読み、例題を解き、演習問題にトライするという、参考書兼問題集のようなつくりになっています。

『リードα 生物基礎』

各分野の要点のまとめのページが有り、その後に問題が続くという形式の参考書兼問題集です。問題量が多く充実しています。

『マーク式総合問題集 生物基礎』(河合塾)
『大学入試センター試験実戦問題集生物基礎』(駿台)

各予備校が出版しているマーク式問題集です。過去に行われたマーク模試の問題や、オリジナル予想問題が収録されています。

1995835
参考書名
田部の生物基礎をはじめからていねいに (東進ブックス 名人の授業)
著者
田部 眞哉
価格
0円
ページ
304ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
14887151

9月くらいから生物基礎が取らなければいけない教科になって生物基礎なんて1年半ぶりくらいだから1から復習だと思ってこれを買って読んでみた。一周して大事なところ線引いたりしたら模試で8割近い数字で安定してるので、これとあと適当な生物基礎のみの問題集でセンターは安定だと思います。 なんども読み込めばそれほど覚えるし、上がる

14215556

この本の図の大きさはすごい!免疫のところの理解って教科書では「ヘルパーT細胞とキラーT細胞ってでき方の何がちゃうんよ…」ってなるのが、この本ではマンガで書かれてるのでパッとわかる、絵で覚えれる。これってすごい効率良いと思いません?オススメです! この本買って良かったです〜🤘

13513575

単位が出ることをいいことに生物の授業を真面目に聞かなかった私は、 進研模試の最初の生物基礎で5点という黒歴史を刻みました。 しかしこの本で勉強したら、模試を重ねるごとに点数がアップしました。 5→13→22→30 4ヶ月でかわりました! まだ全部学習しきってなくてこの結果なのでみんな結果が出ると思います! 図が大きくてわかりやすく、(特に遺伝のところ)とてもオススメです!

レビューをもっと見る
204199
参考書名
高校これでわかる生物基礎 (高校これでわかる新課程版)
著者
価格
0円
ページ
144ページ
出版社
文英堂
Btn amazon
8795488
参考書名
新課程 チャート式問題集シリーズ 30日完成! センター試験
著者
大森 茂樹
価格
0円
ページ
143ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
9006990
参考書名
リードα生物基礎
著者
数研出版株式会社
価格
0円
ページ
0ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
11499956

一単元でリードA〜リードDまで問題のレベルごとに進んでいくですが、そのリードDは最近の入試問題が入っていて、京大の問題などもありました。最新の入試傾向を掴んだりするのにいいと思われます。 しかし難点は、問題は良問なのに解答解説があまり的を得てなくて、解答解説を書いている大学生?も理解しないまま書いているのではないかと感じました。 解答を見ても分からない問題に出逢ったら、身近な先生に丁寧な解説をしてもらうことをお勧めします。

レビューをもっと見る
12965341
参考書名
2017マーク式総合問題集 生物基礎
著者
価格
0円
ページ
87ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
Icon default material
参考書名
生物基礎 大学入試センター試験実戦問題集 2017
著者
価格
0円
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

最後に

生物基礎は新しい科目のため、過去問も少なく勉強の方針は立てにくいです。しかし暗記科目とはいえ範囲はそこまで広くないので、教科書や参考書を読み、問題を解いて復習するといった基本を抑えた勉強をしていればセンター本番までに必要な知識はしっかり身につきます。自分の弱点をノートにまとめておいて、それを本番直前に見返しておけばもう怖いものなしです。選択肢に基づいて効率よく復習を重ね、計算問題をはじめとした取れる問題をしっかり取り切り、センター本番では高得点を叩き出しましょう!

この記事を書いた人
14720919
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。

関連するカテゴリの人気記事

14712261

センター生物基礎勉強法!短期攻略の為の対策と参考書・問題集

関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay