18124735

be動詞とは?過去形や意味、一般動詞との違いまで徹底解説!

はじめに

be動詞、きっと英語の勉強において序盤に習う単元で、ずっとその後も登場してくるものです。

基本的で一見簡単に見えますが、用法や意味がたくさんあるのがこのbe動詞。きちんと理解していないと後にbe動詞に関する文法が出てきた時に躓いてしまうかもしれません。

なので今のうちにわからないことはきちんと解決して、きちんとした基礎づくりをしましょう。

この記事ではbe動詞の意味や形などの基本事項から少しむずかしい文法を含んだbe動詞の使い方まで紹介します。自分が苦手とする分野だけをピックアップして読んで見るのもいいと思います。

be動詞とは

18124728

be動詞のイメージ

be動詞とはなんぞや?と思っているあなた。be動詞を難しく考えすぎていませんか?be動詞は単なる動詞の一つです。「have」や「play」の仲間なのです。

そこでまずbe動詞のイメージを紹介します。それは「イコール記号」なのです!まずはbe動詞はイコール記号だというイメージを頭においておきましょう。
例文を見てみましょう。
・I am Murakami. (私はムラカミです。)
ここでamを=に変えると
・I = Murakami
こうすればとてもイメージがつきやすいと思います。

be動詞の意味

次にbe動詞の意味です。どの動詞にも意味はありますよね。「have」なら「持つ」、「play」なら「遊ぶ」などです。そしたらbe“動詞”というくらいなのだからbe動詞にも意味があるのです。
それは「状態」です。単純な日本語訳でないから取っ付きにくい感じがありますよね。。。be動詞は様々な場面で用いられて、場面ごとに日本語訳は変わってきます。

例えば
・I am happy.
・I = happy

この例文の訳は「状態」に当てはめると、
「私は幸せな状態にある」=「私は幸せだ」となります。

そんなわけで単純な一つの日本語訳はないのですが、逆にいえば「状態」というイメージさえ持っていればどこでも当てはめることができるのです!

一般動詞との違い

そしたらbe動詞は一般動詞とどこが違うんだ!と思いますよね。その違いは1つで、「否定文・疑問文を作ることができる」ことです。
普通の動詞だったら否定文・疑問文を作る時に「doやdoes」などが登場して否定の時はnotがついてその後に動詞が続いたり、疑問文のときはこれらが先頭にきますよね。
・I have a pen.(私はペンを持っています)
・I don’t have a pen.(私はペンを持っていません)
・Do I have a pen?(私はペンを持っていますか?)
こんな風にdoとhaveの2つの動詞が登場します。

それに対してbe動詞だと
・I am Murakami.(私はムラカミです)
・I am not Murakami.(私はムラカミではありません。)
・Am I Murakami?(私はムラカミですか?)
このようにそのまま否定文や疑問文を作ることができるのです。

【まとめ】
・be動詞はイメージ的には「イコール記号」、意味を取る時は「状態」
・一般動詞との違いはそのまま否定文や疑問文を作れること

be動詞の種類

15787982

be動詞のイメージはある程度ついてきたと思います。そこで次にbe動詞の種類を紹介します。イコール記号を頭の片隅に持ちつつ読んでいってください。

15787468

一人称

まず一人称は“I” や"we”などの話し手に当たる人です。
だから自分は"I”ですし、自分を含む大人数は"we”です。
I にはam、weにはareがセットになります。

【例文】

現在形
・I am Murakami.(私はムラカミです)
・We are happy.(私たちは幸せです)
      
  ⬇

過去形
・I was Murakami.(私はムラカミでした)
・We were happy.(私たちは幸せでした)

このように“am”は“was”に、“are”は“were”に変化します。

二人称

そして二人称は単数でも複数でも"you”になります。
自分にとっての話し相手ですね。二人で話している時の相手もそうですし、スピーチをする時の話し相手、つまり聴衆も“you”になるのです。
youにはareがセットになります。

【例文】

現在形
・You are beautiful.(あなたは美しい)
 
  ⬇

過去形
・You were beautiful.(あなたは美しかった)

このように二人称では“are”から“were”に変化します。

三人称

そして最後に三人称は会話外のすべてのものです。
人だったら単数は“he”か“she”で複数は“they”になります。
モノだったら名詞や“it”などになります。
単数はis が、複数のはareがセットになります。

【例文】
現在形
・He is a student.(彼は学生だ)
・They are students.(彼らは学生だ)
・My name is Murakami.(私の名前はムラカミです)

  ⬇

過去形
・He was a student.(彼は学生だった)
・They were students.(彼らは学生だった)
・My name was Murakami.(私の名前はムラカミでした)

このように三人称単数の時“is”から“was”に、複数だと“are”から"were”に変化します。

be動詞の短縮形

さて次にbe動詞の短縮形を紹介したいと思います。まずbe動詞が短縮する一つ目のパターンは「主語とbe動詞が合体する」パターンです。この時、短縮ができるのは現在形のみで過去形はできません。以下にまとめてみます。

・I am →I’m
・You are→ You’re
・He is →He’s
・It is →It’s
・They are →They’re

次に二つ目のパターンは否定の短縮です。これは後に詳しく説明しますので、まずは主語とbe動詞の短縮形を頭に入れましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

be動詞を使った用法

15787993

ここからは具体的な用法を例文を交えて紹介していきます。これを読んでbe動詞のイメージがよりはっきりとすれば嬉しいです。

名詞

be動詞の後ろに名詞が続くパターンです。名詞とは品詞の中でも「人やもの、事柄」などを表すものです。例を見てみましょう。
・I am a writer.

ここでもさっきから言っているイコール記号のイメージを持ってください。
・I = a writer

そして意味を取る時は「状態」のイメージでしたよね。
よって、「I」が「a writer」の状態にある、つまり「私が1人の作家の状態にある」という直訳から「私は作家だ」という訳が導けるのです。

形容詞

次に形容詞です。形容詞とは名詞を修飾、つまり説明してくれる品詞です。名詞の前に置かれる( a big house など)か、下のようにbe動詞と共に用いられます。
・You are happy.

〈イコール記号〉
・You = happy

〈状態のイメージ〉
「あなたは幸せな状態にある」

よって「あなたは幸せだ」という訳にたどり着くことができますね。この形容詞は「You」という名詞の説明をする役割ですね。形容詞はよくbe動詞と共に用いられるので、「状態」のイメージはつきやすいと思います。

前置詞

次に前置詞です。前置詞とは場所や時を表す名詞の前につくもので、「in」や「at」などがあります。( in Tokyo, at seven o’clock など)これも形容詞と同じく頻繁にbe動詞と共に用いられます。
・I am in New York.

〈イコール記号〉
・I = in New York

〈状態のイメージ〉
「私はニューヨークの中の状態にある」

よって「私はニューヨークにいる」という訳が導けますね。


ここまでイコール記号と状態のイメージをくどくどと伝えてきましたが、少しはイメージが湧いてきたでしょうか?ここからはその段階を端折って直訳で説明していくので、わからなくなったらここに戻ってきてください。
名詞・形容詞・前置詞はとてもbe動詞のイメージがつきやすい用法となっており、基本なのでしっかりマスターするようにしましょう。

ここからは少しbe動詞の形が変形する用法を紹介します。今まで通りイコール記号と状態のイメージを持てば楽勝なので安心してください!

否定文

まずは否定文。これはさっき一般動詞との違いの部分で少し触れたと思いますが,
否定文を作るとき一般動詞の場合その前に「don’t、doesn’t」をつけなければならないのに対して、be動詞の場合はbe動詞の後に「not」がついて否定文となります。イコール記号に否定がつくので「≠」のイメージですね。そして意味としては「〜の状態にない/でない」といったところです。

つまり
一般動詞
have → don’t have (動詞の前に否定)
be動詞
is → is not (be動詞の後に否定)
このようにbe動詞で否定文を作る際は一般動詞と違ってbe動詞の後に否定(not)がきます。be動詞における否定の形は人称や単数・複数に関わらず「not」のみです。

一般動詞とbe動詞の否定文の違いをまとめてみると

15787492

例文を見てみましょう。
・I am hungry. → I am not hungry. ー私はお腹が空いていない。
・I was hungry. → I was not hungry.ー私はお腹が空いていなかった。
        (wasn’t)
・You were right. → You were not right.ーあなたは正しくなかった。
           (weren’t)
・It is sunny. → It is not sunny.ー晴れていない。
         (isn’t)
・They are Japanese. → They are not Japanese.ー彼らは日本人ではない。
              (aren’t)

例文を見ていてお気づきだと思いますが、be動詞の後ろにnotが来たとき、be動詞とnotを合体して短縮することができるのです。これがさっき主語とbe動詞の短縮形の次に出てきた、否定文の短縮形なのです。この短縮は現在形でも過去形でも可能です。以下にまとめてみます。

・are not →aren’t
・is not →isn’t
・was not →wasn’t
・were not →weren’t

「あれ、am notの短縮形がないぞ。。。」
そう思いますよね。そうなんです。「am not」には短縮形がありません。厳密に言えばないことはないのですが、基本的には用いられません。「I am not」という文があったときは「I’m not」と短縮するほうがメジャーです。



「I am not」のときは「I’m not」と短縮するのはわかったけど、他のパターンの時は「主語とbe動詞」か「be動詞と否定」のどちらで短縮すればいいのでしょうか?例とともに見てみましょう。

・He is not a soccer player.(彼はサッカー選手ではない。)
メジャーなのは、「be動詞と否定」で短縮する方です。
・He isn’t a soccer player.

しかし、「not」を強調したい場合には「主語とbe動詞」で短縮しましょう。
・He’s not a soccer player. He's a baseball player.
このように彼はサッカー選手じゃない、野球選手なんだ!などとサッカー選手じゃないんだぞという部分を強調したい時は「主語とbe動詞」で短縮するようにしましょう。

それ以外は基本的には「be動詞と否定」で短縮しましょう。

【まとめ】
・be動詞の否定は一般動詞と違ってbe動詞の後につき、「not」のみ。
・be動詞と否定は短縮可能。(am notはできない)
・「be動詞と否定」と「主語とbe動詞」だったら前者を優先して短縮する。

疑問文

お次は疑問文ですね。一般動詞なら「do、does、did」などが登場する疑問文ですが、be動詞の疑問文はそれらは要らないのです。否定文と同じですね。be動詞の疑問文においてはその「do、does、did」の役割をbe動詞が担うのです。なんか難しそうに聞こえるかもしれませんが、一般動詞の疑問文よりずっと簡単なのでリラックスです!例を挙げながら説明していきますね。

一般動詞の疑問文
・She likes soccer.(彼女はサッカーが好きです。)
  ⬇
・Does she like soccer?(彼女はサッカーが好きですか?)
このように普通の文から疑問文にする時「Does」が動詞の代わりに前に来ますよね。be動詞の疑問文の場合、be動詞が上でいう「Does」の代わりなのです。

つまり
・She is Anne.(彼女はアンです。)
  ⬇
・Is she Anne?ーYes,she is/ No, she isn’t.(彼女はアンですか?)
となるわけなのです。

このように普通の文のbe動詞を先頭に持ってくるだけで疑問文を作ることができちゃうのです。楽勝ですね。


次に否定形を疑問文にする否定疑問文です。ここでは返答の仕方で混乱しやすので注意です!
・She isn’t Anne.(彼女はアンではありません。)
  ⬇
・Isn’t she Anne?(彼女はアンではないのですか?)
否定形もくっつけて先頭に持ってくるのは変わりません。

そして多くの受験生が混乱しがちなのが否定疑問文の返答です。
・Isn’t she Anne?
「彼女はアンではないのですか?」という問いに対してまず日本語で考えてみましょう。日本語だったらその返答は
「はい、彼女はアンではないです。」か
「いいえ、彼女はアンです。」
の二つだと思います。ここが大きな落とし穴なのです!否定疑問文における英語の返答は日本語のものと真逆なのです!

まとめると
【日本語】
Q彼女はアンではないのですか?
ーはい、彼女はアンではありません。
ーいいえ、彼女はアンです。

【英語】
Q彼女はアンではないのですか?
ーいいえ、彼女はアンです。
ーはい、彼女はアンではありません。

和訳の段階だと真逆には思えないですよね。しかし英語にした瞬間真逆になるのです。
・Isn’t she Anne?という疑問文に対して
ーYes,she is.(いいえ、彼女はアンです。)
ーNo,she isn’t.(はい、彼女はアンではありません。)となるのです。

このYes/noはそれに対する疑問文を完全に無視していますよね。このように英語における否定疑問文では質問をする時の否定(〜ではないのですか?)が意味をなしていないのです。英語においてYesは「彼女はアンである」ということでNoは「彼女はアンではない」ことなのです。それがたとえ否定疑問文だったとしても答え方は普通の疑問文と代わりはありません。このような部分で日本語と英語は真逆なのです。

真逆と言われても頭の中がこんがらがってしまいますよね。ここで否定疑問文の返答における考え方のコツとして、「否定疑問文のnotを消す」という方法があります。
つまり
・Isn’t she Anne?を
  ⬇
・Is she Anne?に変えてしまうのです!
さっきも言ったように、英語の否定疑問文では否定が意味をなしていないので、消してしまおう!という作戦です。

・Is she Anne?(彼女はアンですか?)
ーYes,she is.(はい、彼女はアンです。)
ーNo,she isn’t.(いいえ、彼女はアンではありません。)
こうすればアンなのかアンではないのかの部分で異なることはありませんよね。


次にWH疑問文です。WH疑問文とは「What~?(何〜?)、When~?(いつ〜?)、Where~?(どこで〜?)」などの疑問文ですね。これも普通の疑問文とは何も変わらず、一般動詞なら「do、does、did」などが疑問詞(when,whereとか)の後につきますが、その役割をbe動詞が担います。つまりbe動詞を疑問詞の後につけてしまえばいいのです。例を挙げておきます。

・This is a pen.(これはペンです。)
このペンの部分を聞きたいからpenをwhatに変えて
  ⬇
・What is this?(これは何ですか?)
となるのです。

普通の疑問文さえできればWH疑問文も同じ要領でできるのです。

【まとめ】
・普通の疑問文を作る時はbe動詞を先頭に持ってくる
・否定疑問文の返答はnotを消して考える
・WH疑問文は疑問詞の後にbe動詞を持ってくる

ここまでbe動詞を変形したり位置を変えるだけで否定文や疑問文を作ることができることを紹介してきました。ここからはまた話が少し変わって、be動詞が用いられる文法事項を紹介したいと思います。ここでもイコール記号と状態のイメージは忘れずにお願いします!

進行形

まずは進行形です。動詞のing形(doing)は現在行っている最中、つまり進行形のイメージです。
ここでの進行形は「形容詞」の役割をする「現在分詞」と呼ばれます。
では進行形はどう表したら良いのでしょうか?

・She eats lunch.(彼女は昼食をとっています。)
  ⬇
・She eating lunch.(✕)
なるほど、そしたら進行形にするにはこうしたらいいんだな、と思ったあなた。残念、そう一筋縄ではいかないのです。ここにbe動詞が必要となってくるのです。

なぜ必要になるのか?説明しだすと少し複雑になるのでもう頭がパンパンな人はスルーして、どうしてもbe動詞が必要な理由が知りたいという教えて君と教えてちゃんのみなさんにはご説明しますね。


そもそもすべて文型において動詞は必要ですよね。それはbe動詞であったり一般動詞であったりします。動詞がないと文は成立しないということを頭に入れながらさっきの進行形の間違い例を見てみましょう。

・She eating lunch.(✕)

ここでまず動詞があるか確認してみてください。eatingが動詞なのでは?と思いますよね。しかし実はeatingは動詞ではなく状態を表す形容詞なのです。動詞のing形はさっきも言ったように形容詞なのです。そこでさっきの動詞がないと文が成立しないという前提に戻ってみると、この文には動詞が無く文が成立していないのです。なのでここでbe動詞が必要となるのです。
なぜ他の動詞でなくbe動詞なのか?この答えは単純です。最初から言っているように「be動詞は状態を表す動詞」だからなのです!動詞のing形は「〜している」という状態の形容詞なので、be動詞がぴったりなのです。


こんなわけでbe動詞が必要になるのです。
形としては名詞に合うbe動詞を動詞のing形の前につければオーケーです。
つまりShe には is がつくので
・She is eating lunch.(彼女は昼食ととっている最中だ。)
と文が完成するのです。

これは過去形にも応用ができます。
・She ate lunch. (彼女は昼食をとった。)
  ⬇
・She was eating lunch.(彼女は昼食をとっていた。)
このように動詞のing形の前にくるbe動詞を過去形にすることで過去の進行形の文も作ることができるのです。

進行形の否定文はbe動詞を否定すればいいので、
・She wasn’t eating lunch.(彼女は昼食をとっていたのではない。)
のようになります。

進行形の疑問文を作るときも同じく、be動詞を前に持ってくるだけです。
・Was she eating lunch? (彼女は昼食をとっていたのですか?)

受動態

次に受動態です。これは進行形の原理とまったく変わりません。動詞のed形(過去分詞形 p.p.とも)は「〜される」という受け身のイメージです。ここにもbe動詞が必要になります。

・The writer wrote the book. (その作家はその本を書いた)
そこでthe book を主語に文を書き換えてみると、writeの過去分詞形はwrittenなので
  ⬇
・The book was written by the writer.(その本はその作家によって書かれた。)
となるのです。
これは前項の進行形の作り方と全く同じで、過去分詞形の前にbe動詞を持ってくるだけです。今回は元の文が過去形だったので、be動詞も過去形になります。

否定文は進行形と同じくbe動詞を否定すればいいのです。
・The book wasn’t written by the writer.(その本はその作家によって書かれたのではない。)

そして疑問文も同じ要領で作ることができます!
・Was the book written by the writer?(その本はその作家によって書かれましたか?)
となるわけなのです。

be to 不定詞

そして最後にto不定詞です。これは「be to不定詞」とも呼ばれるものでbe動詞の後ろにto不定詞がきます。
要領は前の進行形と受動態と変わらないのですが、意味が複数あります。これは意味を理解して覚えようとするとかなり難しくなってくるので、5つの意味を丸暗記してしまうのがおすすめです。私も受験生時代はある丸暗記法を使ってbe to不定詞を覚えていました。まずその丸暗記法を紹介したいと思います。

【ビートたけしは業界人】
いきなり何を言い出すんだと思いますよね。これがbe to不定詞の覚え方なのです!

15787644

このようにbe to不定詞には「義務・予定・運命・可能・意図」の5つの意味があるのです。ビートたけしは業界人、この単語さえ覚えればbe to不定詞は覚える音ができたも当然です!


基本的なto不定詞のイメージとしては「第三者が言ったこと」です。第三者が言ったことから「義務・予定・運命・可能・意図」という意味が導けるのです。

まず基本的なbe to不定詞の訳は「〜すること」と考えてください。その前にbe動詞がついて「〜することの状態」、ここから様々な解釈がとれて、5つの意味が発生します。

1.義務(〜すべきだ)

2.予定(〜することになっている)

3.運命(〜する運命に有る)

4.可能(〜することができる)

5.意図(〜するつもりだ)

さっきから言うように意味から理解しようとするととても難しいのがこのbe to不定詞。おすすめは意味を丸暗記して問題にbe to不定詞が出てきた時に、どの意味が最適か選ぶことです!とにかく「ビートたけしは業界人」ですね。

【例文】
例文を見て“ぎょうかいじん”のどれに当てはまるか予想してみましょう。

①I am to visit there tomorrow.
②She was to draw pictures well.
③They were never to meet all their lives.
④You are to study hard.
⑤If you are to go abroad,you should study English.



①私は明日そこを訪れる予定です。(予定)
②彼女は絵を上手に描くことができた。(可能)
③彼らは一生会うことのない運命にあった。(運命)
④あなたは一生懸命勉強するべきだ。(義務)
⑤もしあなたが外国に行くつもりなら、英語を勉強すべきです。(意図)

過去形はbe動詞を過去形にすることで表すことができます。

【まとめ】
・動詞のing形もed形もbe to 不定詞も形容詞や名詞になるので文中には動詞が必要
・その名詞は基本的にbe動詞
・ビートたけしは業界人を覚える!

最後に

15787989

ここまでbe動詞の意味や形、用法を紹介してきました。たかがbe動詞と言って侮っていると、後でもう一度be動詞を学ばなければいけなくなるかもしれません。
今、できることはやっておきましょう。後回しにせず、コツコツを目の前のことをこなすのが最大の近道になると思います!
この記事が皆さんのbe動詞の理解を少しでも助けることができればと思います。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
17045192
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。最近のマイブームはオーガニック商品です。

関連するカテゴリの人気記事

14647622?w=120

【大学受験 英語】参考書別!偏差値40から70までの英語勉強法

14942027?w=120

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

15016388?w=120

【大学受験英語 】本当におすすめな英単語帳をレベル別に紹介!

18009045?w=120

【大学受験 英語勉強法】偏差値40から偏差値60までの段階別勉強法

14634276?w=120

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

14635376?w=120

【大学受験】英語文法おすすめ参考書と勉強法をレベル別に紹介

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay