15790263

【数学】微積分/基礎の極意―大学への数学の使い方と特徴

はじめに

東工大や東大など、難関理系大学を受験する人におすすめな『微積分/基礎の極意―大学への数学』の使い方と特徴を紹介します。

1452074
参考書名
微積分/基礎の極意―大学への数学
著者
栗田 哲也, 福田 邦彦, 坪田 三千雄
ページ
128ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
17614342?w=80

自分としては特に凸性についての知識が深まったのが良かった。凸性最強だし、日頃の東京出版の凸性を推していく態度がよく表れてるなって感じ。 でも体積のあたりとか結構抜けてるし、微積を一通り終えた人がやるものかな。 問題数も少ないし、初学の人はやめたほうがいいよ。 "基礎"という文字が入ってるけど、基礎があまりない人が「基礎固めなきゃ」って言って手に取るものではない。ほとんど出来上がってから基礎で抜け落ちたところないかなって感じでやるものだと思う。でも難しくはない。

15295206?w=80

気楽に解けるのに為になるとても良い参考書です、俺はセンター終わってからやりましたが夏頃に何回も回した方が絶対にいいです! ただ微積できても受験は受からないのでそのへんの兼ね合いもしっかりと。

16220448?w=80

微積が夢に出てくるほどやり込むことが大事だと思います。

レビューをもっと見る

目的

微積分の知識を固める

ボリューム

128ページ、150題程度

目安勉強時間

30~50時間

使用期間

3~4ヵ月で一周

使用レベル

標準~やや応用

学習効果

微積分の知識をしっかりと固められ、応用レベルにも対応できる。

【微積分/基礎の極意―大学への数学】の特徴

タイトルは基礎となっていますが「基礎」とは簡単であるというわけではありません。
東大・東工大や東北大学などの旧帝大、国公立医学部など難関大を目指す理系の受験生が、微分積分を完璧に仕上げるために使う問題集だといえます。
これ一冊で微積分の「基礎」を根本から理解することができ、東京大学の二次試験の数学にも十分対応できる力が付けられます。

本の構成としては第1部では微積分の計算問題、第2部では微積分の注意点が約200事項紹介されています。
第3部は有名典型問題として64題紹介されあって、7割ほど必須な典型問題、残り3割は応用問題となっています。この7割の典型問題を問題なく解ける様になれば難関大入試を突破できる力が付いた証拠です。

【微積分/基礎の極意―大学への数学】の使い方

私は高校3年になってから始めましたが、微積の勉強を始めた時点で使えばさらに効果が高まります。第一部の計算問題には参考時間が載っており、その時間内に解けるようになるまで繰り返し解くべきでしょう。積分問題の計算力は特に解法パターンを身につけているかどうかで決まります。第一部をマスターしておけば東大や東工大の問題も怖くありません。
第2部に載っている約200事項は必要に応じて辞書のように使いましょう。第3部の64題は必ず全部解いておくことをお勧めします。時間制限は付けずに自分で考えて解くということを意識して取り組みましょう。

第一部は何周も解いて計算力を付け、第3部は最低でも3周を目安に解きましょう。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15745182?w=120

    【数学】新数学スタンダード演習の使い方と特徴

    15746910?w=120

    【数学】大学への数学 新数学演習の使い方と特徴

    15789928?w=120

    【数学問題集】やさしい理系数学の使い方と特徴【やさ理】

    19772939?w=120

    【数学】大学への数学 1対1対応の演習 数学Ⅰの使い方と特徴

    15790210?w=120

    理系数学の良問プラチカ(数学ⅠA・ⅡB)の使い方と特徴

    15790263?w=120

    【数学】微積分/基礎の極意―大学への数学の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay