15790210

【数学】理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの使い方と特徴

はじめに

理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの使い方と特徴を紹介します。

4119
参考書名
理系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B (河合塾SERIES―入試精選問題集)
著者
大石 隆司
ページ
52ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
9884137?w=80

慶應レベルまでは大丈夫かな 論述問題がメインだから国公立志望の方は1A・2B・3の方をやろう

レビューをもっと見る

目的

問題演習を積む

ボリューム

52ページ、150題

目安勉強時間

80~100時間

使用期間

3~4ヵ月で一周

使用レベル

標準~やや応用

学習効果

数学の問題演習を重ねることで計算力の向上が期待できる。

【理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B】の特徴

数学ⅠAⅡBの範囲の標準的な問題が120題、そして応用問題が30題掲載されており、追い込みの演習用にお勧めである。
問題数はさほど多くないが、しっかりとポイントを押さえた問題が載っており最後の追い込みにはピッタリであろう。
しかしまだ演習量が全然足りてないと感じる人にはお勧めできない。
過去問演習をそろそろしようかなというときの直前に使うべきであろう。

【理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B】の使い方

筆者は高校3年になってからやることを強くお勧めする。基礎をしっかりと固めてから解いてこそ価値を発揮する一冊だ。
1問に最大でも30分までと時間制限を付けて一周目は解き、2周目以降は20分といった様に時間を減らしていこう。理想としては3周目で15分であるが、自分のペースで減らしていけばよいと思う。
最大でも3周すれば十分である。それ以上繰り返しても効果は上がらないと思われる。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15745182?w=120

    【数学】新数学スタンダード演習の使い方と特徴

    15746910?w=120

    【数学】大学への数学 新数学演習の使い方と特徴

    15789928?w=120

    【数学】やさしい理系数学の使い方と特徴

    19772939?w=120

    【数学】大学への数学 1対1対応の演習 数学Ⅰの使い方と特徴

    15790210?w=120

    【数学】理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの使い方と特徴

    15790263?w=120

    【数学】微積分/基礎の極意―大学への数学の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay