18599546

【大学受験国語勉強法】『確実に』偏差値を上げる現代文勉強法

はじめに

この記事では、国語の偏差値が伸びずに悩んでいるあなたに、私が国語の偏差値を78まで上げた勉強法を現代文・古文・漢文の参考書別・科目別にご紹介します。どんなに国語が苦手でも、適切な順序で勉強することで、確実に偏差値を伸ばしていくことは十分に可能です。

国語って、なんとなくの勉強になりがちですよね。「現代文はセンス」なんて言われる科目ですが、本当にそうなら誰も着実に偏差値を上げることはできません。そんな根拠のない勉強は、むしろやらないほうがマシです。

この記事を読んで『なんとなく』を卒業し、『確実に偏差値を上げる』勉強を実践しましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

国語勉強法決定版『確実に』偏差値を上げるための科目別勉強法

18599336

『なんとなく』からの卒業

大学受験の国語は、『現代文』『古文』『漢文』の三つの科目から構成されます。一般的に、『現代文』『古文』『漢文』の順に配点が高いのが特徴です。

『古文』と『漢文』は暗記が中心の科目である一方、『現代文』は何から勉強するべきなのかがわかりにくく、対策が曖昧になりがちな科目です。『現代文はセンス』などと言われますが、『なんとなく』の勉強で確実な力が身につくことはあり得ません。そのような曖昧な勉強に基づいた『センス』では、MARCH以上のハイレベルな問題には対応することは難しいでしょう。

勉強法を確立することが比較的難しい国語という科目の偏差値を『確実に』上げていくために、まずは合格者が実践した確実に得点できる勉強法を知り、『センス』に頼らない『確実な解答力』を身に付けましょう。

確実に偏差値を上げる国語勉強法

『現代文』『古文』『漢文』の3つの科目はそれぞれ全く別の科目のように思えますが、『確実な解答力』を身に付けるための勉強方法は実は似通っています。

どの科目も、以下の3つのステップで力を身に付けていくことが重要です。

ステップ1: 『単語やキーワードの暗記』
ステップ2: 『読解力(本文を理解する力)』
ステップ3: 『解答力(正答を選択する力)』

この3つのステップに沿って勉強を進めていくことで、効率的に学力を身に付けていくことができます。

『なんとなく』漢字をやってみる。
模試の成績が悪かったから『とりあえず』現代文を勉強してみる。

このような、『目標のない』勉強は、地図なしで目的地に向かうようなものです。時間がたくさんあるのであれば、地図なしで目的地に向かってもよいのですが、受験生のあなたにはあまり多くの時間が残されてはいないでしょう。目的地までの最短距離を行く勉強法を『意識的に』行いましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

『センス』からの脱却!確実に伸びる現代文勉強法

15299633

確実に力を付けるべき現代文の『3つの要素』

勉強法が曖昧で『なんとなく』の対策をしがちな現代文ですが、次の『3つの要素』をしっかり勉強することで確実に力を付けることができます。

読解力の基礎1『漢字』
読解力の基礎2『現代文のキーワード』
読解力の基礎3『文章の読み方・論理展開』

センター国語の現代文や、国公立・私立大学の現代文問題を、時間以内に読み込んで理解し、また問題にも正解していくためには、漢字力・評論を読み解くための語彙力・文章を読んで理解する3つの力が必要です。これらの、現代文の偏差値を伸ばすために必要な基礎力を知らずに、なんとなく勉強を始めると、いきなり問題集を解いたり、センター国語や志望大学の過去問を解くような対策になります。どんな問題でも、確実に得点する力を得るためには、まずは基礎を固める必要があるのです。

大学入試の現代文問題は、センター国語問題のように、実際には評論文と小説の問題に分類できます。小説は読み慣れているけれど評論文問題はちょっと苦手という人ほど、現代文のキーワードを完璧にインプットしましょう。

現代文読解力の基礎1『漢字』

漢字は現代文の問題の中でも頻出の分野です。どの大学も、読解問題の中に漢字の知識を問う設問を入れてきます。配点の小さな漢字問題ですが、侮ってはいけません。大学入試では1点の違いに100名近くの受験者がいることが普通です。大学の補欠合格者の情報等を見るとわかるのですが、得点の1点刻みに100名いるということは、配点が2点の漢字問題を一問間違えただけで200位ほど順位が下がるということです。志望校の毎年の入学者数を見れば、100名の差=1点がどれほど大きいかはすぐに理解できるでしょう。漢字は配点が小さいからと勉強を怠っているあなたは、覚えるだけで得点に繋がる漢字だからこそしっかり対策をしましょう。

 『入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)』

漢字の参考書を一冊購入し、一冊をやり込むことが重要です。暗記科目は継続的に勉強することが定着の秘訣なので、一冊を覚えきってしまえるように気合を入れて取り組みましう。

2712
参考書名
入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)
著者
川野 一幸, 晴山 亨, 立川 芳雄
ページ
232ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
12864678?w=80

受験レベルの現代文で分からない漢字が多くて困っていて、本屋で「まぁ河合って有名だし」っぐらいの気持ちで買った参考書ですが結構当たりなのではと思います。コンパクトで持ち運び便利で内容は見やすく漢字に意味も書いてあり漢字の問題だけでなく読解にもこれやっとくといいと思います。 自分的に満足の参考書でした‼︎ めっちゃ推します✨

16857828?w=80

「漢字を覚えるには意味も覚えた方が良い」と学校の先生も言っていたので、このドリルは受験勉強に本当に役立つ。

12541650?w=80

内容は漢字の書き取り、読み、センター対策、四字熟語。個人的に横にすぐ意味が書いてあって助かった。漢字は絶対に落としちゃいけない分野だけど、そうそう何冊もやるようなものではないのでこれ一冊終わったら、取り敢えず大学受験の漢字に関しては殆ど完成かと(^o^)ノ イエー!

レビューをもっと見る

現代文読解力の基礎2 『現代文のキーワード』

現代文のキーワードは、知っているれば知っているほど本文の理解が容易になります。現代文に出題される評論文には、思想、歴史、哲学、化学、宗教、心理、言語、経済など、多様なジャンルの文章が出題されます。全て同じ日本語じゃないかと思うかもしれませんが、『読み慣れていない』文章の理解をすることは実際には非常に難しいのです。例えば、あなたが部活動でバスケットボールをやっているとしましょう。あなたはサッカーの話題にはバスケットボールの話題ほど詳しくはないはずです(もちろん、サッカーファンのバスケットボールプレイヤーもいるかもしれませんが)。そんなあなたが、サッカーについての専門書を読んでいく際に『オフサイド』などのキーワードを知らなければ、書かれている内容に対する全体的な理解度は低くなります。その代わりに、あなたはバスケットボールの話題では『トラベリング』や『ダブルドリブル』と聞いただけで、『ああ、ルールの話をしているのだな』と想像することができるでしょう。

現代文のキーワードを勉強しておくことは、大学入試における現代文の出題元となる多様なジャンルの文章に幅広く精通するために有効です。キーワードを知っておくことで、初見の文章でも読みやすさと理解度が大きく変わってきます。現代文のキーワードを勉強し、読解で高得点を取る準備を万全にしましょう。

『読解を深める現代文単語〈評論・小説〉』

上記の参考書などを用いて、まずはキーワードを知りましょう。問題集や模試の際に読んだ現代文にわからないキーワードがあれば、参考書から探して印をつけ、内容を理解しておきましょう。現代文の幅広い語彙力が身につけば、あなたの現代文の力は一段階上がることになるでしょう。

3833
参考書名
読解を深める現代文単語〈評論・小説〉
著者
ページ
302ページ
出版社
ピアソン桐原
Btn amazon
19429681?w=80

入試現代文頻出の基本概念の習得なしに難関大学の論説文を読解するのは極めてハードなので、先にこちらで概念や理論を習得してから、硬質な現代文の問題に取り組んでいくのがbetterだと思います。

13567003?w=80

学校でも現代文の授業で使っています!

10000234?w=80

読み物として普通に面白いし、 現代文の基礎になります。

レビューをもっと見る

現代文読解力の基礎3 『文章の読み方・論理展開』

漢字と現代文のキーワードを勉強したあなたは、入試現代文の『読み方を学ぶ』段階に入っていきます。この段階では、現代文、特に評論文の文章の因果関係、順接、逆説、対立などの論理展開を学ぶことで、本文をより論理的に理解できるようにしていきます。大学入試の現代文という科目で確実に得点するためには、『センス』などといった不明瞭な定義で現代文の力を測るのではなく、『論理的に文章を読み解けるかどうか』を測ることが重要です。

大学入試で出題される評論文は小説とは異なる文章スタイルで書かれるため、評論文の論理展開や文章の流れを理解する方法を学ぶことで、あなたは『いつ』『どんな問題でも』確実に、安定して得点をとれるようになるでしょう。

『出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)』

この参考書は、論理展開を理解しながら読んでいく方法を丁寧に解説している良書です。筆者の主張は何であるのか、どこまでが例文なのか、因果関係の見抜き方など、論理的な読解の基礎を学ぶことができます。『センス』は感覚なので、安定した高い得点を出すための指標にすらなりません。しかし、『論理』はルールなので、文章の展開を確実に把握、予測して読み解いていくのに役立ちます。文章の論理展開を学んで確実な実力を身につけましょう。

9000351
参考書名
出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)
著者
出口 汪
ページ
236ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
19676760?w=80

センター同日の評論の14点からマーク模試で45点に上がりました 1ヶ月実況の一巻を二周しただけです おかげでいまのところマーク模試の評論は9割キープしてます

12083298?w=80

学校の現代文を10コマ受けるよりこれ1コマやったほうが絶対いい。 出会うまでマーク式現代文4割低迷でしたが7〜8割安定まで伸ばしてくれました 実際に問題を解いて、1つ1つ選択肢がなぜダメなのかを30〜50ページ使って解説していくタイプの参考書です やっていて割とつまらなしい、くどいところもあるが、本当に実力がつく 国語苦手な人にオススメ

11788368?w=80

本書で出口先生は「現代文というのは、すべての教科の土台」と記しているが、その考えを、同じく現代文講師の林修先生の考えと比較してみる。 林修先生の著書「受験必要論」(P162~163)より ―先生の担当教科である現代文ですが、すべての教科の原点と考えていいのでしょうか。 「よくそういう言い方をされるのですが、僕はそうは考えていないんですよ。だいたい、そういう言い方をすると、現代文が一番偉いみたいに聞こえてしまう。そうではなくて、現代文は必要条件にすぎない、と捉えるべきではないかと思うんです。つまり、大学の勉強をするにあたって、どんな分野であれ、ある程度論理性の高い日本語がわからなければ話にならない。だから、現代文ができるから素晴らしいのではなく、できなかったら大変なんだ、そう認識しています。 東進の化学の鎌田先生が時折おっしゃるのですが、入試問題を見ながら『この日本語がわからないから解けないという生徒が多いんですよ』と。確かにそのとおりで、その日本語がわかることが、化学という、およそ現代文という科目からはかけ離れたところにあるように思われる科目の問題を解く際の必要条件にはなるかもしれません。でも、それはあくまでも必要条件で、化学の問題を解くには、やはり化学を勉強しておかねばならないんです。 結局、現代文の力は必要条件ではあるが、それ以上のものではない、これが正しい理解ではないでしょうか? だから、現代文がすべての科目の基本だという認識には、僕はどうしても思い上がりを感じ、違和感を抱いてしまうんです。 基本的には現代文の学習は、現代文で点を取るために役立つにすぎない。ただ、そういう訓練を通じて、概念的思考力のレベルが上がり、結果として他の科目に好影響をもたらすことはあります。でも、そういう派生的な効果は現代文に限ったことではないと思うんです。1つの科目で一生懸命頭を使うことは、どこかで他の科目に好影響を与えるんです。 そんなわけで、僕には現代文がすべての科目の基礎だという考えはまったくありません」

レビューをもっと見る

現代文の『読解力と解答力』

漢字、キーワード、文章の論理的な読み方を身に付けたあなたは、次に本文を実際に読んで理解していく練習に入ります。現代文で『得点を取る』力は、大きく分けて2つの力によって構成されています。1つ目は本文の読解力、2つ目は解答力(誤った選択肢を避け、正答を選び取る力)です。

この2つの力は、実際に問題を解いていくことで鍛えられます。問題を解かずにこれらの力を身に付けることは不可能です。『漢字』『キーワード』『論理的な文章読解』の3つの基礎がしっかり身に付いているあなたは、この2つの能力を鍛える段階で効果的に学習を進めることができます。一方で、3つの基礎が身に付いていないあなたは、効果的に『読解力』と『解答力』を鍛えることができません。

なぜなら、3つの基礎が身に付いていない場合には、『読解力』と『解答力』以前の段階の問題で誤答する可能性があるからです。逆に、この3つの力が既に安定しているあなたは、基礎の安定した土台の上に、『読解力』と『解答力』を集中的に鍛えることができます。

入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)
私大編 現代文のトレーニング[改訂版]

3つの段階が仕上がったと胸を張って言えるあなたは、高得点のための『読解力』と『解答力』を、市販の問題集を使用して養成していきましょう。上のシリーズがお勧めです。何回も解くことで確実な力を身に付けましょう。

1076339
参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)
著者
荒川 久志
ページ
190ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
19784685?w=80

私は昔から本を読むのが嫌いで筆者の考えを答えなさいと聞かれてもちんぷんかんぷんでした。高校での定期テストでも50点行けばいい方で、本当に国語は未知の世界でした。 しかし、受験生なので何とかして苦手を克服せねばと思い、この本を買いました。 字を読むのが嫌な私でしたが、嫌々読んで行くうちに現代文が好きになっていき、この前センターの過去問(評論)を4〜5問やったのですが、ほとんど50点中35点以上でした。私大の過去問を解いた時も約9割合っていました。読解力が上がりすぎて自分でも驚いてます。 また、語句の意味や問題の解き方なども詳しく載っているので語彙力も上がると思います。 現代文がピンチな人、苦手な人、オススメです。 一応全問解き終わったので次は発展編を読もうと思います。

18634595?w=80

僕は現代文割と得意意識があったのですが、記述問題などに対応出来ず困っていてこの本を一度やってみました。この本は記述式問題もあるので本当にオススメです。今はこのシリーズの発展編をやっているのですが、基本編を極めるだけでも大きな力になると思います。細かい語句解説まであるので熟読すると良いと思います。

19539018?w=80

これをとにかく繰り返して解法を叩き込んで、田村、船口とかのはじめからやる問題集をやれば模試である程度の偏差値までいく。

レビューをもっと見る
1330747
参考書名
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)
著者
荒川 久志
ページ
176ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
15962115?w=80

国語と英語の高校の先取りは、数学と違って高校受験対策を包括します。 サンプルは息子しかないのですが、中1の時に定期テストで70点台、よくて80点台だった息子がZ会のVクラスで10番内になれたので、少しでも参考になればと思いレビューします。 中学の現代文の参考書や問題集で良書といわれるものでも、解答根拠を丁寧に説明するぐらいです。 それはよっぽどセンスがなければ伸び悩みます。 それよりも、読み方が大事で、電話帳や過去問、問題集などを手当たり次第やる前に、まずは読み方を丁寧に書いてある参考書を1回やっておくことをおすすめします。 我が家のこれまでの参考書ルートは難関大学のオーソドックスなルートである出口先生のシステム中学国語入門、完成→船口先生のゼロから→アクセス基礎編、発展編です。 出口先生で受験国語のエッセンスを身につけたら船口先生のゼロからで対比を勉強しての河合出版アクセスでアウトプットするのがいいと思います。あと開発講座、現代文と格闘するといった2~3冊で東大の過去問にとりかかれるレベルまでいけるのでアクセスまでやることは高校に入ってからのことも考えると無駄がないと思います。 あと、アクセスのお供にはことばはちからダ、もしくはキーワード読解を辞書使いすることで、抽象的な難関高校現代文においつけます。 難関高校の問題は息子がアクセス発展ぐらいの難易度あると言ってました。 イマイチの中学国語の参考書をやるぐらいならシステム中学国語を終わらせて、充実しているアクセスのような高校現代文の参考書や問題集を先取りすることをおすすめします。 大事なのは先取りしっぱなしではなく、少なくとも2~3周の復習は必要です。

18725782?w=80

とにかく広く使われているだけあって、取り組みやすく飽きない。 ところどころに河合塾講師さん等の優しさが垣間見えて、講義をしてもらっているような掴んでる感があって良い。 読解へのアクセス・正解へのアクセスは確実で押さえたい。

13836098?w=80

解説がすばらしい♡

レビューをもっと見る

得点を決定づける現代文の『解答力』

現代文の『解答力』とは、言い換えれば『誤りの選択肢を選ばずに、正しい選択肢を選ぶ力』のことです。この力は、実際に問題を解いていかなければ身に付きません。そして、一般的な受験生の勉強法では絶対に身に付きません。

[一般的な受験生の現代文対策]
一般的な受験生の現代文読解の勉強はこのようなものです。

ステップ1: 問題を解く
ステップ2: 解答を見て丸付けをする
ステップ3: 解説を読む

この方法では、受験生は問題を実際に解いて、解答を見て丸付けをすることで得点率を出して満足/不満足し、解説を読んで『わかった気』になって勉強が終了します。しかし、問題は実際の試験では解説を読むことはできないという点にあります。実際の試験では、解答も解説もない状況下で、あなたは正答を選択しなければなりません。そして、解答も解説もない状況で正答を選択するためには正答の『根拠』をあなた自身が発見しなければならないのです。

一般的な受験生の現代文読解の勉強では、上に示したように、正答に必要な『根拠』を本文中から探し出す過程が不足しています。これでは、本番の試験時にも『根拠』を持って正答を選択することができません。論理的な解答の『根拠』を見つけた上で、設問に解答する練習を重ねない限り、あなたの『現代文の読解力』は向上していかないでしょう。それはつまり、あなたがいつまでたっても曖昧で信頼できない『センス』や『勘』を頼った問題の解き方しかできないということを意味しています。

『根拠』を持って解答することの重要性を理解したあなたは、論理的な『根拠』のある解答をすることができるように練習していきましょう。

[論理的解答力の養成のための勉強法]
論理的解答力を身に付けるための現代文読解の勉強法は、以下のステップで行います。

ステップ1: 問題を解く
ステップ2: 解答を見て丸付けをする
ステップ3: 『間違った問題』『正解したものの根拠を見つけられなかった問題』の根拠部分を、本文の中から探し出す
ステップ4: どうしてもわからない問題のみ解説を読む

この勉強法では、ステップの3で『自分なりの根拠』を見つける練習が組み込まれています。正解の根拠は本文中のどの部分だったのか、正解を知った後で本文から探し出す練習を繰り返すことで、本番の試験で解答解説が無くても根拠のある解答をすることができるようになります。練習を重ねるほど、この精度は向上するので、問題集を沢山解いて、正解の選択肢から本文の根拠部分を発見していきましょう。そうすることで、『センス』に頼らない、安定した『論理的解答力』が身に付くことでしょう。

この勉強法は、特に評論文問題の対策に効果を発揮します。非常に多くの大学受験生が評論文の対策方法がわからずに曖昧な勉強をしているため、この記事を読んだあなたは確実に効果を発揮する評論文の勉強法を実践して着実に大学受験現代文を攻略する力を身につけましょう。

以上の、『読解能力の3つの基礎』と『論理的解答力』が身に付けば、現代文の得点は高い域で安定するはずです。現代文が伸びずに悩んでいるあなたは、この方法を実施して確実に学力を伸ばしていきましょう。

下記のリンクに、現代文のみの勉強法をまとめました。よければ参考にしてください。

【現代文勉強法】参考書別勉強法の決定版!読解力+解答力を鍛えよう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

古文勉強の4つのステップ『これだけ!古文マスターへの最短距離』

18541026

古文の勉強はあまり気が進まないというあなた。私もそんな受験生の一人でしたが、古文に対する考え方を変えてからは古文に対する勉強のモチベーションがぐっと上がり、同時に学力も飛躍的に向上しました。

以前の私は『なんで古文なんてネイティブが絶滅している言語を勉強しなくてはならないのだろう』と思っていました。そのため、やる気も全くおきず、古文法の勉強をダラダラと続けていたのです。しかし、実際には古文は、比較的簡単にあなたが志望校に合格するための得点源になってくれる科目なのです。以下の古文学習の4つのステップを実施し、少ない時間と労力で合格のための武器を手に入れましょう。

古文単語

古文の勉強法も、現代文と同様に基礎が最も重要です。まずは古文単語の勉強から始めましょう。

古文単語は英単語と同じように古文の基礎であり、土台です。古文単語の暗記量が少なければ、文章を読んで理解することは難しくなります。英単語に比べて、圧倒的に量が少ない古文単語は、覚えてしまえば得点に直結する分野なので、集中して頭に入れてしまいましょう。

古文の単語帳は自分の気に入ったものを使用すればよいのですが、私は視覚的に気に入った以下の2冊を使用していました。

『読んで見て覚える重要古文単語315』
『マドンナ古文単語230 パワーアップ版: 別冊単語カードつき (大学受験超基礎シリーズ)』

古文単語は書いたり、声に出したりしながら勉強することで頭に入りやすくなります。量が少ないので、あまり億劫にならずに短時間で覚えきってしまおうという気持ちで取り組むことが重要です。古文勉強法の第一段階として、徹底的に暗記してしまいましょう。

8640995
参考書名
重要古文単語315
著者
武田 博幸, 鞆森 祥悟
ページ
304ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
19031259?w=80

一年生のころから繰り返し続けていましたが 覚えやすいゴロやイラストがあるのですっかり定着しました!!

18725782?w=80

古典単語にプラスして古典常識などの付録が厚い、そして覚えやすく、レイアウトも二段階難易度で品詞別の仕様。 とにかくこれ1冊の情報量がとても良い

18542140?w=80

学校で買ったのより覚えやすいし、これ覚えてから何となく文の意味が分かるようになってきた👍🏻

レビューをもっと見る
687131
参考書名
マドンナ古文単語230 パワーアップ版: 別冊単語カードつき (大学受験超基礎シリーズ)
著者
荻野文子
ページ
245ページ
出版社
学研マーケティング
Btn amazon
18993557?w=80

最高ですマドンナ万歳🙌🏻☺️🌸 語源、語呂、どういった形で入試に出るのかなど、 本当にわかりやすく、覚えやすく編成されています。 230とありますが、それは単語数ではなく項目数です。 230項目で、328語収録されています。 古文と全く関係の無い語呂合わせで無理やり覚えるよりも、 古文の背景にある知識を取り入れながら繰り返し学習する方が、 無理なく、記憶にも残りやすいです。 古文の勉強で手こずっている方は、 ぜひマドンナ古文単語を、 はじめの1冊にしてください✨👩🏻💬📕👌🏻

17236832?w=80

使い始めたてですが、かなりの衝撃に書き込みました。 語源やその時代の背景と絡ませていて古語と現代語としての区別や、キツすぎない語呂などかなり分かりやすい!歴史や公民で語呂よりもその時代背景なんかの物語を考えながら覚えていく人に個人的にはマドンナ古文単語が合うように思います。

17936127?w=80

とにかく語源とゴロで覚えやすいです。230ですが、実際はもっとあります。大丈夫です。

レビューをもっと見る

古文法

大学受験古文の勉強では、古文法が知識問題としても読解問題としても出題されます。
つまり、大学入試の古文問題では、古文法の勉強は非常にコストパフォーマンスの良い分野であると言えます。古文法は勉強して覚えてしまえばそのまま得点に繋がるのですから、勉強しない手はありませんよね。

大学受験の古文問題では、MARCHや早慶といったハイレベルの大学ですら、古文法の知識をダイレクトに問う設問を出してくることが多くあります。つまり、古文法の活用を覚えているだけで、志望校の問題で得点を生み出すことができます。繰り返し勉強して完璧にして臨みましょう。

『基礎から学べる入試古文文法―代々木ゼミ方式』

この古文法の参考書は間違いなく最強の古文法参考書です。この1冊で古文法は十分です。最も効率的に古文法を完璧にできる参考書なので、何度も取り組んで完璧に仕上げて下さい。私は夏から始めて10周ほどしたところ、古文法はその後の読解でも何の問題もないレベルまで仕上げることができました。

古文法は古文の読解においても、得点に絡むという意味でも要となる部分なので、早い段階で完璧に仕上げましょう。

4573
参考書名
基礎から学べる入試古文文法―代々木ゼミ方式
著者
望月 光
ページ
127ページ
出版社
代々木ライブラリー
Btn amazon

古文読解

大学入試の古文対策で最も力を入れるべき段階が、古文読解の演習でしょう。
古文を英語のような一つの語学勉強として捉えるのであれば、読解力の向上にはとにかく読む量が重要になります。古文読解の問題集は一冊で済ますのではなく、数冊を繰り返し行いましょう。そうすることで、古文単語・古文法の知識量が増し、さらに「解いたことのある古文問題」の数が増えていきます。

実は、「解いたことのある古文問題」の量が多いというのは、大学受験古文では最大のアドバンテージなのです。なぜなら、英語と違い、古文のネイティブは既に絶滅しています。したがって、新しい古文の長文問題が生まれてくることがありません。より多くの古文問題を解いて、あらゆる場面の知識を持っておくことで、「本番で解いたことのある問題に出会う確率」をあげることができるのです。あなたがどんな難関大学を受験したとしても、一度解いたことのある古文問題が出たら楽に得点できるとは思いませんか?

古文読解のステップでは、実際に古文の読解を通じて実力を付けていく段階です。実際の読解問題に入っていきましょう。

『古文入門 読解と演習23』
『古文上達 基礎編 読解と演習45』
『古文上達 読解と演習56』

自分のレベルに合わせて2冊程度問題集を使用して読解に取り組みましょう。余裕があれば、これらの古文読解問題集に加え、できる限りの古文を読んでおくと良いでしょう。大学入試古文では何よりも量を意識した勉強をしましょう。

知っておくと差がつく古文の豆知識

古文の長文問題を読んでいると、文章が段落分けされていることに気が付きます。古文では話の展開を読み取ることが内容理解の重要なポイントなのですが、段落分けの事実を知っていると話の展開を意識した読解が可能になります。

実際の古文は古い言語なので、今のように話の切れ目で段落を変えるような文章の書き方は存在しませんでした。つまり、文章を続けて書いていたのです。しかし、受験生のあなたが入試問題で目にする古文の長文は段落分けがされているはずです。その段落分けは、問題の作成者が行ったものです。つまり、問題作成者が話の場面が変わる部分で『わざわざ』わかりやすいように段落を分けてくれているのです。この事実を知っていると、段落ごとで話の場面が変わることを意識した読解が可能になり、古文の内容を理解しやすくなります。

6082
参考書名
古文入門 読解と演習23
著者
草土力
ページ
232ページ
出版社
Z会
Btn amazon
4572
参考書名
古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用まで
著者
仲 光雄
ページ
192ページ
出版社
Z会
Btn amazon
15962115?w=80

■取り組み時息子のレベル 古文教室と品詞分解を軽くやった程度の古文初心者 ■取り組み方針 古文初心者が45章をアウトプット用として丁寧に進めるとしたら、少しレベルが高く1章約30分ぐらいかかるし、そもそも英数もあるので古文に毎日30分は使えない。 ならば毎日10分程度小刻みに進めるとしたら1周するのに135日かかり、最初のほうを覚えてるのか定着も怪しい。 ということで、古文は語学ということもあり、速読英単語と同じように音読をメインにインプット用読み込み教材として使いました。 ■取り組み方法 新宮竹虎さんの勉強本を参考にしました。最初から別冊だけ使うインプットメインのやり方です。 要約を読んで現代文訳を見くらべながら読み、大体の意味がわかったらひたすら音読するやり方は、古文をやりなれてない息子にとってほとんど作業なのでやり通すことが出来ました。 1周目は1日10分とすると1日目は要約と現代文訳を見比べながら内容把握し、音読3回程度、2日目は10回程度音読をワンセットとして進めました。 最初に頑張って1周さえしちゃえば、2周目以降は1章音読するのに大体1~1.5分程度なので、10分で約9章、5日で45章終わります。 ■工夫 読み慣れたところでマンネリを防ぐために途中で古文読解をはじめからていねいにを挟みました。さくさく読める良書です。主語のとらえ方など読み方も変わったようです。 あと、10周目ぐらいで問題を解かせました。読み込んでいるので10分で3章分ぐらい進みます。さすがに間違いは少なく、間違ったところは次の読みのとき引っかかりにもなりよかったです。 ■まとめ 1周したときに効果を確認したところ、期待したほどではなくがっかりし、この進め方を疑ったのですが、そのあと何周かするうちに随分読み慣れたのか、難関高校の入試問題もすんなり読めるようになりました。5~6割平均のところ7~8割ぐらいはとれます。 反省としては1章2日20分かけたのですが、2日目は不要で、とにかく早く1周したほうがよかったかもしれません。 この参考書は別冊が充実しており、読み込み教材として秀逸ですし、本当に基礎が身につく鉄板の参考書です。高校用なので、この本をやり通すと大学受験までやる参考書はあと数冊ですみます。 トータル時間は24時間程度。アウトプットメインで最初から問題もとく丁寧なやり方で1章30分としたときに1周するのと同じぐらいです。ただ同じ時間で10周以上復習音読が出来たので、定着が全然違うし、作業なので挫折しにくいということがよかったというのが感想です。

18849509?w=80

この本は1日4題やっても苦にならないです それどころか毎日読めるようになってる!ていう実感がつきます。 ゴルゴ600単語と並行してやってるので、ゴルゴがおぼわってきたのもあると思います。 これを一通り復習までやってから過去問を何周もしたいです

19703840?w=80

実践問題1を解いた瞬間笑いが止まらず、はじめて参考書を好きになりました 何事にも溜めすぎはよくありませんね お手洗いはこまめに行くべきだということを再確認した問題でした

レビューをもっと見る
4107
参考書名
古文上達 読解と演習56
著者
小泉 貴
ページ
176ページ
出版社
Z会出版
Btn amazon
16011632?w=80

これも同じ先生から借りパクしました。 数ページしかやってません。 未だ古文は苦手です。

12837889?w=80

一応全て終わったので。 まず、演習編はとにかく難しい。 解説を読んでも古文が相当好きな人でなければ苦痛を感じるレベルで意味がわからない。 旧帝国大学や早慶を目指してる人以外はオーバーワークになるので不要。

レビューをもっと見る

古文の背景知識

古文の背景知識は、軽視する受験生が多いですが、得点に結びつく重要な分野です。なぜなら、当時の常識を知っていることで読解の質が向上するからです。

古文の問題は、『ハリーポッター』シリーズの全7冊の中から、1つの章が問題として抜き出されているようなものです。仮に、『ヴォルデモートとハリーが最終決戦をしている場面』の文章が入試当日に出たとしましょう。映画を既に見ていたあなたは、話の内容も、魔法使いの戦い方も理解しているため、内容を忘れてしまっていたとしても理解度が高い状態で読み進めることが可能です。しかし、仮にあなたが初めて『ハリーポッター』シリーズのこの場面を読んだ場合、どんな背景で二人が戦っているのか、どうすれば戦いに勝てるのかがわからないでしょう。このように、『知っている』ということは内容の理解に大きな影響を与えます。古文の背景、当時の常識を『知っている』ことで内容を理解しながら、余裕を持って設問に答えていくことが可能になるのです。

『マドンナ古文常識217 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)』
 
自分の気に入った1冊を使用して古文の時代の背景知識を頭に入れましょう。また、頻出の『竹取物語』『大鏡・今鏡・水鏡・増鏡』『源氏物語』などは大枠のストーリーを頭に入れておくと読解がスムーズになります。インターネットで和訳を見つけることができるので、読んで内容を知っておきましょう。古文は、英語と違ってネイティブが存在しない言語なので(現代で藤原氏に会うことはできません)、出題されるストーリーが増えることはありません。大抵の場合は、頻出の物語の異なる場面を問題にしています。ストーリーを把握して、試験で高得点を叩き出しましょう。

694070
参考書名
マドンナ古文常識217 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)
著者
荻野文子
ページ
287ページ
出版社
学研マーケティング
Btn amazon
18994452?w=80

これは良書。理系の目線で語ります。 便覧見るのとか辛い、受験に出る古文常識を知りたいときにとても良い。そして興味深く面白く語られている。 例えば弘徽殿とはどこか?脇息とか蔀とは何なんだ?など。言葉の由来とかもある。恋愛と結婚の章とかは皆興味深く読めそう。読んでたおかげで「蜻蛉日記で、男が3日連続で来ないと不安なのはなぜ?」という問いがわかった。文章読んでて注がついていてもイメージ湧かないものを知ってるとスムーズに読める。 これを読んだ後に源氏物語を読んだけど、なぜ桐壺の更衣がいじめられるのか、弘徽殿の女房はなぜ意地悪をするのか、藤壺という地位はどれくらいすごいのか、などが鮮明に分かって読み進められた。 二次国語あるーみたいな人に1度だけ目を通してみてほしい。でも正直1度だけでいい。(私大文系を意識してるところあるから理系には必要なさそうな場所はある)

18725782?w=80

“マドンナのマドンナによるマドンナのためのマドンナ”それがマドンナ古文常識だ

2863851?w=80

古文常識は勉強するというより、スキマ時間(通学の電車や休憩時間や寝る前など)にパラパラめくる程度で十分。これはその中でも比較的ストレスなく読める本かと思います。この筆者の古文文法本はちょっと問題ありですが、古文常識と単語帳は優秀なのでオススメです。

レビューをもっと見る

漢文最強の参考書『これだけ!たった2冊で漢文マスター』

18541023

漢文は大学受験国語の中で最も配点に占める比率が小さい科目です。あまり複雑な能力が要求されることもないので、最短時間で合格に必要な力を身に付けてしまいましょう。付け焼刃的に、0から6割7割程度得点ができるレベルまで上げるのには、1ヵ月あれば十分です。以下の2冊の参考書があれば大学受験の漢文は早慶レベルまでの合格基準に対応できるでしょう。

漢文早覚え即答法

『漢文早覚え速答法 パワーアップ版 (大学受験VBOOKS)』

この参考書は、漢文の句形や語句を非常に効率よく理解・暗記するのに最適の参考書です。2週間から1ヵ月かけて数周し、内容を完璧に理解して覚えてしまうことで受験の漢文はほぼ解けるようになります。暗記する量も多くなく、英語などに割く労力に照らすと非常に楽です。短期で集中して合格できる学力を身に付けてしまいましょう。

8777151
参考書名
漢文早覚え速答法 パワーアップ版 (大学受験VBOOKS)
著者
田中雄二
ページ
197ページ
出版社
学研マーケティング
Btn amazon
16925071?w=80

読みやすく、いつまでも集中力が続く✨ はまってしまうように勉強した! 可愛くて参考書感が無いのも良い○ 買ってよかったと思えた✌🏻

18842420?w=80

これやってマスターしてセンター解いてそんときに知らなかったことを増やしていけば良い。 ひたすら覚えるべきことが書いてあるものより、しっかり要点が載っててそれをどんどん使って知らなかったことを覚えるほうがいい。いつまでインプットする気なのか。アウトプットも大事ではないか。この本を馬鹿にする者は豈不愚哉。

17856353?w=80

自分は国語が苦手で、まずは漢文からと思いこの参考書を購入しました。 本書はとても効率的に学習出来る良書だと思います!他の方のレビューにもあるとおり、単語が若干足りていないように感じました。

レビューをもっと見る

漢文句形とキーワード

『文脈で学ぶ 漢文句形とキーワード』
 
この参考書は、漢文の句形と語句を1冊にまとめたシンプルな参考書で、古文単語帳に近いものです。単語帳としては薄い参考書ですが、1冊あれば漢文の句形と語句の暗記には十分です。また、シンプルにまとまっているため、『早覚え即答法』の復習にも最適です。持ち歩いて細かく隙間時間に勉強し、合格に必要な力を最短時間で身に付けてしまいましょう。

4106
参考書名
文脈で学ぶ 漢文句形とキーワード
著者
原 安宏
ページ
288ページ
出版社
Z会
Btn amazon
13529742?w=80

この参考書は句形学習、重要単語、ジャンル別文章読解の三部構成になっている。 句形の網羅性はもちろんのこと、解説が非常に詳しく、赤シートでサクサク暗記することができる。 強いて欠点を挙げるとすれば、この参考書はポケットサイズで全体的に文字が小さいため見にくいかもしれない。(通学時は良い点だと思われる)

14395977?w=80

網羅率は相当高い 第3章の文章のパターンを読めば、演習に際して顔馴染みを増やせるかも ただ漢詩は手薄?

レビューをもっと見る

最後に

15606959

大学受験の国語を『なんとなく』『センス』で解き、明確な目標と方法のある勉強をしてこなかった人は、『暗記』『読解』『解答』のそれぞれのステップで着実に力を付け、参考書を使って確実に偏差値が上がる勉強を心がけましょう!

大学受験の国語は、現代文・古文・漢文という3種類の対策が必要になる科目です。また、現代文という科目で点数を取るための力の正体が見えにくいので、なかなか思うように偏差値が上がりにくいのです。

これまで、国語に苦手意識をもっていた人も、この記事でご紹介した参考書を有効に使って、「確実に」偏差値を上げていってくださいね!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720512
早稲田大学 文化構想学部に通っていました。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。 教育業界への関心が強く、2017年9月からロンドンにある大学院「UCL」のInstitute of Educationに入学予定です。得意科目は英語で、IELTSのスコアは7.0です。

関連するカテゴリの人気記事

18599546?w=120

【大学受験国語勉強法】『確実に』偏差値を上げる現代文勉強法

14615816?w=120

【大学受験】国語勉強法の総まとめ!現代文・古文・漢文を完全網羅!

14946523?w=120

【国語記述問題対策】解き方・書き方の勉強法とおすすめ参考書・問題集

16018207?w=120

【東大文化Ⅰ類合格体験記】「高校1年〜浪人まで」の国語勉強法

16006558?w=120

【東大合格体験記】東大に合格した私が効果を感じた国語の勉強法

16017678?w=120

【東大理科Ⅱ類の合格体験記】理系のための国語の勉強法!失敗談あり

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay