15906574

【生物】生物1一問一答 完全版の使い方と特徴

はじめに

生物1一問一答 完全版の使い方と特徴を紹介します。

7833
参考書名
生物1一問一答―完全版 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
田部 眞哉
ページ
277ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon

目的

センター生物で確実に点数を取る

ボリューム

277ページ

目安勉強時間

50時間

使用期間

半年(1周)

使用レベル

センターレベル

学習効果

これ一冊を完璧に理解すればセンターの生物は90点以上は確実になる

【生物1一問一答 完全版】の特徴

形式:
各分野について解説ページと問題ページに分かれる。
解説ページでも空白があり、各ページで一問一答が可能で知識の確認ができる。

長所:
出やすい部分がしっかりまとまっていて、かつその知識が本書のどこにあるのか探しやすい。
私は生物を一通り勉強した後にこの参考書に着手したのだが、自分が曖昧だった、もしくは混乱していた知識が分かりやすく整理されており、かなり助かった。最初からこの参考書で勉強していれば知識が最初から整理されている状態で入るので非常に効率的だろう。

短所:
試験に出る知識全て網羅されているのは素晴らしいことなのだが、逆に掲載されている知識量が多すぎるように感じた。
私のように一通り勉強した人間にとってはどの知識が重要かどうかは判定できたが、初学者には不親切に感じた。

【生物1一問一答 完全版】の使い方

初学者:
上述した通り初学者にとって本書だけだと学習は難しいので、教科書の傍用問題集として使用するのがよいだろう。
復習、知識の整理として使うとよい

既習者:
自分の知識が曖昧な部分は問題を解いてきて分かると思う。そのあたりの知識を本書で確認するといい。全ての知識が上手く整理されているので何度も本書の該当部分を呼んで暗記していくといいだろう。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    15906574?w=120

    【生物】生物1一問一答 完全版の使い方と特徴

    関連するキーワード

      スマホアプリで
      学習管理をもっと便利に
      Foot bt appstore
      Foot bt googleplay