15790530

【数学】佐々木隆宏の 整数問題が面白いほどとける本の使い方と特徴

はじめに

佐々木隆宏の 整数問題が面白いほどとける本の使い方と特徴を紹介します。

8682
参考書名
佐々木隆宏の 整数問題が面白いほどとける本 (数学が面白いほどわかるシリーズ)
著者
佐々木 隆宏
ページ
234ページ
出版社
中経出版
Btn amazon

目的

整数問題対策

ボリューム

234ページ

目安勉強時間

100時間

使用期間

3か月(3周)

使用レベル

中堅私大~国立二次、難関私大レベル

学習効果

大抵の整数問題には、難関国立大だろうと対応できるようになる。

【佐々木隆宏の 整数問題が面白いほどとける本】の特徴

形式:
一般的な数学参考書と同じで、各章に分かれていて、それぞれ例題から始まり、解説、公式の紹介、類題を解いてみる、といった流れ。

長所:
なんといっても解説が分かりやすい。筆者は中学時代から先生に質問しては理解できず困らせる問題児だったので、数学の理解力に関してマイナスの方面に自信があるのだが、この参考書は誰に質問せずとも理解できた。
また、整数のいろはから教えてくれるのもいい点だ。今まで「整数」というわかった気になってしまいがちな分野を根本から理解を固めてくれるので盤石な整数問題対策が可能となる。

短所:
表紙に抵抗がある人はあるかもしれない・・・がその程度しか短所が思いつかないほど、整数問題対策本としては完成された良書である。

【佐々木隆宏の 整数問題が面白いほどとける本】の使い方

まずは例題も解きながら1周して内容を理解する。
次に本書の最後には問題がまとめてあるので、一回何もせずに解いてみる。(2周目)
そこで解けなかった問題について1周目と同様に学習する。(3周目)
ここまでやれば、全体的にある程度の理解はできたと思うので、より完璧を求める人は四周目をするのもよし、他の分野の学習を進めたい人は他に移るもよし。
しかし、一橋など整数問題が出ると決まっているような入試を考えている場合は、3周などで終わらず、5周でも7周でもしてほしい。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15745182?w=120

    【数学】新数学スタンダード演習の使い方と特徴

    15746910?w=120

    【数学】大学への数学 新数学演習の使い方と特徴

    15789928?w=120

    【数学】やさしい理系数学の使い方と特徴

    19772939?w=120

    【数学】大学への数学 1対1対応の演習 数学Ⅰの使い方と特徴

    15790210?w=120

    【数学】理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの使い方と特徴

    15790263?w=120

    【数学】微積分/基礎の極意―大学への数学の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay