15745880

【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

はじめに

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴を紹介します。
英文法の勉強に適していることで有名な参考書ですが、この記事を参考にぜひ英語の勉強法を確立しましょう。

3012
参考書名
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100
著者
竹岡 広信
ページ
240ページ
出版社
講談社
Btn amazon
14195928?w=80

【ずっと英作文が苦手だった私】 英作文で満点が取れない。いつも部分点でした。しばらくは、英作文は難しいから満点が取れなくても仕方がないと思っていましたが、前置詞が抜けている、自動詞か他動詞か分からない、言い回しが思い付かない、など多くの問題が出てくるうちに、どうしていいか分からなくなりました。 「ここにatを入れればいいんだよ」 「これはtheは要らないよ」 「こっちの言い回しの方がいいと思う」 こんなアドバイスばかりで、あともう少しだったのに…と悔しい思いをするばかり。私は、単語力やイディオムの知識が無いせいでこうなのだと思い込んで、必死に単語帳をやり始めました。それは確かに無駄なことではありませんでした。でも成果が出たかというと、そうではありませんでした。ずっと悩んだまま、書店に足を運ぶと、「ドラゴン・イングリッシュ」が目に留まりました。 【変な名前!でも開いてみると…】 『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』とあるように、英文は100題しかありませんでした。中を見てみると、左側に日本語の文。右側に和英の文。下側には、「間違えやすいところ」「注意すべき言い回し」など。案外シンプルでした。 【とりあえず1周してみよう】 CDを聞きながら、とりあえず1周してみようと、電車の中、待ち時間など、隙間時間を利用して、流し読みしました。 「こんな言い回しあったんだ、便利だな」 「私もここ引っかかった!」 などなど。次第に納得するところが増えていきました。何周かして、1ヶ月後の授業では、みるみる英作文の点数が取れていくようになりました。初めは少し不思議なくらいでしたが、自然に日本語から英語に言い換える「言い回し」が自然と出来るようになっていったのです。 【こんな人にオススメ!】 そうは言っても、この本は簡単ではありません。初心者なら、この本は避けるべきです。もっと基礎の文法を1回おさらいして、単語力もそこそこあるのに、なかなか英作文で点数か取れない、文法をやったはいいが、自分で使えないという人に最適だと思います。 【私の活用法】 間違えやすいポイントがたくさん書いてあるので、自分が分からなかった、知らなかったものに、蛍光ペンを引いていきます。そして、左側の日本語を見て、大体の英文の構造を頭に思い浮かべて、右側の英文を見て自己採点します。その際に、前もやったのにまた間違えてしまった蛍光ペンで引いたところには、波線を。という風に出来ていない言い回しを徹底的に絞っていきます。 英作文に苦しんでいる方、この本を買おうか迷ってらっしゃる方、たくさんいらっしゃると思いますが、ある程度文法が分かっていらっしゃるようなら(英検準2〜2級合格レベル)、この本を買ってみて損は無いと思います。100文しかないことに心配が残るかもしれませんが、これが300文だとしたら、1周するのが大変です。お試し気分で買ってみてください。

18680562?w=80

英作文力をゴミから並に上げてくれた良書 これを覚えたら後は演習あるのみな気がしてきた あと、地味に東大に挑戦!のコーナーが良問揃い 東大英語4Aの雰囲気を掴める

18296897?w=80

これ一冊だけというのは無理があるナリ 駿台の700選のほうがよかったよ。

レビューをもっと見る

目的

英語例文・英作文学習

ボリューム

240ページ

目安勉強時間

30時間

使用期間

1ヶ月(1周)

使用レベル

センターレベル~国立二次試験

学習効果

英作文問題を攻略する際の基礎となる例文を身に着けられる

【ドラゴン・イングリッシュ基本英文100】の特徴

形式:見開き2ページで一つの英文と和訳を載せ、残りの部分は全てその例文のための解説である。それが100文掲載されています。また、その英文を読んでくれるCD付きです。

長所:一つの例文に対する解説の詳しさに尽きるでしょう。どうしてその英語表現になるのか、といった英作文初心者には優しい解説や、類似した例文や表現がこれ以上ないほどに詰まっています。
普通の例文集だと例文がズラッと並んでいてその和訳と解説が一行程度、というのがほとんどでしょう。しかしそれでは覚える例文の量が増えてしまう上に、和訳⇔英文の形式的暗記をしがちになってしまうため、少し問題文の和文が変わると同じ表現でよいのに分からない、という理解状態になってしまいます。
その点本書は一つの英文に含まれた英語表現一つ一つについて細かく解説しているため、本質的な理解が可能となります。また、例文数は100というのもちょうどよい量です。
また、CDも意外と役に立ちます。これは全ての暗記に言えることですが、五感をできるだけ多く使った方が脳は記憶しやすいのです。読んでも書いても覚えられなかった例文が、毎日聞いていたら覚えた、というのは私だけでなく周りの友人達も体感しています。ぜひ一度試してみてください。

短所:CDがついているためか、価格が少々高い。しかしその対価に見合った内容だと言えます。

【ドラゴン・イングリッシュ基本英文100】の使い方

英作文の学習の基礎構築の時期に使用するとよいです。
一回通して読んで、週に10個くらい覚えていくとちょうど良いのではないのでしょうか。
先程も述べましたが、書くだけではなく、CD聞いて覚えてみてほしいと思います。騙されたと思って一回お試しあれ。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15788518?w=120

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    15840075?w=120

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    15790568?w=120

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    15839768?w=120

    【英語】解体英熟語の使い方と特徴

    15895181?w=120

    英文解釈の技術100の使い方と特徴【英語のおすすめ参考書】

    15746439?w=120

    【英語】速読英単語 入門編の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay