15948980

【英語】速習!英語頻出問題 ダブルポイントの使い方と特徴

はじめに

速習!英語頻出問題 ダブルポイントの使い方と特徴を紹介します。

40511
参考書名
速習!英語頻出問題 ダブルポイント
著者
風見寛・John Cahill
ページ
0ページ
出版社
Z会
Btn amazon

目的

英語全般の知識総整理

ボリューム

268ページ

目安勉強時間

40時間

使用期間

1ヵ月

使用レベル

標準

学習効果

センターレベルの英文法などの知識を短い時間で復習できる

【速習!英語頻出問題 ダブルポイント】の特徴

形式:
基本的に左ページが問題で、右ページが解答・解説という形式。一問一答である。
問題の分野は英文法や熟語、会話表現、アクセントなど広くわたり、長文読解・記述型英作文問題以外の全てを網羅した一冊と本書にある。

長所:
タイトル通り効率を重視した参考書で、一周一ヵ月で終わるように作られている。広範囲の分野を一ヵ月で全復習するために、一問で二つ分の文法事項などを復習できるようになっている。問題によっては3項目以上のポイントがつまっている場合もある。
このため、試験直前などの総復習に最適と言える。また、一通り文法の学習を終えた後に、どの部分に穴があるか効率的に見つけ出すことができる。

短所:
効率的に復習するようにつくられているので、高校一年生など学習はじめの人には向かない。
また、効率性を重視した結果か、解説が雑な所がたまに見られる。特にアクセントと英語のことわざの部分の解説は学習にほとんど役に立たないだろう。

【速習!英語頻出問題 ダブルポイント】の使い方

上述した通り、総復習として活用するのがベストだろう。
そのため30日設定で作られているが、一気やれば一週間ほどで一周できる。
また、電車の中で赤シートを使ってコツコツやりながら知識の穴を見つけるのも良い使い方の一つだろう。間違えた問題にはチェックを入れ、また後で復習をするために活用しよう。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15788518?w=120

    【英語】鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁の使い方と特徴

    15840075?w=120

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの使い方と特徴

    15839768?w=120

    【英語】解体英熟語の使い方と特徴

    15746439?w=120

    【英語】速読英単語 入門編の使い方と特徴

    15895181?w=120

    【英語】英文解釈の技術100の使い方と特徴

    15790568?w=120

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    関連するキーワード

      スマホアプリで
      学習管理をもっと便利に
      Foot bt appstore
      Foot bt googleplay