15835141

【化学】化学Ⅰ•Ⅱの新演習の使い方と特徴

はじめに

化学Ⅰ•Ⅱの新演習の使い方と特徴を紹介します。

2993
参考書名
理系大学受験化学1・2の新演習
著者
卜部 吉庸
ページ
180ページ
出版社
三省堂
Btn amazon

目的

入試に必要な化学の応用力をつける

ボリューム

200問程度

目安勉強時間

120時間

使用期間

1日おきに1.5時間で4〜6ヶ月

使用レベル

標準〜難

学習効果

この1冊が出来る実力がつけば、どんな大学の入試問題も突破出来る実力がつく。

【化学Ⅰ•Ⅱの新演習】の特徴

標準的な問題からかなり難しい問題まで様々な大学の過去問題が載っている。割合としては、やや難の問題が一番多い構成となっている。1問1問がコンパクトな文章にまとめられており、短い時間でも進められるのが良い。学校で配布される『セミナー化学』をしっかりやっていれば、出来ない問題は多いかもしれないが解答を見ながら進められる。もし、セミナー化学の学習が不十分で、解答を見てもさっぱり分からないということがあれば、『化学Ⅰ•Ⅱ新標準問題集』をやるとよい。両冊とも筆者が同じなので、問題レベルの重複なく効率よく学習出来るはずです。

【化学Ⅰ•Ⅱの新演習】の使い方

問題は☆、☆☆、☆☆☆の三段階に分かれているが、全てやったほうがよい。そうすることで、暗記だけではない、化学の本質的な部分を理解できる。高校3年生の夏までに『化学Ⅰ•Ⅱ新標準問題集』を終わらせて、入試直前まで『化学Ⅰ•Ⅱ新演習』をしっかりやれば、化学に関しては受験突破が容易である。進め方は、1日おきに1.5時間、1週間で2章〜3章ずつ出来れば完璧である。入試までには3〜4周もすれば、自分の目標大学の化学が簡単に思えるでしょう。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    14705222

    「化学」問題集6選!難関大学対策はこれで完璧!

    14706315

    厳選!化学問題集6選!偏差値60程度の私立理系を目指す方へ

    14641159

    MARCHに受かる大学受験化学勉強法!

    14966422

    国公立2次化学勉強法 | おすすめ参考書・問題集と苦手克服勉強法

    15299866

    【大学受験】無機化学の勉強法!暗記事項を減らす覚え方のコツ!

    14706491

    【化学の参考書6選】最難関私立大学(早慶)の理系はこれでバッチリ

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay