15825413

【数学】東大理系数学25カ年の使い方と特徴

はじめに

東大理系数学25カ年の使い方と特徴を紹介します。

62778
参考書名
東大の理系数学25カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ)
著者
本庄 隆
ページ
536ページ
出版社
教学社
Btn amazon

目的

東京大学の数学問題の傾向を知って、問題の傾向に慣れるとともに合格点を取るための実力をつける

ボリューム

150問程度

目安勉強時間

120時間

使用期間

2日で1年のペースで3〜4ヶ月

使用レベル

かなり高い

学習効果

実際に入試の問題を体験でき、問題に慣れることができる。

【東大理系数学25カ年】の特徴

東大25カ年シリーズの理系数学です。過去25カ年の東大数学の問題が全問載っているものすごい問題集です。1冊2,500円もするため、買うのを躊躇ってしまうかもしれませんが、東大を本気で目指しているなら、必ず買っておくべきです。実際に多くの東大受験生が理系数学25ヵ年を使っていることを考えると、むしろやらなければ差がついてしまうとさえいえます。
この1冊をやり終えた頃には間違いなく東大の数学を制覇していると言えるでしょう。内容はもちろん最高レベルですが、何より大事なのが時間の使い方です。短い時間でいかに効率良く解いていくか練習しましょう。
現役生なら『やさしい理系数学』や『ハイレベル理系数学』をやり終えた後、高3の11月頃から始められればベストです。
浪人生の場合は7月頃から京大25カ年シリーズと併用してより多くの問題をこなすと良いでしょう。

やさしい理系数学の使い方と特徴

ハイレベル理系数学の使い方と特徴

【東大理系数学25カ年】の使い方

3時間で1年分解くくらいのペースが目標ですが、時間的に困難な場合は1日3問ずつに分けて2日で1年分で解くか、分野別に解いていくといいでしょう。
分野別に解いて行く場合、レベルDは難しいのでやらなくていいです。本番でこのレベルを解けなくても合格点を十分取ることができます。
高3の11月頃から初めて、受験直前まで一問一問をしっかり定着させましょう。
解き直せば解き直すほど力がつきます。『やさしい理系数学』や『ハイレベル理系数学』をやり終えた後に最終確認として解きましょう。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15745182?w=120

    【数学】新数学スタンダード演習の使い方と特徴

    15746910?w=120

    【数学】大学への数学 新数学演習の使い方と特徴

    15789928?w=120

    【数学問題集】やさしい理系数学の使い方と特徴【やさ理】

    19772939?w=120

    【数学】大学への数学 1対1対応の演習 数学Ⅰの使い方と特徴

    15790210?w=120

    理系数学の良問プラチカ(数学ⅠA・ⅡB)の使い方と特徴

    15790263?w=120

    【数学】微積分/基礎の極意―大学への数学の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay