15789823

【数学】ハイレベル理系数学の使い方と特徴

はじめに

ハイレベル理系数学の使い方と特徴を紹介していきます。

4447
参考書名
ハイレベル理系数学 改訂版 (河合塾SERIES)
著者
三ツ矢 和弘
ページ
161ページ
出版社
河合出版
Btn amazon

目的

数学の応用力を向上させる

ボリューム

100問程度

目安勉強時間

80時間

使用期間

東大受験者の高3直前期、浪人時

使用レベル

やや難

学習効果

この問題を解けば確実に合格というレベルの問題に強くなる

【ハイレベル理系数学】の特徴

東大受験者の平均的な数学力はあることが前提で、「最高レベルに難しい」という意見もあるが、正直そこまで難しくない。もっと難しい問題は数えきれないくらいある。とは言っても、解けなくても合格出来るレベルの問題が多数載っている。逆に言うと、この問題のレベルが解ければ確実に志望校には合格する。『やさしい理系数学』『新数学スタンダード』レベルの問題はすらすら解ける事が前提。数学でしっかり点を取ってアドバンテージにしたい人におすすめ。

【ハイレベル理系数学】の使い方

受験直前期に空いた時間を使いすすめる。この問題集を解く人は基本数学が大好きなので楽しいはず。1周でもいいが、2周出来ればよい。問題数は多くないので2周するのはそんなに大変ではない。この問題が解ければ合格出来る!と思って1問1問解くと良い。解けなくても合格出来る可能性はある。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15745182?w=120

    【数学】新数学スタンダード演習の使い方と特徴

    15746910?w=120

    【数学】大学への数学 新数学演習の使い方と特徴

    15789928?w=120

    【数学】やさしい理系数学の使い方と特徴

    19772939?w=120

    【数学】大学への数学 1対1対応の演習 数学Ⅰの使い方と特徴

    15790210?w=120

    【数学】理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの使い方と特徴

    15790263?w=120

    【数学】微積分/基礎の極意―大学への数学の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay