15906612

【地理】実力をつける地理100題の使い方と特徴

はじめに

実力をつける地理100題の使い方と特徴を紹介します。

910813
参考書名
実力をつける地理100題 改定第3版
著者
Z会出版編集部
ページ
432ページ
出版社
Z会
Btn amazon
14755608?w=80

質、量ともに軽い気持ちでいくと三日坊主になるが、確実に力になる。さすがZ会出版の編集部。 自分は地理が得意科目で偏差値80くらいあるのですが、それでも詰まってしまう問題も多いので最低限の基礎は詰めてからやるべきだと思います。

15402032?w=80

この問題集は結構難しいです 記述式の問題が多く、京大・私大志望の人にぴったりの問題集です 東大過去問演習の橋渡しとして3周ほどしましたが、論述の役にはそれほど役に立ちませんでした…… しかし、同じ予備校の京大志望で二次地理選択の友人たちはこの問題集に取り組み、二次試験の地理対策をしていました。 この問題集をしっかりとこなすことで京大地理が問うているような細かな知識が養成されるでしょう 旺文社の【地理標準問題精講】と比べてみて、気に入った方を利用するといいでしょう

レビューをもっと見る

目的

地理問題演習

ボリューム

約250ページ

目安勉強時間

80時間

使用期間

3ヶ月で1周

使用レベル

標準〜やや難

学習効果

地理における知識の補強と実践的な力が同時に行える。

【実力をつける地理100題】の特徴

地理の大学入試の過去問とオリジナル問題が掲載された問題集。レベルとしては標準的なものからやや難しいものまであるので、地理の実力を着実につけることができる。また、問題演習を通じて地理の知識の補強にも役立つ。

【実力をつける地理100題】の使い方

基本的には問題を解き、解答・解説を読む。その後、解答のポイントなどで自分の知らない箇所があればそれをノートなどにまとめ、自分用の暗記ノートを作り、知識の補強をする。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    15906612?w=120

    【地理】実力をつける地理100題の使い方と特徴

    15911570?w=120

    【地理】東大の地理25ヶ年の使い方と特徴

    15949425?w=120

    【地理】山岡の地理教室 PART1&PART2の使い方と特徴

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay