15702338

【試験本番の弱さを克服!】受験の緊張をほぐす5つの方法

はじめに

学校の定期試験や模試の時とは比べ物にならないほどの緊張を入試本番では感じてしまうのが往々です。実際、受験の緊張から眠れない、腹痛になる、頭が真っ白になる、なんて経験をしてしまう方はたくさんいます。
こうなると100%の力を発揮できず受験が終わってしまうので、ぜひ本番までに緊張を和らげる術を覚えておきましょう。

そこで今回は東京大学を受験した際に私の緊張を和らげてくれた5つの要素を紹介します。受験勉強を乗り切る心構えを作るのにぜひ役立ててみてください。

環境編

14641226

自分が緊張していると周りの人がみんなすごく余裕があるように見えてしまいます。

①周りの受験者を怖がらない。

でも実はみんな緊張しています。

プレッシャーを感じずにみんな自分を怖がってフリをしているだけだと思いましょう!

またマネキンだと思うという方法も効果的です。<strong></strong>

②長い時間の休憩は散歩をする。

センター試験や二次試験などでは初めて行く場所である場合が多々です。

未知の場所にいるという感覚は無意識にストレスを与えるのでそれを解消することは実はとても大事です

気分転換もかねて試験場を探索しましょう。

③試験会場をホームにする

重要なのは試験会場を自分のホームにするということです。新しい環境に身を置くと多少なりとも精神的にストレスがかかります。
そこで、さも自分のホームグラウンドであるかのように考え試験会場では堂々とするようにしました。受験会場が近かったり志望度が高い大学については、周辺を下見に行っても良いと思います。

人間編

14721180

友達と話をすることでものすごくリラックスができ、効果覿面です。

①友達と休み時間に雑談をする。

但しテストに関した話題は絶対にNGです。さらに緊張が増してしまいます。

また直接会えないときはメールをしたりしましょう。(試験中は電源を切りましょう。)

これをすることで心持が随分変わります。

②試験官と話をする

テスト用紙を受け取るときなどに一言二言会話をしてみましょう。

監督官という存在に対して無意識のうちにプレッシャーを感じてしまいます。

話しかけてみることでそのプレッシャーはかなり薄れます。

またおしゃべりな監督官もたまにいたりします。

心情編

15288551

最後には自分が自分をどれくらい信じているかが大きな要素だと思います。

・自分を信じる。

自分が今までどれくらい頑張ってきたかを本当にわかっているのは自分だけです。

自分を疑っているままでは絶対に緊張を薄れません。

試験の時は自分を盲信しましょう。

最後に

15183253

ここまで紹介したのは全て私が実際にやった方法なので、一度試してみてください。緊張の和らげ方、参考になったでしょうか?

そしてこの5つの方法の根本にあるのは、自分のホームだと思う ということです。

自分が試験会場を支配しているんだと思うくらいのどっしりと構えた状態で試験を受けましょう。緊張なんかには負けないでください!

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15508756?w=120

    超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

    15590364?w=120

    【大学入試ってどういう仕組み?】受験の種類と方法を徹底解説!

    15823937?w=120

    【勉強場所比較】最強の勉強場所はどこ?勉強できるカフェを見つけよう!

    15575827?w=120

    勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

    15624607?w=120

    【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

    15673009?w=120

    【高校生の選択科目の選び方】文系コースで失敗しない3つのポイント

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay