15706680

【東大合格勉強法】文系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

はじめに

数学は最も点差のつきやすい科目であり、文系においても、英語と並んで最重要な科目であると言える。このプランでは、本番で50点を目指すプランであるが、某予備校の調査によると、数学で50点以上得点した人は8割合格するそうである。
この2年プランでは、高2の春から高3の直前期までずっと継続的に勉強し、全教科合わせて2年で約3,000時間の勉強計画のうち、1/3にあたる約1,000時間程度を数学に費やす計画。

15706549

15706554

使用教材

・『チャート式 基礎からの数学』1A,2Bの2冊(以下「青チャート」)
・『1対1対応の演習―大学への数学』1,A,2,Bの4冊(以下「1対1対応」)
・『文系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B』(以下「良問プラチカ」)
・『東大の文系数学25カ年』(以下「東大25カ年」)
・『東京大学への数学ー実戦模試演習』(以下「駿台模試問」)
・センター過去問、予備校のセンター予想問題集(以下「センター過去問」「センター模試問」)

学習の流れ

学校の授業により、教科書の問題が解けるレベルまで身につけることを前提とし、高2から青チャートを傍用問題集と位置づけ、並行して進める。青チャートは教科書より少しだけ難しいレベルの基本的な問題を網羅している。青チャートの基本例題、重要例題で数学の基本的な解法を暗記することがすべての出発点になる。これを高2の春から高3になる直前の春休み前までに終わらせる。

次に高2春休みから高3一学期、夏休みいっぱいまでかけて1対1対応を完璧にする。東大数学で毎年2問程度出題される標準レベルの問題を扱っている。

例題には各問題に関する解法上のポイントがついていて、それだけを確認していくこともできる。入試標準レベルの難易度の典型問題を網羅しているため、この問題集を完璧にマスターすればだいたい40点(東大合格)レベルの実力がつくと言われている。

高3の9月からはセンター一ヶ月前までは河合塾の良問プラチカで演習を積む。良問プラチカは東大数学において40点よりさらに上の点数を安定して取りたい人向け。入試で差がつく標準〜やや難、難の良問を扱っている。

センター直前一ヶ月は、センター過去問・模試問演習をやり、直前期は良問プラチカの残りと東大25カ年で仕上げ。

スケジュール

1.高校エンジョイ期(高2の4月~高2の7月半ば)

(高2の4月~高2の7月半ば) ⇒ 平日:1h、土曜:2h、日曜:1h(8h/週、合計120h)

2926
参考書名
新課程チャート式基礎からの数学1+A
著者
チャート研究所
ページ
511ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
16917848?w=80

私は現役時代、この参考書を高校配布問題集として使っていました。そして配布時に数学担当の先生からこう言われました。「これを完璧にすれば京大は確実」こんな美味い話はないと思い私はこれを完璧にする事だけを考えて数学に取り組みました。しかし、壁はグランドキャニオンを最下部から眺めるかのような高さでした。その高さを説明します。チャート(IA~Ⅲ)に収容されている問題数は約3000問、1問20分として20×3000=60000分。3周して完璧になるとして60000×3=180000分つまり、3000時間かけて、数学を完璧にするわけです。3000時間とは、1日8時間チャートだけを365日続けてもチャートは終わりません。1年の1番初めから始めたとして1日3時間チャートだけをすると3年間でやっと終わります。しかし入試は数学だけではないですよね?5科目はもちろん、センターのあの独特な形式の対策をしなくちゃいけない、息抜きだってしたいし、風邪を引いて1日寝込んでしまうかもしれない、お洒落だってしたいし(私は違います)、友達とタコパもしたい(私はできませんでした)、学校行事だってある。要はチャートを完璧に暗記するということは現役合格したけりゃ不可能なわけです。 ここでチャートを使うにあたって最大の重要ポイントはかいつまむことだと私は思います。自分の数学の現状を知り、苦手分野があるならその分野だけを基礎からチャートで徹底。基礎はある程度できるんだって人は羅針盤マーク4つの問題だけをこなす。などといった様々な使い方があるというのがチャートの最大の武器なのではないでしょうか。 これを読んでくださったみなさんはどのようにチャート、いや、数学と友達になっていきますか?その方法は十人十色。読み物として使う人もいれば、辞書として使う人も、はたまた枕として使う人もいます。 まぁ、正直私の中では数学力とは量をこなすよりも1問1問を抉ることで思考力が養成されるのでは…あ、それは、また、別のお話し…。 来週も!見てくれよなッ…!

15799263?w=80

良書。基礎から応用までのレベルの問題が揃ってて網羅性が高い。 ただ、偏差値60ちょっとの自称進学校に入学して、本当の自分の実力がわからない状態でいきなり使い始めると、分量がおおくて進まず、難しいと問題で詰まったりと効率が下がることがある。「周りのみんなが青チャート使ってるから自分も青チャート使う。」みたいな安易な考えはしないで、基礎に不安がある人は黄チャートや白チャートをやった後に青チャートやったほうが圧倒的に効率はいい。 実際黄チャートを本気でやっていれば、河合の記述くらいなら偏差値65以上は普通に取れる。 それでも大学入試の時だと黄チャートでは足りないので、初めのうちは完璧に基礎を固めてから、青チャートに移ることをすすめます(^^)

16813283?w=80

わかっている方からしたら「何を今更w」って言われてしまいますが、「指針」「CHART」「解答」などが見えたまま解いたらいつまで経ってもできるわけがないですよね……(それが僕) もっとちゃんとやっておけば~ 例題は教科書(数研出版)の例題や応用例題と被っているものもあり、至れり尽くせり、って感じです。名前の通り基礎からできると思いました。 問題がリンクしているので、解説のない4STEPを解く際に辞書のようにして使うこともできます。 正直、4STEPより効率的だし楽しいかもしれない…

レビューをもっと見る

青チャートは、学校の授業とで扱っている分野をやるのと同時に、学校で既習の範囲を1Aから自分でも進めていく。どちらも例題のみを最低でも3周以上やり、例題を完璧にする。重要例題、Exerciseはやらなくてよい。
やり方としては、青チャートは、1分考えて解法がわからなければすぐに答えを見て、理解しながらやり方を暗記する。自力で解くことにこだわるのではなく、問題の解法を効率よく身に付けることを優先する。

1周目は4題/日程度のペースで進める。

2.プレ準備期(高2の7月半ば~10月末)

高2の夏休み ⇒ 平日:1.5h、土曜:1.5h、日曜:1.5h(10.5h/週、合計63h)

学期間中(高2の秋) ⇒ 平日:1h、土曜:2h、日曜:1.5h(8h/週、合計72h)

2660
参考書名
チャート式 基礎からの数学2+B 改訂版
著者
チャート研究所
ページ
0ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
Icon default user

最新版使ってるけど登録しちゃったからこのまま記録してるバカ← 一Aでだいたい書いたとおり あ、背表紙?の硬いとこふざけんな😠👊

レビューをもっと見る

引き続き青チャート。まずは1A2Bの全範囲、例題を3周し、完璧にする。そして余裕があれば青チャートの演習問題もやる。

3.受験準備期(高2の11月~高2の3月末)

学期間中(高2の冬) ⇒ 平日:1.5h、土曜:1.5h、日曜:1.5h(10.5h/週、合計178.5h)

高2の冬休み・春休み ⇒ 平日:2.5h、土曜:2.5h、日曜:1.5h(10.5h/週、合計52.5h)

2926
参考書名
新課程チャート式基礎からの数学1+A
著者
チャート研究所
ページ
511ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
16917848?w=80

私は現役時代、この参考書を高校配布問題集として使っていました。そして配布時に数学担当の先生からこう言われました。「これを完璧にすれば京大は確実」こんな美味い話はないと思い私はこれを完璧にする事だけを考えて数学に取り組みました。しかし、壁はグランドキャニオンを最下部から眺めるかのような高さでした。その高さを説明します。チャート(IA~Ⅲ)に収容されている問題数は約3000問、1問20分として20×3000=60000分。3周して完璧になるとして60000×3=180000分つまり、3000時間かけて、数学を完璧にするわけです。3000時間とは、1日8時間チャートだけを365日続けてもチャートは終わりません。1年の1番初めから始めたとして1日3時間チャートだけをすると3年間でやっと終わります。しかし入試は数学だけではないですよね?5科目はもちろん、センターのあの独特な形式の対策をしなくちゃいけない、息抜きだってしたいし、風邪を引いて1日寝込んでしまうかもしれない、お洒落だってしたいし(私は違います)、友達とタコパもしたい(私はできませんでした)、学校行事だってある。要はチャートを完璧に暗記するということは現役合格したけりゃ不可能なわけです。 ここでチャートを使うにあたって最大の重要ポイントはかいつまむことだと私は思います。自分の数学の現状を知り、苦手分野があるならその分野だけを基礎からチャートで徹底。基礎はある程度できるんだって人は羅針盤マーク4つの問題だけをこなす。などといった様々な使い方があるというのがチャートの最大の武器なのではないでしょうか。 これを読んでくださったみなさんはどのようにチャート、いや、数学と友達になっていきますか?その方法は十人十色。読み物として使う人もいれば、辞書として使う人も、はたまた枕として使う人もいます。 まぁ、正直私の中では数学力とは量をこなすよりも1問1問を抉ることで思考力が養成されるのでは…あ、それは、また、別のお話し…。 来週も!見てくれよなッ…!

15799263?w=80

良書。基礎から応用までのレベルの問題が揃ってて網羅性が高い。 ただ、偏差値60ちょっとの自称進学校に入学して、本当の自分の実力がわからない状態でいきなり使い始めると、分量がおおくて進まず、難しいと問題で詰まったりと効率が下がることがある。「周りのみんなが青チャート使ってるから自分も青チャート使う。」みたいな安易な考えはしないで、基礎に不安がある人は黄チャートや白チャートをやった後に青チャートやったほうが圧倒的に効率はいい。 実際黄チャートを本気でやっていれば、河合の記述くらいなら偏差値65以上は普通に取れる。 それでも大学入試の時だと黄チャートでは足りないので、初めのうちは完璧に基礎を固めてから、青チャートに移ることをすすめます(^^)

16813283?w=80

わかっている方からしたら「何を今更w」って言われてしまいますが、「指針」「CHART」「解答」などが見えたまま解いたらいつまで経ってもできるわけがないですよね……(それが僕) もっとちゃんとやっておけば~ 例題は教科書(数研出版)の例題や応用例題と被っているものもあり、至れり尽くせり、って感じです。名前の通り基礎からできると思いました。 問題がリンクしているので、解説のない4STEPを解く際に辞書のようにして使うこともできます。 正直、4STEPより効率的だし楽しいかもしれない…

レビューをもっと見る
2660
参考書名
チャート式 基礎からの数学2+B 改訂版
著者
チャート研究所
ページ
0ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
Icon default user

最新版使ってるけど登録しちゃったからこのまま記録してるバカ← 一Aでだいたい書いたとおり あ、背表紙?の硬いとこふざけんな😠👊

レビューをもっと見る
1450155
参考書名
1対1対応の演習/数学II―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
168ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る

引き続き青チャート。2月末までで終わらせる。3月からは1対1対応の演習に入る。

4.受験前期(高3の4月~7月半ば)

高3の4月~7月半ば ⇒ 平日:1.5h、土曜:1h、日曜:1.5h(10h/週、合計150h)

1450155
参考書名
1対1対応の演習/数学II―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
168ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
1448817
参考書名
1対1対応の演習/数学B―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
104ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
192164
参考書名
1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
著者
ページ
116ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
16828625?w=80

1問1問、自分でよく考え進めることでとても思考力のつく参考書だと思います。 例題のみや演習題も解くなど進め方は人それぞれ自分に合ったものを探せば良いと思います。 (高1)

16814276?w=80

この問題集は青チャートレベルの問題ができればある程度太刀打ちできるのではないでしょうか。 それでもそのスマートな解答は本当に役立つものばかりだと思うし、この数1でももう1つ上の学年でやることも含めてあとあとになってから「こういうことだったのか!」とわかるように気配りができている教材だと思います。 青チャートレベルが簡単だという人はこの問題集で基礎力をつけても良いと思いますが、たいていの人はチャートをシッカリ取り組んでからやるといいでしょう。 なんども繰り返して解いていくと、特に模擬試験などでその解答のスキルアップを実感できると思います。 難しいのはペースです。 青チャートもやって、一対一もやって、忘れかけている分野の復習も…。 なのでうまく時間配分、これは長期休みに取り組むといいかもしれません。 信頼できる書の1つです。 ぜひ使ってください。

10433847?w=80

大学へシリーズ大好きです。 4冊を例題のみをやったら河合塾の記述模試、偏差値58から68になりました。 私は文系なので4冊で済みますし、 何より薄くてすきです 授業中、先生に勝てるようになりました。めっちゃ嬉しいです。 難しくてやる気でない人は受験生として出遅れているのでさっさと青チャなんちゃらみたいなのを終わらせましょう

レビューをもっと見る
67405
参考書名
1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
著者
ページ
120ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
10266960?w=80

個人的には、1対1シリーズでは一番よくまとまっていると思います。ただし、範囲としては確率や整数など奥が深い分野なので、数3とは違いこれだけで直接難関大入試に対応できるわけではないと思われます。

レビューをもっと見る

1対1対応は、Ⅱ→B→Ⅰ→Aの順に進める。

ペースは、まず一周目はⅡのみ2ヶ月、それ以外の3冊は1ヶ月で進め、7月末までにひと通り終わらせる。

5.受験中期(高3の7月半ば~8月末)

高3の7月半ば~8月末 ⇒ 平日:2h、土曜:2h、日曜:1.5h(13.5h/週、合計81h)

1450155
参考書名
1対1対応の演習/数学II―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
168ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
1448817
参考書名
1対1対応の演習/数学B―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
104ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
192164
参考書名
1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
著者
ページ
116ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
16828625?w=80

1問1問、自分でよく考え進めることでとても思考力のつく参考書だと思います。 例題のみや演習題も解くなど進め方は人それぞれ自分に合ったものを探せば良いと思います。 (高1)

16814276?w=80

この問題集は青チャートレベルの問題ができればある程度太刀打ちできるのではないでしょうか。 それでもそのスマートな解答は本当に役立つものばかりだと思うし、この数1でももう1つ上の学年でやることも含めてあとあとになってから「こういうことだったのか!」とわかるように気配りができている教材だと思います。 青チャートレベルが簡単だという人はこの問題集で基礎力をつけても良いと思いますが、たいていの人はチャートをシッカリ取り組んでからやるといいでしょう。 なんども繰り返して解いていくと、特に模擬試験などでその解答のスキルアップを実感できると思います。 難しいのはペースです。 青チャートもやって、一対一もやって、忘れかけている分野の復習も…。 なのでうまく時間配分、これは長期休みに取り組むといいかもしれません。 信頼できる書の1つです。 ぜひ使ってください。

10433847?w=80

大学へシリーズ大好きです。 4冊を例題のみをやったら河合塾の記述模試、偏差値58から68になりました。 私は文系なので4冊で済みますし、 何より薄くてすきです 授業中、先生に勝てるようになりました。めっちゃ嬉しいです。 難しくてやる気でない人は受験生として出遅れているのでさっさと青チャなんちゃらみたいなのを終わらせましょう

レビューをもっと見る
67405
参考書名
1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
著者
ページ
120ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
10266960?w=80

個人的には、1対1シリーズでは一番よくまとまっていると思います。ただし、範囲としては確率や整数など奥が深い分野なので、数3とは違いこれだけで直接難関大入試に対応できるわけではないと思われます。

レビューをもっと見る

1対1対応を繰り返しやる。夏休み中に、1対1対応のどの問題を出題されても瞬時に模範答案を再現できるレベルにまで繰り返し徹底的にやる。また、ここまでの学習で相当力がついているはずなので、代ゼミ、河合、駿台の3回の東大模試で手応えをつかむ。

6.受験後期(高3の9月~12月半ば)

高3の9月~12月半ば ⇒平日:1.5h、土曜:1.5h、日曜:1.5h(10.5h/週、合計157.5h)

4426
参考書名
文系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B (河合塾SERIES―入試精選問題集)
著者
鳥山 昌純
ページ
47ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
15973619?w=80

理系のは評判が悪い。いちえーにびーは文理共通でこっちをやろう。個人的には1体1より好きやけど、それは個人の好み。解説が好き。問題は多め。ご利用は計画的に。これが出来れば過去問500年分やりましょう。

15974490?w=80

よかったです

14395977?w=80

基本事項と入試問題の間くらい 一通り解けたら実力はついていると思っていいはず

レビューをもっと見る
128393
参考書名
大学入試センター試験過去問題集 2013 数学1・A,2・B (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

良問プラチカに入る。問題一つ一つが難しく、問題数も多いので、12月半ばまでに全範囲を終わらせようとしなくてよい。

7.センター準備期(高3の12月半ば~高3の1月半ば)

高3の12月半ば~高3の1月半ば ⇒平日:3h、土曜:3h、日曜:3h(12月中)(10.5h/週、合計21h)

128393
参考書名
大学入試センター試験過去問題集 2013 数学1・A,2・B (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

2次で数学が得意な人でも、センター数学では足元をすくわれる人がいるので、数学に関してはセンター対策を入念にやるほうが無難。10年分のセンター本試の過去問、駿台のセンター模試問5回分、河合のセンター模試問5回分をやる。

8.直前期(高3の1月~2月半ば)

高3の1月~2月半ば ⇒ 平日2h、土曜2h、日曜2h(14h/週、合計70h)

16844098
参考書名
東大の文系数学25カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ)
著者
本庄 隆
ページ
304ページ
出版社
教学社
Btn amazon

東大25カ年、駿台模試問などの予備校の出している東大模試の問題集を時間を測って解く。難易度の低い問題を見つけ、確実に解くトレーニングをする。

模試、本番での予想点数と偏差値

模試、本番での予想点数と偏差値
・夏の東大模試:20(偏差値50)
・秋の東大模試:40(偏差値55)
・本番:50(東大合格ボーダーレベル)

東大模試以外の模試の偏差値
・6月の駿台全国模試:55
・11月の駿台全国模試:60

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    15744499?w=120

    【全体計画】東大に合格できる勉強法

    15707712?w=120

    【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15705509?w=120

    【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15706680?w=120

    【東大合格勉強法】文系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15707261?w=120

    【東大合格勉強法】理系国語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15708317?w=120

    【東大合格勉強法】物理の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    関連するキーワード

      スマホアプリで
      学習管理をもっと便利に
      Foot bt appstore
      Foot bt googleplay