15744065

【東大合格勉強法】化学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

はじめに

化学は30点を目指す。基本的な進め方として、化学と物理を1日おきに勉強していくとよい。基本事項を押さえたら、問題演習を通して理解していく。基本事項を押さえるのにあまり時間を使い過ぎないこと。基本事項の理解には学校の授業を有効利用しつつ、定期テストの進度に合わせ、新標準演習レベルの内容を完璧にしていくこと。本格的には高2の11月から始め、本番までに326h学習する計画。(英語・数学の1/3程度)

15743629

15743632

使用教材

・『化学1・2の新標準演習』(以下、「新標準演習」)
・『理系大学受験化学1・2の新演習』(以下、「新演習」)
・『東大化学25カ年』(以下、「東大化学25カ年」)
・『化学I・IIの新研究』(以下、「新研究」)

学習の流れ

高2の11月から5月末までで、学校で既習の分野に関して、新標準演習を3周する。高3の6月からは新演習に入り、10月末までに3周する。11月からは東大化学25カ年、センター前はセンター対策、直前期は総復習と東大化学25カ年。新研究は、新標準演習や新演習を解いていてわからないところだけ辞書的に使う。

2999
参考書名
化学I・IIの新研究―理系大学受験
著者
卜部 吉庸
ページ
728ページ
出版社
三省堂
Btn amazon
18243862?w=80

化学はどっちにしろ頭の使い方だと思う やってもできなかったら理解力をあげたら絶対理解できる

レビューをもっと見る

スケジュール

3.受験準備期(高2の11月~高2の3月末)

学期間中(高2の冬) ⇒ 平日:0.5h、土曜:0.5h、日曜:0.5h(3.5h/週、合計59.5h)

高2の冬休み・春休み ⇒ 平日:0.5h、土曜:0.5h、日曜:0.5h(3.5h/週、合計17.5h)

3826
参考書名
化学1・2の新標準演習―センター入試・理系大学受験
著者
卜部 吉庸
ページ
279ページ
出版社
三省堂
Btn amazon
16076897?w=80

問題の種類が豊富で解答解説も詳しく これ一冊でセンター試験化学 及び 2次試験対策の足掛かりになる

レビューをもっと見る

平日は物理と化学を交互に1日1時間。
新標準演習を最低1週間1章のペースでやる。

4.受験前期(高3の4月~7月半ば)

高3の4月~7月半ば ⇒ 平日:0.75h、土曜:1h(4.75h/週、合計71.25h)

3826
参考書名
化学1・2の新標準演習―センター入試・理系大学受験
著者
卜部 吉庸
ページ
279ページ
出版社
三省堂
Btn amazon
16076897?w=80

問題の種類が豊富で解答解説も詳しく これ一冊でセンター試験化学 及び 2次試験対策の足掛かりになる

レビューをもっと見る
2993
参考書名
理系大学受験化学1・2の新演習
著者
卜部 吉庸
ページ
180ページ
出版社
三省堂
Btn amazon

平日は物理と化学を交互に1日1.5時間。
5月末までは引き続き新標準演習。6月からは新演習に入る。

5.受験中期(高3の7月半ば~8月末)

高3の7月半ば~8月末 ⇒ 平日:1.5h、土曜:1.5h(9h/週、合計54h)

2993
参考書名
理系大学受験化学1・2の新演習
著者
卜部 吉庸
ページ
180ページ
出版社
三省堂
Btn amazon

毎日新演習をやる。一週間で二章解くペースで。これで夏の終わりには相当の力がつくはずである。東大模試で一定の手応えをつかむ。

6.受験後期(高3の9月~12月半ば)

高3の9月~12月半ば ⇒ 平日:0.75h、土曜:1h(4.75h/週、合計71.25h)

2993
参考書名
理系大学受験化学1・2の新演習
著者
卜部 吉庸
ページ
180ページ
出版社
三省堂
Btn amazon
152909
参考書名
東大の化学25カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)
著者
堀 芙三夫
ページ
424ページ
出版社
教学社
Btn amazon

平日は1日に1日1.5h。9月、10月で新標準演習・新演習を終わらせる11月からは東大化学25カ年。

7.センター準備期(高3の12月半ば~高3の1月半ば)

128623
参考書名
大学入試センター試験実戦問題集化学I 2013 (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
183467
参考書名
センター試験過去問題集化学I 2013 (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

センター対策。2次対策をちゃんとやっていればほぼ問題ないはずであるので、軽めの対策に留める。

8.直前期(高3の1月~2月半ば)

高3の1月~2月半ば ⇒ 平日1.5h、土曜1.5h、日曜1.5h(10.5h/週、合計52.5h)

152909
参考書名
東大の化学25カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)
著者
堀 芙三夫
ページ
424ページ
出版社
教学社
Btn amazon

東大25カ年、駿台模試問などの予備校の出している東大模試の問題集をやる。毎日1.5時間で一年分を解く。余った時間で復習を行う。

模試、本番での予想点数と偏差値

模試、本番での予想点数と偏差値
・夏の東大模試:化学10(偏差値45)
・秋の東大模試:化学18(偏差値49)
・本番:化学30(東大合格者平均レベル)

東大模試以外の模試の偏差値
・6月の駿台全国模試:50
・11月の駿台全国模試:58

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    15744499?w=120

    【全体計画】東大に合格できる勉強法

    15705509?w=120

    【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15707712?w=120

    【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15706680?w=120

    【東大合格勉強法】文系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15707261?w=120

    【東大合格勉強法】理系国語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15708317?w=120

    【東大合格勉強法】物理の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    関連するキーワード

      スマホアプリで
      学習管理をもっと便利に
      Foot bt appstore
      Foot bt googleplay