15743460

【東大合格勉強法】世界史の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

はじめに

世界史は40点を目指す。これ以上の得点を目指すのは効率が悪い。第1問が大論述、第2問が小論述、第3問が一問一答である。第3問は教科書とサブノートの暗記と東進の一問一答を完璧にすることで満点が取れ、その知識で第2問も1/3~半分程度は取れるようになるので、その段階で30点程度は取れる。あとは実力をつける世界史100題、中谷論述練習帳と過去問で論述対策を行う。
教科書の内容をサブノートを使って暗記し、一問一答で万全なものにする、という暗記の作業にかなり時間を要するが、それをやることで第3問が確実な得点源となり、蓄えた知識をもとに第1問、第2問も部分点が取れるようになり、さらにセンター世界史でも安定した得点が可能になるので、知識の暗記に力を入れる。

15743349

15743353

使用教材リスト

・『詳説 世界史B』(山川出版社)(以下、「教科書」)
・『詳説世界史学習ノート世界史B』上、下の2冊(以下、「サブノート」)
・『山川世界史総合図録』(以下、「資料集」)
・『世界史B一問一答―完全版』(東進ブックス)(以下、「東進一問一答」)
・『世界史B用語集』(山川出版社)(以下、「用語集」)
・『実力をつける世界史100題』(以下、「実力100題」)
・『世界史論述練習帳new』(以下、「中谷論述練習帳」)
・『東大の世界史25カ年』(以下、「東大世界史25カ年」)

学習の流れ

高2の11月から開始。1章ごとに教科書を読み、サブノートで暗記、さらに東進一問一答の該当箇所の暗記。学校の授業の進度に必ずしも合わせる必要はないので、自分でどんどん進める。ただし学校の授業はできるだけちゃんと聴講し、該当箇所の知識をより強固にする。定期試験前は指定範囲の教科書、サブノート、一問一答を確認。さらに、実力100題も並行してやる。

これを教科書の全範囲にわたり終わらせる。この時のポイントは、資料集で地図を確認しながら暗記すること。地図に限らず、資料集はビジュアル的に記憶の役に立つので、繰り返し参照すること。

高2の11月から夏休みが終わるまでこれを繰り返し、万全な知識を身につける。

高3の9月からは論述対策。中谷論述練習帳と過去問を繰り返しやる。過去問をやっても同じ問題は出ないと考えがちであるが、そんなことはない。重要な論点やポイントは形を変えて繰り返し出題されるので、過去問を見たら模範解答を瞬時に再現できるレベルにまで過去問をしっかりやりこんでおくとよい。

スケジュール

3.受験準備期 (高2の11月~高2の3月末)

<1>学期間中(高2の冬)⇒平日:1h、土曜:1h(6h/週、合計102h)

<2>高2の冬休み・春休み⇒平日:1h、土曜:1h(6h/週、合計30h)

4770
参考書名
詳説世界史学習ノート世界史B 上 改訂版
著者
ページ
151ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
5673
参考書名
詳説世界史学習ノート世界史B 下 改訂版
著者
詳説世界史学習ノート編集委員会
ページ
164ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
4539
参考書名
世界史B一問一答―完全版 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
斎藤 整
ページ
431ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
4535
参考書名
実力をつける世界史100題 増訂第2版
著者
増進会指導部
ページ
0ページ
出版社
Z会出版
Btn amazon
2863851

早慶受ける予定で尚且つ英語と国語でやることない人以外やる必要なし。自分はこればっかやって英語がおろそかになって私大全爆死しました。難易度が頭おかしいしどマイナー問題ばかりなのでそれより周りが取れる問題を落とさないようにするのがいいですマジで

レビューをもっと見る

1週間に1章ペースで、まず教科書を読み、サブノートの空欄を暗記、一問一答の該当箇所を暗記。次に実力100題の該当範囲をやる。一問一答は学校の行き帰りや休み時間などの空き時間もやる。

4.受験前期 (高3の4月~7月半ば)

⇒平日:1h、土曜:1h(6h/週、合計90h)

引き続き教科書の内容をサブノート、一問一答、実力100題で暗記。

5.受験中期 (高3の7月半ば~8月末)

⇒平日:1.5h、土曜:1.5h(9h/週、合計54h)

引き続き教科書の内容をサブノート、一問一答、実力100題で暗記。夏休みいっぱいで終わらせる。

6.受験後期 (高3の9月~12月半ば)

⇒平日:1h、土曜:1h(6h/週、合計90h)

16474
参考書名
世界史論述練習帳new
著者
中谷 臣
ページ
266ページ
出版社
パレード
Btn amazon
16029311

本体と別冊の基本60字の二冊構成になってます。自分が使ったのは基本60字の方で、これを暗記することで私大の論述に対応できました。慶應経済を受ける人には特にオススメです。60字と書いてありますが実際は150字のものもありますが要点が絞られていて便利であり、瑣末な用語を詰める前に幹を整えたいときにも使えます。ただ、日本語が下手くそなのでそこは自分で対処しましょう。本編は主に東大・京大・一橋の過去問を使用しているので、国立志望の方にピッタリの内容となっています。Z会や河合塾のもののような結果のみが書かれた問題集とは違い、求められる書き方・プロセスを解説してくれる良書です。

レビューをもっと見る
154625
参考書名
東大の世界史25カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)
著者
佐藤 貢
ページ
400ページ
出版社
教学社
Btn amazon

9月、10月の2ヶ月かけて中谷論述練習帳で論述対策。終わり次第東大25カ年。

7.センター準備期 (高3の12月半ば~高3の1月半ば)

318860
参考書名
センター試験過去問題集世界史B 2013 (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

センター対策。2次対策をちゃんとやっていればほぼ問題ないはずであるので、軽めの対策に留める。

8.直前期 (高3の1月~2月半ば)

⇒平日1.5h、土曜1.5h、日曜1.5h(10.5h/週、合計52.5h)

東大25カ年、毎日1.5時間で一年分を解く。また、今までの知識を総復習。

模試、本番での予想点数と偏差値

模試、本番での予想点数と偏差値
・夏の東大模試:世界史20(偏差値50)
・秋の東大模試:世界史30(偏差値55)
・本番:世界史40

東大模試以外の模試の偏差値
・6月の駿台全国模試:55
・11月の駿台全国模試:58

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    15744499

    【全体計画】東大に合格できる勉強法

    15707712

    【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15705509

    【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15706680

    【東大合格勉強法】文系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15707261

    【東大合格勉強法】理系国語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    15708317

    【東大合格勉強法】物理の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    関連するキーワード

      スマホアプリで
      学習管理をもっと便利に
      Foot bt appstore
      Foot bt googleplay