15851907

一橋大学の国語対策、1浪で合格した勉強法と使った参考書を紹介

はじめに

私は文系ですが、正直国語が得意でもないですし、だからといって英語や数学ほど頑張ってもいません。理由として
1.一橋大学の国語の配点が低い
2.その国語のほとんどが現代文(ゆえに古文漢文の対策はほとんど行わなくても受かる)
の2つが挙げられます。特に後者の理由から、一橋の友達でも古文漢文は苦手な人が少なくないです。
ゆえに、私の国語勉強法は、正確には「現代文勉強法」になります。なぜなら、古文漢文は最後まで伸びなかったからです。
浪人時のセンター古文は半分も得点できませんでした。

高校1年

14704362

現代文

授業以外に特別なことはしていていません。それどころか授業すらもお昼寝タイムとなりテスト前に頑張る程度の有様です。さらには、私は普段本も読まない人だったので読解力も向上はしていないと思います。高校受験時の取るに足らない読解力だけでなんとかしていたと思います。

古文

単語と文法を覚えました。しかし、前者は覚えるのが苦手で、最後のセンターまで苦しむことになります。一方で後者はちゃんと覚えました。私の古文知識で唯一自信を持てるのはこの文法だけです。まずは活用を覚えるために、授業で音読がなされました。その音読は嫌というほどされたため、活用だけはしっかりと頭にきざまれました。その他文法事項も割と頭に入っていたと思います。

漢文

まずは句形を覚えるよう指示され、覚えました。しかし、テスト前以外は特に覚えてはいませんでした。

高校2年

14641153

現代文

高1と同様、特別なことはしていません。授業は比較的聞くようになりましたが、予習復習なんて全くせず、テスト前だけ頑張る、というサイクルができてしまっていました。本も相変わらず読みませんでした。

古文

こちらの学習状況は高1からむしろ悪化しました。唯一まじめにやっていた文法が終わり、普通の長文訳が授業のメインになってくると、授業中は寝てテスト前に全文訳を丸暗記、という状況でした。単語もテストが終わったらさっぱり忘れる、というのは後になってみればかなり痛手でした。

漢文

こちらは高1と変わりません。句形を覚えながら教科書和訳だったと思います。

高校3年

14706716

現代文

14946523

224540
参考書名
一橋大学への国語 2011―実戦模試演習 (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
125460
参考書名
一橋大学(前期日程) (2013年版 大学入試シリーズ)
著者
ページ
912ページ
出版社
教学社
Btn amazon

授業は特に変わりませんでした。しかし夏休みごろから、先生に一橋で必出の要約問題の添削を頼むようになりました。一橋の過去問と予想問題集、一橋模試のあわせて20以上はやったと思います、この要約練習は一橋を目指さない方でも、現代文の力を伸ばしたい方にはオススメです。

要約をするには、文章の内容はもちろん、文章全体の構造まで理解しておく必要があります。そのため、要約してみて、分からないところやうまくつながらないところがある場合、まだその文章を完璧に理解はできていないのです。分かった気になるのを防ぐことができます。

具体的な方法としては、まずは字数を考えずに要約する作業を繰り返して、徐々に字数を意識した要約をしていきました。もう1年予備校で現代文は勉強するのですが、要約力はこの時点でほとんど完成していたように思います。

古文

勉強法は特に変わらず、教科書を全文和訳し丸暗記してみたり、文法書を一冊とりあえず一周してみたりしていました。しかし単語は一向に覚えることができず、そのため問題を解いても得点は伸びませんでした。思えばこの時辛くても単語を覚えることに必死になっておけばよかったと思います。本番になっても点が取れるかどうかは運次第といった状態でした。

漢文

2765
参考書名
田中雄二の漢文早覚え速答法―試験で点がとれる (大学受験V BOOKS)
著者
田中 雄二
ページ
193ページ
出版社
学研マーケティング
Btn amazon

漢文では「田中雄二の漢文早覚え即答法」を使い始めました。この参考書は出やすいポイントがうまくまとまっていて、また薄いので簡単に何周もできて内容をすぐ覚えられました。これのおかげでセンターはほとんど満点でした。私はセンター以外では漢文は使わなかったので十分な結果でした。

浪人時代

現代文

上記のように、要約力はほとんど完成されていたので、それを維持する作業をしていました。具体的には、授業でやった文章を要約して先生に出して添削してもらっていました。しかし、夏休み以降は時間も問題上あまり国語に時間は割けず、添削もあまりやってもらうことはできませんでした。

古文

問題意識は持っていましたし、自分なりに単語帳を何度も読んでいたんですけど、点は全く伸びませんでした。逐語訳はあるていどできるようになったのですが、どうしても文章が何を言いたいのか分からないのです。受験生活が終わって、反省点としてあげるのであれば、最後に問題演習が足りなかったのかな、と思います。

漢文

高3の時に使っていた「早覚え~」を何度も復習する程度でした。実際センターでも40後半くらいはとれました。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    14946523

    【国語記述問題対策】解き方・書き方の勉強法とおすすめ参考書・問題集

    14615816

    【大学受験】国語勉強法の総まとめ!現代文・古文・漢文を完全網羅!

    14641473

    【大学受験】国語勉強法『確実に』偏差値を上げる科目別勉強法

    15055028

    国語参考書のおすすめ一覧【大学受験用】〜センターから難関大記述まで〜

    14719908

    大学受験【国語参考書】GMARCH合格のための厳選参考書まとめ

    15851907

    一橋大学の国語対策、1浪で合格した勉強法と使った参考書を紹介

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay