16004200

東大理一に合格するためにやった、学年別の具体的な英語勉強法

はじめに

英語の勉強はほかの科目と違い、中学から本格的にスタートします。小学生時代に英会話らしき授業はありましたが、そこで身に付いた能力はほとんどありませんが、得られた収穫は一つありました。

それは「英語の発音は難しくて、勉強したくない」ということです。こういうネガティブイメージで私の英語学習が始まったということを念頭に置いてください。

中学時代

14628362

中学時代に私がどんな勉強をしていたかというとたった一つです。ズバリ、「学校の授業の予習復習」です。英語は初修の科目であり、そもそも私は英語難しいという負の印象を持っていたので、学校の授業をしっかり聞いてコツコツやろうと決めていました。

予習

まず予習でしたことは四つです。


  1. 教科書の本文を読む。

  2. 本文付属の問題を解く。

  3. 教科書の初出の単語を調べる。

  4. 本文を和訳する


1.は欠かさずに絶対にやっていました。英語は読まなければ力がつかないと思っていたからです。読んでいくときに心掛けていたのは、知らない単語にチェックを付けるということと構造解釈、つまりどんな形の構文をしているかをチェックすることの二つです。

次に 2.教科書の本文の後ろについている簡単な問題を解く。これをやることで長文読解の基礎が出来上がったんだと思います。つまり文章を読んで問題を解くという形に慣れていく作業をここでできたのではないかと思います。

最後に 3.これが一番時間のかかる作業でしたが、これをしっかりやることで単語の力もある程度中学時代に付けることができたのです。

1.でチェックした単語を出てきた順番に単語ノートに写していきます。
次に辞書でこの単語を調べます。そして辞書の情報をノートに書き写します。
写すのは「発音」「品詞」「意味」です。これらを写したら予習はほぼ終わりです。

1, 2, 3 が終わったら予習で得た知識をフル活用して「4.本文を和訳する」をします。

この作業は本文が短いときはあっさり終わるので、できるだけやるようにしていました。
自分で和訳をするという作業をすることで長文読解の基礎となる力をつけることができたかなと思います。

復習

予習が終わったら「授業を受けて終わり」ではなく、復習にも力を入れました。
人間の脳のメモリーは瞬間的によく記憶しますが、長持ちしません。
授業中に分かったつもりになったことは、時間がたつと忘れてしまうのです。
それを定着させるためには必ず復習が必要です。

私が復習でしたことは三つです。


  1. 本文+和訳を読む

  2. 単語ノートを読み返す。

  3. 授業で習った文法を参考書+問題集で勉強する。


1.2.は特に説明しませんが、3.は私の文法勉強の土台となっているものです。
授業で文法が出てきます。それに対応した参考書、私の場合はForestのその章を読みます。

2640
参考書名
総合英語Forest 6th edition
著者
ページ
640ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
13645704

この本を完璧にしても実践には別メニューが必要。(スポーツ理論の本をマスターしても、そのスポーツが出来るようにはならないが、知識として知っているか知らないかは推して知るべし。の如し)

15638094

私の母の行っていた大学の先生から譲って頂きました☆彡.。 学校では教えてくれないようなことも書かれていて、他より1歩踏み込んだ参考書だと感じました♪♪ 買って損は無いと思います(*´˘`*)♥

14782392

なんかこれ一通りやっただけで偏差値35から60になった

レビューをもっと見る

そしてその章のまとめノートを自分で作ります。

参考書は確かに必要なポイントをかなり纏めてくれていますが、自分に入らないなと感じる情報も存在しますので、自分に必要な情報だけを抜き出して自分だけの文法参考ノートを作りました。時間がかかりそうだと感じるかもしれませんが、章ごとにコツコツやれば以外と苦にならずにできました。

ノートづくりが終われば、Forest付属の問題集を解きます。章ごとに問題が用意されているので使いやすかった。

中学三年間で私のやった勉強は予習の三項目と復習の三項目がほとんどの部分を占めます。
リスニングと長文読解と英作文はほとんど学校の定期テストの問題で解いただけで特に対策的な勉強はしていませんでした。

私は中一から英検を受け始めて、中二で準二級に合格して、英検に飽きてしまうのですが、英検の勉強としてやったのは過去問を解くことだけでした。それぐらいの力は上記の勉強で付いたと目安にしてもらえるかと思います。

春休みには単語ノートの復習を毎年必ずしていました。中学三年間で10冊近くになっていたかなと思います。単語は定期的に復習をすることが大事だと考えていたので、この作業で頭の中により強く英単語を定着させることができたかなと思います。

高校時代

14650399

高校になってからの上記の勉強法にプラスして始めた勉強法を紹介していきます。
高1では大きな変化はありませんが、教科書が年ごとに文章が長くなり、そして出てくる単語・文法が難解になるので、予習作業の面倒さが増しました。そのために本文を読む作業における構文解釈はキーセンテンスであろうと推測した部分のみの行うようにしました。そして和訳の作業も自分が難しそうだなと感じた部分だけを訳すのみになりました。

高校二年

英単語・英熟語

ここでやっと市販の単語集を使い始めました。
使っていたのは、「速読英単語」「ドラゴンイングリッシュ」です。
それぞれの使い方を紹介しましょう。

速読英単語

2736
参考書名
速読英単語 入門編 改訂版
著者
ページ
0ページ
出版社
Z会
Btn amazon
2648
参考書名
速読英単語 (1) 必修編 改訂第5版
著者
風早 寛
ページ
396ページ
出版社
Z会
Btn amazon
15984723

英語の文、特に長文になると読んでいるうちに内容がとれなくなる。読むスピードと意味取りが追いつかない。 というのが今までの自分でした💧💧 ある日先生にその悩みを相談にいったところ、 とにかく速単の同時翻訳やれ。 ペンもって、文構造地道にとる。 そして読む。訳する。何度もやる。 もともと面倒くさがりだったのですが、危機感が勝って、半信半疑で1日二、三個ずつ文構造とって読み訳しました。わからない単語があると訳せないので、すぐ調べる。こういう文構造とれるのかあぁ、、と発見も大きくて意外とくじゃありませんでした☺️ それで数週間くらいたってセンター過去問を解いたところ、いつもならボロボロの四番から始まる長文問題で2.3ミスに抑えることができました😭 ただ、点数が伸びてきてもういいかな…と同時翻訳もろもろを止めてしまうと、読めなくなってしまいました😭 今再開していますが…💧 なのでみなさんは失敗せずに😭 わたしはまだまだ速単で精進中です💧 ほんとにオススメします!

14472517

速読英単語はとても速いです。 この間私の真横を時速130キロで走り抜けて行きました。 とてもキモかったです。

13925630

話が面白い。 バカな人はターゲットから始めた方がいい。 東京大学には行けない。

レビューをもっと見る

章ごとに最初のページにそこそこの長さの文章があり、次のページにその和訳があり、その次から単語の解説が始まるという構成なので、私は文章を読む練習という用途でも使っていました。
どのようにこれを勉強していたかというと、「ひたすら読んで、出てきた単語を書く」 です。

これはドラゴンイングリッシュも同様です。単語を暗記するとなると、みんな工夫をしようとしがちですが、書いて覚えるという原始的な方法を私は最後までやり通しました。

ドラゴンイングリッシュ

418274
参考書名
ドラゴン・イングリッシュ必修英単語1000 (講談社の学習参考書)
著者
竹岡 広信
ページ
376ページ
出版社
講談社
Btn amazon
15133470

単語を語源から考えることで、とても覚えやすいです。さらにそれぞれの単語に関係する語が書いてあって、1つの単語から一度たくさんのことが学べます。

15804408

ずっごくわかりやすく、単語の解説がはいってます! ただ、単語が高1にはきついかもしれません…

11406701

語数は少ないけど、ここまで、一つの単語について、詳しく書いてる単語帳はない。 著者は竹岡先生‼ 買うべき‼

レビューをもっと見る

この単語帳は語源や接頭語、接尾語の意味が詳しく載っていました。
私は単語の意味を覚えるのが苦手だったので、これらを覚えて単語の意味のイメージをつかむということをしていました。

受験問題では単語テストのように英単語が単体で出てくるということはほとんどなく、文章の中で出てきた単語がどんな意味でつかわれているんだろうということが分れば対処できる場合がほとんどです。なので単語の大体のイメージが分っていれば何とかなると私は考えてこの単語帳を使っていました。

3227
参考書名
英熟語ターゲット1000 3訂版―大学入試出る順 (大学JUKEN新書)
著者
花本 金吾
ページ
351ページ
出版社
旺文社
Btn amazon

また英熟語の勉強のために「英熟語ターゲット1000」という参考書を勉強していました。
これは学校の定期試験のテスト範囲に100~150コ程度指定されていたので、それらをひたすら書いて意味を暗唱してということをやりました。

これらは章ごと、範囲ごとに勉強して、三か月に一回程度で今までやった内容全部総復習するということをやっていました。

文法

文法の力を付けるために私がやっていたのは、勉強したら問題を解くということです。
それ以外は何もしていないといっても過言ではありません。

2948
参考書名
【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 改訂版
著者
霜 康司, 刀祢 雅彦, 麻生 裕美子
ページ
424ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
15915878

単元ごとに分かれていて、説明が丁寧。 難関大学の問題も多いので、レベルが高い。 繰り返し解いていったら絶対結果に繋がると思った。

12971013

わかりやすくまとめられている。

13644835

解説や要点などシンプルに書いてあるのでどこが大切なのか一目見てわかりやすくて無駄がない参考書だと思います! また、書いてあることがすべて大切なのでこの本1冊を完璧にすればセンターの文法は完璧だと思います。

レビューをもっと見る

高2からは「アップグレード」という文法問題集が配られたのでそれを解いていました。
どんなやり方をしていたかというとまず章ごとに解きます。一章解き終わったら答え合わせします。これから先が大事で、間違えた問題を抜き出して、ノートにまとめます。これで一周します。

次に二周目はこのノートにまとめた問題だけを解きます。二周目で間違えた問題をチェックして、またノートにまとめます。
三周目ではこの新しいノートの問題だけ解きます。三周すればほとんどすべて解けるようになっていました。

高校三年

長文読解

2896
参考書名
英語長文問題精講 新装版
著者
中原 道喜
ページ
271ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
14578465

読んでて面白いし、質が高いネ

14198090

京大文系に合格した者です。英語だけならオープンで6~7割取れていたので、参考にしていただけると嬉しいです 様々なテーマの英長文が60題(平均350語ぐらいですかね)が入っており、この一冊を解ききるだけでも英語を読む力は相当伸びるのではないかと思います。 あと何より価格の安さ。他の長文問題集が10題そこらで1000円以上取るのに対し、この本は60題で880円。破格ですね 解き終わった文章も、音読を繰り返して必ず毎日英語に触れるようにしてください。 また、京大や阪大志望の人は、その際に英文のみならず和訳中の日本語の表現も「盗む」ことをお勧めします。(手に取れば分かりますが、和訳の見やすいレイアウトになってます)

13791021

面白い英文が多い

レビューをもっと見る

長文読解の個別対策としてやった問題集は一つだけです。「英語長文問題精読」というやつですが、これは一か月に5問というペースでやっていました。長期休みに多目にやりつつ、十二月までに終わらせたという感じです。

一文読むのに一時間以内ということも気を付けました。英文を読むのに精読と速読の力はどちらも必要ですが、精読の力は教科書の予習によってつけることができたので、これ問題集はタイトルに反して速読を心掛けて解きました。

英作文

対策は学校の授業に任せきりでした。学校で作られるオリジナル問題集を解くのがもっぱらでした。
でも英作文は添削をしてもらうということは絶対に心掛けていました。

添削してもらったものを保存して、解き直しをするときに指摘された問題点を改善できているかどうかで英作文能力の上昇の目安としていました。

センター対策

205910
参考書名
CD2枚付 決定版 センター試験 英語[発音・アクセント・文強勢・リスニング]の点数が面白いほどとれる本
著者
竹岡 広信
ページ
298ページ
出版社
中経出版
Btn amazon
42583
参考書名
センター試験過去問研究 英語 (2013年版 センター赤本シリーズ)
著者
ページ
1600ページ
出版社
教学社
Btn amazon

発音アクセントは苦手だったので、「センター試験 英語[発音・アクセント・文強勢・リスニング]の点数が面白いほどとれる本」という参考書を読んで勉強しましたが、それ以外は過去問をひたすら解きました。

直前期

15058308

84446
参考書名
東京大学(理科-前期日程) (2013年版 大学入試シリーズ)
著者
ページ
1536ページ
出版社
教学社
Btn amazon

東大の過去問を少し解いていました。

駿台のレギュラーの授業でたまに部分的に東大の過去問を解いていたので、ある年度の問題を纏めてやるのはこの時期が初めてでした。
一回目は時間制限を気にせずに全部に目を通すことを心掛けて、二回目は時間制限つきで解きました。

一回目で大体自分がどの大問にどれくらいの時間がかかるのかということを把握して、二回目はそれに基づいた時間配分で解いてみるということをしていました。

 まとめ

14650991

何度も繰り返し言っていますが、反復するということが英語の力をつける唯一の方法だと私は考えていました。
英語はほかの科目と違い、勉強に目に見える終わりはありません。
そんな中で繰り返し、繰り返し暗記を行い、問題を解くということでコツコツ力を付ける。それが私の唯一の指針でした。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    14647622

    【大学受験 英語】参考書別!偏差値40から70までの勉強法

    14650991

    【大学受験】英語は英単語から!覚え方のコツとおすすめ単語帳・無料アプリ

    14641428

    【大学受験 英語勉強法】偏差値40から偏差値60までの段階別勉強法

    14942027

    【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

    15016388

    【大学受験英語 】本当に役立つ英単語帳をレベル別に紹介!

    14635376

    【大学受験 】英語文法おすすめ参考書と勉強法をレベル別に紹介

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay