14641159

MARCHに受かる大学受験化学勉強法!

はじめに

大学受験で化学を使うのに、思うように成績が伸びないと悩んでいませんか?
化学は様々な反応や物質の性質についての知識が求められる上に、22.4とか8.31のような細かい値を用いての計算をしなければいけないという大変な科目で、苦手な人はたくさんいます。

また、化学は英語や数学と比べると高校の授業時間数も少なく、重要度が低いと思われがちです。
しかし明治大や東京理科大を初めとした多くの私立大の理系学部で行われる英数理の三科目入試では「化学(or物理、生物)と英語・数学の配点が同じ」であることが多いです。
実は「受験の花形は英語と数学」と言うのは一部の入試に限った話で、多くの大学では化学も同じくらい重要な科目なのです。

「みんな苦手であまり重要じゃないと思われている」のに「実際は配点が高い重要科目」なのだとしたら、化学を得意にすれば受験で周りに大きくリードできると思いませんか?

化学が苦手だけど得意にしたいと考えているあなたに、化学という科目全体のイメージの掴み方と勉強の進め方についてお教えします。

14704913

受験で問われる化学とは?

化学に対する苦手意識を払拭する前準備として、化学について正しく捉えられているか確認してみましょう。

高校の「化学」という科目は大きく3つに分かれます。
物質の構造や反応について扱う理論化学
無機物質(炭素を含まない物質)の性質について扱う無機化学
有機化合物(炭素を含む化合物)について扱う有機化学
の3つです。
これらは別々の単元として学習しますが、その内容は相互に関連しあっているのです

3つの「化学」の関連性

無機化学は、それぞれの無機物質の性質について扱いますが、無機物質が酸として働いたり酸化還元反をする反応が沢山出てきます。
これらを理解するためには「酸と塩基」や「酸化還元」など理論化学の知識が必要になってきます。
また、有機化学でも「アルデヒド基は高い還元性を持つ」というように理論化学の内容が関連する事項が出てきます。

このように、無機化学や有機化学で扱う内容を理解するためには理論化学で学ぶ知識が必要であることがわかります。

理論化学は単元内で深く関連している!

理論化学の分野で学ぶことは、原子やイオンの構造、周期表等の基礎の基礎から始まって「熱化学」「酸と塩基」「酸化還元」「電池・電気分解」「気体」「溶液」「化学平衡」などの様々な現象を化学の観点から説明する理論です。
理論化学を学ぶ上でのポイントは、「各単元で学んだ内容が関連しあう」ということです。
理論化学が無機化学、有機化学に関連するということは先ほどお話ししましたが、理論化学の中でもそれぞれの単元は関連しているのです。
「電池・電気分解」は「酸化還元」の応用になりますし、化学平衡を理解するためには熱化学の知識であったり、酸と塩基で出てきた反応式を覚えていることが必要になります。
前の単元をしっかり身に着けていることが大切になります。

無機化学は膨大な暗記事項を整理するのがカギ

無機化学は無機物質(炭素を含まない物質)の性質について扱います。
単元名が「典型金属元素の性質」、「ハロゲン元素の性質」などとなっていることからわかるように、テーマとなる元素があり、その元素に特徴的な反応について学んでいくことになります。
入試問題でよく問われるパターンとしては、様々な金属のイオンが溶けている溶液に、試薬を加えるなどの操作をしてイオンを1つずつ分離させ、その操作の内容から何の金属のイオンかを同定する「系統分析」と呼ばれる問題があります。
この問題に対応するためには、問題に出てくるあらゆる元素の知識が必要になります。
かなり細かい部分まで覚える必要があるのが無機化学の特徴だと言えます。
これに対応するためには、1つの操作に対して物質がどのように反応するのかということを整理して頭に入れておく必要があります。

有機化学は「知識が必要なパズル」

有機化学は炭素を中心に共有結合してできた化合物について扱います。
有機化学で圧倒的に多い問題は有機物に対して様々な反応を行い、その結果をもとに有機物を特定するという「構造決定」です。
この問題は、「官能基がどんな性質を持つのか」といった知識を正しく持っているうえで、与えられた条件と自分が持っている知識を照らし合わせて、その物質は何なのかを考えていく問題です。
パズルのようだとよく例えられますが、決定的な違いは「前提となる知識が求められる」ことです。
無機化学のように丸暗記で対応できるわけではなく、覚えた事項が問題の中でどう問われるのかということを問題演習を通じて学んでいく必要があります。

この章のまとめ

・化学は「理論化学」「無機化学」「有機化学」の3つから成り立っている
・「理論化学」で学ぶ内容が「無機化学」「有機化学」を学ぶのに必要になる
・「理論化学」は単元間の関わりが深いので、ある単元で躓いたら前の単元に戻るべき
・「無機化学」は暗記事項が多い
・「有機化学」はパズル要素が強い

14641169

苦手を克服する化学の勉強の進め方

私がお勧めする化学の勉強法は、問題集を使って勉強を進める「演習中心」の勉強法です。

化学の授業を全く聞いていなかったり、化学がとても苦手な人には「まず教科書や参考書の通読から始める」という考えの人も居ますが、私はそれをお勧めしません。
理由は2つあります。

1つは教科書の通読というのは時間が掛かるということ。教科書を読んだとしてもそれだけで問題が解けるようにはならないため、時間を掛けて通読した後にまた問題集を解く時間が必要になります。
一方で、教科書傍用レベルの問題集を各章の冒頭にあるまとめを一読してすぐに問題演習に取り掛かれば掛かる時間はとても短くなります。最初の一周目は解けなくて当たり前なので、2,3分考えても解らないような問題はすぐ答えを見てしまってもかまいません。

2つ目は、教科書は知識が整理されているわけではないということです。
前述のとおり、理論化学、無機化学有機化学ともに様々な反応式や検出反応の性質を暗記しないといけません。
教科書は必要なことをただ一通り書いているだけなので一度読んだだけで覚えられるものではありません。
一方で、問題集をつかって勉強を進めると、大事な事項は何回も何回も問われることになります。
また、他の問題との流れの中で知識を補っていくことができるので、関連する事項も一緒に抑えることができます。
問題集では入試問題を解く為に必要な化学の知識が、教科書以上に整理されているのです。

これらの理由から、化学の勉強は問題集中心に行うべきなのです。

まずは教科書傍用の問題集から

高校の授業で化学を取っているのであれば、『リードα』や『セミナー化学』といった問題集が配られているかと思います。
これらの問題集は、教科書に載っている知識を用いて解ける典型的な問題をまとめたものです。
各章の冒頭にそこで覚えておくべき知識や考え方について短くまとまっているので、それを一通り見た後、問題を解き進めていきましょう。
もしも高校でこれらのような教科書傍用問題集が配られていないのであれば『化学の新標準演習』は同じような構成、問題のレベルなのでそちらを使うとよいと思います。

間違えた問題は答えを覚える位のつもりで、知識を補うということに焦点を当てます。
理論化学の中でも計算が大変な気体や平衡の分野でも一先ずは式を導くための考え方を身に着けるというつもりでやりましょう。
入試の化学で問われる範囲全てに出来るだけ早く触れるために、なるべく短い時間で一周出来るといいですね。

問題集を解いていく中で覚えにくい、理解しにくいと感じる部分が出て来たときは『フォトサイエンス化学図録』などの図説を用いましょう。
無機化学の所でお話しした通り、化学の問題では色を聞かれることが多いです。有機化学でも、各検出反応で何色に変わるかといったことが聞かれます。
問題集を解いているだけでは実際の色はわかりませんが、実際の反応が載っている図説を見ると、各反応の色が視覚で覚えられます。
大事なことは図説を教科書のように通読するのではなく、問題集を使って生じた疑問を解決するために図説の対応する箇所を読むということです。

知識の点検は一問一答で

『リードα』等を一周すると、何となく化学の問題で聞かれる知識はこういうものなんだなというイメージができてくると思います。
全体像を掴んだら知識をさらに強固に定着させるために『化学 一問一答【完全版】』を使いましょう。
この問題集は、実際の入試問題が各単元毎に並べられています。問題の横には赤字で解答が書いてあり、それを赤シートで隠しながら解き進めていくような使い方をします。
『一問一答』をいきなり使ってしまうとそれぞれの知識の結びつきが薄くなってしまいますが、一度化学全体を把握したうえで使えばとても効果的な問題集になります。
問題を解きながら知識を点検できることに加えて、「実際に出題されている」=「入試で必要になってくる」知識に絞って覚えていけるのが大きな利点です。
暗記することの多い無機化学に効果的です。
「鉄に濃硝酸で気体は発生するんだっけ?」「銀イオンと水酸化ナトリウムってどう反応するんだっけ?」
といったような、法則の例外の事項が曖昧になってしまうのを防ぐことができます。

4963594
参考書名
化学一問一答 完全版
著者
橋爪 健作
ページ
440ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
15358943

この本は素晴らしいです ただの一問一答ではなく、理論や有機なら原理や計算の説明、無機なら覚え方が載っています。また前の問いが後の問いと一緒に重ねて出されるので復習いらず! センターでも私大でも2次でも使えます! 自分はよく電車で読んでました

14604606

割とええ

10603792

めっちゃいい!

レビューをもっと見る

重要問題集で入試対策は必要十分

教科書傍用の問題集を複数回こなし、曖昧な知識を一問一答で補充すると入試問題を見ても皆目わからないということは無くなります。
そういった段階まで来たら、次は入試レベルの問題演習をしていきましょう。
ここで取り組む問題集は『実戦化学重要問題集』がおススメです。

『重要問題集』は化学のあらゆる範囲、傾向の入試問題を集めた計300問弱の問題集になっています。実際の入試問題から集められているので『リードα』よりはレベルが高いですが、問われている知識自体はこれまでの勉強でカバー出来ているので、ある程度は解ける、少なくとも解答を読めば理解できるようにはなっていると思います。
A問題、B問題と分かれていて、B問題の方がより難しくなっているので、一周目はA問題を、2周目はA問題の間違えたものとB問題を解くというように段階を踏んで解いていきましょう。

重要問題集のB問題は、難関大で出題されるようなレベルになっているのでこれを複数回解いておけば、入試対策は十分だと言えます。

間違えた問題については、「何を間違えたのか」をしっかり確認しておきましょう。
知識を間違えて覚えていたのか、全く知らない事項が出てきたのか、あるいは計算で間違えてしまったのかという風に分析することが大切です。
知識の不足は都度覚えなおすように気を付けましょう。図録や一問一答など、それ以前に使ったものに立ち返って確認することも大切です。
また、理論化学の「気体」分野など、計算量がとても多い問題もあります。
やはり計算は慣れるしかない部分もありますが、問題を解いていく中で、自分が計算ミスをしやすい場面はどこかということを意識できるようになるとミスを減らしていくことができます。

14892388
参考書名
化学重要問題集ー化学基礎・化学 2017
著者
ページ
159ページ
出版社
数研出版
Btn amazon

プラスワンは有機化学の強化で

重要問題集を何周もして身に着ければ、多くの大学の化学の問題で合格点を取れるようになります。
そのためここまでできれば十分なのですが、旧帝大や早慶のような最難関校を受ける人が化学を武器にして他の科目をカバーしたいと考えるときにはより難しい問題を解く必要が出てきます。

しかしそういったときに気を付けてほしいことがあります。
それは三分野の内「有機化学」だけを集中的に強化するということです。
その理由には、冒頭で述べた「有機化学はパズルのよう」だからということが関わってきます。
有機化学の難問は、問われる知識が難しいのではなくパズルの部分、つまり与えられた情報をもとに考えるのが難しいのです。
これは、難問に触れることでいずれ考え方を身に着けることができます。
一方理論化学では計算が多く複雑に、無機化学では問う知識をマイナーにすることで難問が作られます。
そのため理論化学と無機化学の難問を解けるようにするのはかなり時間が掛かります。

このような理由から、重要問題集レベル以上に実力を伸ばしていこうと思ったら「有機化学」に絞って対策していくべきなのです。

『化学の新演習』や『化学標準問題精講』などの難問を集めた問題集の有機化学分野だけに取り組んでもいいですが、私のおすすめは『有機化学演習』です。
一冊で有機化学だけを扱った問題集で、これに取り組むと構造決定はどんな問題が出てきても対応できる位の自信が身に付きます。

1939055
参考書名
有機化学演習 3訂版 (駿台受験シリーズ)
著者
石川 峻
ページ
242ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
13724240

(本文)えっとね〜その〜………いい♥️ (翻訳) えっとね〜(有機化学を全範囲一周してとかないとキツイから浪人生向け 解説はちょい雑だけど大切なことはしっかり書いてあるし一日4問でひと月で終わるから有機演習にわ最適) その〜(重問といて足りなかった時間ある浪人生はピッタリな商品だと思うから) ………… いい♥️

レビューをもっと見る
1606601
参考書名
理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録
著者
卜部 吉庸
ページ
194ページ
出版社
三省堂
Btn amazon
16047334

東大と医学部以外必要ないと思う。 京大は過去問で慣れることのが大事

15061345

あんまり好きじゃなかった_(:3」z)_ 構造決定の問題は多いので、練習にはなります👍

15653950

高一の終わりから高二のはじめにかけてグランプリ用にやりました 新研究を読んでからやるのがオススメ かなり疲れるけど実力はつく 1月朝から晩までやって二周しました 死ぬかと思った 友達に貸したらギブアップされた

レビューをもっと見る
8588079
参考書名
化学[化学基礎・化学] 標準問題精講 五訂版
著者
鎌田真彰, 橋爪健作
ページ
120ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
15358943

確かに問題は難しいですが、それに見合った解説が一問一問丁寧についています。 問題数も100問程度なので、直前期に過去問の補充でやるのも良いと思います!

15973619

理論がとても良かったのが印象的。様々な範囲をカバーできる。 しかし!本番の最大の得点源は有機だと思うのですが、有機の問題は多くはない。2次は無機有機で満点近く取ったら理論はぼちぼちでいい説はある。(体験談)

12305400

問題が厳選されており、無駄な要素が全くない問題集だと思います。この本のおかげで僕は京大模試で化学偏差値64まで上げられたのだと思います。(過去問で8割越したこともある笑) 難しすぎることもなく、楽しく問題演習を進められました。とにかく解説が丁寧で、しっかり読み込むことで確実に実力がついていくと思います。もっと詳しく知りたい、と感じた場合は「化学の新研究」などを使用するのもオススメです。 何より大切なことは、解けなかった問題を放置せずに、数日後に再び解き直して見ることです。1問1問を大切にし、その1問からできるだけ多くのことを得られるように努めましょう! 他に質問等あれば、気軽にお聞きください^ ^

レビューをもっと見る

この章のまとめ

・化学の勉強は演習中心に。教科書を読んでも頭に入りにくい
・まずは教科書傍用の問題集をやって全体像を掴む
・「一問一答」は知識の点検にとても効果的
・重要問題集を繰り返し解けば入試の対策は十分になる
・上を目指そうと思ったら有機化学を極めるのが効率的

最後に

14713140

0から化学の勉強を始めようと思うと何をしていいかわからないものだと思います。
しかし、大学受験というゴールを見定めて勉強する内容の筋道が立てば、かなり効率よく勉強していけるはずです。
「理論」「無機」「有機」の3つの分野の関連をしっかりととらえた上で、問題演習を中心にして勉強を進めていくことで化学の成績は必ず伸ばせます。

この記事を書いた人
14720503
現役で東京大学 理科2類に合格しました。趣味は体を鍛える事で、卵とブロッコリーを主食としています。 得意科目は数学と物理、化学で、理系科目を中心に執筆していますので参考にしていただけると嬉しいです。

関連するカテゴリの人気記事

14705222

「化学」問題集6選!難関大学対策はこれで完璧!

14706315

厳選!化学問題集6選!偏差値60程度の私立理系を目指す方へ

14641159

MARCHに受かる大学受験化学勉強法!

14966422

国公立2次化学勉強法 | おすすめ参考書・問題集と苦手克服勉強法

15299866

【大学受験】無機化学の勉強法!暗記事項を減らす覚え方のコツ!

14706491

【化学の参考書6選】最難関私立大学(早慶)の理系はこれでバッチリ

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay