16017584

【東大の合格体験記】文系数学の勉強法とおすすめの参考書を紹介!

はじめに

文系数学は受験において軽視されがちですが、実は他の受験生と差をつけることができる教科です。そのため、数学が苦手で文系を選択した人も、周りに差をつけられないように志望校の平均レベル程度の力はつけるようにすることが大切です。

それでも忙しさのあまり、なかなか数学に手が回らない、どのレベルまで勉強すればよいのかと困ってしまう人は多いのではないでしょうか。

この記事では、東大に合格した体験記を交え、文系数学の勉強法とおすすめの参考書について紹介します。
ぜひ今後の勉強の参考にしてみてください!

学年別の数学勉強法

高校1年

14623885

高校1年のときは、学校指定の教科書であるZ会の「数学アドバンスト」を学校でやり、その復習をZ会の問題集で行う、ということを繰り返していました。「数学アドバンスト」とその問題集は、数学の教科書としてはかなりレベルが高かったので、じっくり時間をかけて理解するようにしていたため、学校の定期試験の成績は良く、模試の成績も学内ではトップの方でした。

高校2年

高校2年の夏前の前半期は、高校1年のときと同様の勉強を行っていました。しかし、自分が文理選択で文系を選択したこともあって、夏以降は英語や古文、漢文などの科目を中心に勉強するようになり、数学は学校の授業を受け、定期試験前に一時的に勉強するだけになり、数学の勉強時間を減らしてしまいました。そのため、定期試験の成績は悪くなかったのですが、実力が試される模試の成績は高校1年のときよりも落ちてしまい、学内の平均ほどの成績になってしまいました。

高校3年

高校3年からは、「文系といえども数学の実力をしっかりつけなくては」と思い、「Z会東大マスターコース」という塾に通いはじめ、そのなかの選抜東大クラスに入っていました。選抜東大クラスでは、東大を中心とした難関大学の過去問で構成されたテキストを扱っており、そのテキストを予習して授業で解説を受け、最後に復習するという流れで勉強していました。それ以外の勉強としては、学校の授業での問題演習や、「大学への数学 1対1対応の演習」を使った勉強などを行っていました。これらの勉強を続けた結果、模試の成績も上がり、東大模試でも偏差値65以上はとれるようになりました。

浪人時代

浪人時代は、慶應大学でいわゆる「仮面浪人」をしていたため、予備校などには行かずに勉強していました。勉強法としては、高校3年のときに使っていたZ会のテキストと「大学への数学 1対1対応の演習」の復習をしていました。

私が使っていた参考書を紹介

14702207

以下は私が使っていた数学の参考書です。参考書選びに迷っている人はぜひ使ってみてください。

192135
参考書名
1対1対応の演習/数学I―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
112ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
1451773
参考書名
大学への数学 1対1対応の演習 数学A (1対1シリーズ)
著者
ページ
96ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
1450155
参考書名
1対1対応の演習/数学II―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
168ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
1448817
参考書名
1対1対応の演習/数学B―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
104ページ
出版社
東京出版
Btn amazon
Icon default user

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る

最後に

14712188

ここまで東大の合格体験談と文系数学の勉強法、おすすめの参考書について紹介してきました。
文系数学は典型的な問題が出題されることが多く、応用的な問題は出題されても解けない人がほとんどです。なので、応用問題を解くことよりも典型問題をミスなくしっかり解くことが重要になってきます。そのため、むやみに様々な参考書に手をだすよりも、特定の参考書(「大学への数学 1対1対応の演習」など)を繰り返し解き、典型問題に慣れておくことが大切です。

受験勉強は大変ですが、きちんと勉強すればきっと志望校に合格できます。ぜひ最後まで諦めず勉強頑張ってください!

この記事を書いた人
    14720702?w=72
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    14926323?w=120

    数学3(数三)の勉強法とオススメ参考書3選!理系学生必見!

    15622206?w=120

    因数分解のやり方教えます!3分でわかる因数分解の公式と解き方のコツ

    14930700?w=120

    【文系大学受験】数学問題集おすすめ一覧〜センターから東大受験まで〜

    15794053?w=120

    平方根(ルート)の計算や問題の解き方を完璧に理解しよう!

    15918672?w=120

    【微分積分】公式の意味や問題の解き方を基礎の基礎から解説!

    16020625?w=120

    三平方の定理が一瞬で理解できる!公式・証明から計算問題まで解説

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay