15791909

東京大学 理科I類に現役合格するためにやった学年別 理科勉強法

はじめに

高校では完全に初学者として物理の勉強を始めました。一方で化学は好きでした。興味があったので、中学生の時から高校の化学の参考書を時折眺めたりしていました。ですが、駿台高校受験公開模試の理科の成績は偏差値50~75の間を乱高下していた位ですから、特に理科が得意というわけではありませんでした。

物理の勉強法

15365223

高校二年生

私の母校では、物理Ⅰを高校二年生で勉強し、高校三年生では物理Ⅱか生物Ⅱを選択して学習するというカリキュラムになっていました。私は暗記モノが苦手では無かったので、三年生になったら生物Ⅱを選択しようかなあ、などとおぼろげに考えていました。

そんな気構えでしたから、物理Ⅰの学習にはあまり身が入りませんでした。高校二年生の夏休み明けの物理のテストでは、100点満点中、たったの40点くらいしか取れていませんでした。

16126372
参考書名
セミナー物理1+2―<学校採用品に付き別冊解答は個人の方へお出しできま
著者
ページ
304ページ
出版社
第一学習社
Btn amazon

さすがにまずいぞ、と思ったので、学校で配布された問題集を使って勉強をするようになりました。その問題集は、『セミナー物理Ⅰ+Ⅱ』です。内容は基礎基本から大学入試の簡単な問題まで、幅広く含まれていたので、高校物理を学習する上で最初に使う問題集としては最適でした。

模擬試験で物理が出題されることはあまり無かったので、実力を測る機会はさほどありませんでした。ベネッセの記述模試では何とか90点前後は取れていたと記憶しています。高二の二月に受けたプロシード模試では、偏差値50程度だったと思います。この模試は有名な中高一貫の私立高校の生徒が多く受験しているものなので、偏差値50で地方旧帝大の理工学部に合格可能、という感じでした。

高校三年生

私は建築や土木といった分野にも興味があったので、生物よりも苦手でしたがあえて物理Ⅱを選択しました。私立大学では生物系以外の学科の入試科目は物理と化学しかないことが多かったのも理由のひとつです。

3890
参考書名
実戦物理I・II重要問題集 2012年
ページ
0ページ
出版社
数研出版
Btn amazon

私の高校では物理Ⅱの学習が終わるのが高三の10月の終わりごろで、進度が少し遅いのですが、私は悠長なことにそのペースに合わせて勉強していました。夏以降は『実戦物理1・2重要問題集』を用いて、入試対策もしていました。受験までにこの問題集を最低でも3回は解きたかったので、それぞれの問題を解いた回数を記録していました。

受験直前期

もともと物理は苦手でしたし、東大入試でもそれほど得点源にするつもりはありませんでした。実際に夏の東大模試でも点数は60点満点中10点強くらいしか取れていませんでした。ですが、秋の東大模試でも点数がほとんど伸びず、良い判定が出なかったので、さすがに焦りました。

3890
参考書名
実戦物理I・II重要問題集 2012年
ページ
0ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
2747
参考書名
名問の森物理 (力学・波動) (河合塾SERIES)
著者
浜島 清利
ページ
207ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
14972789

エッセンス2周→良問2周→名問1周 そして、ミスした問題をまた1周することで物理(特に力学)がマスター出来た。 良問か名問はどちらか一方というならば絶対良問。 物理が鍵を握るという受験生は、良問の後に名問を行うとかなり力が付く。 ただし、名問は内容が深いのでエッセンス、良問を十分に行ってから移行しましょう。

レビューをもっと見る

11月ごろから巻き返しを図るには、とにかく効率のいい勉強をするしかありませんでした。そこで『名門の森(河合塾SERIES)』という問題集を買って、繰り返し演習しました。この問題集には、あまり多くの問題は含まれていません。ですが、一つ一つの問題が入試に直結するような重要なテーマを含んでいるので、しっかりやれば、効率の良い学習が可能でした。これと、前述の重要問題集とを、1対1くらいの時間配分で進めていました。

結果、一月ごろにはそれなりに物理の問題が解けるようになっていました。東大の滑り止めとして受験した早稲田大学理工学部の入試の物理では、頻出問題を少しひねったような問題がよく出題されます。それでも7割以上は得点できていました。

さて、肝心の東大入試本番ですが、物理の解答を半ば放棄するという奥の手を使いました。東大の過去問でも、物理が簡単な年の問題はそれなりに解けていたのですが、私が受験した年は物理の問題がやたらと難しく、手におえないと感じました。そこで、物理と化学合わせて150分が与えられている解答時間のうち、100分強を化学のほうにあてました。

化学はそれほど苦手意識もなく、通常よりも時間をかけたので、60点満点中50点近い点数が取れました。物理は、自己採点では15点くらいだと思っていたのですが、実際の得点は27点くらいでした。これはおそらく、「調整」が入ったものだと思われます。

東大の二次試験の問題があまりに難しく、点数が綺麗に分布していない場合、是正措置が入ることがあるそうです。私の場合、たぶんその恩恵を被ったものと考えられます。

化学の勉強法

14641159

高校二年生

私の母校では、化学を二年生から学び始めます。少しかじったことがあるとはいえ、ほとんど初学者だったため、学校の授業の進度に合わせて確実に理解するようにしていました。高校のカリキュラムは、高校二年生の4月から化学Ⅰの勉強を始めて、高校三年生の夏休み前までに化学Ⅱの学習を終えるというものでした。

1391450
参考書名
セミナー化学 1+2
著者
ページ
312ページ
出版社
第一学習社
Btn amazon

学校で使った教材はスタンダードなものでした。定期試験は教科書の他、『セミナー化学Ⅰ+Ⅱ』という問題集から出題されていました。この問題集は、基礎基本の確認から難易度の低い大学入試レベルの問題までをカバーしました。なので、これをやりこむことで、大学入試に備えるうえで必要最小限の知識は十分に身に付きました。

このころは、模擬試験で英数国以外の科目まで出題されることはあまりありませんでした。ベネッセの記述模試では化学も出題されていましたが、内容は基本レベルなので、安定して90点~100点くらいの点数が取れていました。

二年生の2月には、ベネッセのプロシード模試というやや難易度の高い模試を受験しましたが、この時も化学では偏差値60くらいは取れていたので、それほど苦手意識はありませんでした。(この模試は受験者の平均レベルが高めなので、偏差値60でもそれなりに高い方です。)

高校三年生

化学については、特に困ったことが無かったので、割と楽観視していました。高校三年生で学習する化学Ⅱの範囲はあまり入学試験では出題されないため、あまり力を入れない人も多いのですが、私は悠長にも高分子化合物の学習にまでかなり時間を割いていました。(もっとも、のちにこれが大いに役立ったのですが…。)

転機は夏の東大模試でした。化学については、全然できませんでした。点数は60点満点中20点弱です。理科一類に行くためには30点くらい取れていれば合格の見込みがあるので、順調に点数を伸ばしていければ大丈夫かな、とも思いました。しかし私は物理が壊滅的に出来ないので、化学で良い点数が取れないと、とても不安に思えました。

2769
参考書名
実戦化学1・2重要問題集 2012年
著者
ページ
0ページ
出版社
数研出版
Btn amazon

このころは学校で化学Ⅱの授業も終わり、学校の授業が『実戦化学1・2重要問題集』を使って演習を重ねるというスタイルに移行していたため、それに合わせて勉強していました。この問題集を受験までに最低3回はやろうと考えていたので、各問題について、解いた回数を記録していました。

受験直前期

15351817

2993
参考書名
理系大学受験化学1・2の新演習
著者
卜部 吉庸
ページ
180ページ
出版社
三省堂
Btn amazon

夏の東大模試で楽観的な態度を反省したのですが、数学の勉強に注力していたため、あまり化学の勉強に時間を割くことができませんでした。結果、秋の東大模試でも60点満点中20点強しか取れませんでした。このころになると、焦りようが尋常では無くなっていたので、我武者羅に勉強するようになりました。重要問題集を繰り返しやっているだけでは、発展的な問題に対応する力が伸びないと感じたため、『化学I・IIの新演習―理系大学受験』を買って解き始めました。この時期から新しい問題集に手を出すのはあまり得策だとは言えませんが、とにかく焦っていたので、毎日10題程度のハイペースで進めていました。

1月くらいになるとそれなりに東大の過去問が解けるようになっていました。過去問を解いたら35点前後といったくらいは取れていました。

受験本番では、先述の通り、「物理を諦める」という禁じ手を使いました。私が受験した年度は物理の問題が難しく、受験当日の焦りと緊張とが相まって、私の手には負えないと感じました。そこで、開始45分もしないくらいのうちに物理を半ば諦め、残りの時間を全て化学に当てました。化学に関して少しは自信がありましたし、普通より長い時間をかけたこともあって、本番の試験では60点満点中50点近い点数が取れました。

この記事を書いた人
    14720702
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします!

    関連するカテゴリの人気記事

    15791439

    東大の二次試験で90点を取って合格した理科(物理・化学)勉強法

    15791909

    東京大学 理科I類に現役合格するためにやった学年別 理科勉強法

    関連するキーワード

      スマホアプリで
      学習管理をもっと便利に
      Foot bt appstore
      Foot bt googleplay