15624607

【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

はじめに

大学生活は、サークル活動に参加することでより華やかになります。例えば、サークル活動を通して人間関係が広がったり、飲み会や合宿など多くのイベントを楽しむことができたり、就職で話せるネタができたりします。

ですが、
「部活とサークルはどう違うの?」
「インカレ、公認、非公認、新歓ってなんだろう?」
「サークルの選び方は?」
サークルに入る前に様々な疑問が湧いてくると思います。

情報不足が原因で
「全然馴染めない…」
「想像していた活動内容と違った…」
「入会期限過ぎてた!」
なんてことがないように、サークルを選ぶときはきちんとサークルを知ることが大切ですね。
また、「サークルに入らない」という道を選ぶ人もいます。他の活動に打ち込んだり自分のやりたいことに時間を割いたりと、サークル以外にも様々な活動に没頭することもできます。

この記事では、サークルの活動内容や種類、魅力など、大学生でないとなかなか知ることができないサークル事情や、おすすめのサークルの選び方を紹介します!一足先にサークルの選び方を知って、自分に合ったサークルに入れるよう参考にしてくださいね!

目次[ 非表示 ]

サークルに入るメリットは?

15085486

サークルに入ることにはたくさんのメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、紹介します。

人脈ができる

真っ先に思いつくのは、人脈ができることでしょう。入学したての頃は周りには初対面の人ばかりですから、緊張して上手く話せなかったりよそよそしい態度になりがちです。そこでサークルに入ることで多くの友達ができたり、先輩と仲良くなることができます。特に、同じ学部の人・趣味が共通する人・気が合う人と出会えたら是非仲良くしましょう。サークル活動以外でも、同じ授業を取ったり、食事したり遊んでみたり、旅行にでかけてみたりと、一緒にいることで楽しみを共有できる間柄になれますよ。

定期試験の過去問をもらうことができる

大学では専門性が高い内容を扱うので、定期試験を乗り切るためには深い勉強が必要です。ただ、分かりやすくまとめた参考書や問題集があるわけではないので、試験で出るポイントがわからないことが多いです。
そこで、サークルの先輩から定期試験の過去問をもらうことができます。人によっては捨ててしまったり教授に問題を回収されてしまうことがありますが、先輩が過去問を取っておいている場合には、積極的にもらっておきましょう。大学入試のようですが、過去問を見ておくと傾向・対策がイメージできます。
中には模範解答を自分で作った先輩もいると思うので、合わせて受け取ることができたらテストは難なく乗りきれます。

大学の定期試験は、落第すると進級や卒業に大きく影響するものもあります。先輩から多くの試験情報をゲットしておくことをオススメします。

多くのイベントに参加して楽しさを共有できる

サークルによりますが、1年を通して、
春:新歓合宿、BBQ
夏:合宿、納涼船(船で海を周遊するイベント)
秋:ハロウィン、文化祭
冬:クリスマスパーティー(通称:クリパ)、バレンタイン、合宿
このような感じで多くの楽しいイベントが開催されます。メインの活動が全てではなく、こういったイベントへの取り組みも活発なので、積極的に参加してみると良いと思います。特に季節感のあるイベントは、大学生活を通して4回しか満喫できないので、大学生活の思い出作りのためにぜひ参加しましょう。ただ、イベント毎に費用が違うので、財布との相談も忘れずに。

また、文化祭は、ステージで出し物をしたり、屋台を開いたり、裏方的な役割を果たしたりと、サークルによって活動内容が様々です。ただ、文化祭は他のサークルの人たちと仲良くなれるチャンスでもあるので、ステージを観に行ったり屋台の人に声をかけたりして祭り気分をエンジョイしましょう。

この他にもサークルによって独自のイベントを開いていることが多いので、サークルに入るときはどんなイベントがあるのか、チェックしてみてください。

恋人ができる

恋愛も大学生活を充実させるためには欠かせません。サークルでは性別や上下関係を抜きに、先輩・後輩、同期など誰とでも仲良くなれます。マドンナ的存在の人やイケメンと評判の人、気になる人がいたら積極的に声をかけたり連絡先を交換してみても良いと思います。
「男子校だったから…」「女子校だったから…」「自分に自信がない…」という弱気な姿勢では恋人はできません。中には2人でこっそりと食事に行っている人や、周りに知られないように付き合っている人がいるかもしれませんよ。もしそうなったら意中の相手を取られてしまいますね。

楽しめるのは大学生のうちだけですので、勇気を出してアタックしましょう!

就活に有利である

就活では、「学生時代に頑張ったこと」について聞かれる場合があります。その回答として「サークル活動」に関することを語ることができます。サークル活動は集団活動ですので、みんなとの協調性やリーダーシップが求められます。こういった集団行動能力をアピールするのにサークル活動はネタにできるので、良いサークルを見つけてぜひ没頭しましょう。

就活を意識しなくとも、幹部(幹事長・副幹事長・会計等)になりたいと思うのであれば、協調性・リーダーシップを大切にして、サークル運営を担う存在になっても良いと思います。

また、サークルのOB・OGが就活をサポートしてくれる場合があります。先輩方が活動の場にやってきて就活に必要な準備や心構えを教えてくれたり、場合によってはサークルが同じというコネで先輩と同じ企業に就職できます。
1年生のうちは実感が無いと思いますが、あと2年後、3年後のためにもサークル活動は続けて損はありません。人脈の広さが有利になる場合があるので、これも美味しいポイントです。

サークルに入るデメリットは?

15085484

サークルに入ることでたくさんのメリットがありますが、一方でちょっとしたデメリットもあります。その困ったポイントを2つ紹介します。

自分の時間を作りにくくなる

サークル活動にのめり込んだ結果、周りに流されてしまって自分の時間が作りにくくなってしまう危険があります。定期的な活動、アフター(活動後の食事会や飲み会)、二次会、空きコマ(講義を履修していないコマ)の時間つぶし、飲み会の誘いなどが主な原因です。
みんなと仲良くなりたい一心でサークル活動に熱中していると、授業に出なくなったり、試験対策ができなくなったり、出費が増えたりしてしまいます。特に学業への影響は大きく、進級に関わる場合があります。友好関係を維持したいからといって無理をしていると自分に跳ね返ってくるので要注意です。

きちんと自分の時間も大切にして、気が乗らなかったりお金に余裕が無い時は遠慮するなどして、上手く付き合っていくことをおすすめします。

人間関係に疲れる時もある

サークル活動は、高校のクラスや部活動と同じように、気が合う人ができる一方で気が合わない人もできてしまいます。集団活動ですので、価値観の違いはある程度仕方がないですが、特定のグループができてしまって狭い人間関係ができてしまったり、派閥が生まれて息苦しい人間関係が生まれてしまう場合があります。
私は別け隔てなく人間関係を築くことができたので疲れることはありませんでしたが、人間関係の相談を受けることはよくありました(私が無頓着なだけかもしれませんが)。
また、気が合う人と一緒にいても、ちょっとしたことがきっかけで仲が悪くなったり、行動パターンや会話がマンネリ化してくるときもあります。たまに会うからいい関係を築くことができているのかもしれません。

親しき仲にも礼儀ありです。適度な距離感を持ってみんなと接する事を心がけましょう。

サークル活動と部活動の違いは?

15086361

サークルは部活とほぼ同じ活動をしていますが、この2つの違いは何かあるのでしょうか。

サークル活動は基本的に大学からの補助費が出ない

部活動は大学から補助金が支払われます。特に大会で好成績を収める部活には多くの資金が支払われて、トレーニングの器具が充実していたり、活動場所が整備されたり、遠征費用がかからなかったりするので、部活にもよりますが、部員が活動費を払うことはあまりありません。
一方でサークル活動に必要なお金は、サークルに入っているメンバー全員のお金でまかなわれています。入会費、前期会費、後期会費、イベント費用など全て自費なので、年間で相当なお金が必要です。特に合宿費は1回につき3〜5万程度かかるので、大学生にとってはかなりの痛手です。
「ちょっと自信がある」「部活動に本格的に打ち込みたい!」という人は、サークルにいてもお金が掛かって物足りなく感じてしまうと思うので、積極的に部活動にチャレンジして良いと思います。

活動拠点や部室がないところも

部活動は部室がありますが、基本的にサークルには活動拠点となる場所がありません。サークルが冷遇されているのを実感するかもしれませんが、みんなが集まる場所であったり、普段の活動場所をしっかりとわかっていなければなりません。
大学にはラウンジと呼ばれる広場があり、多くのサークルが同じ場所を取り合ったりするので、場所を確保するために必死にならなければならないときもあります。場所取りを当番制にしているサークルもあるので、チェックは忘れずに。

たまに縄張り意識強いサークルがあり、テリトリーを侵害されると取り返しに来たり評判が悪くなる場合があります。サークル間でもトラブルのない生活を送りましょう。

サークルは独自の大会を開いている事がある

部活と同じように、サークルでも定期的に大会が開かれます。
サークル内の大会、学内の大会、学外の大会など規模は様々ですが、自由に活動できるというメリットを活かして部活動よりもむしろ活発に大会を開いているところもあります。大会の規模は、サークルの人数や大学のサークルの数などによって違ってくるので、多くのイベントがあってほしいと思うのであれば、人数が多くて人気のある活動に的を絞りましょう。

ユニークな大会としては、
出版甲子園(出版コンペティション)
遊戯王デュエルトーナメントイベント
各種バンド大会
MASHUP(マッシュアップ) 学生バスケットボールサークルリーグ

などがあります。部活と違った世界でNo.1を目指すこともできるので、志を高くして目指すのも良いと思います。カードゲームや出版もサークル活動として成り立っているので、娯楽を極めるつもりで打ち込んでみるのも学生生活を楽しむコツの一つです。

サークル活動と学生団体の違いは?

15576103

サークルとよく似たものに学生団体があります。明確な違いや学生団体の定義はなく、線引きが難しいのですが、この2つの違いについてみてみましょう。

サークルは楽しむため、学生団体は楽しませるため

サークルとは、自分たちで楽しむための、いわば閉鎖的な空間です。一方で、学生団体は、誰かを楽しませるために開かれた空間であることが多いです。学生団体は「お客さんがいる」「完全に主催者としてのポジション」と言い換えることもできます。

ダンスや飲み会の開催がほとんどの学生団体の活動内容であり、有名なものとしては慶応大学主催の「SEEK」があります。主に六本木でクラブイベントやダンスのイベントを行っているので、興味がある人は参加しても良いと思います。

多くの学生団体はインカレ+オーランの要素が詰まったサークルに近い

後程紹介しますが、インカレサークルとは複数の大学の学生から成り立っているサークルです。また、オーランとは、楽しむためならオールラウンドに活動するサークルを言います。また、オーランの活動内容は主に飲み会であることが多く、合わせると

インカレ≒集客
オーラン≒飲み会

このように考えることができます。実質的に学生団体はインカレオーランサークルと大差がありません。名前が違うだけで、学生団体の多くは単なる飲みサークルと考えても差し支えないでしょう。

極少数ですが、純粋にボランティアや国際交流活動を行っている学生団体もあります。ネット調べてみると、飲みサークルに近い学生団体はパーティの写真を掲載していることが多く、ボランティアや国際交流活動を行っている学生団体は、多くの植樹活動の写真や他の国籍の人と交流している写真を載せたりしています。

もしも学生団体に入りたいのであれば、活動内容はきちんと見極めましょう。

サークルの活動内容

15377002

サークルとはどのような活動をしているのでしょうか。活気のあるものを並べていますが、この他にもまだ見ぬサークルがあなたの大学にあるかもしれません。視野を広くして、自分に合ったサークルを見つけましょう!

運動系サークル

17199007

多くの学生はなにかしらの運動サークルに参加しています。例えば、

野球・サッカー・テニス・陸上・スキー・スノボ・フットサル・バスケットボール・バレーボール・バドミントン・ラグビー・アメフット・ホッケー・ゴルフ・武道(柔道・剣道・弓道・合気道・居合道)・格闘技・登山・マリンスポーツ・自転車・多種混合(館内競技全般)

などが挙げられます。これだけ多ければ興味のある競技があるのではないでしょうか?野球やサッカーなど、高校の部活でも活動できる種目は経験者が多いですが、ゴルフやスキーなど、部活にあまり無い種目やシーズンスポーツは初心者が多いので、誰でも楽しめます。
野球やサッカーなど、1つの種目につけてもサークルは複数あるかもしれません。それぞれ雰囲気や人数、活動日が違うことがあるので、しっかり確認したうえで入るサークルを決めましょう。この確認すべきポイントは後ほど詳しく紹介します。

文化系サークル

17199009

運動系サークルに並んで活発なのが文化系サークルです。活動例としては、

映画・演劇・ダンス・美術・文芸・古典芸能・写真・演芸・お笑い・工芸・マジック・ジャグリング・書道・生花・ロボット研究

などがあります。学校教育で触れてきたもの、趣味や部活で没頭してきたもの、興味があるもの、様々あるとおもいますが、サークル活動ではゆるく楽しむことをモットーにしているところが多いです。文化系サークルは目立たないと思われがちですが、新歓イベントや文化祭が盛り上がるのは、彼らがいるからこそです。
普段の活動では自分たちのスキルアップを目指し、イベントの時には縁の下の力持ちのような存在として、活動してみても良いと思います。
ただし、ダンスサークルは掘り下げていくとテーマが枝葉別れしていきます。チアリーディングかフラダンスかストリートダンスか、はたまたベリーダンスか、といった具合です。他のサークルも詳しく見ていくと細かい違いがあるかもしれないので、自分がしたい活動ができるかどうか、事前に確認しておきましょう。

また、文化系サークルの活動は、プロのスカウトも見ていることがあります。大会であれ学内のイベントであれ、ちょっとしたことでも目に留まって評価してもらえれば、一歩上のステージで活躍できるかもしれません。
将来これらの道を極めたいという人は、文化系サークルで頑張るのもありだと思います。

ボランティアサークル

17199016

ボランティアサークルは、様々な目的を持って活動しています。例えば、途上国で教育・植樹・インフラ整備をするボランティア、介護施設で高齢者の生活をサポートするボランティア、保育施設で保護者の代わりに面倒を見るボランティアがあります。最近では東日本大震災や熊本地震の復興を援助するためのサークル、助成金を支援する助成団体が多数結成されていて、国内外問わず活動の幅が広がってきました。
また、資金援助を求めて募金活動を行ったり、NPO法人と連携してより高度な活動を行ったりするところもあります。
ボランティア活動は基本的に無報酬ですが、サークルによっては学校や行政から助成金を得ることができるので、ボランティア活動のハードルがちょっと下がっているといえます。

ちなみに、ボランティア活動は主体性と献身性が求められることから、就活でアピールできると言われています。率先して行動できる力に魅力を感じるのかもしれませんね。就活のため、というと少しあざとくなってしまいますが、自己犠牲も厭わない人、誰かの役に立ちたい、と考えている人はぜひボランティアサークルも検討してみてください。

勉強系サークル

17199019

サークルには、勉強を第一目的としたものもあります。例えば

英語サークル・法律サークル・歴史サークル・政治サークル・言論サークル・数学サークル・語学サークル・金融サークル・資格サークル

などが挙げられます。学部カラーが強いものが多く、入ることでおすすめの授業や試験情報をたくさんゲットできる可能性が高くなるので、学部に関係あるものは一応入っておきましょう。
もちろん、純粋に興味があるサークルに入っても全く問題ありません。ですが、マイナーなサークルとなると勧誘していないところもあり、サークルの情報がゲットできません。インターネットを通して事前に調べる必要も出てきそうです。

「就活を有利に進めたい!」「ガッツリ資格を取りたい!」という人は、資格サークルに入ってみても良いと思います。公認会計士・行政書士・司法書士・英検・漢検・数検などたくさんの資格に対応した勉強ができます。先輩方が残してくれた教材を使って勉強することになりますが、メンバー共用にすることで費用が浮かせることができます。初めて見るような資格に出会って変に興味が湧くかもしれません。

活動内容は様々ですが、試験対策や将来に活かせるのが一番の魅力です。

また、英語サークルはちょっと特殊なポジションですので、別途詳しく紹介します。

英語サークル

17199025

英語サークルはほとんどの大学にありますが、多くはESSと呼ばれます。これは
「English Speaking Society 」または「English Studying Society」の略であり、会話部門と研究部門に分かれています。
「英語で話せるようになりたい!」「将来はグローバル企業に就職したい」などと考える人(通称:意識高い系)にとっては、英会話教室や塾に通う費用や手間が省けるので、ESSに参加してみましょう。

早稲田大学ではESSに大学の頭文字「W」を乗せて「WESS(ウェス)」と呼ばれています。このように大学ごとで名前にアレンジされているところもあるので、見落とさないようにしましょう。

ただ、中には英語の勉強は建前であり、実態は遊んでばかり、という悲しいサークルもあるので気をつけてくださいね。

メディア系サークル

17199027

メディア系サークルには、

放送研究会・広告研究会・アナウンス研究会・出版系サークル

この4つが当てはまります。この手のサークルは基本的に大学に1つしかないので、多くの学生が集まります。100人以上は集まるので、常に活発で友達もたくさんできるのが大きなメリットです。
これらのサークルは普段の活動に加え、学内のイベントの時にステージや放送機器の設営を行ったり、サークルの宣伝用のビラ作成を手がけたり、司会・進行を務めたり、フリーペーパーの作成・配布をしています。
出会いもあってイベントの中心的存在にもなれるメディア系サークルは、最も大学生らしい生活を送れると思います。

また、専門の企業(「放送系ならNHK」といった具合)とつながっているところもあり、実際に私の友人はバイトやインターンをコネで紹介されていました。なにかと大きい見返りを期待できるサークルといえます。

企画・イベントサークル

17199036

企画・イベントサークルは、様々な規模のイベントを主催しているサークルです。

散歩・クイズ・町おこし・ミスコン・ミスターコン・フラッシュモブ・無人島生活

このように、身近なものから奇想天外なものまで様々なイベントがあります。サークルに所属する人は、主催者(運営側)として活動するので、一緒にイベントを楽しむのではなくて参加者を楽しませることがメインの仕事です。
あくまでも参加者を喜ばせるつもりで活動しないと、思っていた活動と違った、なんてことになってしまうので、注意しましょう。ですが、参加者がいないと成り立たないので、オープンに楽しめるよう誰でも参加できるようになっています。
自分が主催者として盛り上げていきたいのか、参加者として楽しみたいのか、立場をはっきりさせたうえでサークルを選ぶようにしましょう。

また、ミスターコン・ミスコンは、大学で主催団体が違います。メディア系サークルが担っている大学もあるので、美男美女に近づきたい人は、欠かさずチェックしましょう。

オールラウンドサークル

17199040

「オールラウンドサークル」という言葉は馴染みがない人が多いと思います。これは、大学生活をより楽しくさせることを目的としたサークルで、「オーラン」と略されることが多いです。メンバーが楽しめるように、スポーツ・アウトドア・旅行・イベントなど、ありとあらゆる活動をしています。
多くのオーランサークルでは飲み会がメインイベントと化していて、その他の活動に踏み出せないところも多いです。飲み会はどのサークルでもありますし、個人的に飲むこともできるので、オーランサークルは「行き場を失った人が入るサークル」としてみなされることもあります。
また後ほど説明しますが、インカレサークル(他大の人も受け入れているサークル)が多く、特に女子大生を獲得しようとSNSや女子大の前で宣伝をしていることもあります。ただし、一部の女子大に危険視されているサークルもあるので、健全なサークルかどうか見極める目が大切です。
また、どこの大学が母体となっているのかわからないサークルもあります。大学名がわからないとトラブルがあっても揉み消されてしまうので、きちんと把握しておくことが大切です。

実態がわからず安全性が疑わしいオーランサークルですが、健全なサークルでは、メンバーが意見を出し合って、思うままに活動しています。全てのオーランサークルが良くないわけではないので、目的をもってきちんと選ぶのには問題ありません。

サブカルサークル

17199041

主にアニメやゲームを扱うサークルです。今流行の作品から昔の作品まで、幅広く扱っているので、アツく語りたい人にとっては居心地の良いサークルだと思います。
また、プレイテクニックを競う大会が全国規模・世界規模で行われているゲームもあり、サークルメンバーで大会出場を目指すところもあります。特に「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズは有名です。腕に自信のある人は頂点を狙ってみてはいかがでしょうか。

ファッションサークル

17199045

大学には、独自のファッションを生み出そうとするファッションサークルもあります。規模は大小ありますが、活動内容としては、メンバーがモデルになってフリーペーパー形式でファッションを宣伝したり、ファッションショーを開いたりしています。
メディアに取り上げられることや読者モデルとしてスカウトされる人もいるので、ファッション業界に興味がある人にはおすすめです。

ファッションも、原宿系・渋谷系などその種類は様々です。テーマやコーディネーションはきちんと確認しておきましょう。

その他のサークル

サークルには、今までに紹介した活動内容に属さないサークルもあります。特殊なサークルで活動してみたい人は1つ、2つくらい入ってみても良いと思います。

私の大学にあるちょっと変わったサークルには、

かくれんぼサークル・精神高揚会・バンザイ同盟

などがあります。名前から普通でない感じが伝わってきますね。
かくれんぼサークルは文字通りかくれんぼを、精神高揚会は100キロハイキングというキャンパスめぐりのイベントの主催を、バンザイ同盟はお祝いの場を盛り上げる活動をそれぞれしています。

活動内容が規格外で食いつきにくかったり、実態があるのか分からないサークルもありますが、ちょっと変わったキャンパスライフを送りたい人はぜひ探してみてください。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

サークルの種類

15242417

サークルの活動内容の他に、サークルには種類があります。公認・非公認・インカレといった、今まで馴染みない言葉が出てきますが、それぞれのトピックで説明しているので、一度確認してみてください。

公認サークル・非公認サークルがある

公認サークルというのは、大学から活動内容を評価され、一定額の活動補助費や活動場所をもらえるサークルです。部活と違って充実しているわけではないですが、他のサークルと比べて活動しやすくお金もかからないというメリットが有ります。また、新歓ブースを優先的に割り当ててもらうことができたり、多くの活動を保証されています。
それ以外のサークルは非公認という扱いで、特に大学が活動を保証してくれるということはありません。活動費・活動場所・勧誘など、運営に関わるものはすべて自分たちでこなさないといけません。部活とサークルで待遇に差がありますが、サークルの中でも公認・非公認という格差があります。
思う存分サークル活動したいという人は、公認サークルに入ることをおすすめします。

インカレサークル・学内サークルがある

サークル選びでよく耳にするのが「インカレ」という言葉です。インカレとは、inter-college の略称であり、インカレサークルとは複数の大学の学生が所属しているサークルをいいます。運動系サークルのマネージャーやオーランサークル、ボランティアサークルに多く、女子大の学生をターゲットに勧誘しているサークルが多いです。他大の人との交流したいと思ってる人は、ぜひ入りましょう。たまに変なサークル、チャラいサークルがあるので、ダマされないようにご注意を。
学内サークルは、メンバーが同じ大学のメンバーで構成されているサークルであり、他学部の人と仲良くなって大学での楽しみを共有できるのが強みです。活動の時にメンバーが集まりやすく、気軽に遊んだりもできます。また、中にはキャンパス限定サークルもあります。

世界が開放的だったり閉鎖的だったりしますが、せっかく目をつけたサークルの入会資格をクリアできなかったら入れません。サークルの種類は確認しておきましょう。

新歓とは?

15455608

新歓とは、新入生歓迎の略であり、「新歓イベント」「新歓練習」「新歓コンパ」「新歓合宿」といった感じで新入生を歓迎・勧誘する、あらゆるイベントに使われます。また、単に「新歓」という時は、新入生を勧誘するビラ配りを意味することが多いです。
あらゆる活動を意味する新歓とはどのようなものか、ケースごとに見ていきましょう。

合格発表日にも新歓活動は行われている

合格発表の日に新刊活動を行っているところもあります。ネットで合否を確認する大学が増えましたが、合格者の受験番号をキャンパス内で発表している大学では合否が出たその日から盛んに新入生に勧誘しています。大学によって異なりますが、積極的に大学に足を運んでサークル情報を確認しましょう。

メインは入学式やオリエンテーションがある日

新歓が一番盛り上がるのは入学式やオリエンテーションがある日です。新入生は、会場を出るやいなや積極的に声をかけたり、多くのビラを受け取ります。新しい環境で過ごすので不安や悩みを抱えることがあると思いますが、大学生活のスタートはこれまでにない刺激的な一時を過ごせると思います。

新歓に行こう!

新歓では、人生で一度も味わったことのない盛り上がりを経験することができます。また、サークル情報を集めて自分にあったサークルを見つけることができたり、サークル探しを通して同期や先輩など、一気に人脈が広がります。1日中大学にいるだけでも多くの人と知り合うことができます。雰囲気を楽しむもよし、サークルを探すもよし、年に1度の大イベントを満喫しましょう!

大きめのバッグを持って行こう

大学にもよりますが、サークルの数はかなり多いです。インカレサークルのように大学の枠を超えて活動しているサークルもあり、新歓では思いの外多くのビラをもらうことになります。入学式やオリエンテーションでも資料をもらうことがあるので、フォーマルなバッグでは入り切らないことが多いです。大体ですが、新聞4〜8冊ぐらいのボリュームがあります。私の大学はマンモス校なのでそれ以上もらいましたが、とにかく重くて量があるので、腱鞘炎になったり腕に傷を作ったりしました。

そこで、ビラを入れることができる大きめのトートバッグや手提げを持っていきましょう。事前に準備していけば、目立ったトラブルもなく多くの情報をストックできます。

できるだけ多くのビラを貰おう

同じ活動内容のサークルでも、活動時間、人数、活動費、サークルの種類などが違います。授業時間と活動時間が被ってしまうと活動費だけ払うハメになってしまいますし、大人数で盛り上がりたい(いわゆるウェイ)のに小規模なサークルだった、といった、情報不足が原因の勘違いがよくあります。
せっかくお金を払って入るので、十分な情報をゲットした上でサークルを比較検討しましょう。そこで役立つのが新歓でゲットしたサークルのビラです。もらいすぎてうんざりしてしまったり、先輩方の狂ったような勧誘に恐怖感を抱いてしまうかもしれませんが、余力があればできるだけ多くビラをもらっておくことをおすすめします。
ただし、同じサークルから何枚もビラをもらうことがあっても、寛容な気持ちでこらえましょう。

フリーペーパーも意外と役立つ

新歓で配られるビラには、フリーペーパーのようなものがあります。そこにはサークルの一覧が載っていて、新歓コンパ(飲み会)の情報が書かれていたりするので、確認してみると良いです。
日程別にサークルのイベントを確認しておけば、参加したいイベントの日時が他のサークルと被ってしまった、なんてうっかりミスがなくなります。また、何週間か先のスケジュールも見ておくと興味のあるサークルのイベントに一通り参加できるよう計画を立てやすくなるので、確認してみましょう。

サークル情報はネットでも集めることができる

サークル情報の多くは新歓で仕入れることができますが、ネットでも集めることができます。サークルが新歓用のTwitterアカウントを作ったりして、こまめに情報を流しています。ネット上で情報を確認すると常に最新の情報が入ってくるので、たまに見てみましょう。たくさんフォローしてしまうと更新が鬱陶しくなってしまいますが、手軽に情報をキャッチできるので、興味のあるサークルは積極的にフォローしてみましょう。

また、「ガクサー」と呼ばれる、サークルの情報を載せたウェブサイトが存在します。活動内容別にサークルを見ていくことができて、学外のサークルについても見ることができるので、Twitterと合わせて確認しても良いと思います。

ガクサー

サークルのチェックポイント

14704913

サークルにはそれぞれ個性があります。その個性によって自分の肌に合うか合わないか、健全(安全)かどうかがだいたいわかってきます。そのチェックポイントを幾つか4点上げるので、サークル選びの参考にしてみてください。

先輩方の見た目や雰囲気はどうか

先輩のルックスを見てみると、そのサークルの盛り上がり具合が見えてきます。1人2人で判断するのは早とちりですが、金髪の人が多い、ピアスをしている人が多い、など、派手目な格好をしている人が多ければ、華やかで盛り上がってそうなサークルだと判断できますし、黒髪が多く高校生時代と同じような見た目の人が多ければ、ちょっと芋っぽくて地味なサークルだと判断できます。

また、新入生に対する積極性や、サークルの人同士の会話もチェックしてみると、すぐに馴染めそうなのか、人間関係がぎこちないサークルなのか、上下関係が厳しいサークルなのかを見ることができます。

こういったものはサークルの個性ですので、そこに自分が合わせることができるか、うまくやっていけるか、入会の前にじっくり観察してみましょう。

入会期限

ほとんどのサークルには入会期限があります。学内で大会が開かれるようなメジャーな活動をしているサークル(テニス・サッカー・ダンスなど)に多いです。優秀な人材を確保するため、円滑に運営するため、熱意のある人を積極的にとりたいためなど、ほとんどはサークルの都合ですが、悠長にサークルを検討していると、うっかり入会期限を逃してしまいます。
早いところは4月の第1週で締め切ってしまうので、くまなく確認しておきましょう。

一方で、随時入会を受け付けているサークルもあります。ですが、入会が遅すぎると、サークルの内輪ネタについていけなかったり、一人ぼっちになってしまったりするので、入りたいサークルがあれば早めに入ることをおすすめします。

兼サーはOKかどうか

サークルの活動内容に関わらず、複数のサークルに入ることを「兼サー」と言います。サークルには兼サーが許可されているところと許可されていないところがあるので、いくつか所属したいと考えている方は必ず確認しましょう。情熱的に活動していて、プロ意識が強いサークルでは兼サーが許可されていないことが多いです。隠れて兼サーしていると、バレて周りに口出しされたり揉め事に発展したりと、後でトラブルになるかもしれません。事前に確認しておきましょう。

また、兼サーがOKの場合でも、同業他社のような関係のサークルに複数入るのはまずいです(野球サークル2つ掛け持ちなど)。運動系と文化系を1つずつ入ったり、もう一つオーランサークルに入ってみたり、活動の幅を広げてみるつもりで兼サーしてみましょう。

勧誘している人は本当に大学生かどうか

これは最も注意して確認してほしい項目です。勧誘を行っているのは、純粋なサークルの他に、怪しげな団体(宗教団体や社会団体、ねずみ講を企む組織)が混ざってることがあります。アンケートと称して不自然な質問をしてきたり、強引に引き止めて署名を求めたりするので、個人情報を教えてしまうと大きなトラブルに巻き込まれてしまいます。話が大きくなると警察沙汰であったり家族や親戚に迷惑がかかります。
大学からしつこく注意されますが、安心してついていったらサークルというのは大学に根付くための建前であって、実は危ない組織だった、ということもあります。
歩み寄ってくる人の全部が全部大学生だと思わずに、少し疑う気持ちも大切です。
ちょっとでも疑念が湧いたら、サークル名でGoogle検索をかけてみましょう。

サークルのおすすめの選び方

15377435

サークルに入る目的は人それぞれです。また、ある程度やりたいことが決まっていても、複数あるサークルの中から決め切れない場合もあると思います。そういったとき、何を意識すればよいのでしょうか。サークルのおすすめの選び方を紹介します。

最初は多めに入っておく

サークル活動を続けてみると、同期のメンバーと気が合わなかったり、グループ化が激しくて人間関係や雰囲気に疲れてしまうことがあります。いくつか入っていけば、所属していたいサークルと入っていても楽しくないサークルを選別できて、最終的に自分の肌に合うサークルを見つけることができます。

仮入会期間を設けているサークルもあるので、始めのうちは5つくらい入って、おいて少しずつ絞っていくと良いです。

部活動や習い事の延長線として考える

部活や習い事と同じことを続けたいけど大学の部活動は実力者が集まるからついていけるか不安」と思っている方は、サークルでその活動を続けてみましょう。特に運動部出身の学生はこの考え方で動くので、運動系サークルは経験者が多く集まって、練習や試合、大会も張り合いがあって充実します。

一方で、経験者だけがはびこってしまうので、初心者は慎重に選ばないと新しいスポーツにチャレンジできなくなってしまいます。肩身が狭い思いをしないように、初心者が何人いるか、初心者の入会を受け付けているかなども含めてサークルを選びましょう。

やってみたいこと、興味があることを基準に考える

やってみたいことや興味があることなど、心の赴くままにサークル活動をしてみるのも良いです。大学生活は4〜6年間しかないですが、学生生活が終わると仕事ばっかりの人生が待っています。
時間にゆとりを持って趣味などに没頭するのは大学生のときしかないと考えるのが自然でしょう。高校と違って授業を自分で選んで決めることができますし、授業によっては教室で話を聴く必要がないものもあるので、取る授業によっては、ますます多くの時間を自由に使うことができます。
学業に影響が出ない範囲で、やりたいことをサークル活動として打ち込んで見るもの良いと思います。

飲み会での雰囲気

新歓では、サークル全体が、新入生に対して良い顔をしています。飲食店の営業スマイルのようなものであり、勧誘を受けている段階では良いところしか見えてきません。ですが、飲み会ではお酒の力で先輩方がサークルの内情を話してくれたり、荒れたりしてくれるので、サークルの本性が見えてきます。特に新歓期が終わるとますますボロが出てきます。
飲み会は頻繁に行われるので、飲み会も活動の1つとしてみなす必要があります。個人の感じ方次第ですが、飲み会での雰囲気が好きかどうか、きちんと覚えておきましょう。飲み会の雰囲気が楽しいと感じたら、入会して良いと思います。一方で、飲み会の雰囲気は合わないと感じたら、そのサークルには入らないことをおすすめします。

ただし、一気飲みやお酒の強要には要注意です。未成年であるうちは飲酒禁止ですし、最近では有名大学でお酒絡みの事件が多発しています。ハメをはずした結果、飲み会の参加者が逮捕・補導されたり、サークルが消えたり、そのサークル主催のイベントが中止になったりしています。
トラブルがあってからでは遅いので、そういうサークルの一員にならないためにも、飲み会の雰囲気は要チェックです。

活動費用・活動頻度

サークル活動費は、意外と大学生の財布にダメージを与えてきます。入会費や年会費、前期・後期会費、月会費など、定期的に取られるお金から、イベント参加費、活動場所のレンタル費など、活動ごとにとられるお金まで様々です。
サークルによって徴収額や徴収頻度は違いますが、お金がなくなってしまうと自分に費やすお金がなくなってしまいます。
活動費は活動頻度と大きく関わっているので、この2つをセットにチェックして、お金がある、頻繁に活動したいという方はお金を奮発してサークルにより没頭しても良いと思います。ゆるく活動したい、お金に余裕がないという方は、省エネでコスパの良いサークルに入るようにしましょう。
特に一人暮らしの方は、かなり悩むところです。親にたよって仕送りを増やしてもらうか、あるいは必死にバイトしてお金を貯めて活発なサークルに入るか、じっくり考えた上で入るサークルを決めましょう。

活動日・活動場所

活動日や活動場所も案外重要なポイントです。新歓が激しい期間は春休みであり毎日暇なので、日時や場所を問わずサークル活動ができます。
ですが、大学の授業が始まると、活動日と授業時間と被っていることや、大学からの活動場所が遠く移動時間がかかあることに気づくことがあります。前もって授業と照らし合わせて本当に活動できるのかを知ることは大切です。

新学期が始まってパタリと活動に来なくなってしまう人は多く、私の同期の中にも全く来なくなった人がいました。会費を払うだけの幽霊部員にならないように、授業の時間と一緒にサークルの活動日・活動場所は要チェックです。

サークルでよくあること

15301260

ここでは、どのサークルにも起こりうる出来事を紹介します。良いものも悪いものもありますが、サークルあるあるを4つほど見てみましょう。

ユニフォームやスウェットを着ると帰属意識が芽生える

スポーツサークルでは、サークルごとのユニフォームを、スポーツサークル以外でも多くのサークルではスウェットを購入します。届くや否や1年生の間で連帯感が生まれ、謎の帰属意識が芽生えてきます。
正式にメンバーとしての仲間入りを果たしたという感覚に近いのか、急に飲み会や個人企画(メンバーの少人数で開くイベント)が増えるなど、とにかく一緒に過ごす時間が増えます。節約したいという人やあまりサークルに深く関わりたくないという人はこういった服を買うことはしませんが、急に除け者扱いされることがあります。円満にサークル活動を続けたい人は、ちょっと無理をして購入する必要があるかもしれません。

また、刺繍にあだ名を入れるサークルもあります。そこで初めてあだ名が定着することもあるので、よりサークルに溶け込むきっかけにもなります。新歓のときに先輩方がユニフォームやスウェットを着ていることが多いので、ちらっと見てみても面白いと思います。

イベントに参加しすぎて活動費を滞納する

BBQや合宿、クリスマスなどのイベントは、サークルでの楽しみの1つです。普段の活動よりももっと盛り上がるので、参加したくなる気持ちが強くなってきます。多くのサークルは積立金があるので、借金してイベントに参加してしまう人がいます。
最初のうちは、「次の給料日に返そう」「親にお金を借りよう」と考えて資金繰りができたタイミングで払おうとするのですが、徐々にお金に対する考え方がルーズになってきて、当たり前のようにサークルから借金してイベントに参加しようとするようになってしまうこともあります。

サークルには納会という、それまでの活動内容を振り返ったり活動費用の内訳、滞納者の名簿読み上げなどが行われる定例会があります。滞納の度合いがひどすぎると、納会で恥をかいたり、活動のたびにお金を催促されて気まずい思いをしたりメンバーと仲が悪くなったりしてしまいます。
常日頃からお金の管理はしっかりしましょう。

一人暮らしの方の家はみんなの溜まり場になる

サークルには、一人暮らしをしている人がいると思います。だんだんと仲良くなってきて、みんなの家に行くようになったりします。実家暮らしの人の家では親に迷惑がかかってしまうので、思う存分に遊ぶことができません。ですが、一人暮らしをしている人の家では、家族に迷惑をかけることがないので、気軽に遊んだり夜更かしをして寝泊まりをするようになります(いわゆるオールですね)。

調子にのって騒ぐと近所から苦情きたり警察を呼ばれたりしてしまうので、節度を持って過ごしましょう。近所の人に迷惑を書けない程度にゲームで遊んだりパーティーを開いたりして盛り上がるのもサークル活動を通じた楽しみの一つです。

私は一人暮らしをしていますが、数人の友達が私の家に居候として住み着くようになりました。着替えや寝袋を持ち込まれた事がありましたが、良い思い出だと思っています。

2年に上がると雑に扱われる

1年のうちはちやほやされますが、お客様気分でいられるのも1年のうちだけです。食事をおごってもらったりどこかへ連れて行ってもらえたり、お金がかからず楽しいことばかりさせてもらえます。
ですが、2年に上がる時には、次の新入生を勧誘する立場になります。今度は自分がもてなす番ということで、いままでの好待遇はさっぱりなくなってしまいます。

私の大学には、一姫二女三婆四屍(いちひめにじょさんばばしかばね)という、学年が上がるに連れて可愛がられなくなる様を表す言葉があります。男子にあてがった言葉はないのですが、基本的に可愛がられるのは1年のうちだけだということを覚えていきましょう。せっかくなので早いうちに先輩方におごってもらったりしても良いと思います。

もしもサークル活動が上手く行かなくなったら?

サークル活動を頑張って続けてみても、肌に合わない、上手くやっていけない、なんて感じる事があるかもしれません。学生生活はサークル活動が全てではないので、他の活動に目を向けてみましょう。

新しいサークルを立ち上げる

納得のいくサークル活動ができないのであれば、納得のいくサークルを作ってしまえば良いのです。サークルの立ち上げ方は大学によって違うともいますが、基本的には、責任者である幹事長・副幹事長、金銭管理を担当する会計担当をサークルの運営者として扱って、メンバーが10人前後いればサークルは立ち上げる事はできます。メンバーの最低人数などは大学別にチェックする必要があります。
また、学生数とサークル数が不釣り合いだとサークルが充実しなくなってしまったり、活動内容が望ましくないなど、審査基準が厳しい場合もあります。役員やメンバーを確保できてもきちんと大学の審査をクリアしなければサークルとして立ち上げることができない場合が多いです。
新しくサークルを立ち上げようと思った人は、大学にサークル設立の詳細を問い合わせてみましょう。

バイトやボランティア活動をしよう

サークルを辞めて、バイトやボランティアなどの社会経験を積む人もいます。サークルは自分の好きなことに打ち込むことができますが、バイトやボランティアでは、社会の役に立つことが求められ、サークル活動よりも有意義な学生生活を送ろうと考える人は、積極的に社会経験を積んでいます。

バイトはお金が入るので自分の好きなことに使えますし社会の役に立つことの他に職場の人と上手くやっていく能力も求められるので、社会的な能力をつけるには一番良い方法です。
一方でボランティアはお金は入りませんが、主体性や積極性が就活で評価されやすく、有利に就活を進めることができます。

実際に私の友人で、サークルを辞めてバイトに打ち込んでいる人がいました。その人は、最初は何もこなせずに辛かったけど、初めて身を置く環境にも順応できるようになったと、バイトに確かな手応えを感じていました。

視野を広げて様々な活動をしてみるのも大学生活での醍醐味の1つですよ。

最後に

15364733

サークルは、思った以上に複雑な仕組みです。インカレ・公認・非公認といった初めて見る言葉や、見た目・雰囲気・入会期限などサークルを選ぶポイントがあるので、細かくチェックしておく事が大切です。また、積極的に新歓に足を運んで、多くのサークル情報をゲットしましょう。

サークル活動にはメリットだけではなくデメリットもありますが、積極的に活動することでより充実した刺激的なキャンパスライフを送ることができます。たくさんあるサークルの中から自分にあったサークルと巡り合って、より華やかな学生生活を楽しんでください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
18538440
早稲田大学 法学部に通っています。得意科目は古文・日本史です。あと半年で卒業してしまいますが、出来る限り受験生のサポートができたらと思っています。

関連するカテゴリの人気記事

15508756?w=120

超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

15590364?w=120

【大学入試ってどういう仕組み?】受験の種類と方法を徹底解説!

15823937?w=120

【勉強場所比較】最強の勉強場所はどこ?勉強できるカフェを見つけよう!

15575827?w=120

勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

15624607?w=120

【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

15673009?w=120

【高校生の選択科目の選び方】文系コースで失敗しない3つのポイント

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay