15508756

超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

はじめに

あなたは勉強の計画、立てていますか?大きなことを成し遂げるためには、しっかりとした計画が必要です。志望校合格という目標を達成するためには、ただがむしゃらに勉強しているだけではいけません。志望大学が難関大学であるほど、勉強計画を立てる必要性は上がっていきます。
しかし、実際にどんな風に計画を立てればいいのか分からない方も多いですよね?そんなあなたのために、この記事では勉強計画の具体的な立て方やコツを紹介していきます!また、白紙のノートに計画を書き込んでいくスタイルはやり辛いという方のために、使いやすい計画手帳も紹介しちゃいます!


勉強計画を立てる前に

15592260

過去問からどんな対策が必要かを考える

計画を立てる前に、まずゴール地点を設定しておかなければいけません。志望校に合格するために、自分は本番までにどんな力をどれくらいつけておけばいいのか、それがわかっていないと計画の立て様がありません。
ゴール地点を認識するために、まずは一度過去問を解いてみることをおすすめします。その段階では全く解けなくても構いません。むしろ解けないのが当たり前です。とにかく一度過去問に取り組んでみて、自分は何ヶ月か後にこの問題を解けるようになっていなくてはならない、ということを知っておきます。そこから逆算して、どんな対策・勉強をしなければならないのかを決めるのです。
同じ数学や現代文などでも、大学によって二次試験で求められる力は結構変わってきます。二次試験では大学ごとに独自性の高い問題を出してくることが多いので、それ専用の対策が必要なのです。問題の特色を把握しておかないと、どのような勉強をすべきかの計画は立てられません。とにかく計画を立てる前には、過去問にあたっておくことが重要なのです。

模試で現在の自分の学力を把握

ゴールをイメージできたら、次はスタート地点、つまり自分の現在位置を把握します。それは、現在の学力、受験本番までの日数などのことです。通っている高校が進学校であるなら、実力テストなどでの学校内の順位で自分の学力を測ってもよいのですが、やはり一番いいのは模試を受けることです。同じ大学を志望する受験生の中で、自分がどのくらいの位置にいるのかが一発でわかります。
どの教科の偏差値が高いもしくは低いのか、他の受験生と比べて、どの分野の問題ができているのかいないのかをしっかり理解した後で、受験日までの日数を計算し、どこにどれくらい時間をかけるべきなのかを決めましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

一日のスケジュールの立て方と例

15508741

「計画」と「スケジュール」は違います。例えば、「一日の計画」というのは今日はこの参考書を20ページ、この問題集を10問、この単語帳を20語やる、というような「目標」に近いものです。「一日のスケジュール」というのは朝7時に起きて、8時から勉強を始め、12時に昼食を取り…というような「時間割」に近いものです。「計画」の他に「スケジュール」を決めておくことで、「計画」をスムーズにすすめるのに役立つし、自分自身の管理にもつながるので、「スケジュール」を決めておくことはメリットが大きいです。
ここでは、現役時代の私のスケジュールを例としてスケジュールの立て方を紹介します。参考にしてみてください。

学校がある日

15508419

受験生の間は、生活スタイルは朝型にしていました。生活リズムを整えることで、無駄に体調を崩して勉強時間を削られるようなことをなくしたかったからです。睡眠時間も最悪6時間以上は取ったほうがいいです。なぜなら、勉強した内容は寝ている間に整理され、定着するからであり、寝ずに勉強したところで必死に勉強した内容は頭からすっぽり抜け落ちてしまいます。だから遅くても1時前には寝るようにし、7時〜8時の間に起きるような生活スタイルが望ましいといえます。
このスケジュールのポイントは、朝学校についてから朝礼が始まるまでの30分間と、夜寝る前の30分間での勉強です。ここでは、暗記物をやっていました。人間は寝ている間に記憶を定着させるということを利用して、夜寝る前に英単語などを覚え、その翌日の朝、前日覚えた内容を復習するようにしていました。現役時代、このやり方はかなり効果があったので、朝と夜に暗記学習のための時間を設けておくことをおすすめします。

学校がない日

15510676

学校が休みの日とはいえ、生活スタイルを安定させるためにも寝る時間・起きる時間は大きく変えないほうがいいです。勉強時間の間に途中休憩を挟んでいくことで、集中力を持続させることも重要です。5時間も6時間もぶっ続けで勉強できる超人なんてなかなかいません。
寝る前、起きた後の暗記学習も平日同様に欠かさず行います。また、せっかく午前と午後で時間的な区切りを分けて勉強できるのだから、午前は理数系、午後は文系の勉強を行うなどのメリハリをつけると集中が続きやすいと思います。

勉強計画の立て方のポイント

15592268

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

勉強時間ではなく勉強量で計画を立てる

よく今日は9時間勉強するぞ!とか数学は3時間、国語は2時間勉強するぞ!とか、時間を基準に勉強の計画を立てる人がいますが、あまりいいやり方とはいえません。勉強は◯◯時間やれば必ず力がつく、というものではないからです。大事なのはどれくらい時間をかけたか、ではなくどれくらい理解できたか、なのです。時間を目標として設定すると、今日は6時間も時間をかけたからきっと大丈夫だろう、という考えで内容は十分に理解できてないのに次に進んでしまうことになりかねません。
しかし、理解度という数値化しにくい曖昧な基準では具体的な計画を立てづらいので、勉強の「量」で計画をたてるようにすると良いです。秋までにこれらの参考書を2冊はマスターするとか、今月までにこの問題集を3周するとか、今日は教科書を20ページ読み進めるとか、勉強量を元に計画をたてるようにすると、基準がわかりやすい上に時間で測るよりは理解度で測るのにより近い結果が得られます。

復習時間や復習日を組み入れるようにする

勉強を進める上で、復習は何よりも大事です。一回の勉強で知識が定着するということはまずありません。長期記憶を形成するためにも、定期的な復習は欠かせません。その為に、一週間のうちに一日は復習日、また一日のうちに数時間は復習時間というものを設定しておきましょう。復習を忘れてどんどん先に進んでしまい、結局以前覚えたことはすっぽり記憶から抜け落ちてしまっている、なんて事態を防ぐように、定期的な「復習タイム」を計画に予め組み込んでおきましょう。

無理のないペースで進められるようにする

計画を立てる段階では、多くの人がやる気に満ち溢れています。その為とてもやりきれないような勉強量を計画に入れてしまい、途中でもたなくなって計画が頓挫してしまいがちです。よって自分にできる勉強量は少なめに見積もって計画を立てるのが吉です。もし計画が予想以上に早めに終了してしまったなら、それはそれでもう一つ上のステップの勉強を新たにするか、今までの復習をしっかりとするかすればいいのです。
張り切る気持ちもわかりますが、くれぐれも無理のないペースで、余裕を持って計画を立てるということを意識しておきましょう。

修正はしやすいように

計画を立てる時は、後に修正が入ることは前提として考えましょう。すべて計画通りに進むことなんてまずありえません。思ったよりうまく進んだ日、全然進まなかった日というのが必ず出てきます。また、人によって向き不向きがあり、理解するのに時間がかかる科目とすぐ理解できてしまう科目が出てくるでしょう。
計画を細かく設定しすぎるのは後の破綻を生み出しかねません。私もそうだったのですが、特に神経質な人は少しでも計画がずれると気になって仕方なくなり、面倒くさくなって計画を放棄してしまうことが多いです。その為、計画をたてる時は後からでもある程度修正がきくように、ピッチリ決めすぎないことが大事です。例えば今日は参考書をp.24〜75まで読むなんて決め方ではなく、キリの良いところまで大体50ページほど読む、くらいにしておいたほうが楽です。

休憩時間・日は必ず入れる

いくら受験生だからといって、四六時中勉強ばかりしていたら体も心ももちません。時にはストレスを発散する休息が必要です。ですから、計画の中にはどこかいいタイミングで休憩時間や休憩日といったものを入れておくようにしましょう。1ヶ月に1、2日くらいは勉強を忘れて遊べる日があれば、それをモチベーションにして、他の日の勉強の意欲がより上がります。

勉強計画の立て方の流れ

15508708

勉強計画にしろ何にしろ、計画というのは大きいものから小さいものの順に立てていくのが基本です。したがって、年間→月間→週間→一日の順に計画を立てていきましょう。また、大きな計画ほど大雑把に、小さな計画ほど細かく決めましょう。

使う参考書・問題集のステップを決める

計画を立てる時は、参考書や問題集をベースに徐々にステップアップしていくようにするとやりやすいです。例えば数学なら、「教科書傍用問題集→チャート式→1対1対応の演習→良問のプラチカ→過去問」というように、使う教材の流れをまず決めましょう。そこから、5月までに教科書、夏休みにチャート式、10月までに1対1、1月までにプラチカ、最後に過去問、というような計画を立てることができるのです。
どの時期までにどの教材をマスターしていけば、最終的に志望校合格レベルの学力が身についているのか、というのを計算して、教材をセレクトしていきましょう。

年間計画を立てる

年間計画はある程度大雑把で構いません。どの教科を、どの時期までにどの教材レベルまでマスターしておくか、だけ決めておけばよいのです。
例えば、数学と世界史について私の場合を例に挙げると、

【数学】
教科書傍用問題集(2年冬)→青チャート(3年春〜夏休み)→1対1対応の演習(9月〜10月)→文系数学の良問プラチカ(11月〜1月)→過去問(2月)

【世界史】
教科書の通読(3年春から夏休みの終わりまで)→論述問題集(秋)→過去問(センター後)

(ただしセンター直前期の12月、1月はセンター対策のマーク式問題集などで勉強をする)

のように大まかに決めていました。

月間計画を立てる

月間計画はもう少し具体的になります。9月でこの問題集を2周はするとか、10月でこの単語帳の6章まで覚えるとかいった具合です。先程立てた年間計画の、「この時期までにこの教材をマスターする」ために1ヶ月にどれくらいの勉強量をこなせばいいのか、を基準に計画を立てます。私も含め、多くの受験生はこの段階で結構無理な勉強量の計画を立てがちです。ただ量をこなせばいいというわけでもないので、自分にできる範囲の目標・計画を立てましょう。

週間計画を立てる

週間計画は更に具体的です。月間計画で決めた、「この教材をこの月で◯周こなす」ために一週間で何ページ、または何問ずつ解いていけばいいのかを計算します。ここで、一週間に勉強する量としては多すぎて無理があるようなら、月間計画に戻って勉強量を少し調整する必要があります。できない計画を立てても意味が無いので、一週間の勉強量として適切な量になるように計画を立てましょう。

一日の計画を立てる

ここでは、週間計画で決めた「一週間にこなすべき勉強量」を一日あたりに割り振っていくだけです。しかし、ここで単純に7で割ってしまうのはよくありません。例えば同じ参考書10ページでも、その内容によって理解しやすさ、理解しにくさに違いがあり、したがって進むスピードにも違いが出てくるからです。数学の問題なんかだとわかりやすいと思いますが、パッと解けてしまう問題と、難しくて何時間も考えてやっと解ける問題を同列に考えてしまっては、同じ問題数でもかかる時間には大きな違いが出てきますよね。
なので計画を割り振る前に、教材をちらっと見て、どの部分が時間がかかりそうかなどを念頭に置いた後、バランス良く一日の計画を割り振っていくようにするといいです。

おすすめの計画手帳

15508736

赤本手帳

マンスリーカレンダーからウィークリーカレンダーまで、書き込み式のものがしっかりあり使いやすいです。また大学の入試スケジュールなど受験に関する情報も満載です。難関大合格者による、合格のポイントや併願校の決め方などの具体的なアドバイスも載っていて、役立つこと間違いなしです!

Icon default material
参考書名
赤本895 赤本手帳 2018年度受験用
著者
ページ
176ページ
出版社
教学社
Btn amazon

合格手帳

月間、週間のそれぞれのカレンダーごとに目標を書き込むようになっていて、モチベーションアップに役立ちます。また、東大法学部現役合格者による毎月のアドバイスが載っていて、やる気を出す方法や目標設定のやりかたなど、ためになるものばかりです。

16702382
参考書名
合格手帳 2017
著者
田村 仁人
ページ
264ページ
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
Btn amazon

最後に

勉強計画を立てるのは、スタート(自分の学力と本番までの日数)とゴール(合格するために必要な学力)をまずしっかり把握してからです。それができた後は、使う教材のステップを決めてから、年間→月間→週間→一日のように単位の大きなものから順番に、そして大きいものほど大雑把に計画を立てていきましょう。計画は修正が入ることは前提として、余裕を持って進められるようにするのがコツです。また一日のスケジュールもしっかり立てて、自己管理ができるようにしましょう。
この記事で紹介した勉強計画の立て方とおすすめの計画手帳を参考にして、合格までの道のりを確実なものにしていきましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720919
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

15377842?w=120

【受験生の勉強時間】1日何時間 受験勉強すれば良いのか

15377403?w=120

勉強のやる気が1時間も続かなかった私が送る!勉強のやる気を出す9つの方法

15625305?w=120

【大学の学部】文系・理系の主要15学部をまとめて紹介!

15508756?w=120

超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

15509102?w=120

【大学受験の勉強】スケジュールの立て方&やる気UPの方法

15673009?w=120

文系の選択科目で後悔しないために注意すべき3つのポイント

関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay