14641447

参考書を使った「日本史」勉強法【 センター試験・MARCH対策】

419 view

はじめに

日本史は、問題のほとんどを暗記で答える科目のため、効率的な暗記学習が非常に重要な科目です。

『日本史を選んだものの、全然覚えられない』
『模試で点数が取れない』

と悩んでいるあなた。

これから紹介する暗記の効率を飛躍的に上げる勉強方法を身につけ、効率的な暗記のテクニックと早稲田大学合格者が実際に使用した参考書別の勉強法を知り、ライバルの受験生に差をつけましょう!

日本史効率的暗記テクニック

膨大な暗記の繰り返し作業である日本史の勉強ですが、実は暗記学習は勉強方法を工夫するだけで定着率が大幅に向上します。

暗記の鉄則1 『暗記学習は細かく繰り返せ!』

暗記学習は、同じ勉強時間でも勉強の仕方で、記憶の定着率が異なります。下の2人のどちらがより効率的に覚えることができるか、あなたはわかりますか?

『1日に1時間の暗記学習』をしているAさん。
『1日に30分×2回の暗記学習』をしているBさん。

この2人の勉強は、1日のトータルの勉強時間は同じですが、Aさんはまとまった時間をとって勉強しており、Bさんは細かく2回に分けて勉強しています。

実は、Bさんの方が効率の良い勉強をしています。

もちろん、2人の能力の差にもよりますが、長い期間で見れば細かく暗記しているBさんの方がより効率的に日本史の知識量を増やしていくことができると言えます。なぜなら、人間の脳は『覚えたことをすぐに忘れる』という特徴を持っているからです。

[エビングハウスの忘却曲線]
人間の記憶と忘却時間(勉強したことを忘れていくまでの時間)の関係性を理解するのに有用なのが、『エビングハウスの忘却曲線』です。ドイツの心理学者であるヘルマン・エビングハウスの行った実感を元に作成されたのがこの忘却曲線と呼ばれるものです。

エビングハウスはこの実験から、ヒトは勉強した内容の『20分後に42%』を、『1時間後に56%』を、『1日後に74%』を、『1週間後に79%』を忘れてしまうことが明らかにしました。

この実験は、あなたが勉強したことの復習を全く行わない場合に、1週間後には20%しか覚えていないということを示しています。定期テストで『一夜漬け』で勉強をした経験のある方は、実感として理解しやすいのではないでしょうか。

私も定期試験の前日に日本史などの暗記科目を必死で勉強しましたが、テストが終わった数日後には既に勉強した内容の殆どを忘れてしまっていました。
 
勉強したことを忘れてしまうのは、あなたが『暗記が苦手』だからではありません。それが『脳の仕組み』だからなのです。この『仕組み』を逆に利用して暗記効率の良い勉強をしていくことが重要です。

『覚えられなくて困っている』という方は、”日本史の一範囲を勉強したら、次の日にも必ず復習をする”といった風に、勉強の時間配分と取り組む回数を変えてみましょう。

暗記の定着率が大幅にアップするのを実感できるはずです。
毎日勉強できないという方は、同じ日に時間を分けて何回も同じ範囲を復習するのがおすすめです。

『脳の仕組み』を利用して、細かく勉強時間を分けて取り組むことで、あなたの日本史の学力はどんどん上がるはずです。愚直な暗記作業であることには変わりありませんが、効率性を意識することで志望校までの最短距離を行きましょう。

暗記の鉄則2 『暗記学習のゴールデンタイムを知れ!』

人間の脳には、記憶を定着させやすいゴールデンタイムがあります。
ゴールデンタイムを意識して勉強を行うことで、あなたが勉強した内容は脳に記憶として定着しやすくなるので、ゴールデンタイムを意識した勉強スケジュールを設定しましょう。

暗記のゴールデンタイムは、『朝』と『夜寝る直前』です。

人間の脳は、寝ている間に日中の記憶を整理し、定着させるという性質を持っています。
そのため、あなたが『寝る直前』に勉強した内容は最も脳に残りやすいのです。また、『朝』にはあなたの脳は寝ている間に前日の記憶が整理され、疲れがとれたフレッシュな状態です。この状態で、前日『寝る直前』に勉強した内容の復習をすることで、暗記効率の良い『復習』という勉強法と『暗記学習のゴールデンタイム』の両方を活かして、定着率の高く暗記を行うことができるのです。

ゴールデンタイムを利用して、効率的に、サクサクと日本史の学力を上げていきましょう。

暗記の鉄則3 『3つの”ちょっとした”暗記テクニックを使え!』

[暗記学習のテクニック]
私がライバルに差をつけた、”ちょっとした”ことだけど効果抜群の暗記学習のテクニックを紹介します。

テクニック1: 青ペンを使って書いて覚える。
暗記学習に取り組む際に、日本史の人物名などを書き出して覚えるタイプ勉強法を実践している方が多いと思います。複雑な漢字の多い日本史の人物名や事件名は、書き出して覚えていない場合には本番で『漢字が思い出せない』という状況に陥る危険性があります。書き出して覚えることは、本番での失点を防ぐためにも重要なのです。

『書いて覚えるタイプ』のあなたは、今日から『青いペン』を使用して書き出しましょう。青色は脳の記憶能力に良い影響を与えることが脳科学の研究によって判明しています。

『青いペン』で書くことで、勉強した内容が長期間頭に残っている状態を作りやすくなります。何度も何度も書くことで、しっかりと記憶に定着する勉強を積み重ねていきましょう。

テクニック2: 身体を動かしながら覚える。
受験漫画で有名な『ドラゴン桜』でも紹介されていたように、身体を動かすことで脳は活性化します。歩きながら英単語を発声して覚えることも、効率の良い暗記学習のテクニックの1つです。

常に机に向かって勉強していると、気持ちも身体も疲れてくることが多いと思います。たまには外に出て、公園などの広い場所でノートを片手に歩きながら覚えてみるのも良い勉強法です。メリハリのある勉強をしていくことが、効率的に暗記をしていくためには重要です。

部屋に籠って勉強しているが成績が思うように伸びない方は、息が詰まったときには外に出て勉強してみましょう。気分が変われば暗記学習もずっと進みやすくなるはずです。

テクニック3: 位置記憶を利用した付箋学習法で覚える。
位置記憶を利用した学習は、私が実際に受験時代に考えて実行した暗記方法です。

自分の家や学校の場所を忘れないように、人間の位置に関する記憶は他の部位よりも優れています。そこで、付箋に英単語を書き出し、それを特徴的な場所に貼ることで、「位置」と「英単語」を絡めて覚えることができます。

私は机の周りや冷蔵庫、洗面所、玄関、自分の部屋の天井、壁、窓などに貼って覚えていました。弟の自転車のサドルに貼った時には、冷たい目で見られましたが、その単語は今でも覚えています。付箋は覚えたらはがして捨ててしまうことができるので、気軽に貼って覚えることができます。

ノートにゴリゴリと書き出したり写したりするのとは別の回路で脳に定着するので、是非試して効率的に覚えていってください。

暗記の鉄則4 『友達と問題を出し合え!』

一般的に、勉強は1人で集中して行うものです。カフェで一緒に勉強しているカップルをよく見かけますが、勉強が捗らないことは明白です。彼氏彼女のいない硬派なあなたも、彼氏彼女のいる幸せなあなたも、1人で集中して勉強する環境と時間を多く確保しましょう。

唯一例外として、複数名で行うことにメリットのある『友達と問題を出し合う』勉強法を紹介したいと思います。

[ラーニングピラミッドを応用した効率的暗記法]
ラーニングピラミッドという図は、『平均学習定着率』を示すものです。人間が何かを勉強した時には、その内容の記憶への定着率は、勉強の方法によって大きく異なります。

『講義を受ける』-5%
『資料や書籍を読む』-10%
『視聴覚(ビデオや音声等による学習)』-20%
『実演を見る』-30%
『他者と議論する』-50%
『実践による経験、練習』-75%
『他者に学んだことを教える』-90%

受験生のあなたが行っている、通常の勉強方法は1番の『講義を受ける』や2番の資料や書籍を読む』が多いと思います。しかし、これらの勉強方法の定着率は、わずか10%程度なのです。つまり、覚えたことの90%近くを簡単に忘れてしまうということを意味しています。

一方で『他者と議論する』、『実践による経験、練習』、『他者に学んだことを教える』勉強法では、50%から90%といった高い定着率で暗記を進めることができます。

つまり、『友達と問題を出し合う』ことで、ただノートを読む2の勉強に比べて、同じ時間で5倍から9倍の内容を覚えることができます。

このテクニックを使って勉強すれば、友達と弱点を補い合いながら、わいわいと楽しく、効率的な暗記学習が可能になります。是非、友達を誘って実践してみてください。

日本史:勉強のステップ

日本史の勉強は、ただ暗記していくだけだと思いがちですが、実は効率的に難関レベルの大学の水準まで学力を引き上げるためのステップが存在します。早慶上智GMARCHの合格者の多くは、このステップに従った勉強を実践してきています。

ステップ1 通史

日本史学習の効率的な進め方、ステップ1は『通史』の学習です。

受験直前期の冬になるまで近現代等の一部の範囲の学習が終わらない場合には、長期間学習を行ってきた範囲に比べて記憶の定着率や学習の深度は低くなるため、まずは可能な限り早い段階で通史(全範囲学習)を終えるべきです。

通史は市販の参考書や映像授業を使ってもよいので、なるべく早い時期に終わらせるようにしましょう。

ステップ2 知識を増やす・単問暗記

日本史学習の効率的な進め方、ステップ2は『単問暗記』の学習です。

この段階では、通史で触れた内容を地道に覚えていく段階です。ノートや参考書を使用して、全ての範囲の重要事項を漏れなく暗記していきましょう。通史をしたことでその事柄の前後がなんとなく把握できているので、いきなり覚えるよりはスムーズに覚えられると思います。

ステップ3 演習

日本史学習の効率的な進め方、ステップ3は『演習』です。

ラーニングピラミッドで紹介した通り、『演習』は定着率75%の効率的な勉強方法です。ステップ1.2で学んだ、「通史」と「単問暗記」は、『演習』を何度も重ねることで実際に身に付いていきます。逆に、ノートを眺めて暗記作業を繰り返していくだけでは勉強が単調になり、また効率的に覚えていくことも実際に問題として定着率が試されることもありません。

実際の問題を解いてこそ、自分の『苦手』な分野が明確にり、学力の目安がつきます。
実際に問題を解いて、自分の弱点を把握しつつ、時にはステップ1「通史」ステップ2「単問暗記」に戻りながら着実に学習をしていきましょう。

ステップ4 過去問

日本史学習の効率的な進め方、最後のステップは『過去問』です。

過去問を解く目的は、志望校の問題傾向を知り、適切な対策をあなたの学習に組み込んでいくことです。
志望校が記述問題を出してくるにも関わらず、記述問題の対策をせず一問一答的な勉強を繰り返していては、本番で合格点をとることは難しいですよね?

相手を知り、特定の出題傾向や範囲を理解したうえで、対策をしていきましょう。

合格者の9割が使った『ステップ別日本史厳選参考書リスト』と使い方

先に紹介した日本史の勉強ステップ毎に、早慶上智GMARCHの合格者たちが実際に使用してきた厳選された参考書のリストと使い方を紹介します。なお、参考書のリストは予備校や映像授業を使っていない方を想定して紹介しています。もちろん、予備校の授業と併用しても大変効果的です。

ステップ1 通史

通史の勉強には以下の参考書をお勧めします。

『石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)』
『石川晶康 日本史B講義の実況中継(2)中世~近世 (実況中継シリーズ)』
『石川晶康 日本史B講義の実況中継(3)近世~近代 (実況中継シリーズ)』
『石川晶康 日本史B講義の実況中継(4)近現代 (実況中継シリーズ)』

この『実況中継シリーズ』では、日本史の流れを理解するのに最適の参考書です。教科書と違い、わかりやすく、読んで楽しめる参考書です。予備校の授業や映像授業で『日本史の流れ』を掴むことができていない方は、この参考書を使用して全範囲を頭に入れてしまいましょう。

8562185
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
価格
0円
ページ
362ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
Icon default user

個人的な意見です、 自分が使ってたのは一つ古いやつかもしれませんが、教科書は単なる単語の羅列になりがちになっている一方この教材はその単語を支える論理てきな部分が記述されているため、ただ歴史用語を起きた順序に覚えるよりはるかに知識を吸収しやすいです。また語呂合わせや単純暗記すべきところも書いてある点も助かりました。歴史を流れで覚えるのは当然ですがその起点となる部分や流れとかが関係してこないものは単純暗記しなくてはならないのです。そこで記憶すべきところは語呂合わせを使ったり、覚える集団 (例えばある時代の有名な作品など) の頭文字を羅列して覚えるなどして、一つの事柄を思い出すのに様々な方向からのアプローチがあると記憶が強くなる気がするので、そうするといいと思います。 もちろんこの教材の後には問題集などにも取り組むべきです!しかしこの教材はバイブル的な感じで覚えるように読みました!そして読むだけでなく自分で流れを書き出してみるのが大事です!ただ自分は私文だったので時間がさけましたが自分の状況に合わせて考えてください 慶應経済の日本史は近代史がこれで補えるものよりえぐいのでいろんなものを解きましたが、慶應の他の学部や、他の大学はこの本を中心に勉強することで日本史で失敗することはありませんでしたし、むしろ英語と共に苦手な国語を補完してくれるだけのものになりました。あくまで自分の場合ですが

14555692

個人的な意見ですが 山川の教科書読んでるより 頭入ってきます 要点がつかみやすいし読んでいて面白いです!

14487000

1周読んだだけで河合マーク、進研記述で偏差値60までいきました。

レビューをもっと見る
8593797
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(2)中世~近世 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
価格
0円
ページ
387ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
8607215
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(3)近世~近代 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
価格
0円
ページ
437ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
9301836
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(4)近現代 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
価格
0円
ページ
364ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon

ステップ2 知識を増やす・単問暗記

単問暗記を繰り返し、着実に日本史の知識量を増やしていくために最適の参考書は『一問一答』系の参考書です。どの一問一答でも大きな違いはないので、自分の好きなものを選びましょう。私は以下のものを使用していました。
 
『日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)』

勉強方法は単純で、全ての項目を繰り返し暗記していくだけです。暗記できていない問題にはマークをし、繰り返すことで徹底的に覚えていきましょう。

1053305
参考書名
日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
金谷 俊一郎
価格
0円
ページ
440ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
14330938

★3と2の内容をある程度極めるだけでセンター9割取れるようになりました。 学校の教科書で歴史の流れを確認しながらやってもいいかも。

11842795

単純な一問一答だけど、問題文にも赤字が所々あるから赤シートで問題文を隠すことで逆からも解くことができる。何より問題の難易度が☆で出てるから「なに」を「どこ」まで覚えればいいのかが一目でわかるのもいい。やって損はないはず。

14370656

星3つと2つだけを、1日6ページのペースで覚えました。(もとから知ってる星1の空欄には、勝手に赤ペンで★を書き足してました笑)

レビューをもっと見る

ステップ3 演習

演習の段階に使用する参考書として、最も適切なものZ会の以下の参考書です。

『実力をつける日本史100題[改訂第3版]』

このシリーズは内容が多く、またハイレベルな問題までが含まれています。徹底的に1冊をやり込むのに楽な参考書であると言うことはできませんが、『やった分だけ力が付く』参考書であることは間違いありません。この参考書を繰り返し(3周程度)学習し、定着75%の効率的な学習を行いましょう。この参考書を完璧にすればMARCHレベルの日本史問題で合格点を取ることはかなり容易になってくるはずです。

956152
参考書名
実力をつける 日本史 100題 [改訂第3版]
著者
Z会出版編集部
価格
0円
ページ
464ページ
出版社
Z会
Btn amazon
9007417

対象学年としては高2で日本史ができる方と、高3生です(1月〜3月なら高2生にやってもらいたいです)。 私は山川の問題集は無味乾燥していて面白くないということで、少々レベルの高いと言われていたこの問題集に高2の夏くらいから取り組み始めました。 正直なところ、教科書レベルが分かっていれば普通になんの障害もなく取り組めます。ただ、途中でなんじゃこりゃ!っていう語句が出てくることもありますが、まあ一題に2〜3語でしょう。 日本史が好きで、なおかつ基本的な語句を覚えている人には新たな知識を入れるための問題集として使って頂けるのではないでしょうか。 また、高3のまとめの時期、すなわち早くても9月〜12月の間に後半部分のテーマ史あたりまで完璧にすれば、早慶上智にもある程度対応する力はつくと思います。ただ、慶應のような用語集頻出度①のような語句が載っていることはあまりなかったので、早慶上智対策は用語集と過去問中心に、たまに山川が出してる早慶別の問題集を学習することをお勧めします(私はこれと過去問しか(たまに用語集)やらず、失敗しました。笑) 取り組み方としては、高2生には1日2題+復習、高3生は1日3〜5題+復習ですかね。あくまで目安に。 最後になります。確かに一問一答も素晴らしいですが、問題文から背景知識を吸収することができるので、一問一答と併用しながら、しっかりやることをお勧めします。 また、書店でご覧になってちょっと難しいなと感じる方は「日本史総合テスト」(レビューあります。私のプロフから飛んでください。)に取り組んで頂いて、基本語句を確認してください。 ※【以上経験則からですので、個人差あると思います。何かあればコメ欄まで】 (16.4.26 追加編集) (16.12.14 追加編集) (17.1.17 追加編集)

13755705

確かに私立大で出題されそうな用語が多いが、実戦的でない(つまり入試に特化しきっていない)ので、知識の暗記用に向いている気がする。実際に志望校の過去問題を集中的にやる方が良い。 論述は京大、阪大の200字記述に近いものがある。→持久力、論述力を高めるのに適している。

11351967

現役時使用、これをやって八割とれるようになれば(2回繰り返しました)、 センター9割GMARCH、関関同立レベルでも8割越えはできました。ほぼ記述なので山川なら一問一答レベルを頭に入れてから応用としてつかうと手応えあります。 身につけられるのは、記憶したものをどんな形で出されても解けるか、正しく書けるか、みたいな。漢字…意外と書けない自分がショックでした。

レビューをもっと見る

ステップ4 過去問

過去問の段階では、受験校の過去問を使用してください。また、出題範囲の傾向や問題形式(記述問題があるかないかなど)に注意して対策を行っていきましょう。また、私大の入試問題が知識を問う問題が多い傾向にある一方、センター試験は『日本史の流れ』の理解が得点に結びつくように問題が作成されています。センター試験の対策には『通史』の段階で使用した『実況中継』シリーズを使うことをお勧めします。

補助的参考書

以下の参考書は、日本史を勉強する中で出会った単語を調べる際に使用します。辞書的に使う際に有用な参考書と言えるでしょう。

『日本史用語集―A・B共用』

記述問題が多い傾向にある大学を受験するあなたは、以下の参考書を読み込んでおきましょう。量が多く、分厚い教科書のような参考書なので、可能な限り範囲を絞って読み込むことをお勧めします。細かい情報までが記載されているため、持っていると安心の一冊です。

『詳説日本史研究』

8739742
参考書名
日本史用語集
著者
価格
0円
ページ
437ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
13723903

日本史の用語が確認出来ていいですねぇ! わかりにくい単語も載っててて便利過ぎィ! みんなも使って、どうぞ すみませんふざけました とても使いやすいのでオススメです

15025587

分かりやすくて面白いです‼️ 歴史が好きな人にはもってこいですね。 知識を深めるために教科書と併用して使えばかなりの実力をつけられると思います(*^^*)

レビューをもっと見る
12107
参考書名
詳説日本史研究
著者
価格
0円
ページ
552ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
9672989

授業で飛ばしてしまいがちな事柄も 詳しくのっていてすごくええです。 東大,京大,一橋などを受験するひとや 日本史が得意な人はおすすめです。

レビューをもっと見る

最後に

日本史の勉強は、単純で愚直な暗記作業だと思われがちです。しかし、実際には暗記の効率を上げるための勉強方法と、効率的に難関大学レベルまで学力を上げるために必要な参考書と学習のステップが存在します。

学習のステップに沿って、暗記学習のテクニックを使い、合格者が使った厳選された参考書を徹底的にやり込んで圧倒的な量の知識を最短時間で身に付けましょう。

この記事を書いた人
14720512
早稲田大学 文化構想学部に通っていました。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。 教育業界への関心が強く、2017年9月からロンドンにある大学院「UCL」のInstitute of Educationに入学予定です。得意科目は英語で、IELTSのスコアは7.0です。

関連するカテゴリの人気記事

14641447

参考書を使った「日本史」勉強法【 センター試験・MARCH対策】

14706855

【日本史】早慶上智志望者にオススメする3つの厳選ハイレベル参考書

14706764

MARCH志望者のための日本史オススメ問題集4選

14647647

センター日本史満点を目指すオススメ参考書別「覚え方&勉強法」

14704382

3ヶ月で9割取れる日本史勉強法とおすすめの問題集・参考書

14719470

偏差値60以上・早慶志望者にオススメする厳選日本史問題集まとめ

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay