15455019

センター英語で9割取る人の時間配分や過去問を使った勉強法を公開!

はじめに

センター試験の配点が高い科目で点数を稼ぎたいと思う受験生は多いと思います。
特に英語は国語と違い、かなり勉強時間を割いている人も多いのではないでしょうか。
あなたも「英語に時間をかけても成績上がらない…」と悩んでいる受験生の一人ではないですか?
丁寧に勉強して時間をかけても成績が上がらない場合には、目的をはっきりさせていないことによる「なんとなく」の勉強が原因かもしれません。
この記事では、センター英語9割を取るために必要な勉強法を、
①7割を取るための勉強
②8割を取るための勉強
③9割を取るための勉強
という3STEPで、【長文】と【文法】に分けて紹介します。
センター英語9割取るために、まずは何を目標にして、どんな勉強をすればいいのか、順を追って紹介していきます!

センター英語9割取るために必要な4つのこと

15404328

センター英語で9割以上得点するには、知っておかなくてはいけないことが4つあります。
これから述べる4つのことを踏まえた上で、センター英語で9割を取るための勉強方法を実践していきましょう。

①配点を知ること

まずは得点配分を知り、9割以上得点をするためには落とせない問題を把握しましょう。
2015年度のセンター試験本試験の得点配分を例に見ていきましょう。

『センター試験過去問レビュー 英語』(2016)を参考にすると、

第1問14点 
A 発音       2点×3問
B アクセント    2点×4問

第2問44点
A 文法       2点×10問
B 整序       4点×3問
C 応答文      4点×3問

第3問41点 
A 対話文      4点×2問 
B 不要文選択    5点×3問
C 要約       6点×3問

第4問35点
A 図表       5点×4問
B 広告・書類    5点×3問

第5問30点
長文問題(手紙・メール) 6点×5問

第6問36点
長文読解問題     6点×6問

となっています。
この配点の中で、9割を取るために確実に得点しておきたい部分をあらかじめ自分の得意不得意に照らし合わせて考えておきましょう。

私の場合は、発音・アクセントにかなり不安を抱えていて、文法事項をど忘れしてしまう可能性もあったので、
第1問 8点
第2問 40点
第3問~第6問 満点 合計190点
の目標を立てていました。
本番では普段と異なる環境での受験になるので、多少の焦りや不安から得点は下がってしまいます。そのため目標点数は190点に定めていました。
できる・できないや、自信のある・無しに関わらず、センター英語9割を突破したいのであれば190点を目標にしましょう。
もちろん解いている時は満点を取りたくなってしまいますが、1問のミスも許されないと思い込んでしまうとかなり緊張してしまうので、なるべく満点にこだわらないようにしましょう。

②どの問題ができないかを知ること

得点配分を確認し目標点が決まると、次は目標点までにどの部分の勉強が足りないかを実際に過去問を用いて判断します。
1年分では判断しかねますので、3年分ほど試しに解いてみましょう。

上述した大問別の目標点と分野を、自分の得点と見比べてみてください。
第1問が解けていなければ「発音・アクセント」
第2問が解けていなければ「文法事項」
第3問~第6問が解けていなければ「英文解釈・長文読解」
の単元が力量不足ということになります。

③苦手を徹底的に潰すこと

目標点に足りていない単元が判明すれば、徹底的に苦手単元を勉強しましょう。
もちろんセンター試験の問題形式に慣れることも大切ですが、慣れるだけでは満点をとることはできません。
まずは自分の力を伸ばすことがセンター英語9割への近道です。

④時間配分を知ること

センター英語9割を目指すには、試験時間ギリギリで全問解ける程度ではいけません。
余裕を持って、15分程試験時間を余らせることを目標にしてください。
つまり、65分で一通り解き終わることを目指してください。
見直しや不安な問題の解き直しに時間を使うためです。

試験時間を15分も余らせるには、センター英語の半分以上を占めている長文読解で時間を短縮する方法が最も効果的です。文法問題では、どの受験生も選択肢の判断にあまり時間をかけないため短縮するのが難しくなっています。
速読を身につけて、長文を早く終わらせられるようになることが最も現実的です。
速読の身につけ方は後述します。

センター英語9割を目指すための理想的な時間配分は、
第1問 5分
第2問 15分
第3問 10分
第4問 10分
第5問 10分
第6問 15分
となります。
あくまでも9割取る人の理想時間配分です。

【まとめ】

センター英語で9割得点するために必要な4つのこと

①【点数的目標】9割~満点(可能・不可能を気にしない)
②【時間的目標】65分で解ききる(時間が足りないという状況にならない)
③配点を調べ、目標点に届いていない単元を参考書・問題集で徹底的に勉強する(①を達成するために)
④時間配分を考えた上で、速読で長文読解にかかる時間を短縮する(②を達成するために)

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

【レベル別】3STEPセンター9割到達勉強方法と参考書・問題集

15347417

ここからはレベル別(得点別)に勉強法を紹介していきます。
いきなり9割を狙うのが嫌だという人にもおすすめの段階的な学習方法になっています。

①センター英語の得点が7割に届かない場合

まずは7割を超えたいという人がやるべき勉強法を紹介します。

上述した得点配分を、「7割」という基準を持ってしばらく観察していると、第3問~第6問の配点合計が142点、つまり7割以上の得点が長文読解問題に集中していることに気が付きます。
極端に言えば、発音・アクセントと文法問題が0点でも、長文読解問題で満点を取れば7割超えを達成できます。
こう聞くとセンター7割超えなんて簡単にできそうに思えませんか?
長文読解に力を入れて確実にセンター7割超えを達成できるようにしましょう。

【7割を超えるための勉強法と参考書・問題集】

発音・アクセントと文法問題はひとまず忘れて、長文読解に特化した勉強をしましょう。
長文には基本文法事項も含まれていますので、長文読解力を鍛えているうちに文法事項も身につきます。

基本的な単語力を身に付ける

長文を読めるようになるには単語力と構文把握力が必要です。
30ページを1週間毎日繰り返して覚え、次週は次の30ページを毎日繰り返し覚えるというやり方で単語を覚えましょう。
毎日10個ずつ新しく覚えようとしても次の日には前日覚えた単語を忘れてしまっています。ある程度の数をある程度の日数繰り返して覚えることで忘れにくくなります。

私がセンター英語9割突破するために使っていた単語帳は『英単語ターゲット1900』です。出題頻度順に単語が載せられていて、学習しやすくなっています。
センター英語9割突破するためには、「常に試験に出る基本単語800」と「常に試験に出る重要単語700」を覚えてください。

412435
参考書名
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
著者
宮川 幸久
ページ
511ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
16877059?w=80

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書) 出る順、単語only、スマホがあればCD不要、センター試験から難関国公立までという対応範囲の広さという面で速読英単語よりも使いやすく導入しやすい単語帳。受験生なら一冊は欲しいものだ。

17467209?w=80

Target1900は、刊行からたくさんの受験生の学習を支えてきた大ロングセラーの単語帳です。全国どこの書店に足を運んでも、参考書コーナーの最前列に並んでいます。ですが、少し立ち止まって考えてみてください。Target1900をこれから手にしようとしている貴方の実力に合っているでしょうか? 大半の受験生は、最初の一冊目に1900を使うのは難しいです。大体、2,3冊目の単語帳でしょう。周りはみんな1900を使っているからこれでいいやと適当に考えずよく悩んで自分に合った単語帳を選んでください。 英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書) 本気で受験を考えているが、どの単語帳を選べば良いかわからないという貴方は、まずTarget1200から始めてみてはいかがでしょう。 開いてみれば知っている単語ばかりだと思いますが、侮ることなかれ。本当に全てわかりますか?英単語は、日本語がわかればいいわけではありません。スペリングがしっかりと書けて、英単語を使えるか(すなわち、英作文で使えるか)が重要なのです。そこまでいって、始めて英単語がしっかり自分のものになると思うのです。 まずは1200から始め、次に1400、そして1900とステップアップして行ってください。貴方の大学受験が良い方向に向かうよう、応援しています。

Icon default user

大学受験経験者から言わせてもらうと、産近甲龍はターゲット1900以外からは出ません。 次、関関同立、マーチ→ターゲット1900だけでもいけるが僕は+シス単の中の第4章と多義語やった。はい。これだけで英語長文で見ない単語はないでしょう。いわば最強の組み合わせや ちなみに、ターゲット1500以上はやらんでええで、それやるんやったらシス単3章併用

レビューをもっと見る
349188
参考書名
大学JUKEN新書 英熟語ターゲット1000〔4訂版〕
著者
花本 金吾
ページ
448ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
15939727?w=80

この「英熟語ターゲット1000」は、単語のチョイスだけではなく、例文も優れているので、ただ熟語を覚えるだけで終えてしまうのはもったいない一冊です。 私は左半分を脳内英文解釈をし、一瞬見ただけで例文の意味が浮かぶくらいまで反復しました。 一周目はじっくりと時間をかけて、二〜五周目はしっかりと理解しながら、そしてそれ以降はただひたすらページをめくっていくのです!!! マーク式で点数が伸び悩んでいる人の多くは熟語が詰めきれてないのでは…と思います。 このターゲット熟語、160〜170点台前半から伸びない人にはぜひおすすめしたいです。

17729002?w=80

ひたすらに覚えることが得意な人はいいと思う

16973699?w=80

まだしたことないので分かりません!

レビューをもっと見る

基本的な英文読解力を身に付ける

『英語必修構文101』
基本的な英語構文を紹介してくれています。
長文を読むにはまず短文を読めるようになる必要がありますので、『英語必修構文101』で初歩的な分を読めるようになりましょう。

4094
参考書名
英語必修構文101
著者
島朝応, 徳久善也
ページ
208ページ
出版社
山口書店
Btn amazon

『エキスパート最新英語構文124』
『英語必修構文101』よりも難しい文章や問題が収録されています。
センター試験レベルの英文を読めるようになるには丁度いい難易度の参考書となっています。章末問題にはセンター英語第3問と同じ程度の長さの問題が出題されているのでセンター対策にはぴったりです。

8454151
参考書名
エキスパート最新英語構文124
著者
金谷憲
ページ
0ページ
出版社
文英堂
Btn amazon

長文読解力を身につける

GMARCHの過去問長文
センター英語の長文を速読できるようになるために丁度いい問題です。

速読できるようになるための最強の勉強法は、
全文和訳→音読
です。

読解力を付けるための勉強なので、設問は解く必要ありません。
解きたければ、
設問を解く→全文和訳→音読
の順で勉強してください。

全文和訳はめんどくさいですが、非常に質の高い勉強であり、最高の復習方法である音読の効果を一層引き上げます。全文和訳→音読勉強法では基本文法事項も身につくため、第2問での得点も少し上がってくるはずです。
復習の時に英文に単語の意味や構文を書き込みたい場合にはコピーをとって書き込み、音読の時には何も書いていない原本を使うようにしましょう。

【まとめ】

センター7割に届かない場合は、
構文読解用問題集と実戦的な長文過去問を「全文和訳」と「音読」で勉強し、長文を読めるようにしましょう。

②センター英語で8割を超えられない場合

センター7割であれば取れる場合、センター8割を超えるためには、
・長文読解問題をほぼ満点取る
・第2問文法問題での得点を上げる
の2つの方法があります。

得意な分野を更に得意にするよりも苦手な分野を少し得意にするほうが得点や偏差値は上がります。苦手な分野を勉強することがいかに辛いかは私も重々承知ですが、センター9割を達成するためには必要不可欠です。

センター7割を超え始めたら、文法が苦手であれば文法問題の勉強にかける時間を増やし、長文が苦手であれば長文問題の勉強にかける時間を増やしましょう。
発音・アクセントは普段の単語勉強の時間に少し気を配る程度にしましょう。

【8割を超えるための勉強法と参考書・問題集】

センター英語で8割を超える得点を目指すためには、長文問題と文法問題の対策を強化しましょう!

長文読解問題をほぼ満点取る

長文読解問題で満点を取れるようになるには、文章を確実に和訳できる力が必要になります。センター英語の長文問題の答えは全て問題文の中にあります。センター国語のように内容的に難しい問題はほとんどありません。

つまり、時間がかかっても日本語に訳すことさえできれば得点できます。
長文読解問題で満点を目指す場合には、まず問題文の内容を確実に掴めるようになりましょう。
問題文の意味を確実に掴めるようになるための勉強方法は、センター英語7割を目指す人と同じく、「全文和訳」と「音読」です。
扱う文章を徐々に長くすることで、長文読解力は更に上がっていきます。

第2問文法問題での得点を上げる

センター英8割を目指す人とセンター英語7割を目指す人とで異なる部分は、第2問文法問題で高得点を狙うかどうかです。
センター英語8割を突破するためには、配点が44点もある第2問を落とすわけにはいきまん。速く、確実に正解を選ぶ力を付ける必要が出てきます。

ここで、『Next Stage 英文法・語法問題』の出番です。

8558068
参考書名
Next Stage英文法・語法問題4th edition
著者
ページ
511ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
17515126?w=80

けっこうディスられてるけど、個人的にはオススメ。でも、これを基礎固めでやるのは少し違う気がする。文法の基礎が終わり単語も日頃ちゃんとやってる前提での参考書だと思う。あと、これを読んで耐久だと思うならやんない方がいい。最初に見て知らないことが多い、気になる!とかなんないと続かない気がする。 でも、個人的にはおもしろい参考書。

13674802?w=80

わかりやすいです。英語の授業中に先生の説明だけじゃよくわからない時辞書のように使ってます。何度も繰り返すことで覚えてきます。CDも付いていて、アクセントや発音問題にも対応します!

17445674?w=80

ちなみに彼、ネクステージを開いた事は一度もないそうです。

レビューをもっと見る

参考書ではなく問題集なので、詳しい解説や説明が書かれているわけではありません。
自分が文法を覚えているかどうかの確認や忘れている文法を思い出すためのアウトプット要教材です。
『英語必修構文101』や『エキスパート最新英語構文124』で学習した基本事項の確認はもちろん、受験英語で問われる可能性のある文法問題はほぼ全て収録されています。

『Next Stage 英文法・語法問題』を勉強する際に大切なのが、「5秒考えて分からなければ次の問題に進むこと」です。
英語に限らず知識問題は長時間考えても時間の無駄になります。
問題で悩むよりも、1つでも多く知識を蓄えることに時間を使いましょう。


『Next Stage 英文法・語法問題』が難しいと感じる場合は、文法知識のインプットが足りていない場合が多いので、センター過去問の第2問を10年分程度、文法知識のインプットを目標にして解いてみましょう。
解答解説を読んでも分からない場合は、『基礎からの新々総合英語』で調べてインプットしましょう。例題や練習問題もあり、非常に使いやすい文法参考書となっています。

614412
参考書名
基礎からの新々総合英語 (チャート式・シリーズ)
著者
高橋 潔, 根岸 雅史
ページ
549ページ
出版社
数研出版
Btn amazon

また、基本的な文法事項でも数が多いと混乱してしまう場合があります。
基本的な文法事項の復習におすすめな参考書が、『英作文ハイパートレーニング和文英訳編』になります。
「記号式問題のセンター対策で英作文用参考書を使うの?」と疑問に思う人が多いかもしれませんが、文法参考書でインプットした文法知識を英作文でアウトプットすることにより、忘れにくくなり頭の中の整理もできます。基本的な文法事項で悩んだ時には『英作文ハイパートレーニング和文英訳編』がおすすめです。

3229
参考書名
大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編
著者
大矢 復
ページ
216ページ
出版社
ピアソン桐原
Btn amazon
13245636?w=80

英作文を書く上での基本的な文法が66セクションに分かれて説明されていて、 各セクションごとに2問、 練習問題が60問ほど、 入試問題過去問が8問ほどあり、全部で200問ほどの問題演習もできます。 しかも、例文暗唱用CDがついていて暗唱につかえ、 巻末にはテーマごとの頻出表現がまとめてあります。 これである程度の入試の英作文は対応できると思いますし、とても良い一冊なのではないかと思います。

7547184?w=80

基礎から入試問題まで丁寧に解説されている所が良いです。 問題を解くのと並行して、付属の例文暗唱本とCDを使い、例文暗唱を何度も繰り返すと、問題演習に効いてきました!

7655953?w=80

二次試験二週間前に始めたんですが 英作文の基礎をこれで急ピッチで作りました 夏休みあたりに基礎作りとして始める教材に最適だと思います

レビューをもっと見る

【まとめ】

センター英語7割は取れたが8割を超えられない人は、
苦手分野(発音・アクセントを除く)に取り組みましょう。
・引き続き「全文訳」と「音読」で速読のトレーニングをする
・『Next Stage英文法・語法問題』・センター過去問第2問・『基礎からの新々総合英語』・『英作文ハイパートレーニング和文英訳編』でレベル別に文法知識を増やす。

③センター英語で9割を超えられない場合

センター8割は超えているけど9割には到達できない人は、

・発音・アクセントでの失点を抑える
・第2問でのド忘れを減らす
・長文問題で常に満点を取る

の3つのことを目標にしましょう。

【9割を超えるための勉強法と参考書・問題集】

センター英語で9割を超えるためには、とにかくミスを無くすことが重要です!

発音・アクセントでの失点を減らす

頻出単語の発音・アクセントを覚えるだけでも数が多くて大変です。
改めて発音・アクセントを覚えることは効率が非常に悪いので、単語帳で単語を覚える時や、長文を音読する時に少し発音・アクセントを意識して音読しましょう。
普段の習慣が試験で役に立ちます。

また、アクセントのルールを知っているだけで格段に楽になります。
例えば、3音節以上ある単語で語尾が「ate」であれば2つ前の音節にアクセントがあります。
ap-pro-pri-ateなら、oの位置にアクセントが来ます。
ルールを知っていれば単語を知らなくても問題が解けます。

発音・アクセントについても、『Next Stage英文法・語法問題』で対策できます。

第2問でのド忘れを減らす

誰でもド忘れしてしまうことがありますが、ちょっとした対策でド忘れの回数を減らすことができます。
問題を解いている時にどうしても思い出せなかった知識や少し悩んでしまった問題だけをまとめたノートを作り、本番前に見返す、という方法です。
本番前にこれまでやってきたことを見返すだけで自信が湧いてきます。

長文で常に満点をとる

発音・アクセント問題や文法問題が安定しない場合には、長文問題を安定させるしかありません。配点も大きいため、長文を安定させるほうが効率良く得点できます。
センター英語9割を取りたい人は、

長文を安定させる=長文問題は常に満点

と考えてください。

長文問題で安定して満点をとるためには、センター試験で要求されるレベル以上の実力を付ける必要があります。

『英文解釈教室』

2607
参考書名
英文解釈教室 改訂版
著者
伊藤 和夫
ページ
314ページ
出版社
研究社出版
Btn amazon
14198090?w=80

新装版が出るという話を聞き、懐かしいな〜と思ってレビューを書きたくなりました。 まず、この本は現在の入試に対してはオーバースペックだと思います。僕は京都大学になんとか合格し、英長文は自分の貴重な武器になっていたと思っていますが、それでもこの本に書いてある文の中には未だにスラスラ読めない文もあります。 ただし、この本の中の難解な英文に挑むことで普段の読解力が増したことも確かです。そして何よりその挑戦は楽しく、受験勉強の中で一番充実していたのはこの本に取り組んでいる時であったとさえ思っています。(信者並みの感想) 『英文読解の透視図』や『ポレポレ』など、この本と並べて評価される参考書があります。個人的にはどれも負担や内容は大して変わらないと思いますので、本屋で眺めてみて自分に合いそうな物を選んで取り組めば間違いないと思います。(僕みたいな怠け者にとっては、本のレイアウトや語調が気にいるかどうかが本の内容と同じくらい大事だと思うんです)

15810139?w=80

《使い方》長期休みに短期で仕上げるのに向いている。1時間〜2時間で1chapter仕上がると思われる。 1毎朝chapter1ずつノートに日本語訳をしていく。 2自身の回答の間違えた部分に青ボールペンで下線を引く。 3下線部にオレンジペンで正しい答えや解法をメモしておく。 4問を見てもう一度口頭で訳をする。(恐らく正解できるはずだが出来なければそれもオレンジでメモしておく「…のための✕→副詞的用法…のために」) 5次の日の朝、4を再度行い、全問正解してから次のchapterへ移る。 ※何故その答えになるのか、何故それが間違いなのか説明できるようになって初めて正解したと言える。 《ビジュアル英文解釈との比較》 ビジュアル英文解釈1を終了してから2に進むのではなくこちらに移った。予備校に入り時間がかけづらくなったため短文のこちらがいいと思ったのと、ビジュアル…がハードカバーで扱いづらかったからである。ビジュアルですでに習得した筈の範囲であったが、なかなかやりがいのあるものであった。 短文を多読することで効率良く演習量を増やしたいならこちらがおすすめである。 しかし、なかなかの難易度であるため、英文法の知識が固まっていなければ難しい。

Icon default user

単語帳に出てくる単語の日本語訳をただ丸暗記しただけではいけないと痛感させてもらえる参考書である。 もちろんこれは正しい英文解釈をするための本であって、自然な日本語訳を作るための参考書ではないが、自然な日本語で訳したいという教員志望の私にはとても良い本です。 ただし、分量が非常に多いため大学受験生向けではないとも感じる。 時間的・精神的余裕のある人向けの参考書ではないだろうか。

レビューをもっと見る

英語構文を読み解くトレーニングができる参考書では、最高の難易度になり、初見では8割以上の英文を読むことはできませんが、丁寧に「全文和訳」し「音読」で復習することで、確実に速読力が跳ね上がります。センター英語レベルの長文であれば一度も詰まることなく読み切ることができるようになります。
ただし、かなり難しい問題ばかり載っていますので、根気が必要です。15分考えて分からなければ解答解説を読んで納得したら「音読」で復習しましょう。

【まとめ】

センター英語8割を超えた人がセンター英語9割を目指すために、する勉強
・発音・アクセントのルールを意識しながら『Next Stage 英文法・語法問題』で対策する
・ド忘れ用ノートを作って随時確認する
・『英文解釈教室』で構文解釈力を最高レベルに持っていく

センター英語の解き方・コツ

15180570

私がセンター模試や本番で気をつけていたことを紹介します。
あなたなりの解き方やコツを見つける手がかりになることを願っています。

発音・アクセントは気軽に

発音・アクセント問題で満点を取ることは非常に難しいことです。センター英語で最も難しいのは発音・アクセント問題です。
あまり気負わずに、迷い過ぎないように解き進めましょう。
第1問は時間を浪費する問題ではありません。

迷った文法問題は後で!

迷ってしまうと、すぐに時間が過ぎてしまいます。文法問題では1問1分を目安に解き、迷ってしまった問題には印をつけて先に進みましょう。後々思い出せる可能性は十分あります。
このときマークミスしないように気をつけてください。

第3問~第6問は選択肢を先に見る!

長文問題では選択肢を先に見ることで、内容的に注意しなくてはいけない部分を先に把握すると速読しやすくなりますし、内容が頭に入りやすくなります。

マークシートには常に気をつけて!

センター試験で最も怖いのマークミスです。1つマーク位置がずれるだけで何十点も失うことになります。迷った問題があり、1問飛ばしていたりするとマークミスしやすくなります。
大問ごとにマークミスがないか確認しましょう。

最後に

15405361

この記事では、センター英語7割、8割、9割を突破するための勉強法とおすすめ参考書をそれぞれ紹介してきました。
特に9割を突破するための勉強法はセンター英語だけでなく二次試験でも効果を発揮するものになっています。
細かく目標を定めて、それぞれに対する対策を考えて実行に移すことが大切になります。
段階的なレベル別の目標と勉強法で、センター英語9割を突破してください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720526
慶應義塾大学 理工学部に通っています。1人旅が趣味で、得意科目は数学と英語です!

関連するカテゴリの人気記事

14650399?w=120

【センター英語対策】3ヶ月で8割9割目指す勉強法&参考書・問題集

15455019?w=120

センター英語で9割取る人の時間配分や過去問を使った勉強法を公開!

14650514?w=120

センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

14634635?w=120

【センター英語対策】長文読解で満点を取れる2つのポイント

14641462?w=120

センターリスニングで確実に8割を取る「レベル別」勉強法

15082833?w=120

【センター英語文法】誰でも満点を取れるコツとおすすめ参考書

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay