15350275

【センター英語】時間配分と解答順を直して満点を取ろう!

はじめに

センター英語は、よく対策が必要な科目といわれます。マーク式という解答の方法に、独特の出題傾向、文量に対する解答時間の圧倒的な短さ…記述式の英語はできるのに、センター英語は苦手だという人も結構います。
この記事は、英語の勉強はしっかりしてきたのに、学校のテストでは良い点を取れるのに、なぜかセンター模試では全然結果が出せない…というあなたの悩みを解決します!おすすめの時間配分と解く順番を紹介し、文法問題、長文読解を素早く解くコツ、さらに苦手な方が多いリスニングを楽にするコツも載せています。

センター英語おすすめの時間配分

15352771

第1問  3分
第2問 10分
第3問 12分
第4問 15分
第5問 15分
第6問 20分
見直し 5分

とにかく長文に時間をかけましょう。アクセントや文法問題なんて5問落としても10点程度の失点にしかなりませんが、長文問題は5問も落としたら25点近くの失点になってしまいます。長文には時間をかけて落ち着いて解き、絶対に取り切るようにしましょう!逆に発音・アクセント、文法などの知識問題は出来る限り短い時間で解き切るようにしましょう。一目見て分からない問題があったら、変に悩みすぎず直観で何でもいいからマークしてさっさと先に進みましょう。知識問題で悩んでいてもなんの意味もないです。そして、最後に必ず見直しの時間を確保するようにしましょう。この時間が長く取れるようになるほど、満点へと近づいていきます。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

解く順番の例

15352778

長文に重点を置くタイプ

第1問→第4問→第5問→第6問→第2問→第3問

このプランでは、長文で確実に点を稼ぐことを狙いとしています。まず第1問の発音・アクセント問題を軽く終わらせて脳を温めた後、第2問第3問はすっ飛ばしていきなり第4問に入ります。はじめに長文を終わらせておくことで、心理的余裕と配点的な安心を生み出します。第2問の文法問題は、時間がなくなってきて焦りながらでも、所詮知識問題なのでスラスラ解けます。しかし長文読解の場合は、焦りが正確な読解を妨げる恐れが大いにあるので、まだ時間があり落ち着けるうちにやっておきます。第3問を最後に回す理由は、この大問はセンター英語の中でも最も難易度が高く、従って期待得点率もあまり高くないからです。確実に取れる所に時間をかけて、難しそうな所は後回しにするのは受験の鉄則です。受験は難しい問題を解けるかではなく、簡単な問題をいかに落とさないかで勝負が決まります。

順番通りに進めるタイプ

第1問→第2問→第3問→第4問→第5問→第6問

このプランのメリットは、マークミスの可能性を大きく減らせることです。不規則な順番で問題を解いていくと、どうしてもマークミスは発生しやすくなります。その点順番通りに解いていけば、マークの順序を間違えるリスクは少なくなります。
また、几帳面な性格の人はこちらの順番通りの解き方のほうがいいかもしれません。私もそうだったのですが、一つ一つ埋めていくことで達成感や気持ちよさのようなものが得られ、解いていくのが楽しくなってくるからです。くだらないことのように思えますが、実はこのメンタルの部分がセンターでは一番大事だったりします。自分が解いていて最も心地よいと思える順番で挑みましょう!

文法問題での時間短縮のコツ

15352721

いちいち文を訳さない

センター英語を攻略する上で、文法問題に時間を取られたくはありません。配点の高い長文に時間をかけたいからです。そんな速く終わらすべき文法問題を解く上で抑えておきたいコツは、問題文をいちいち訳さないことです。文法問題を解く時に、文の意味まで理解しておく必要は大体の場合ありません。だから頭のなかで訳する必要もありません。センター英語では無駄な時間は許されないので、選択肢と空欄の前後の単語をチェックするだけでパパッと埋めていかなければいけません。前後の単語を見ておけば、入るべき単語の品詞や時制など大概推測できます。とにかく無駄な時間は徹底的にカットしましょう。

2014年度センター英語本試験の第2問から、小問を1つ例に挙げて説明しましょう。


次の( )内に入れるのに最も適当なものを①〜④のうちから選べ。

問1 When I looked out of the window last night, I saw a cat ( ) into my neighbor's yard.

① is sneaked  ② sneaking  ③ sneaks  ④ to sneak


問題文はそこそこ長いですが、これはサクッと解けちゃう問題の典型例です。まず( )の前をチェックしてみると、「I saw a cat」、この「主語+see+物(人)」という形、見覚えはありませんか?そうです、これは「see」を使った典型的な知覚動詞構文ですね。これが見抜けてしまえば、どの選択肢を選べばいいのかは一発で分かります。
知覚動詞構文では、目的格の後にくるのは「原形不定詞」「現在分詞」「過去分詞」の3つ以外はありえません。よって選択肢のうち( )内に入りうるのは②だけです。従って正解は②の「sneaking」です。

いまやったように、実はこの問題を解くには前半の「When」節を読む必要はまったくありません。( )の前を読むだけ、つまり「I saw a cat」というたった4語を読むだけで解けてしまいます!正しい文法の知識があれば、( )の前後をチェックするだけで文法問題は瞬時に解けてしまうということが分かったかと思います。

出典:大学入試センター「2014年度センター英語(筆記)本試験」

1問1問に悩み過ぎない

文法問題をささっと片付けるには、「直観」も大切です。これまでしっかりと積み重ねてきた基礎があれば、簡単な問題なら一目見た瞬間に正解が分かるはずです。選択肢がどれかで迷いだしたら、大抵は最初に直観で選んだものが当たりです。下手に1問に時間をかけ悩み過ぎるとかえって間違えてしまうことは多いです。文法問題は基本知識問題なので、余計な思考が介入する余地はありません。見直しはすべての問題を解き終わってからで十分です。あまり悩まないで、頭に思い浮かんだ正解を信じましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

長文読解での時間短縮のコツ

15352739

選択肢から先に見よう

長文問題にとりかかる時まず最初にやるべきことは、設問と選択肢をチェックしておくことです。「本文の全体像をなんとなく把握できる」+「本文のどこに注意して読めばいいのかが分かる」とメリットが大きく、読解のスピード向上にはとっても役に立ちます。本文のなんとなくのテーマを予め知っておけば、よくわからない文章でもテーマからの「推測」によりだいたい意味がカバーできるようになります。また、設問や選択肢中に出てくる単語や表現が、そのままの形で本文中に出てくるとは限りません。多くの場合他の単語や表現で「言い換え」がなされています。「言い換え」を意識して読んでいくと、解答に必要な箇所が浮かび上がってきやすくなるはずです。

読み方にメリハリをつけよう

長文を読むときは、ただ漫然と、どの箇所も同じ集中力で読んでいてはよくありません。読み方にメリハリをつけることが大事です。どういうことかというと、重要なところ(=設問に関わるところ)は「細かく」「時間をかけて」「正確に」読む、重要でないところは「大雑把に」「短時間で」「大体の意味だけ把握して」読む、ということです。センター英語長文の文量は大変多く、すべての文を正確に、集中して読み取ろうとしていては終わりっこありません。効率的に素早く問題を解くためには、解答に必要ないところはある程度適当に読み流してしまうのが重要です。逆に重要なところは正確に読み取れるようにしておかなければなりません。正確な読み取りが不安な人は、単語力や文法などの基礎からやり直しましょう。

ディスコースマーカーを意識しよう

ディスコースマーカーとは、文と文との論理的なつながりを示すことばです。「However」「Therefore」などが該当します。長文読解を進めていく上で、このディスコースマーカーの存在はとても重要です。そのことばが含まれる、または後に続く文の本文全体における立ち位置が一発でわかるからです。視覚的に分かりやすくしておくために、ディスコースマーカーの種類ごとに印をつけておくといいです。例えば「言い換え」の「in other words」「that is to say」には「=」を、「結果」を示す「therefore」「as a result」には「→」をそのことばの上に大きく分かりやすく書き込んでおくことで、論理的な読解がスムーズになります。
そして覚えておいて欲しいのは、「However」「But」など逆接を示すことばの後には筆者の主張が書かれることが多いです。従って解答に直接繋がる箇所も大体ココらへんです。特に「逆接」に注意して読むようにすると、長文もスラスラ答えられるようになるでしょう。

リスニングのコツ

15352764

設問から放送内容を推測しよう

リスニングでは、放送と放送の間の空き時間に次の問題の設問と選択肢をチェックしておくことが重要です。設問から放送内容をある程度推測できますが、テーマを知っておくことでだいぶ聞き取りは楽になります。よく聞き取れなかった単語でも、なんのことについて話しているかわかっていれば、ある程度推測がつきます。それに、どんな話をしていてどこに注意して聴けばいいか分かっていれば、ずっと張り詰めて聴いている必要はなくなり心理的にも随分余裕が持てます。設問チェック→内容の推測はセンターリスニングにおいてとても大事なので、必ず行うようにしましょう。

この設問先読みは、比較的長い文が読まれる第4問で特に威力を発揮します。2015年度センター英語リスニング本試験の問題を例に挙げて説明しましょう。


これから流れる英語を聞き、それぞれの問いの答えとして最も適切なものを、四つの選択肢(①〜④)のうちから一つずつ選びなさい。

問23 Why was Helen Keller first invited to Japan?

① To establish schools for the disabled.
② To give lectures across Japan.
③ To learn about Japanese culture.
④ To meet Ichiro Ogasawara.

問24 Why did Helen Keller want an Akita dog?

① Because she wanted a dog with soft fur.
② Because she wanted a faithful dog like Hachiko.
③ Because she wanted a gentle dog for her friend.
④ Because she wanted a guide dog to tour Japan.

問25 Which of the following is mentioned about Kami?

① He was a guard dog in the United States.
② He was a trained police dog in Japan.
③ He was named by Ichiro Ogasawara.
④ He was the first Akita dog in the United States.

これら3つの設問とそれぞれの選択肢からは、様々な情報が得られます。
まず問23でも24でも、「Helen Keller」が問題文に登場しています。また、問23には「Japan」が、問24には「Akita dog」が出てきています。これらから、「ヘレン・ケラーと日本」についての問題なんだな、とおおまかな予想がつきますね。これから流れる英語の大体の内容を把握しておくだけでも、リスニング心理的には随分楽になります。

また、問23の設問を読むと、「なぜヘレン・ケラーが日本に招かれたのか」について訊かれていることが分かります。よって、リスニングの際には「invited」という単語の近辺に聞き取るべき情報があると考えられるので、特に「invited」という単語には敏感になっておく必要があります。ここでさらにいうと、センターリスニングでは設問文と同じ形の英語がスクリプトとして読まれず、同じような意味の言葉で「言い換え」される場合が多くあります。この問題の場合だと、「invited」が「come」のような単語で言い換えされる可能性があるわけです。従って、設問文に出てくる単語と意味が似た単語に対しても、注意を払っておく必要があるということですね。

問24の設問からも同様に、「want」や「dog」に注意を払うのはもちろんのこと、「wonder if she could」などで「want」が言い換えされていることにも注意を払わなければなりません。

問25の設問では、「Kami」についてのことを訊かれていることがわかりますが、そもそも「Kami」がなんなのか一見ではわかりません。そこで、選択肢の文を読んでいくと、「dog」という単語がよく出てくるのがわかると思います。そこから、「Kami」は犬の名前なのではないか?と予測がつくわけです。よって、リスニング中には「Kami」の近くに出てくる「dog」に集中して、「どのような犬なのか」を聞き取れるように注意するべきだということになりますね。

このように、設問と選択肢を先読みしておくことで、「リスニングの内容」と「注意して聞くべきポイント」が事前に分かります。長い文が読まれる問題ほど、ずっと集中して聞き続けるのは難しいので、このような「リスニングを楽にするテクニック」はとても役立ちます!

数字は絶対にすぐメモしよう

時間に関する問題、数量に関する問題など、リスニングでは数字関連の問題もよく出題されます。この数字は聞いた瞬間に絶対にメモしておきましょう。放送が終わった後からではダメです。聞いた習慣に即座にメモしましょう。数字のような細かいものは、大体覚えたつもりになっていても、後から思い出してみようとするとどこか間違っていることが多いです。よくあるのは、「thirty」だったっけ?「thirteen」だったっけ?という間違いです。聴いたそばからすぐメモをとるようにしていれば、こういった事態も防げます。

最後に

センター英語はその時間の足りなさから、英語がある程度デキる人でも高得点を取るにはある程度の対策が必要になります。しかし、この記事で紹介したいくつかのコツを実践して、最適な時間配分、解答順で解いていけば、もう解答時間の短さに怯える必要もありません。本番で100%の力を発揮するためにも、センター英語攻略のコツ、是非試してみてください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720919
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

14650399?w=120

【センター英語対策】3ヶ月で8割9割目指す勉強法&参考書・問題集

15455019?w=120

センター英語で9割取る人の時間配分や過去問を使った勉強法を公開!

14650514?w=120

センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

14634635?w=120

【センター英語対策】長文読解で満点を取れる2つのポイント

14641462?w=120

センターリスニングで確実に8割を取る「レベル別」勉強法

15082833?w=120

【センター英語文法】誰でも満点を取れるコツとおすすめ参考書

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay