15304397

【センター古文】満点を取れる勉強法とレベル別おすすめ参考書

はじめに

センター古文に苦手意識を持っている受験生は多いです。
古文は日常生活で読む機会は滅多にありません。同じ日本語ではあるけれど、英語以上に馴染みを感じない…と思う人も多いでしょう。

私も、古文は本当に苦手でした。高校3年生4月の模試で10点しか取れなかったことを今でも覚えています。(問1の語句問題1つと問2の文法問題しか合っていませんでした…。)3年4月の時点で、文系受験生としてこれはマズイと感じました。それまで授業の予習復習だけで“なあなあ”な勉強しかしていなかった私は、それ以来、きちんとした「受験勉強」を始めることにしました。

古文は勉強した分だけ「確実に」得点が伸びる科目です。
単語と文法を暗記して“古文の特徴を理解してしまえば”、すらすらと読み解けるようになります!

単語の暗記と文法理解については、おすすめの単語帳と文法書、その使い方を紹介します。そして、キーポイントである古文の特徴についても詳しく説明していくので、ぜひ読んでいってくださいね。

センター古文の概要

15404307

センター古文の形式

センター古文の形式は例年、

問1  短い語句の解釈問題3問
問2  文法問題
問3~6 文章読解問題

といった構成になっています。問1は現代語訳ができるかどうかが問われ、問2では文法事項をきちんと理解できているかが問われます。問3以降は心情問題や理由説明など文脈の読み取りができているかが問われます。この形式はおそらく今後も保たれるでしょう。語句と文法問題は必ず出題されるので、ラッキー問題だと思って必ず正解できるように対策を講じる必要があります。その対策については「センター古文の勉強法」の中で後述するのでぜひ読んでいってくださいね。
問3以降は読解能力が重要になります。その読解能力は、単語力と文法力という土台の上で成り立ちます。単語も文法も理解していなければ文章は読めませんよね。つまり結局は単語力と文法力です。まずはその2つの力をしっかりと形成していく必要があります。

センター古文の難しさ

センター古文は難しい科目なのでしょうか?
例年、センター国語の中で一番得点率が低いと言われているのが古文です。古文は、現代語訳ができないと文脈理解問題はいっさい答えることができません。さらに、登場人物や動作主が不明瞭であったり、一文が2,3行にも渡りややこしかったりと、理解しづらいところがあります。

しかしながら、センター古文は、決して難しいことを聞いてきてはいないのです。文章も現代語訳してみると、なんてことない内容の日記だったりします。作者自身の自慢話であったり、男の人が意中の女の人に会いに行こうとしているだけだったり。読んでいて笑ってしまいそうになるような物語だったりもします。言ってしまえば「大したことは書かれていない」のが古文です。大したことは書かれていないのに、なぜ内容を理解できないのか。それは、大したことが書かれていないからこそ省略が多く、また、当時常識であったことはいちいち文章の中で説明されません。現代に生きる私たちにとっては、当時の常識は習得しなければ知り得ないし、理解もしづらいでしょう。そのような要因から、古文読解は容易ではないのです。

私たちに求められているのは古文の単語と文法理解、更には当時の常識と時代背景に関する知識を得ることなのです。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

センター古文の勉強法

15404309

①重要単語を覚える

古文の勉強を始めるにあたり、最初にすべきことは重要単語の暗記です。
古文は、英語と同じように単語を知らなければ何も読むことができません。単語が命です。
しかし、ご安心を!古文は英語と違って、覚えるべき単語の量が格段に少ないのです!最低300語を習得してしまえば、センター古文には確実に太刀打ちできます。2000語以上も覚えなければいけない英単語と比べてしまえば、非常に数は少なく、簡単だと思いませんか?まずは古文の重要単語300語を暗記することから始めましょう♪

おすすめの単語帳は『読んで見て覚える重要古文単語315』です!
メジャーな古文単語帳のひとつですが、私はこの単語帳がダントツの良書だと思っています。
なぜかというと、本書は各単語の「語源」から意味を説明してくれているからです。英単語のように0から覚えるのとは違って、古文単語は、現代の言葉と似通っていたりするので(今でも同じ言葉が使われているのに意味が全く異なるなど。)ごっちゃになってしまいます。ですので、古文単語は「語源」がポイントです。本書はイラストとともに語源について詳しく説明がされているので、意味が頭に入ってきやすくなります。理屈で覚えられるので記憶に残りやすいでしょう。巻末には古文常識や敬語・助動詞一覧、古文慣用句といったプラスαの情報も収録されています。

この単語帳を使って日々単語学習を繰り返しましょう。理想は毎日学習することです。毎日はできなくてもせめて一日置きに学習することを心がけてください。その日学習したユニットを次の学習の際に復習したり、一週間ごとにユニット全体の復習をしたりなど、何度も反復することで記憶を定着させましょう。

8640995
参考書名
重要古文単語315
著者
武田 博幸, 鞆森 祥悟
ページ
304ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
18542140?w=80

学校で買ったのより覚えやすいし、これ覚えてから何となく文の意味が分かるようになってきた👍🏻

18241288?w=80

重要古文単語315 イラストもあって派生語も分かりすくてとてもいい教材だと思います└(՞ةڼ◔)」 学校がはじめてこんなに良いのをくれたので感動してるところです

18711137?w=80

前から思ってた古文漢文不要論を殴り書く 不要論というか入試科目から外すべきという論ね。教養云々の話しではない。 だって大学に入学するに相応しいかどうか見る試験だからね!定期試験とはわけが違うんだぞ! それとこれ見てる受験生の人たちは 残念ながら古文漢文は東大入試でも大きなウエイトを占めてるので頑張って暗記して下さい^q^ 古文漢文は入試科目に不要だと主張すると、 「役に立つことだけを勉強するのが高校教育ではない」 「文化・教養に触れることに意味がある」 という2つが大きな反論の軸になると思われる。 議論の途中はすっとばすが、俺が言いたいことは 「古文漢文は芸術科目扱いにして芸術の時間に組み込む」 これね。 役に立たなくても大事&文化教養に触れることに意味がある この2つで古文漢文の必要性を訴えて良いのであれば、何故音楽や美術は入試科目にならないのか? 大学生の読解力や、プレゼン力、論理的思考力を鍛えるべしという主張は多く、 国語のテストが英語と同じだけの200点という配点があったとき、 そのうちの100点を古文漢文のような芸術科目に当てることは頭悪いとしか思えない。 和歌とか漢詩を自分で作って楽しむのが古文漢文で学ぶ教養であって、古文の助動詞の活用を必死で覚えることが本当に文化や教養の理解に役に立つのだろうか? 文学部(特に日本文学など)で古文漢文を入試科目に課すのはわかるが、それ以外の例えば理系の学部でも古文漢文を課すのはやりすぎである。 俺は古文の授業が非常に嫌いで、授業中勝手に和歌を作ってひまつぶしなんぞをしていてそちらは非常に楽しい。 興味ない科目の勉強で忍耐力を測る云々の話しも、それをわざわざ古文漢文でやらなくても他の科目(特に英語)で十分忍耐力は測られてるだろjkっていうのが俺の意見。 古文漢文はそもそもそんなに大した科目ではない、そして教養、文化だというのであれば芸術に行くべきである。 現代文100点 古文漢文100点 というのはあまりにも配点がいびつである。英語200点に見合っていないと感じられる。 そもそも俺は小説の読解問題っていうのもヘンだと感じているわけ。 作者の意図や登場人物の心理を汲み取るっていう能力が仮に小説問題で測れるとして、そんなもんを大学入試で測って点数を付けることになんの意味があるのだろうか? そんなもんは高校入試レベルで終わりにしたほうがいいんじゃないか? 人の気持ちを読む、っていうか空気を読む能力っていうのは学校生活で嫌でも鍛えられてるような気がするが、わざわざテストでそんなもん測っても仕方ないだろ。 小説なんてのは興味があれば勝手に読むし、誰かに押しつけられて読解するようなもんではない。 文学部で文学やるなら必要かもしれないが、小説問題を解くような限定的で歪んだ能力を全部の学部に課しているのは全く奇妙である。 大学で実際に読むのは論文であって、小説を読むわけではないからだ。 出題者の意図に合わせて文章を読み込んで、解答の根拠となる場所はここです!って探しに行くのが小説問題の現状であって、 ただ宝探しゲームをやるのであれば、それは別にマンガでもいいし、J-POPの歌詞だっていいし、推理小説で犯人を推理する問題だっていいんじゃないか。 センター試験も国語ではなく、 評論文・文章読解 という枠で200点の配点を与えるべきだ。 恐らくそうできないのは、古文漢文の教師の数が多すぎて今更減らせないということと、まともに読解を教えることの出来る教師がほとんど存在していない という所に元凶がある気がする。 文学部出身の教師が多すぎる。国語っていうのは文章の読解が真っ先に来ると思うんだが、ロジカルに文章を読む技術という点では法学部とかの方が本来適しているように思える。 理系とかもね。そういう人材が国語教師になっていなくて、文学の鑑賞なんぞをやっている文学部の連中が就職先を求めて国語教師になっている そこがこの問題の元凶ではないかなと思う。 豊かな文学の鑑賞 っていうのは小学校とかの情緒教育でやることであって、大学で必要とされる論理的文章読解とはズレてしまっているなぁと思うわけだ。 大事かもしれないが、それより明らかに優先順位の高いもの(現代文読解)が同じ科目の中にあるのならばそちらを入試では問うべきだと思われる。 あ、文学部の方は頑張って古文漢文小説読解やっててくだしあ^q^

レビューをもっと見る

②文法を理解する

無事、重要単語を習得し終えたら、次に取り組むのは文法です。
単語を覚えていても文法を理解していなければ、文章は読み解くことができません。文章を読み解く要となる文法事項をしっかりと頭にインプットしましょう。


まずは学校から配布される文法書に取り組みましょう。

①用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と接続
②助動詞の活用と接続
③助詞・副詞の識別
④敬語の種類の識別

の順番で取り組むと効率的です。


<①用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用と接続>
動詞の活用は四段活用、上一段活用、上二段活用、下一段活用(「蹴る」のみ)、下二段活用、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用があります。暗唱するなどして活用はしっかり頭にいれるようにしましょう。動詞の活用をきちんと覚えることができたら、形容詞の活用、その次に形容動詞の活用、と移行していきましょう。
形容詞はク活用とシク活用の2つがあります。見分け方は形容詞の後ろに「なる」をつけて「〜くなる」となるか「〜しくなる」となるかで判別します。形容詞は比較的わかりやすいですね。
形容動詞はナリ活用とタリ活用があります。助動詞「なり」「たり」との識別問題が頻出なので注意しましょう。

用言の活用形に関しては、教科書や文法書についてる活用表をビジュアルで覚えてしまいましょう!表を見ながら暗唱したり、「覚えた!」と思ったら表を見ずに活用形を書き出してみたりしながら、確実に頭にインプットしていきましょう。


<②助動詞の活用と接続>
助動詞の識別は文法問題で最頻出です。数も多く覚えるのが大変ですが、語呂合わせを利用するなど自分にあったやり方を見つけて覚えていきましょう。私は国語の先生が考えてくださった替え歌で助動詞の意味を暗記しました。活用形は、用言と同じように活用表をフル活用して覚えましょう。結局は暗唱することが一番身になると思います。


<③助詞・副詞の識別>
助動詞に比べると出題頻度は低めですが、穴になりがちなので気をつけなければいけません。助詞は、意味と接続を覚え、複数の意味を持つ場合は文脈で意味を判断する力が必要になります。副詞は意味を覚えることの他にも、副詞の呼応(語尾に打ち消しの助動詞を伴う等)を理解する必要があります。文法書をフル活用してきちんと覚えていきましょう。


<④敬語の種類と識別>
敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つがあります。この3つをしっかり区別できるようになれば、古文読解は飛躍的にできるようになります。まずは重要単語を覚え、それから活用形を理解しましょう。活用の仕方によって尊敬語と謙譲語で意味が異なってしまう単語(「給う」など)もあるので十分に注意が必要です。古文は、身分の格差が厳しい時代に書かれた文章なので、敬語が文章読解のキーポイントになることも多くあります。敬語の学習にはきちんと時間を割くようにしましょう。敬語の重要さについては、後述します。

③背景知識を知る

単語も文法も一通り学習し終えたら大切になってくるのが、背景知識の理解です。
時代背景と当時の常識を知ることで古文は格段に読みやすくなります。

古文は日記が題材となることも多くあります。あなたは、自分の日記で、わざわざ他人に伝わりやすいように状況説明などしますか?おそらく、しないと思います。平安時代の人も同じです。日記でわざわざ常識的なことを説明しません。日記でなくても、当時の常識はわざわざ解説されないでしょう。ですので、古文では基本的にその当時「当たり前であったこと」は書かれていません。

たとえば、『土佐日記』は紀貫之が女性に扮して書いた、とても有名な日記ですね。なぜ紀貫之は女性のふりをして日記を書いたのでしょう。それは平安時代、「男性は漢字を用いて公的なことを記し、女性はひらがなを用いて私的なことを記す」という一般的な慣習があったからです。当時、男性がひらがなを用いることは良しとされない風習がありました。男性の間で日記を書くことは流行っていましたが、すべて漢字で記されていました。しかし、紀貫之は、私的な旅の内容とその時の感情を表現するために、ひらがなを用いたかったのです。そんな経緯があって、女性に扮してひらがなで日記を書いたのでした。

このような背景知識があるのとないのとでは、古文の理解に大きな差が生まれます。
他に例を上げると、昔は「妻問婚」が当たり前でした。妻問婚というのは、夫が妻のもとに通う婚姻形態を言います。昔は女性の父方の権利が強かったのです。ですので、物語ではよく「男が女のところに会いに行く場面」があります。妻問婚のことを知らないと、なぜ夫婦なのにわざわざ会いに行くのか、理解できませんよね。背景知識は、物語をスムーズに理解するために、あって損はありません。むしろ強みになります。

昔の「常識」を知ることで、古文は格段に読みやすくなるので、学習を怠らないようにしましょう。
おすすめの参考書は『マドンナ古文常識217』です。どこよりも詳しく、古文常識について書かれています。わかりやすい絵もついているのでビジュアル的に覚えることができます。私もこのマドンナを読んでからは、古文常識が頭に入っていたので、固有名詞(ex.「御簾」や「脇息(現代で「肘掛け」の意)」など。)に困ることがなくなりました。センター古文では、細かい固有名詞に注釈が入ることも多いですが、予め知っていれば、注釈を見るために割く時間を減らすことができます。知っていて損はないので、ぜひこの参考書は手にとってください!隙間時間に軽く読むだけで大きな違いが生まれます。

694070
参考書名
マドンナ古文常識217 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)
著者
荻野文子
ページ
287ページ
出版社
学研マーケティング
Btn amazon
18725782?w=80

“マドンナのマドンナによるマドンナのためのマドンナ”それがマドンナ古文常識だ

2863851?w=80

古文常識は勉強するというより、スキマ時間(通学の電車や休憩時間や寝る前など)にパラパラめくる程度で十分。これはその中でも比較的ストレスなく読める本かと思います。この筆者の古文文法本はちょっと問題ありですが、古文常識と単語帳は優秀なのでオススメです。

11022358?w=80

この本は古文を本格的に始める高1生から 難関大を受ける受験生まで幅広いレベルの人に オススメできる本だと思います! 参考書という位置づけではありますが 挿絵も多く話口調で書かれていたりするので 勉強の間の休憩の読み物としても 使うことができるものです! 実際に私も文庫本などを読む感覚で この本を読んでいました。 だいたいの大きめの本屋さんには 置いてあると思うので見つけたら手に取って ペラペラ読んでみてください。 これ以上に古文の世界を楽しみながら 理解できる良本は無いと思います👏💘💘

レビューをもっと見る
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

センター古文の特徴と解き方

15404314

リード文と注釈がキーポイント

センター古文ではリード文と注釈が非常に重要です。
あなたは、リード文をよく読まずに本文を読み始めてしまっていませんか?
長ったらしくて読むのが面倒くさい…と感じてしまうかもしれませんが、リード文が長いのは、「本文を理解するにあたって、その説明が必要」だからです。必要のない文をわざわざセンター側も記したりしません。文章読解に必要だからリード文が存在するのです。
ですので、何よりもまずはリード文をきちんと読んで理解しましょう!必ず、読解のヒントになります。注釈も同じです。ないがしろにせず、きちんと読む意識をしましょう。

主語は省略されがち!主語を見極める方法

古文では、主語や動作主が省略されてしまっているケースが非常に多いです。省略しすぎではないかと感じてしまうほどに、主語が消えてしまっています。ですので、古文の読解ではまず、主語を把握する必要があります。
どのようにして主語を把握したらいいのでしょうか。いくつか方法をお伝えします。


①出典から判断
まず、解き始める前に出典に目を通すようにしましょう。
たとえば、出典が「~日記」や「~紀行」と言うタイトルであれば、話はいっきに読みやすくなります。なぜなら、日記や紀行は作者主体で書かれているからです。すなわち、一見すると主語が不明瞭な動作や発言は、作者が行った事だと推測できるし、「をかし」や「あはれ」といった 心情を表した文章は、ほぼ作者の気持ちだと言えます。
さらに、出典を見て、物語の大まかな流れを知っている作品であれば、それだけで読解が有利になります。センターでは有名な作品はあまり出題されませんが、私立や国公立の二次試験では有名な作品が出題されることが多いので、二次試験でも古典が必要な人は、有名な作品の話の流れはある程度抑えておきましょう。


②助詞から判断
次に、「助詞」です。助詞で主語を判別しましょう。センター試験2015 本試験から抜粋して例文を紹介します。

☆「て」「で」は前後の文の主語が同じになります。

〈例〉「(女君は)人知れず悩ましう思して、いささか御局に下り給へり。」
〈訳〉「女君は人知れず苦しく思いなさって、少し自室に戻りなさっていた。」

この文章では、“女君(主語)”が、苦しい思いをして、“女君(主語)”が自室に戻った、とわかります。「〜て」は現代でも使われるので馴染みがありますよね。「〜て」「〜で」では主語が変わらないというのを意識できれば、長い文章で戸惑っても、主語判断の助けになります。


☆「を・に・が・ど・ば」であれば、その前後で主語が変わります。

〈例〉「(右近が)忍びても聞こゆれば、いとど恥づかしう、げに悲しくて、振り捨てやらで(男君の手紙を)ご覧ず。」
〈訳〉「右近がこっそり申し上げるので、(女君は)ますます恥ずかしく、本当に悲しくて、(女君は)振り捨ててしまうことができないので男君の手紙をご覧になる。」

この文章では、“右近(主語)”が申し上げたので、“女君(主語)”はますます恥ずかしくなり、振り捨てることができずに男君からもらった手紙を読んだ、ということがわかります。「を・に・が・ど・ば」では前後で主語が切り替わることを覚えてしまえば読解で非常に役に立ちます!ぜひ覚えてくださいね。


③敬語で判断
尊敬語は目上の人の動作、謙譲語は目下の人の動作を示します。主語が明示されていなくても、尊敬語が使用されていれば、それは登場人物内で目上の人がした動作であるとわかります。

〈例〉「とて、泣き給ひぬ。」
〈訳〉「と言って、(女君は)泣きなさった。」

この物語では女君とその仕え人である右近が登場します。「給ひぬ」と尊敬語が用いられているので、泣いたのは女君だと判断できます。

このように敬語が、尊敬語か謙譲語かで動作主を判断することが可能です。そのためにも敬語のマスターは欠かせません。すでに述べていますが、敬語の学習は古文において非常に重要なので徹底的に覚えるようにしましょう。

一文がやたらと長い!上手に切り分ける方法

古文は一文が非常に長いですよね。「〜〜て、〜〜ば、〜〜ど、〜〜つつ、〜〜けり。」といつまでもいつまでも文章が続きます。そのような冗長な一文の中で、いつの間にか主語が切り替わっていることもあります。古文は、一文が長い上に論理的に繋がっていないので非常に読みづらいのです。ですので、古文を読む際には途中で文章を切り分けることが有用になってきます。途中で文章を二分割、三分割してしまうのです。そのようにすれば、少しは読みやすくなるでしょう。
切り分ける方法は2つです。

☆助詞「を・に・が・ど・ば」で切る
主語判断の際に説明しましたが、この5つの助詞の前後では主語が切り替わります。ここで一度文章を切ってしまうのです。
☆逆接で切る
上に挙げた助詞も逆接の意がほとんどですが、逆接表現にぶつかったら文章を切りましょう。

細かく切り分けて訳していけば、古文はグッと読みやすくなります。さらに、実は、古文は一文全部を理解しきる必要はありません。最悪、逆接表現の後の文章だけ読めてしまえば大丈夫です。逆に言えば、“逆接は徹底的に拾う”つもりで読みましょう。逆接の前の文章が読めなくても、逆接に続く文章が読めれば、それ以前の文は、その文と逆の内容が書かれているのだとある程度わかります。現代文でも同様ですが、大事なのは逆接の後の文章です。逆接表現を見つけたらきちんとマークをして理解に努めましょう!

近年頻出の和歌

近年、センター試験では和歌が頻出になっています。和歌は、五七五七七のたった31語の中に、非常に多くの意味を含有させています。短い言葉からさまざまな情景を理解しなければなりません。
そのような和歌の理解は非常に難しいです。苦手とする受験生も多くいます。そのような和歌の読解を容易にする方法をこれから紹介します。

①まず五七五七七に切り分ける
まずは五七五七七に区切りの線をいれます。それだけで少しは読みやすくなります。そして、その中から意味の区切りを見つけ出します。句の途中で体言止めが用いられていたら、そこで意味が切れることが多いです。
②次に心情表現を抜き出す
「をかし」や「かなし」など心情表現をピックアップします。詠み手の心情理解が和歌では最重要です。「をかし」のように、わかりやすく心情表現が用いられていればいいのですが、そうでない場合は“本文との照合”が有用です。本文で歌が詠まれた背景を知ることで、理解が進みます。本文と和歌は必ずリンクしています。和歌だけを読むのではなく、和歌の前の本文もきちんと読んで理解しましょう。

以上に説明したのは、試験で実際に和歌を読み解くときに使うべき方法です。
ですがその前に、日々の学習では必ず「修辞法」をマスターしてください。修辞法を知らなければ和歌の理解は非常に難しくなります。以下に修辞法に特化したおすすめ参考書を載せておくので、まだ和歌の対策をしていないという人は、ぜひ手にとって見てくださいね。

8637
参考書名
和歌の修辞法―荻野文子の特講マドンナ古文 (大学受験超基礎シリーズ)
著者
荻野 文子
ページ
189ページ
出版社
学研
Btn amazon
1507612
参考書名
吉野のパワーアップ古文 和歌の修辞法編 (東進ブックス 名人の授業)
著者
吉野 敬介
ページ
280ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

レベル別センター古文の勉強法

15404328

センター古文5割未満

センター古文で5割未満の人は基礎が固まっていない可能性が非常に高いです。センター古文では、問1と問2は必ず正解すべき問題です。この2問を全問正解できれば、それだけで20点前後(年度により配点の違いがあります。)は得点ができます。単語と文法をきちんと覚えるだけで、センター古文では4割をとることができるのです。

ですので、現時点で5割も取れないという人は、まず古文単語と文法を固めることから始めましょう。おすすめ単語帳はすでに紹介してあるので、その単語帳を活用して単語を覚えてください。文法事項に不安がある人は、『望月光の古文教室古典文法編』の使用をおすすめします。基礎の基礎から詳しく説明がされているので、初学者でも理解がしやすい内容になっています。古典文法が苦手な人はこれを活用して理解できるように努めましょう!

2222963
参考書名
古文教室 古典文法編 改訂版 改訂版 (超基礎がため)
著者
望月 光
ページ
256ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
16973673?w=80

この参考書アマゾンのレビューもすごく良くて、本屋で一昨日買って来たんだけど、めっちゃわかりやすい! 「古文が苦手でどうしようもない、という人のために作りました」って書いてあるけど本当にそう! 学校の先生の解説だと理解できない部分が理解できる。 物に例えたりしてるから分かりにくかった用語もどんどん頭に入ってくる。 自分は高1なんですが、中学の頃古典が苦手、その他中高大、大人まで使えます! おすすめの参考書です!(´∀`)

15962115?w=80

中学生が古文対策するのに、ベストアプローチ古文という良書があります。ですが、大学受験まで俯瞰するのであれば、どうせ文法するなら、同じくらいの労力でまわせる本書を使うのがおすすめです。ベストアプローチをやっても、高校になれば、もう一度文法書をやることになります。それなら、最初から本書をやるほうが無駄がないかもしれません。おすすめの勉強の仕方は、本書を完全に暗記するのではなく、なんとなく理解する程度で十分です。ひととおり通ったら理解しやすい古文か、教科書ガイドを使って本書を片手に辞書使いしながら、品詞分解して、やっと右脳に刷り込まれると思います。

10101740?w=80

いよいよ8月ということで受験の夏、受験の天王山を皆さんは登山している真っ只中だとは思うのですが、古文の出来はいかかでしょうか? 今回ご紹介させていただく本は古文法が全く覚えられない方や部活などが忙しく、英語などの配点が大きな科目の勉強にしか身が入らず古文の学習が不足していたと思う方などの古文に危機感を感じている人にオススメのものです。 厚さ的にも薄く、内容も分かりやすくデザイン的にも見やすく短期間で本当の基礎を学ぶことが出来ますが、この本だけでは古文法を網羅する事は不可能ですので、この本の次に本格的な古文法のインプット教材やアウトプット教材をやるのは必須です。 夏中に古文法、古文単語を固めてしまわないと大きな差が生まれてしまうので本書を1週間で済ませてインプットとアウトプットをこなしてください。 古文は読解や常識が点数に関わる大きなウェイトを占めますが、文法が出来るのと出来ないのでは、すぐに差というものは感じないものの過去問などを頻繁に使用する直前期の際に細かい読解を試されるものや大学によっては致命傷になりかねますので、焦る時期だとは思いますが効果の即効性よりも演習への投資として頑張ってみてはいかがでしょうか。 勿論、志望校によりますが国語科目は比較的に伸びが早く実感できると思うので読解に急がず、文法が不安だと思えば保険として最低限の基礎の確認で一周だけ使用するのも手だとは思います。

レビューをもっと見る

単語や文法の理解は一通りできているという人は、あとは文章理解です。文章理解ができるようになれば、簡単に正解を導けるようになります。すでに説明した主語判断や一文を切り分ける方法を、自分のものにしてしまえば古文の読解はより良いものになるでしょう。ぜひ私が説明した方法を、日々の演習の際に活用してください。

さらに古文読解のためにおすすめしたい参考書は『マドンナ古文』です。
マドンナ先生が、とっつきやすい語り口で古文の読み方を一からレクチャーしてくれます。「古文の読み方そのものがわからない」という人に最適な参考書になっています。章ごとに練習問題もあるので、実戦的な学習が可能です。私はこのマドンナ古文を使用して、格段に古文の点数を上げることができました。

694071
参考書名
マドンナ古文 パワーアップ版: 別冊 「識別&訳し分け」早わかりチャートつき (大学受験超基礎シリーズ)
著者
荻野文子
ページ
253ページ
出版社
学研マーケティング
Btn amazon
18677942?w=80

論理的に解釈したい人にはアレルギーレベルで嫌いな本になると思います。自分はなんだか肌に会いませんでしたね。お金の無駄でした

16047334?w=80

これは高2の冬からやりました。 文法の基礎が身につきます。そして読めるようにもなります。模試の後の直しとかにも使えます。何周したか数えきれません。

10177056?w=80

この本サイコーです。野生的に読むっていうやり方、初めは難しく感じますが慣れてくるとスラスラ読めて内容もしっかり入ってくる、それを実際に体験しました。古文が得意でない方は是非とも手に入れてもらいたい。

レビューをもっと見る

センター古文5割以上7割未満

センター古文で「5割以上は取れているけれど7割は取れていない」というあなたは、古文単語や古文文法といった基本事項は抑えられているが、読解力がしっかりと身についていないという可能性が高いです。

そんなあなたは、私がおすすめする問題集で読解演習を繰り返しましょう!現時点で5割以上取れているということは、単語や文法の学習は一通り終えることができているのではないでしょうか。そうであれば、あとは覚えた単語や文法を忘れてしまわないように、定期的に復習を繰り返すだけで大丈夫です。今あなたはその次のステップである古文読解をクリアする必要があります。

おすすめの問題集は河合塾シリーズの『ステップアップノート』です。
全部で30章で構成されているので、1日1章取り組めば1月で終わります。文法の基本から助動詞などの識別、敬語まで網羅されています。問題が簡単なので、モチベーションを失うことなく取り組めると思います。これ一冊をやり切るだけでも古文の読解能力は飛躍的に上がるでしょう。自分のペースで無理なく取り組むことで読解力を向上させましょう。

2749
参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)
著者
井上 摩梨
ページ
83ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
18133651?w=80

定期テストで赤点を取るくらい古典が苦手でしたが、これを1ヶ月かけて丁寧に1周したら、この前の河合塾の全統マークの古文は1個しか間違えませんでした。古文がすごく苦手な人にはぜひオススメです。もう2周くらいしようと思ってます。

18769524?w=80

基礎が不安になった高3の夏終わりに解いた。まあ、ばり簡単やったわ。古文が苦手もしくは高2の人向けやな。

18511665?w=80

古典が苦手な人におすすめ!これやると本当に希望が見えます!

レビューをもっと見る

センター古文7割以上

センター古文で7割以上取れているというあなたは、既に古文の読解能力は高いほうだと言えます。しかしながら古文で満点を狙うにはまだまだの段階です。そんなあなたは、古文の読解能力の安定化と和歌問題をマスターすることの2つを心がけましょう。

古文の読解能力の安定化には問題演習を繰り返すほかありません。良質な問題を解くことで力を伸ばしていきましょう。さらにセンターレベルよりも少し高めの文章に慣れておくことをおすすめします。そうすると、センター古文の読解は安心してできるようになるでしょう。おすすめは駿台出版の参考書です。良質な問題を解くことで確実に力がつきます。

12236
参考書名
古文解釈の実践初級問題集 (駿台レクチャー叢書)
著者
関谷 浩
ページ
149ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
3142
参考書名
はじめの一歩古文読解問題集 (駿台受験シリーズ)
著者
関谷 浩
ページ
115ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

さらに大手の予備校が出版しているセンター実践問題集は、センター試験問題よりもやや難易度が高い傾向にあります。そういった、マーク式の演習問題で古文読解能力を高めていくことをおすすめします。こういった実践問題集は、一度早い時期に取り組んだ後に、センター試験直前期にもう一度解き直すという方法で2回以上は取り組んでください。

5399309
参考書名
短期攻略センター古文
著者
前田 春彦, 菅野 三恵
ページ
79ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
8594688
参考書名
古文 マーク式基礎問題集
著者
ページ
147ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
14887151?w=80

単語も文法もこれやれば大体身につく 重要単語もその演習ごとに書いてあるし、裏に覚えて起きたいもの全部あるからこの一冊ちゃんとやりきれば6割はいけると思う

18323538?w=80

結構、量もあってやりがいがあります この問題集結構好きです。 文法書と一緒に使った方がいいかもしれないです

15834666?w=80

解説わりとめっちゃ詳しいんで、わかりやすいと思います。

レビューをもっと見る
16844150
参考書名
マーク式総合問題集国語 2017 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
319ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
Icon default material
参考書名
国語 センター試験実戦問題集 2017
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

さらに重要なのが、和歌の理解です。和歌は受験生が最も苦手としています。苦手な受験生が多い割に出題傾向も高いので、和歌対策は十分に施しておく必要があります。既に紹介した、修辞法に特化した参考書を利用して、和歌に対応する力を身につけてください。和歌が得意になってしまえば古文に敵なしです。逃げずに取り組むようにしましょう。

最後に

15404317

ここまで、センター古文の勉強法を、単語や文法の基礎事項から読解能力の増強まで、お話してきました。

大事なのは単語・文法の基礎固めと、その土台によって形成される読解能力です。それらをしっかりと身につけてしまえば、センター古文で怖いものはありません。ぜひ、私が紹介したセンター古文読解の方法を参考にして、センター試験本番では8割以上を取れるようになってください!

努力した分だけ、結果は必ずついてきます。しっかりとした読解能力をつけてセンター試験に挑みましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720539
現役でお茶の水女子大学に合格しました。お菓子が好きで、中でも和菓子が大好きです!みなさんのお役に立てれるような記事(主に国公立向け)を執筆しています。

関連するカテゴリの人気記事

14704362?w=120

センター古文で確実に8割突破できる勉強法とおすすめ参考書・問題集

15304397?w=120

【センター古文】満点を取れる勉強法とレベル別おすすめ参考書

17892829?w=120

【センター古文の勉強法】おすすめ参考書・問題集で満点対策

関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay