15182453

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

はじめに

世界史の受験勉強を始めてみようと思うけど、何から始めていいのかわからない。。
そんな風に悩んでいるあなた。
ナビゲーター、実況中継、一問一答、、、本屋さんには溢れんばかりの参考書や問題集があるし、ネットで調べても色々な勉強法があって、どれが良いのかよくわかりませんよね(汗)

どうやって始めていいのか分からないまま、多くの受験生はなんとなく勉強を始めてしまいます。
しかし何事も初めが肝心と言うように、受験勉強においても初めがとっても大切なのです。

なのでここでは、受験を経験した私がこれから世界史の受験勉強を始めるあなたに世界史勉強のポイントを伝授します。そして本当におすすめな参考書・問題集を紹介したいと思います。
そしてその中で、世界史勉強のペース配分の目安や、勉強のプロセスを細かく伝授したいと思っています。

レベルはセンター試験から早慶まで網羅していますのでぜひ目を通してみてください。

この記事を読んで、ぜひ良い受験勉強のスタートダッシュを切ってください!

大学受験における世界史って?

15347527

まず受験勉強を始めるにあたって、各試験における世界史の問題について説明したいと思います。自分の進路などを加味しながら参考にしてみてください。また志望校がきっちり決まっている人は、赤本などを見ることも重要です。なぜなら、その大学の出題傾向を把握しておくことで効率的に勉強をすすめることができるからです!

センター試験における世界史

センター試験は全マーク式の試験です。問題は山川の教科書から出題され、基礎的なものが多くきちんと勉強して挑めば解ける問題ばかりです。出題内容は多種多様です。それは例えば「正誤判定問題」「時代問題」「地図問題」など様々であり、教科書から出題されると言っても、きちんと時代の流れや、地図、写真を抑えておく必要があります。なのでマーク式だからと言って舐めてかかってはダメですよ!得点率の目安として、マーチに受かる人は八割、早慶レベルだと九割、東大となると満点近くは取らなければなりません。!

国公立2次試験における世界史

国立文系の2次試験において世界史を必要とする大学の大半が難関国公立大学と呼ばれている大学です。そしてその多くの大学では論述問題が出題されます。特に東大・一橋などのトップクラスの大学だと、400〜600字の大型論述が出題され、内容的には歴史の流れを掴んでいないと解けない問題です。なので国公立を受験する人はセンター対策に加えて国公立の論述対策をしなければならないのです。そこで今から流れを抑えつつ教科書を読んでいくことで論述対策にもなり、後に効率的に勉強することができます!基盤づくりの時にどう勉強するかで、後々の勉強も変わってくるのです!

私大(march、早慶)における世界史

まずMARCHレベルまでの私大、つまり早慶上智以外の私大について。このレベルまでだと教科書の範囲内からの出題が多く、センター試験と同じくらいの難易度と考えて良いと思います。センター試験と違うのは、マークではなく記述式の試験が多いということです。MARCHレベルでも地図問題や文化史、論述が出題されますが、いずれも基礎的なものなので特別な対策は必要ないと思います。なのでMARCHレベルまでの大学を志望するあなたは、基礎を完璧にしましょう。

そうはいかないのが早慶上智です。早慶上智レベルになると山川の教科書以上の知識が必要となってきます。問題形式も大学によって多種多様であり、論述、文化史、現代史なども多々出題され、これらは教科書だけでは足りないのでそれなりの対策が必要です。
例えば上智大学ではキリスト史が多く出題されるのでそこに重きを置きながら勉強していきます。そのように出題傾向などを受験する大学の赤本で過去問をチェックしてみましょう。私立文系、特に難関私立になればなるほど社会科目はネックとなってきます。早慶上智レベルだと、教科書レベルの基礎問題は正解して当たり前、教科書プラスアルファの問題をどれだけ正解できるかで合否が分かれてきます。なので最初は教科書で基盤をきちんと作って、細かな知識を詰め込んでいきましょう!

世界史勉強の3つのポイント

15347541

次に世界史の受験勉強を始めるあなたに心に留めておいてほしい3つのことを紹介します。これからの勉強に役立つことだと思うのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ペース配分の目安

一つ目はペース配分の目安です。いつインプットを終えてアウトプットを始めたらいいのかよくわからないですよね。赤本なんかもいつから始めたらいいんだろう、と。なのでここでは目安として私が個人的におすすめするペース配分を紹介します。

まずインプットから。
まず通史の暗記は6〜7月までには最低でも1周しましょう。1周で覚えられないのは当たり前、何周もすることでだんだんと知識は定着していきます。なので6〜7月を1周目の目安としましょう。そしてその後にまた何周も通史の暗記をしていきましょう。とにかくインプットは何回も繰り返すことが重要なので、1周目で完璧にしようとして時間をかけすぎるのもよくありません。1周目は流れを掴む程度、2周目3周目でどんどんと細かな知識を上から塗っていくイメージで勉強しましょう。

次にアウトプットです。
これは教科書を1周したら、つまり7月頃からどんどん問題を解き始めましう。最初は教科書に即したような簡単な問題集で構いません。簡単な問題集でも、まだ1周しかしていない状態で解けない問題がたくさんあるのは当然なので、解けなくてもめげずにどんどん解いていきましょう。一度覚えたことを考えて考えて頭の奥から引っ張りだすことが効率的なインプットにつながります。そしてどんどん問題集のレベルを上げていって、11〜12月頃には志望校の過去問を解くようにしましょう。

目標をたてよう

二つ目、目標を立てましょう。目標にも大きな目標と小さな目標の2種類があります。これは前項のペース配分にも繋がる話なのですが、例えば6月までに教科書を1周する、これがまず大きな目標です。そして大きな目標を達成するために、つまり6月までに教科書を1周するために、1週間で◯ページ、1日◯ページ進めようと決める、これが小さな目標です。目標に細かく具体性を持たせることでイメージしやすいですし、達成しやすくなります。ここで注意してほしいのはあくまでも実現可能な目標を立てることです。小さな目標から達成できずに気持ちが萎えてしまっては本末転倒です。ここでは自分が立てた目標をきちんと達成するころに意味があるので、自分が達成可能な目標を立てましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

おすすめの時間帯

三つ目はおすすめの時間帯です。これは世界史に限らず、なかなか頭に入ってこないような暗記科目を勉強するときにおすすめの時間帯なので他の科目にも参考にしてみてくだい。

まずこれは一般的に言われていることですが、「寝る前」です。寝る前と言っても眠気と戦いながら、ウトウトしながら、これはあまり意味がありません。一日の勉強の最後に、きちんと意識がある時に暗記科目をやると効率的に覚えられると言われています。

それに加えて私が個人的におすすめするのは「午前中」です。私は受験生の時、暗記科目は午前中にやっていました。これは個人的な感覚なのですが、午前中は午後よりも時間が過ぎるのが遅く、よりたくさん勉強できるイメージでした。

夜更かしをして、ウトウトしながら勉強して、翌日は早起きしても眠気が取れず昼間に居眠りしてしまう、こんな受験生も多いと思います。しかしそんな風に勉強するよりも、早寝早起きの習慣をつけて規則正しく勉強するほうがよっぽど効率的だと思います。
なので一番のおすすめは午前中に暗記科目を覚えて、寝る前(意識があるうち)に復習することです。

【まとめ】
・インプットは夏前に一周、そしてそこからアウトプットもスタート
・大きな目標、そしてそこから小さな目標をたてる(実現可能な!)
・寝る前と午前中がおすすめ時間帯

世界史勉強のプロセス

15347531

次に世界史勉強のプロセスを紹介します。これはどの試験を受ける人にも共通する勉強法なので、ぜひ勉強のスタートに役立ててほしいです。

まずは基礎と流れ

まずは基礎づくりです。これはさっきも言ったようにどの試験においても重要となってきます。大学受験世界史における基礎とは山川の教科書です。これをしっかり熟読して基礎作りをしましょう。この基礎作りの時にしっかりと流れを掴みながら勉強すると、後にとてもに効率的に勉強することができます。
そこで流れの掴み方についてですが、それは「歴史の因果関係をきちんと把握する」ことから始まります。歴史のそれぞれの出来事の関係や繋がりを意識して教科書を読んでいくことがポイントです。なぜここまで流れを掴むことを強調するのかというと、私立や国公立の論述問題はそのような因果関係を問うものが多く、流れを掴んでいないと解くことができません。
それだけでなく、センター試験における年代問題では、流れを掴んでいれば年号を正確に覚えていなくても因果関係で答えが分かることも多々あるのです!このように基礎における流れはとっても大事なのです。

そしてアウトプット

次にアウトプットです。これもさっきペース配分の話の中で言ったと思いますが、アウトプットしないことには記憶の定着をはかることは難しいです。問題集で完璧に全問正解する必要はありません。全問正解は本番でできればよいので、問題演習などのアウトプットの時はどんどん間違えていきましょう!アウトプットすることに意味があるのです。まず教科書を1周したら、簡単なものからでいいのでどんどん問題演習をしていきましょう。

最後に復習

最後に復習です。これは世界史勉強において一番重要と言っても過言ではありません。前項でアウトプットをしっかりしましょう、と言ったと思いますが、そのアウトプットにおいて復習は肝となります。そのような問題演習における復習とは、間違えた問題をしっかり復習するということです。問題集に然り過去問に然り、答え合わせをして終わり、これは一番NGです。復習をはしょることでアウトプットの効果が半減してしまいます。きちんと間違えた問題の解説を読んで、参考書を読んで、用語集を読んで、復習しましょう。間違えた問題は新たにインプットするチャンスですのでそれを無駄にしないようにしましょう!

【まとめ】
・まずは基礎づくりと流れ!
・どんどん問題を解いていこう
・復習は一番大事

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

世界史インプットのおすすめ教材

15377029

まずここではインプットのコツを詳しく説明した後におすすめの教材を紹介したいと思います。

インプットする際のコツ

世界史のような暗記科目のインプットにおけるコツは、「反復」と「書くこと」です。反復とはさっきも言ったように教科書を何回も何回も読むことです。反復をする際、最初は流れをつかむ程度で、どんどん深く読んでいき、記憶を上から塗っていきましょう。ポイントは単語などを集中して覚えるのではなく、しっかりと最初に歴史の流れをつかむことです。流れをつかむことによって単語や年号も自然と頭に入りやすくなります。そのためにも何度も何度も教科書を読むことが重要なのです。
そして書き出すこと、頭に入れた歴史の流れをばーっと紙に書き出してみましょう。そうすることで自分がどこを理解できていないか理解することができます。書き出す時に字の丁寧さは必要ありません。丁寧に書いている時間がもったいないので、書き出したらすぐ捨てる勢いで、字は自分がかろうじて読めるくらいでいいと思います。また覚えにくい単語なども書き出すと覚えやすいです。それは例えば、中国史で出てくる漢字たちであったりします。このようにただ教科書を読むだけでなく書き出すことでいいアウトプットになるのです!

インプットのおすすめ教材

772840
参考書名
詳説世界史B 81 世B 304 文部科学省検定済教科書 高等学校 地理歴史科用
著者
木村靖二, 佐藤次高, 岸本美緒
ページ
0ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
14135421?w=80

私自身は理系ですが、センターで世界史を使いました。高校で理系には世界史の授業がありませんでしたが、これと資料集だけ使って独学で半年弱でセンター9割取れました。まず、教科書を自分で音読してから教科書の内容を自分なりにノートにまとめてみる。また、資料集で国の位置などを確認する。資料集使いながらの方が図で理解できるので、覚えやすいです。一応、センター9割取りたいなら、太字でないところもある程度覚えておく必要があります。 やはり、教科書が最高です。

16879669?w=80

学校で使っているのですが,解説や図も分かりやすいと思います。 便覧・参考書と一緒に使うと,より理解が深まると感じます!

15973357?w=80

1つのストーリーのようにまとめられているから夢中で読める。さすがは山川さんです。 「あらゆる入試の基礎は教科書にある」という言葉もありますが、この教科書はまさにその典型ではないかと思います。

レビューをもっと見る

これはさっきから私が山川の教科書と言っていたものです。センター試験はこの教科書から出題されますし、どの試験においてもこの教科書がベースとなっています。

8131
参考書名
世界史B用語集 改訂版
著者
ページ
426ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
6814166?w=80

メリット:世界史の全てがつまっている。このボリュームを覚え切れば全ての大学での世界史はカバーできる。 デメリット:少しレイアウトが見づらい。 新版に掲載されている語句が入っていない。もし新版と悩んでいる人がいるなら新版をお勧めする。 まとめ:素晴らしい参考書ではあるが使い方を間違えると成績は伸びない。 用語集だけで勉強することは避けてほしい。世界史はあくまで全体の流れを捉えながら学習しなければ効果はない。 理想を言えば 教科書(ナビゲーターや実況中継でも可)を読みながら用語集、資料集で知識を補填し、問題集や過去問でアウトプットする。これを繰り返せば世界史の強い土台が積み上がるだろう。

レビューをもっと見る

その教科書と併用して使うことをおすすめするのはこの山川の用語集です。
用語集は用語ごとに重要度が「1」〜「11」の数字で書かれているのでわかりやすいです。」最重要が「11」で、「1」は相当マニアックですね(汗
ちなみにMARCH志望だったら「5」以上はマスターする必要があると言われています。

14722553
参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 1 先史~中世ヨーロッパ史の徹底理解
著者
鈴木 敏彦
ページ
236ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon

これは講義式の参考書で全部で4冊あります。4冊と聞くと多いなと思うかもしれませんが、これは語り口調で世界史の流れを説明してくれるのですごく頭に入ってきやすいです。山川の教科書だと堅くてなかなか頭に入ってこないと思ったら、このナビゲーターから始めてもいいと思います。

ちなみに私は教科書と用語集をメインに分かりづらい部分はナビゲーターを読んでいました。参考書に関しては何冊も持つよりも一冊を完璧にするようにしましょう。教科書、用語集、いずれかの参考書の三点セットでインプットはOKです。

世界史アウトプットのおすすめ教材

15377025

アウトプットする際のコツ

これはさっきから口を酸っぱくして言ってきましたが、アウトプットの際のコツはただひとつ、「復習」です。復習を制するものは世界史を制する!と言っても過言ではありません。ここで復習する時のコツですが、それは「△に注意すること」です。自信を持って正解できた問題は◯、もちろん間違えた問題は✕なのですが、勘で答えたら正解した問題ってありますよね。これが私の言う△なのです。✕の復習をするのはもちろんのことなのですが、△の復習ってサボりがちだと思うんですよね。でも△ってことはきちんとは理解できていないということなので、次もし同じ問題が出てきて正解できるとは限らないのです。なので△もきちんと復習してほしいのです。そのためにも問題を解く時に根拠なしに解答した問題には印をつけることをおすすめします。そうすれば復習の時見逃さずに済むので!

アウトプットのおすすめ教材

世界史の問題集は本当にたくさんの種類があります。そこで問題集の選び方について、私がおすすめするのは、”解説がわかりやすいかどうか”を見ることです。何冊か問題集があったら同じ項目の解説を読んでみて、自分にとってわかりやすいなと思った方を選びましょう。
ここでは幾つか私が使いやすかった問題集を紹介します。

8685013
参考書名
山川 一問一答世界史
著者
ページ
288ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
16170470?w=80

ノートなどにカバーしきていないところをこれでおさえることができる しっかりやれば偏差値75はいきます 僕はこれで全統マークと記述偏差値75超えました

16879669?w=80

これ一つでも重要事項の確認はできますが,用語集と一緒に使うことで,更に理解が深まり頭にも入りやすくなると感じます。 買うときは是非ペアでどうぞ!^^

15870767?w=80

良い点 ・山川の教科書に完全対応してるので単元ごとにやりやすい ・コンパクトで持ち運びやすい ・カバーを同系統の山川一問一答日本史や地理のものと変えるだけで授業中に内職可能 悪い点 ・見難い、特にページをまたいで問題が続くのは解せない ・索引が欲しい(教科書を使えばなんとかなるが) ・だんだん山川の犬になる

レビューをもっと見る

これは山川の教科書を沿った一問一答です。レベル的にはセンターやMARCHレベルです。問題数もそこまで多くなくて使いやすいです。あくまでアウトプット教材なので、一問一答を使ってインプットするのはおすすめできません。

8623699
参考書名
流れ図で攻略 詳説世界史B
著者
谷澤 伸
ページ
167ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
13529742?w=80

教科書や講義形式の参考書を読んでいて、どうも歴史の流れや横の関係が理解しにくいことはないだろうか? 教科書と一問一答だけでは、特に論述問題に対応できないと私は思う。 この参考書は世界史の流れや、分かりにくい横の関係をまとめたものである 構成 左ページに流れ図(まとめ)、右ページに基礎的な問題 (自分は右ページをやらなくても良いと思う) 使用法 教科書や講義形式の参考書を読むときに「流れ図」を確認する

15234850?w=80

教科書は字だけで読みにくい!資料集は詳しすぎてどこに何があるか分からない!授業のプリント多すぎ!って人にオススメの、まとめ教材です。 分からない単語は適宜用語集で調べ、後地図は少ないので常に資料集の地図を見ながら使いましょう。

レビューをもっと見る

なかなか流れが掴みにくい人におすすめです。内容も基礎的なものが多いので、1周教科書を読んだ後に取り組むのもいいですね。

8499612
参考書名
世界史B詳説世界史学習ノート 上
著者
ページ
151ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon

これは教科書に沿った穴埋め式の問題集です。難易度的にはセンターから早慶までと広くカバーしており、ボリュームもあります。似た名前の詳説世界史ノートというものもあるので間違えないように注意です!

956149
参考書名
実力をつける 世界史 100題 [改訂第3版]
著者
Z会出版編集部
ページ
480ページ
出版社
Z会
Btn amazon
16080186?w=80

難易度は普通に高いですがだからと言って 全てが全てわからないと言ったことは無いでしょう100題のほとんどが記述の問題で時間はかかると思いますがしっかりとした復習と周回を重ねてこの一冊を完璧にすれば(+a )早慶上智レベルの単語はほぼ抑えられるかと思います 中国史の漢字はしっかりと書いて定着させてください 解説がかなり細かいのでしっかりと答え合わせだけでなく解説も通読してください! これプラス志望学部の過去問を見て+aで自分で必要なところを抜き出して強化すれば自ずと世界史で差をつけることができると思います

17211137?w=80

なんかこれめっちゃむずいみたい早慶向けだーみたいに書いてる人多いですけど実際マーチの人もやっていいと思います。 解説も詳しいですしいい問題ばかり! 標問もやりましたが実際標問のほうがむずい気がしました() 僕はこれを3周くらいして過去問行きました! これをやる前にマイナーですがスタンダード世界史(山川)をやるのが意外といいと思ってます、よかったら👌

16879669?w=80

結構難し目の問題が多く,難関校受験対策に持ってこいだと思います。 学校のテスト勉強にも結構使えました!

レビューをもっと見る

これは早慶上智を志望する人におすすめの問題集です。難易度が高いのはもちろん、論述問題もあるので論述対策にもなります。早慶上智レベルのインプットが済んだら取り組むのが良いと思います。

32260
参考書名
佐藤の世界文化史一問一答―スラスラ読めて、サクサク解ける! (快適受験αブックス)
著者
佐藤 幸夫
ページ
175ページ
出版社
学研
Btn amazon

これは文化史が苦手で教科書とかだとうまく覚えられない人におすすめです。私も文化史がなかなか覚えられなかったのでこの一問一答を使って詰め込んでいました。難易度は早慶上智レベルで、最後にはハイレベル問題もついているので、文化史でマニアックな知識な問われる学校(例えば上智大学)などを志望する人にもおすすめです。

【まとめ】
・インプットのコツは「反復」と「書くこと」
・アウトプットのコツは「復習」

また以下の記事では今紹介した教材の他にも、レベル別でおすすめな参考書・問題集を紹介しています。ぜひ見ていってください!

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介~センターから早慶まで~

最後に

15347550

ここまで受験世界史勉強の始め方とそのプロセスを説明してきました。
最初でどれだけ効率よく勉強できるかで後にも生きてくると思います。

もう一度強調したいポイントは「基礎」「流れ」「アウトプット」「復習」です!
この記事を読んでくれたみなさんが受験勉強の良いスタートをきれることを願っています。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
17045192
イクラが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。

関連するカテゴリの人気記事

14636371?w=120

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介~センターから早慶まで~

15182453?w=120

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

15452608?w=120

【世界史 問題集】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

14620373?w=120

【世界史勉強法】世界史の人物・年号を確実に覚えられる暗記術

15376724?w=120

世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

15351132?w=120

【世界史 過去問】赤本のベストな使い方!いつから?何年分?

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay