15299633

【センター現代文勉強法】理系で国語8割突破できたおすすめ参考書

はじめに

国公立大学理系学部志望のあなたは、センター試験での大きな壁「国語」を諦めていませんか?
理系なら国語に時間をかけたくないし、最低限「古文」「漢文」を勉強しておけば「現代文」は勉強しなくてもできるだろう…と思っていませんか?

私達が普段日本語を話しているからといって、何も勉強せずにセンスだけで「現代文」の試験に臨んでも点を取ることはできません。
理系学部志望のあなたが、「国語」に時間をかけられないのは分かりますが、それではセンター現代文の点を溝に捨てるようなものなのです。

この記事では、元々5割にも満たなかった理系学部志望の私の現代文の点数を、8割以上まで伸ばした勉強方法と問題集・参考書、センター試験の解き方のコツを教えます。

センター国語現代文の試験とは?高得点にセンスは必要?

15299601

あなたがセンター現代文の問題に抱くイメージは、「問題が難しい」や「答え方の掴みどころがない」などではないでしょうか?
私も高校3年生の1学期にはそのような思い込みがありましたが、現代文を深く勉強していくにつれて、センター現代文に対する考え方が変わってきました。
まずは、現代文に対するイメージを変えていきましょう。

国語、特に現代文はどう勉強すればいいのか分からない

多くの受験生が現代文について持つ悩みが、「どう勉強すればいいか分からない」
ではないでしょうか。
ただ問題演習を重ねて復習しても、次に同じ文章が出題されることはほとんど無く、「現代文はセンスに頼らないと得点できない…」と諦めて他の科目に勉強時間を回してしまう人も多いでしょう。

そんなあなたに朗報です。
現代文の成績を上げる方法、あります。しかも、楽しみながら。
ここでは、「評論」と「小説」に分けて勉強方法を紹介していきます。

現代文の問題には数学のように確立された唯一無二の解答が無い!

「確立された答えがない」ことも、あなたを悩ませる種の1つでしょう。
模範解答と似たようなことを書いているのに大幅に減点されていたり、見た目は模範解答と異なるのに満点をもらえたり…
このような経験から、「掴みどころがない科目だ」と思ってしまうのも無理はありません。

ですが、「確率された唯一無二の解答がないこと」こそが現代文の問題の良さなのです。
センター現代文の問題でさえ、「正しいものを選びなさい」ではなく、「最も適切なものを選びなさい」と書かれているのは、唯一無二の解答が存在しないからです。

「唯一無二の解答が存在しない」にも関わらず問題にする事ができるのは、設問の選択肢の中に問題文の内容と一致しないものが混入していて、それらの選択肢を不適切であると本文の根拠に基づいて判断することができるからです。
つまりセンター現代文は本文に適さない選択肢を消去し、最後に残った選択肢を答えとして選択するという解答方法で得点していくのです。
具体的な選択肢の消去の方法は後ほど紹介します。

国語のセンター試験は読解問題1問の配点が大きすぎる!

国語の試験、特にセンター試験においては、読解問題の配点が1問7点・8点ばかりです。
思わず、
「フザケてるのか!?」
と思ってしまいます。ただでさえ難しい国語の問題で、数問間違えるだけで簡単に合計50点くらい吹っ飛びます。高得点を狙っている受験生からすれば、1問マークするだけで手が震えます。かなり大きなプレッシャーがかかって、もう恐怖以外の何物でもありません。センター試験の中で最も心臓に悪い科目です。

これほどにまで多くの受験生が恐怖を感じる選択肢を、自信を持って答える事ができれば、かなりのアドバンテージになりませんか?

本番までに確実な力をつけて、自信を持ってマークできるようになりましょう!

センター国語現代文で高得点を取るのに必要な3つの力 ~「センス」の正体とは!?~

センター国語、特に現代文の試験では得点が不安定になることが多くないでしょうか。
ある模試で国語の点数が非常に良かったからと言って、次の模試や本番で良い点が取れるわけではありません。逆に模試の結果が悪くても本番で高得点を叩き出せる人もいます。

センター国語現代文の得点が安定しないことは、文章の内容・書き方の好き嫌い、話題を知っている・知らない、出題された文章を読んだことある・無い、長文に耐えられる・耐えられない、といったことによって引き起こされます。

もちろん普段から多くの本を読んでいる人であれば、長い文章を読むことにも耐えられるし、文の構造や内容を自然に理解できます。
また、読書する際、書かれてあることを自分が分かりやすい表現に言い換えたり、自分の体験に当てはめて納得・理解したり、話の展開を自分なりに整理する癖が付いていると、現代文の試験で必要な能力を普段から使っていることになるために、その人が「自然と」「センスで」読んでいるように見えるのです。

ここで、センター国語現代文の試験に必要な3つの力、
「言い換え力」「内容理解力」「展開整理力」
が出てきました。2次試験で国語が必要な受験生には、この3つに加えて「記述力」が求められます。
この「言い換え」「内容理解」「展開整理」の3つを確実に遂行できることがセンター国語現代文で確実に得点を稼ぐことに繋がります。また、話題を知っていたり、長文に慣れている程点数UPの可能性は高くなるので、「長文に慣れる」こと、「話題・テーマを知る」ことについてのトレーニングもしていきます。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

センター国語現代文「評論」の出題傾向と対策を知ろう!

14705276

ここからは、「評論」と「小説」に分けて説明していきましょう。
まずは「評論」から説明していきます!

センター国語現代文「評論」の出題傾向

まずは私が完全なる独断と偏見で『2016 センター試験過去問レビュー 国語』(河合出版)の2015年度~1997年度の「評論」の読解問題の設問で問われていることと問題数をまとめてみました。

設問内容(問われている回数が多い順に並べてます。分類は私の主観的なものです。選択する答えが複数の場合も1問として換算。)


1位 44問 「~はどういうことですか。」内容説明する問題 

2位 19問 「筆者の考えをまとめたもの、本文の内容と合致するもの」を選択する問題

3位 15問 「~なのはなぜですか。」理由を尋ねる問題 

4位 10問 文章の構成・表現・特徴についての問題(ここ10年で増えています。) 

5位  7問 「具体的にどのようなものか」説明する問題  


結果は上記のようになっています。

圧倒的に問題数が多いのが内容説明(言い換え)問題です。
次に主張把握(内容把握)問題、理由(展開整理)、構成(展開整理)・表現・特徴についての問題と続きます。
つまり「評論」では、どのような文章でも同じ力が求められている事がわかります。

「言い換え力」・「内容把握力」・「展開整理力」は受験対策で付けることができるので、安心してください。


読解問題とは別に、毎年必ず出題される問題「漢字」の対策もしなくてはいけませんが、「漢字」には傾向も何もありません。出題され得る漢字を全て学習するだけです。

「評論」対策におすすめ参考書・問題集と具体的な勉強方法

ここからは、私が実際に「言い換え力」・「内容把握力」・「展開整理力」と「漢字」を身に付けることができた参考書と勉強方法を紹介していきます。

まずは「漢字」から。

『上級入試漢字』

38924
参考書名
上級入試漢字―国公立入試対策
著者
ページ
277ページ
出版社
ピアソン桐原
Btn amazon
17636378?w=80

センター式の問題もあるので 使いやすいです!

16895793?w=80

収録数が多いです。 タイトル通り国公立大はもちろん、難関私大のものも収録されています。 見開き一頁50問ということで、 毎日こつこつやる分にはとてもいいと思います! 文章も全然長くないですしね♪ 漢字はこれ一冊やりきったら怖くないでしょう!

2689818?w=80

内容もさることながらデザインも洗練されていて続けやすい。見た目を重視する人には特にお勧めです。 ときどき書き取りの問題で知らなかった読みが出てくることがあり、思わぬ点数アップにも繋がります。私立志望でも十分役立つと思います

レビューをもっと見る

『上級入試漢字』は、過去10年間に主要な国立大学・私立大学の入試問題で出題された漢字を約4000語をチェックできる問題集となっています。
10年間で最も出題頻度の高かった250語を冒頭に収録していて効率的な学習ができたり、巻末の索引では漢字の「書き」・「読み」・「意味」を確認できるようになっているため、間違えた漢字に印を付けて見直すだけでも学習できるようになっています。

毎日の漢字学習に最も適した問題集です。

次に単語帳。

『生きる現代文読解語』

581223
参考書名
生きる現代文読解語
著者
霜 栄
ページ
255ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
Icon default user

生きる現代文読解語生きる現代文読解語霜 栄霜 栄く生きる現代文読解語た霜 栄と霜 栄き

13952139?w=80

色々な情報が乗っていて要約問題もあります 36ページほどから始まる言葉と意味を一致させる問題は答えが見にくいので、オレンジの線で答えを引くと分かりやすいです

2364819?w=80

現代文の読解語の参考書は大体同じなので、オプションで見定めた方がいい。背景の説明に要約がついているので、国語力も鍛えられる

レビューをもっと見る

「現代文で単語帳?」と疑問に思う受験生もいるかと思いますが、『生きる現代文読解語』は単なる単語帳ではなく、現代文が扱っている文化や社会面などの背景を解説してくれています。そのため、知識として知っておけば話題がある程度最初から分かっているため「評論」の問題文がかなり読みやすくなり、大学入試以後にも役に立つ社会問題についての教養も身につきます。

頻出単語センター特集や、テーマ別に単語を分類してまとめてくれているため、非常に使いやすくなっています。

そして読解編。

『上級現代文1・2』

42297
参考書名
上級現代文 1―国公立入試対策
著者
晴山 亨
ページ
205ページ
出版社
ピアソン桐原
Btn amazon
17561800?w=80

書名は「上級現代文」ですが、コンセプトは「上級につながる中級レベル」の育成でしょう。その目的ではおそらく類書中でベストです。 良い点からいきます。 まず、課題文の品質が非常に高いです。2010年代の入試傾向に沿った、かつ、汎用性の高いテーマと良質なテキストが選ばれており、外れがありません。これだけでも本書を選ぶ理由としては十分だと思います。 次に、構成面です。本書の大きな特徴は、問題が「習得したいスキル順」に配列されていることです。単純な言い換え→傍線部説明→理由説明と進んで、要約や小説問題まで合計12ステップで進むという構成ですので、演習終了後、頭の中に「記述現代文の全体像」がしっかり描かれている状態になる。これはすばらしい。 問題数は例題が12問。例題をマスターしたら演習問題が同様にスキル順配列で、2セット合計24問。計36問あるので演習量は十分でしょう。例題に適度なひねりがあるのも良い。この段階で一橋や京大(入試問題そのままではありません)の課題文が出てくるので、完答を得るのはそれなりに大変です。 以上の理由から、国立志望者には個人的に一番おすすめしたい本です。旧帝志望ならこれを丁寧にこなした後で得点奪取や上級現代文IIをやれば十分。そこから過去問に繋がります。 欠点というわけではないのですが、人を選びそうな点もあります。 採点基準は全問にありますし、特に演習問題の解説は充実しています。受験者の答案例もあるので、現状、得点奪取と同等以上に独習しやすい記述問題集でしょう。 しかし、演習問題と比べると例題部分の解説が少しだけ薄い。要点を押さえた良質なものであることは確かですが、本当はここがもっと厚くてもよい気がします。 また、ついている採点基準の加点ポイントの配分がやや機械的なのも気になった点です。腕に覚えのある人以外は、すくなくとも例題部分については学校の先生などに添削指導を依頼したほうが良いでしょう。 総合的に言って、志望校と現状との橋渡しをしてくれる、とてもいい問題集だと思います。上記にあげたような点は取り組み方でいくらでも回避できますし。おすすめですよ。

17089936?w=80

60keepからいきなり50前半にまで偏差値を落としましたがこれ一冊で70まで到達しました‼︎時間はかかるし量は多い…私はそんなにこれに力を入れてませんでしたが、それでも上がりました。 現文に関して、記述もマークも正答率が90%超えました、感謝してます。

12812552?w=80

記述力が乏しい人、文理問わず二次試験に国語を利用する人にオススメです。 豊富な問題量で入試直前期まで使えると思います。 解説もしっかりしており、自己採点がしやすくなっています。 中堅国公立を狙っている人は是非使ってみてください。 難関大学を目指している人は上級現代文Ⅱというのがあるのでそちらをオススメします。

レビューをもっと見る
42296
参考書名
上級現代文Ⅱ
著者
晴山 亨, 立川 芳雄, 菊川 智子, 川野 一幸
ページ
157ページ
出版社
ピアソン桐原
Btn amazon

現代文評論の最強の学習方法は、

①自分で答案を書き、
②信頼できる先生に添削してもらい、
③納得できるまで先生と答案について議論する、

3STEPです。

この勉強法に最も適している参考書・問題集が『上級現代文1・2』です。

もちろん、センター試験対策のための記事なので記号問題における勉強方法・解き方は後述の「センター過去問利用法」で紹介します。
しかし、センター現代文と言えども、読解力を最も伸ばすのは
「自分で答案を書き、信頼できる先生に添削してもらい、納得できるまで先生と答案について議論する」
方法なので、ここで紹介しておきます。

『上級現代文1・2』だけでも、記述の答案の作り方についてかなり詳しく説明してくれていますが、自分自身ではどうしても甘く採点してしまうので、信頼している国語の先生に添削してもらい、質問・議論しましょう。
『上級現代文1・2』の解説に、「傍線部をいくつかに分解して言い換える」答案の作り方(言い換え力)と要約(内容把握力・展開整理力)について詳しく書いてくれているので、解説を読んで言い換え・内容・展開について納得し、もう一度自分でできるかどうかを確かめて復習してください。自分で本文を要約して、先生に添削してもらうと更に読解力が付きます。
文章自体の内容についてわからないことがあれば、『生きる現代文読解語』を使ってテーマを確認したり、類似したテーマの本を読んでみたり、先生に質問することで解決しましょう。

最後に、読書感覚で「評論」読解のトレーニングができる本の紹介です。

『東大現代文で思考力を鍛える』
「東大現代文」と聞いて身構えるかもしれませんが、文章自体の難しさはセンター試験と大差ありません。
楽しく、納得しながら「評論」読解(思考力)のトレーニングが出来ますし、本を読むことで長文に慣れる練習もできます。

1632882
参考書名
東大現代文で思考力を鍛える
著者
出口 汪
ページ
256ページ
出版社
大和書房
Btn amazon
Icon default user

普段考えないテーマなどを多角的に捉える練習になるかも。出口氏の解説も良い。

15946156?w=80

積ん読してます。

10344349?w=80

題名の東大に惑わされないで欲しい。 基本的に論理性を磨きたいので あればシンプルに優れた文学に 触れることができるためオススメ。 こうゆうのはテスト対策というより は教養のために読んでおきたい。

レビューをもっと見る

【まとめ】センター国語現代文「評論」で意識する3つのこと

「評論」の読解力(「言い換え力」・「内容把握力」・「展開整理力」)を伸ばすために、

・自分で答案を書くこと
・納得するまで先生に質問すること(1人で悩みすぎるのは時間の無駄)
・単語帳や学習済みの問題文から単語を吸収すること

の3つを意識してください。

センター国語現代文「小説」の出題傾向と対策を知ろう!

15299593

次に、「小説」について。

センター国語現代文「小説」の出題傾向

「小説」についても、まずは私が完全なる独断と偏見で『2016 センター試験過去問レビュー 国語』(河合出版)の2015年度~1997年度の「小説」の読解問題の設問で問われていることと問題数をまとめてみました。

設問内容(問われている回数が多い順に並べてます。分類は私の主観的なものです。選択する答えが複数の場合も1問として換算。)


1位 25問 「心情・考えを説明しなさい。」心情・考えの内容説明する問題 

2位 24問 「~はどういうことですか、説明しなさい。」内容を説明する問題

3位 19問 「~なのはなぜですか。」心情・心情のつきまとう行動の理由を尋ねる問題 

4位 11問 文章の表現についての問題(ここ10年で増えています。) 

   11問 「人物像・関係」を説明する問題  


結果は上記のようになっています。

理由説明や内容説明にも登場人物の心情が関わってくる場合が多く、ほとんどが「心情」に関係した問題となっています。

つまり「小説」では、登場人物の「心情」の流れを捉えること(展開整理)が重要になってきます。
「評論」と同じく、「心情」の根拠は本文中に記述されているので本文にある「心情」に関わる単語や文章を見落とさないように気をつけましょう。

「小説」対策におすすめ参考書と具体的な勉強方法

まずは「語句」について。

「小説」の「語句」問題では、辞書的意味を基準にして考えることが重要です。
普段から分からない慣用句や単語の意味を辞書で調べる癖を付けましょう。

難しい慣用句や語句が出るわけではないので、特別な参考書や単語帳を使うのではなく、過去問や教科書で使われた語句を復習する勉強法で十分です。


「小説」の読解は「評論」の読解の勉強法とは異なり、記述問題ではなく記号問題を扱います。
記号問題を扱っている教材で最も力を伸ばすことができるものは、センターの過去問です。

「小説」の問題に使える時間の目安は20分なので、過去問で演習するときには15分で解いてみましょう。

実際に解く時は、選択肢の中から消去法で答えを選んでください。
消去法を使うときに、選択肢の文章を内容で5つほどの部分に分けて、本文と照らしあわせて根拠を見つけてから、部分ごとに適切・不適切の判断をしてください。

また、基本的なことですが選択肢の語尾と設問の内容が一致しているかどうかにも気をつけてください。
例えば、理由を聞かれている問題であれば、「~であるから。」や「~のため。」などの理由を表す語尾でない文章は設問に一致した受け答えになっていないため解答としては不適切となります。


勉強で最も大事な復習の時間には、選択肢の適切・不適切それぞれの根拠が本文のどこにあるかを見つけることに時間を割いてください。

【まとめ】センター国語現代文「小説」で意識する3つのこと

「小説」の勉強をするときに意識することは、

・感情移入しないこと(本文に書いてあることのみを考えること)
・本文に根拠を見つけ、消去法で選択肢を選ぶこと
・設問と解答の受け答えはできているか

の3つになります。

過去問で対策!センター国語現代文の解き方とコツを掴む!

15180570

センター現代文対策で大きな効果を発揮する教材の一つがセンター過去問です。
センター過去問の使い方を見ていきましょう。

15690353
参考書名
センター試験過去問研究 国語 (2017年版センター赤本シリーズ)
著者
ページ
1824ページ
出版社
教学社
Btn amazon
16932072
参考書名
大学入試センター試験過去問レビュー国語 2017 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
895ページ
出版社
河合出版
Btn amazon

センター国語の時間配分と得点配分

センター国語は、「評論」「小説」「古文」「漢文」の四部分から形成されていて、全て50点ずつの計200点満点の試験です。
試験時間は80分となっているため、多くの受験生が全て20分ずつの配分をしますが、
理想としては「評論」「小説」を25分ずつ、「古文」「漢文」を15分ずつで解きたいところです。
現代文は本文が長いため、時間配分も多めに考えましょう。

それぞれの問1は、

「評論」の問1には漢字問題が1問2点×5問
「小説」の問1には語句問題が1問3点×3問
「古文」の問1には短い語句解釈問題が1問5点×3問
「漢文」の問1には語句問題が1問4(5)点×2問

という構成がほぼ定番となっていて、全部で40点ほどの基本問題があるため確実に点を取れるようにしましょう。

残りは読解問題が多く、1問1問の配点も大きいため、自信を持って答えられるように消去法で答えましょう。

センター国語の平均点と目標点~満点を諦めることで無駄なプレッシャーを背負わない~

河合出版の『センター試験過去問レビュー 国語』によると、センター国語の平均点は、

2015年度 119.22点
2014年度98.67点
2013年度101.04点
2012年度117.95点
2011年度111.29点

となっています。

センター試験は、平均点が6割、つまり120点になることを目標に作られていますが、過去5年の平均点で120点を超えている年はありません。
他教科で平均点が著しく低かった年の翌年は易化する傾向がちらほら見受けられますが、国語においては平均点が100点を下回った2014年度の翌年でも120点を超えることはありませんでした。

つまりセンター国語という試験は、平均点的に見れば他教科よりも得点しにくいものになっているのです。

ここで、センター国語の目標点について少し触れておきます。

もちろん、目標点を高く設定することは大切なことですが、センター国語、特に現代文(「評論」・「小説」)においては暗記科目と呼ばれる「古文」・「漢文」と異なり、どうしても自信なく答えてしまったり迷ったりする問題が数問があります。
そのような場合でも気にしすぎることなく、「数問間違えることくらい仕方ない、なんでもない」と割りきって解くことが大切です。「満点は無理だから8割~9割を目指そう!」という気持ちで取り組んでください。
間違いを気にし過ぎると、他の問題や教科にも影響してきます。
気持ちのコントロールも8割以上得点するためのコツの1つです。

センター過去問を使った勉強法

「評論」も「小説」も、センター過去問での勉強方法・解き方は大きく変わらず、「選択肢を内容的に5つの部分に分けてそれぞれに正誤判断をし、消去法で正解を出す」解き方で過去問演習し、「正誤判断の根拠がどこにあるかを確認し、納得する」復習方法で勉強してください。
単純ですが、本文の根拠がどこにあるかを確認する作業が最も大切です。

「評論」の過去問は解いて復習する以外にも、選択肢を見ないで自分で解答を考えて正解と見比べて添削する、という使い道があります。
解答を自分で書いて添削してもらう方法が一番読解力がつくので、ぜひ試してみてください。

また、「評論」の問題文を100~200字で要約しておけば、『生きる現代文読解語』と同じく、内容や背景を知識として蓄えておくことも出来ます。

【センター国語現代文対策】選択肢問題の解き方とコツを知ろう!

ここでは、読解問題の解き方とコツを教えます。
ここで教える解き方とコツには”慣れ”が必要です。
最初は、「こうでいいのかな」と不安になると思いますが、慣れていくうちにここで学んだものをベースに、自分に合った解き方とコツを見つけられる時がきます。
まずは投げ出さずに続けてみてください。
解き方とコツだけでなく、これまで紹介してきた「自分で書いて、添削してもらう」勉強法も、続けているうちに自分用にアレンジできるようになるので、ぜひ継続して実践してみてください。

確実に得点するためのセンター現代文解き方

まず解き方について。
基本的には「評論」でも「小説」でも、選択肢を消去法で選びます。
選択肢の文章を5つ程に分けて、それぞれを問題文と選択肢を照らしあわせ、確実な根拠を見つけたら不適切な箇所に✕を付けて選択肢を消去していきましょう。
残った選択肢についても、本文と合致しているかの確認を行いましょう。

「評論」では自分で記述問題として解いた場合にどのような答えを書くかを考えてから消去法に臨みましょう。消去法で答えを選ぶ場合でも、どのようなキーワードや語尾が必要かということを度外視するわけにはいきません。自分が記述で答えを書くなら外せないキーワードや語尾に注意して、選択肢の消去をしていきましょう。
ここで、自分で解答を書き、先生に添削してもらって付けてきた評論読解力が役に立ちます。

「小説」では、感情移入しないように気をつけてください。
感情移入してしまうと、選択肢を客観的に見ることができなくなります。
あくまでも問題文に書かれてあることに忠実に解答していきましょう。

正答率を少しでも上げるために知っておきたい解答のコツ

「評論」でも「小説」でも、問題の本文を読む前に設問を読むことが正答率を上げ、解答にかかる時間を短縮するコツです。
「何を問われているか」をあらかじめ確認しているだけでも、本文を読むときにどこに気をつけて読めばいいのかを理解して読むことができるので、スムーズに問いに答えることができます。

設問を事前に読まずに解き始めると、問題を解く時に何度も本文を読み直さないと解答できませんでしたが、事前に設問を読んでいる場合は予め重要そうな部分に印をつけて読むことができるので解答に要する時間を減らすことができます。

キーワードや登場人物の心情を表す言葉や接続語に印をつけて読むこともコツの1つで、文章の流れが理解しやすくなったり、選択肢での正誤判断が瞬時にできるようになりました。

最後に

15086361

今回の記事では、現代文に必要な読解力(「言い換え力」・「内容把握力」・「展開整理力」)と、おすすめの問題集・参考書、そして理系の私でも現代文の成績がUPした勉強方法を紹介しました。
この勉強方法で、あなたが現代文の得点を伸ばしてくれることを期待しています。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720526
慶應義塾大学 理工学部に通っています。1人旅が趣味で、得意科目は数学と英語です!

関連するカテゴリの人気記事

14636527?w=120

【センター国語の勉強法】9割突破の解き方とおすすめの参考書

15363259?w=120

【センター国語の参考書】単元別正しい対策法で8割9割目指そう

15299633?w=120

【センター現代文勉強法】理系で国語8割突破できたおすすめ参考書

14650502?w=120

【センター国語の勉強法】7割8割取れる対策と参考書・問題集

14702772?w=120

【センター国語】8割を確実にする参考書別『厳選』勉強法

14650895?w=120

【センター国語勉強法】時間内に8割を取り切るコツとおすすめ参考書・問題集

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay