14971555

【センター日本史】私が9割を突破した勉強法とおすすめ参考書

はじめに

センター試験の中でも日本史や世界史などの社会科目は、例年平均点が高い傾向にあります。暗記科目であり範囲も確定しているため、安定して高得点を取りやすいのです。つまり、誰でも勉強すれば8割や9割、ひいては満点を取ることができるということです!

本記事では、日本史のセンター試験で絶対に高得点を取るために、受験生当時のわたしが“実際におこなった”勉強法をお伝えします。日本史は、日本人が誕生した縄文時代から現代まで、範囲が壮大であるため、短期攻略が難しくなります。短期間でどうにかしようとせず、長期的なスパンで確実に知識を頭に盛り込んでいく方法を採用し、勉強に取り組みましょう。おすすめの参考書も紹介するので、まだ参考書を選んでいないというあなたは、ぜひ参考にしてください!

センター日本史の攻略法

14647647

センター日本史の特徴を知ろう!

センター日本史は例年、大問が6問・総設問数が36問となっています。
第1問が全時代を範囲としたテーマ史、第2問が原始・古代、第3問が中世、第4問が近世、第5問が近代、第6問が現代という構成です。
センター試験で試されるのは、一問一答の知識ではなく、用語の内容を正確に理解し、因果関係や前後関係まで正しく理解しているかどうかです。そのため入念な準備が要されます。
センター日本史では、正誤問題が大半を占める中で、中には図を用いた問題や資料読み取り問題、並び替え問題なども出題されます。特に受験生が苦手としているのは地図問題です。地図上に印のつけられた地域で起きた出来事を選ぶ問題が頻出となっていますが、出来事とそれが起きた場所をリンクさせることが意外と難しくなっています。他にも、厄介なのは文化史でしょう。それぞれの時代における文化(絵画や陶器など)について、作品とそれが作られた時代を選ぶ問題に苦戦する受験生は多くいます。受験生は、こういった“センター試験らしい問題”に対応できる対策をしっかりと講じておかなければなりません。センターはマーク形式だから、二次試験とは違い選択肢を選ぶだけだと侮るなかれ。センター日本史の選択肢は意外にも、かなり選びにくいのです。この選びにくさがセンター日本史の特徴であり大敵となっています。その難しさについては次のセクションで詳しく説明します。

センター日本史の難しさ

センター日本史の難しいところは、大多数の受験生は確実に覚えていない部分が問われる、というところです。
これはどういうことでしょうか。なぜ、多くの受験生が普通なら知らないような知識をセンター試験で問うのか。それは、“他の選択肢が明らかに間違いであったり、あるいは逆に、確実に正解だと言える”、ということなんです。つまり、その知識がなくても他の選択肢を見れば正解にたどり着けるということです。
センター試験の過去問を解いたことがあるあなた。ある設問で、①〜④を読んでみると「①、②、④は間違いだと思うが、③は聞いたことがないから正解かわからない…。けど消去法で③を選ぶしかない…」という経験ありませんか?私は痛いほどそんな経験がありました。センター試験ではこういった場面はザラです。自信を持って「これが正解だ!」と選ぶことができない問題がよく出題されちゃうんです…。このようなタイプの問題で「自信はないけど③を選ぶしかない」という“勇気のある行動”が受験生にできるか。これがセンター試験の難しいところなんです。聞いたこともないものを正解だと選ぶのは、なかなか厳しいですよね。知らないものを選ぶのが怖くなり、聞いたことがあるものの中から「自分の記憶違いで実はこれが正解かも」と誤った選択肢を選び失敗。という、痛々しい経験を私はしょっちゅうしました。そんな失敗、あなたにはしてほしくありません!「聞いたこともないやつが正解の可能性もある!」ということを強く心に留めてほしいです。自分の持っている知識では正解か分からない、というものには、積極的に△をつけましょう。他の選択肢が明らかに✕であることが多いからです。難しいことですが、これを意識して設問に向き合ってみてください。

センター日本史のコツ

センター日本史では高得点を取るコツがあります。設問の傾向を知ってしまえば、高得点は確実に取ることができます!
そのコツというのは、混同しやすい事柄を徹底的に区別して暗記すること、それだけです。徹底的にですよ。

たとえば王道なものから。滝口の武士と北面の武士と西面の武士、これら3つを使ったひっかけ問題は頻出ですね。滝口の武士は、宇多天皇のころに内裏の守備に当たった下級武官。北面の武士は、白河上皇のころに新設され、身辺を警護した武士。西面の武士は後鳥羽上皇のころに新設され、院御所を警備した武士。この事柄に関しては、どの天皇(上皇)の時代に設立されたかがポイントです。混同しないようにしっかり区別しましょう。そうすればどんな問題にも対応できるはずです。このように、名称が似ているものは要注意です。何度も繰り返して暗記をするようにしましょう。語呂合わせを作って覚えるのも有効かもしれません。

また、自分が問題作成者の立場になって考えてみるのもいいと思います。私は実際、「自分だったらこの似てるやつ、ひっかけで使うなあ」なんて考えながら「でも私は引っかからないぞ!」という気持ちで知識を蓄えていました。授業ノートの隅っこに、似た事項を並べて違いを列挙してみたりして、自分なりに暗記しやすい方法を編み出していました。

さらに、過去問や問題集を解くことで頻出事項をしっかりとチェックしていきましょう。「これしょっちゅう問題に出てくるなあ」と感じる事項、必ずあると思います。それらは必ず自分のものにしましょう。過去問を10年以上解くことで傾向は体感できますし、頻出事項は把握できます。結局は過去問。出し惜しみせず、繰り返し繰り返し、何年分も過去問を解いてください。解いていけば、前述した「センター試験の難しさ」を攻略できます!「③の内容、知らないし聞いたこともないけど、でも①と②と④はぜったいに間違ってるから③だよね、センターさん好きだなあ、こーいう問題!」なんて思いながら正解を選べるようになりますよ♪

私が実践したセンター日本史の勉強法

15288525

図録を徹底活用する!

ここからは、センター試験で9割をとった私の勉強法を紹介します。
まず、日本史の授業が始まる前の休み時間は、必ず山川の詳説日本史図録を読んでいました。図録はでかいし分厚いので、絶対に持ち歩きたくない!という思いがあったので、学校で休み時間に繰り返し見ていました。逆にいうと、図録は休み時間にしか読んでいませんでした。なので1日たった10分で大丈夫です。10分、図録を読んでください。私はそんな学生生活を1年ほどしていたので、おそらく全ページを読みました。(実際、そこまで時間は費やさなくても大丈夫です。)
特に注意して見ていたのは、文化史に特化したページと簡単な年表です。私は図録を見て、仏像のビジュアルや名前を徐々に覚えるようになりました。文化史を苦手に感じている人は多いです。仏像の写真を掲げられて、「白鳳文化の仏像を選べ」なんて言われても、全くわけがわからなかったり、江戸時代に描かれた絵画を並べられて、時代ごとに選べなんて言われても、ちんぷんかんぷん。なんて人は多いはず。「そんな失点はしたくない!みんなと差を付けたい!」と思ったら図録を眺めましょう。芸術作品にしっかりと目を通して文化史に強くなっちゃいましょう!図録を眺めるのは、いわゆる“ビジュアル暗記”というやつなのですが、これはかなり効果が期待できます!しかも芸術作品だけではなく、年表でも効果的ですよ。何度か年表を見ることで、「この出来事はこのあたりに起きたな」と見当がつくようになり、古い時代順に並び替える問題に強くなれます。並び替え問題も苦手とする受験生は多くいるので、差をつけるなら図録です。ちょっとの時間で十分なのでよく目を通すようにしてみてください。

14558360
参考書名
山川 詳説日本史図録
著者
ページ
376ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon

まとめノートをつくる!

見出しのとおり、私はまとめノートを作っていました。書くことが好きだったんですね。それもあるので、自分なりに時代ごとに要点をまとめていました。いつもルーズリーフに書いていたので、書くたびにバインダーが厚くなっていくのがすごく楽しかったです。見て覚えて、さらに筆を走らせて、紙に書き出すことで暗記がスムーズになりました。実際に書く効果は絶大です。時間がかかるので面倒でもありますが…。書くことが嫌いでなければ、まとめノートを作ることをおすすめします。全部の時代を一からやっているとキリがないので、苦手な時代だけをまとめてみるというのもアリですね。「中世はいつも抜け落ちてしまっていて点数が低い…」と感じているなら、一度中世の出来事をまとめてみると良いと思います!
「まとめノートなんて作っている時間はないし書くのもだるい」と思ったあなたには他におすすめがあります。それは、良質な参考書を一冊選び、参考書に足りないことは直接書き足していくことです。参考書は教科書を簡易的にまとめているものが多いので、なにかしら抜け落ちてしまっている部分があります。演習問題の解説から得た知識を、参考書の隅に書き出したり、自分が苦手な分野はより詳細な事柄を追加したり。自分なりにアレンジして参考書を自分にとっての教科書にしちゃうこと。これは暗記科目にはとてもおすすめです!おすすめの参考書は後のセクションで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

友達と個別指導塾ごっこをする!

私が実践した勉強法で一番効果があったと感じたものは「個別指導塾ごっこ」です。
見出しを見て「意味分かんない、どういうこと?」と思われたかもしれません。無理もありません、私が命名しました(ダサい…)。これは友達と一緒にやるのがおすすめなので、お昼休みや放課後にやってみてください。
実際に何をするかというと
「どちらかが講師になって、生徒(友達)に日本史の授業をする。」
それだけです。一対一のミニ授業です。
講師側は、極力教科書やノートを見ず、自分の記憶をたよりに、生徒(友達)に日本史の授業をします。生徒側は逆に、教科書やノート、資料集を常に見ながら話を聞きます。講師側の話していることが正しいかを常にチェックするのです。時には講師が名称を忘れてしまい困っていたら「◯◯だよ!」と助け船を出します。
講師側は、自分の頭のなかに入っている知識をアウトプットすることで、記憶の安定化が期待できます。また、生徒側も、講師側の子の話を聞くことで、知らなかったことを覚える機会になるし、もともとの知識の定着化も期待できます。この講師と生徒の立場を交互に担当してやることで、楽しく歴史を覚えることができます!わたしは実際に友達とこの「個別指導塾ごっこ」を何度かやったのですが、どうやって教えようかと考えながら話すのもすごく楽しかったし、聞いてくれてる友達も積極的に質問をしてきてくれたりして、楽しく笑いが絶えませんでした。
また、友達と予定を合わせるのが難しい時は、家族に付き合ってもらうのもアリです。ただこの場合は、家族に聞いてもらうだけになるので、自分の知識が正しいかのチェックを客観的にしてもらえません。ですので、教科書やノートは必ず見ながら話をしましょう。
さらに私の場合、家族にも付き合ってもらえないときは、ぬいぐるみに話しかけていました。傍から見た感じは怪奇でしかありませんが、やはり知識を声に出すというのは重要です。インプットしたらアウトプットする。その意識で、誰かに話しかける気持ちを持って、知識を出力してみましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

おすすめ参考書・問題集と活用法

14650371

絶対使うべき参考書と活用術

わたしが絶対におすすめしたい、センター日本史対策の参考書は「面白いほどシリーズ」です。
安定したわかりやすさがおすすめする一番の理由です。講義チックに書かれているのでスラスラ読みやすい点もおすすめですね。さらに、この参考書はセンター試験に特化しているので、センター対策には最適です。一冊で全時代を網羅できるのも簡単で助かる点でもあります。一冊に凝縮されていても、十分なカバーがされているので二次試験にも活用できると思います。
私は、面白いほどシリーズを読んで、自分なりに簡潔に大事な点をノートにまとめていました。さらにこれも上述しましたが、参考書では省略されていた知識も自分で付け足すことをしたり、模試や演習問題、過去問で間違えた部分は、弱点として付箋を貼るなどして、チェックをしていました。
参考書はただ読むだけではなく、参考書から得た知識をなんらかの形でアウトプットする必要があります。アウトプットすることで着実に暗記が進みます。古典的ですが、音読をしてみるのもいいかもしれません。五感をフルに活用することで記憶がより安定していきます。歴史は、ただ読んで覚えるだけでは不十分です。インプットとアウトプットの繰り返しが成長につながります。その術のひとつとして参考書を活用してください!

9044708
参考書名
改訂第2版 センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる本
著者
重野陽二郎
ページ
447ページ
出版社
KADOKAWA/中経出版
Btn amazon
16973699?w=80

えー、度々出てくる女の子、既に予備知識知りすぎ説

13931588?w=80

読んでたらめっちゃ楽しい。発狂レベル。高頻度で出てくる重野の呪文に助けられてます。 理系ならこれで十分かと思われ。 私はいっぱい書き込んでます。 赤シートで隠すのもいいけれど、自分ならではの問題集にしてみては? 表紙の女の子はまぁまぁ可愛いとは思う。

15939810?w=80

本文はとてもわかりやすく、ちょうどいい分量だと思います。ただ、早慶志望の方は足りないと思いますが。 一冊でまとまっているのも、持ち運びに便利でいいですね。 私も愛読者の一人ですが、赤シートの使い方には気をつけてほしいなと思いました。 文中にも赤シートで隠れる部分は多々あるのですが、これをすべて赤シートで暗記しようと思うと、日が暮れますし、効率が悪いです。 基本的な使い方としては、あくまで理解用参考書なので、読み込むものです。 ただ、遺跡や文化史の作品・作者名の一覧などは、頻出度の高いものから掲載してくれていますので、ここの一覧に関しては、赤シートで暗記して行くと、効率がいいかと思います。 一覧になっているものは、単純暗記の部分が多いですから、あえて単純暗記の知識を表で隔離することで、本文をより見やすくしているのかもしれませんね。 長くなりましたが、まとめます。 ・基本的には読み込むもの ・暗記するのはスピマスなどの他の暗記用教材で。 ・一覧のみ、赤シートを使うと効率がいいかも。 と言ったところですかね。 長文、失礼しました。

レビューをもっと見る

おすすめ問題集

センター日本史でおすすめの問題集は駿台出版の実践問題集です。
センターと同じ形のマーク式問題が収録されています。実際に私が使用してみた感想としては、センター試験よりも少し難易度が高めです。ですので、この問題集に慣れておくと、センター試験の問題が一段と解きやすくなります!
非常に良質な問題集ですので、センター直前期には、過去問と併用してこの問題集に取り組むことをおすすめします。

そして問題集を解いたら「復習をすること」が一番大事です。解いた時間の倍の時間をかけるぐらいの気持ちで、きちんと復習をしましょう。新しく得た知識は、上記でおすすめした参考書や、学校の教科書の隅に書き写して、「自分だけの参考書」を作り上げていきます。そうすると、模試の前や試験前の最終チェックができるのでおすすめですよ♪

Icon default material
参考書名
大学入試センター試験実戦問題集日本史B 2017年版 (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

時代の流れを掴むのにおすすめなのは漫画!

もうひとつ、私が活用した参考書は、漫画です。
『大学受験らくらくブック』シリーズの漫画を読んでいたのですが、これがかなりのお役立ち本でした!歴史をまとめている分、けっこう分厚いですが、漫画ということもありスラスラ読み進めることができました。読んだのは必ず寝る前に布団の中ででした。「古代〜近世」と「近現代」の二冊にわかれています。ストーリーも予想より面白く漫画としても文句なしでした。
この漫画ひとつで日本史Bが全部わかり高得点が取れる、とは決して言えませんが、知識を補足するための教材として最適です。何よりも、時代の流れにそって漫画を読み進めるので、並び替え問題にかなり強くなりました。この漫画は、並び替え問題の対策に持って来いです!ストーリーを思い出せば、2つの事件の前後関係もすぐに思い出せます。漫画だと、活字よりも気楽に読めますよね。受験勉強の合間に息抜きをしたいときに読むのもとってもおすすめです。
『大学受験らくらくブック』シリーズはセンター試験科目ほぼすべて存在します。世界史はもちろん英文法や数学まであります。何冊か読んでみた私の感想ですが、やはり一番おすすめしたいのは日本史です。歴史は漫画で「流れ」を体系的に覚えちゃいましょう!

5584393
参考書名
大学受験らくらくブック 日本史 古代~近世 新マンガゼミナール
著者
ページ
0ページ
出版社
学研プラス
Btn amazon
5584392
参考書名
大学受験らくらくブック 日本史 近現代 新マンガゼミナール
著者
ページ
366ページ
出版社
学研プラス
Btn amazon

最後に

15288537

私は日本史で9割を突破するために、徹底的に知識のインプットとアウトプットを繰り返しました。
暗記科目は稼ぎどころです。稼ぎどころでしっかり点数を稼ぐことができるように、効率的な勉強法を採用しましょう。私が実践した勉強法から、自分にあっていると思ったものは採用し、あっていないと思ったものは無理に採用せず、できると思った勉強法だけ実践してみてください。

「知識のインプットとアウトプット」
「類似事項の徹底分離」

この2つを意識した対策を取りましょう。
焦らずに時間をかけて、着実に暗記をしていけば、日本史Bでは必ず高得点を取れます。一緒にがんばりましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720539
現役でお茶の水女子大学に合格しました。お菓子が好きで、中でも和菓子が大好きです!みなさんのお役に立てれるような記事(主に国公立向け)を執筆しています。

関連するカテゴリの人気記事

14650485?w=120

9割とれるセンター日本史勉強法 傾向対策とおすすめ参考書・問題集

14712193?w=120

センター日本史勉強法!おすすめ参考書・問題集で9割・満点対策

14704370?w=120

【センター日本史勉強法】9割目指すおすすめの対策&問題集の活用法

14971555?w=120

【センター日本史】私が9割を突破した勉強法とおすすめ参考書

15455627?w=120

センター日本史で9割近く取れる過去問・おすすめ参考書の使い方

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay