15051193

【センター英語】時間配分に応じた勉強法と過去問の使い方を紹介!

はじめに

センター試験の英語は試験時間が80分しかないために、
高得点を目指すには確実な英語力以外にも上手に時間配分する技術や得点配分を見越した順序で解くことが必要になってきます。
「英語を読むだけでも難しいのに、時間配分や目標配点まで考えてられるか!」
と思ってしまうのも無理はありませんし、いきなり本番でそんなことはできません。

それならいっそのこと、普段から時間配分を意識した【時間別勉強法】を試してみませんか?
私は大学入試本番の2ヶ月前から【時間別勉強法】を実践していたので、模試では時間に余裕を持ちながら9割を超えることもでき、センター試験や私立入試本番でも時間配分に困ることはありませんでした。

もし今あなたが時間配分でお悩みなら、ぜひ【時間別勉強法】を試してみてください!

【時間別勉強法】は、【センター試験編】とは別に【2次試験編】の記事も書いています。
どちらにも共通する内容にはセンター編・2次試験編共通と書いています。

↓↓↓二次試験の勉強法はこちら!↓↓↓

大学受験向けの英語勉強法を紹介!~短時間での単語・文法・英作文対策~

今日は15分くらいしか英語の勉強ができない!【15分勉強法】

15086042

数学や理科に時間をかけすぎてしまった…
理系ならこんな日が多くなっても仕方がありません。
ですが、英語ノータッチでは英語力は低下するばかりです。

たった15分でも英語であれば、”点数維持”のためにできることはいくらでもあります。
通学時間や小さな空き時間を利用したり、寝る前の15分だけでも暗記に時間を充てましょう。

ここでは、15分間でできる英語学習を紹介します。短い時間でできる効率の良い学習は「復習」がメインになります。
ですが毎日15分未満、しかも「復習」のみでは英語の力は上がりません。
センター試験に関して言えば、1週間に2日は最低1時間以上英語の勉強をしてください。2次試験で高得点を狙いたい受験生は1週間に4日以上は2時間英語の時間に充ててください。お願いします。

英語学習の要!長文の音読(センター編・2次試験編共通)

15分間しか英語を勉強できない時に最も優先して欲しいのが長文の「音読」です。
一度学習した長文を「音読」することは、英語の学習方法で最も効果が期待できます。
ここで注意して欲しいのが、「音読」に用いる教材は「一度学習した」長文、ということです。
「音読」は、「復習」方法の一つであるからです。

夜寝る前に、その日に学校で扱った長文や、前日に自分で解いたセンター試験過去問でもかまいませんので、「音読」を10回してみましょう。学習した記憶が少しでも残っている長文を「音読」の教材にしてください。

多くの勉強法紹介記事で「音読」が推奨されているのは、「音読」により、長文に出てくる単語・熟語・文法・構文・内容全てを一度に五感で「復習」でき、忘れにくくなるからです。自分が声に出して英語を読む速度で頭も単語・熟語・文法・構文・内容を把握するため、速読の疑似体験ができ、練習を積み重ねることで全くの初見の文章でも速読ができるようになります。

学校や過去問で長文を扱った日には、ぜひ「復習」として「音読」をしてみてください。
次の日の朝に、もう一度「音読」をすると更に効果が期待できます。

英語の基本!英単語・熟語の確認

15分という短い時間でできることは、新しいことを学ぶことではなく「復習」です。
長文の「復習」以外にもできることはたくさんあり、その一つが単語・熟語の確認です。

具体的には、あなたが普段使っている単語帳の既に学習した範囲からランダムで30ページ選び、意味を確認するという方法です。この時、英単語の第一の意味だけではなく第二の意味まで確認します。
意味を忘れてしまっていた単語・熟語は、単語帳に印をつけるだけではなく、「復習ノート」を作ってメモしていきましょう。この「復習ノート」が自分だけの単語帳・参考書になり本番ではお守りになります。
日付やその時の気持ちなども書き入れて勉強日記にしてみるのも良いかもしれません。

単語帳・熟語帳は、あなたがこれまでに使ってきたお気に入りのもので十分です。1冊の単語帳・熟語帳を完璧にすることが語彙力を増やす近道です。

ここで、私が使っていた単語・熟語帳を紹介しておきます。
ここから先は参考程度に見てください。もう一度いいますが、自分に合った参考書が一番です。
一つ目は、『ターゲット英単語1900』『ターゲット英熟語1000』です。
この2冊は、丸暗記用の英単語帳です。
『英単語ターゲット1900』は、英単語を出題頻度順に並び替えて紹介してくれていて、実際に大学入試で出題された文を例文として載せてくれています。
「part1常に試験に出る基本単語800」、「part2常に試験に出る重要単語700」の1500語を完璧に覚えることができれば、センター試験では問題ありません。

『英熟語ターゲット1000』は頻出英熟語を意味や形でグループ分けして紹介してくれているので、覚えやすくなっています。

私は寝る前にこの2冊を確認し、英単語・熟語を確実に仕上げました。

412435
参考書名
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
著者
宮川 幸久
ページ
511ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
15781135?w=80

このワンちゃんのカバーを付けたまま電車で単語帳見るのは恥ずかしいという貴方へ。カバーを外すと驚く程にシンプルでかっこいいデザインとなっている。このレビューを読んだ貴方カバーを外してどうぞ。

17190820?w=80

私は前の合格英単語600を終わらせてからやり始めました。 初手ではかなりきつい気がするので、単語帳二冊目として難関大学行くなら、覚えればいいのでは?センターでも使えたりするらしい。(法政に行ったの兄貴から聞きました)

17104505?w=80

龍谷の赤本やってて、何個もターゲットから出た!某進研ゼミの「あっ!これ、ターゲットでやったやつだ!!」が、ここで経験出来るとは…(⌒▽⌒) 授業中も、単語の意味聞かれたら、バッチリ答えられるから、先生から、ボキャブラリークイーンって呼ばれてるw友達からも、「何であんなにスラスラ答えられるのー?!」って、羨ましがられて、鼻高々w これからも、ターゲット使うぞ!!

レビューをもっと見る
349188
参考書名
大学JUKEN新書 英熟語ターゲット1000〔4訂版〕
著者
花本 金吾
ページ
448ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
16973699?w=80

まだしたことないので分かりません!

14186981?w=80

解体とかターゲット云々っていうよりそもそもそんなに熟語使う場面無かった 自分はほとんど覚えなかったけど受かったよ

10304266?w=80

これより速読英熟語 やってたほうが絶対効率いい 熟語は こういう淡々とおぼえてく タイプよりは 長文や例文を音読して 覚えたほうが 覚えやすいと思う 単語しっかり覚えたあとで これやっても 正直楽しくない ワンランクアップ したきにもなれない もちろん何周もして 熟語覚えれば使えるけど それならどれ使っても一緒 じゃないかな もちろんこれが使いやすいと思うなら使ったらいいと思うけど 効率的に、楽しく、なおかつ すぐに終わらせられるのは 絶対速読英熟語だと思う

レビューをもっと見る

もう1冊は、
『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』という非常にゴツゴツした名前の単熟語帳ですが、内容はとても柔らかく東大受験者のためだけの単熟語帳ではありません。
単語・熟語の成り立ちの紹介をしてくれていたり、分かりやすいイラストによって視覚的にも覚えられ、丸暗記ではなくイメージで意味をつかめる単熟語帳になっているので、理系受験者におすすめです。

『英単語ターゲット1900』『英熟語ターゲット1000』で丸暗記した英単語・熟語を、『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』で定着させるという使い方をしていました。

4061
参考書名
鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁
著者
鉄緑会英語科
ページ
666ページ
出版社
角川学芸出版
Btn amazon
16850674?w=80

本書を手に取るか迷っている君へ。 他のレビューの安い言葉に騙されない事を祈る。 本書は単語の勉強としては過負荷だとか、完璧にこなす時間がない等の意見が散見される。 英語の根幹である単語を軽視して、そして語彙の強固な土台を作らずして、どこに英語の習得があるのか? 量の多さや習得の難しさをやたらと嘆く人の殆どは、勘違いしている受験生である。 我々、最難関大学を志す身であれば、単語の重要さに一刻も早く気付いている、勿論そこに文句など言うまい。 一対一で単語と意味とを対応させ、ただ暗記するという無味乾燥な英単語の勉強は最も効率が悪い。 英語とは、世界の歴史である。 語源があり、変化があり、使われ方があり、その上で成り立っているのだ。 本書は、その部分を再重要視していると言っていい。 英単語の語源を考え、他の単語との関連性や、視覚的なイメージ、さらには音声で捉える等して、全身全霊で英語にぶつかっていくのだ。 この鉄壁こそがスタンダードである。 最強も最高もないが、英単語の基礎として役立つ事は間違いない。 僕を始めとした全受験生の皆に捧げる。 共に英語にぶつかり、苦難を乗り越え、頑張ろうじゃないか。 ちなみに本書を持つと、本の厚みと薄っぺらい見栄のおかげで攻撃力が少し上がる。

16897069?w=80

現在受験英語界には数多くの語彙学習書があり、質の高いものがたくさんあります。そのすべてを使ったことがあるわけではないですが、この本は間違いなく「大学受験レベルの語彙学習書においてトップクラスの良書」です。 その理由を書く前に、まずよくある批判に対する反論を書きます。 ①量が多すぎる、分厚すぎる ②東大とか書かれているので、東大レベルの人にしか必要ない、他の人には難しすぎる ほとんどの批判はこのどちらかだと思います。 確かに量は多いです。ただすべてをやれと誰が言いましたか?あなたが勝手に決めつけているだけではありませんか?もっというと、この本を少しでも読んでみましたか? この本には量が多すぎることに対する対策がきちんとなされています。前書きには、「まず#15まで取り組んでください。」と書かれています。#15までは約200ページ、570単語です。これは多すぎるでしょうか? またこの本の単語は3種類のレベルに分けられています。センターレベル、2次レベル、難関大レベルです。このうちセンターレベルのものだけに絞って学習しても十分な効果が得られると思います。教材とはこのように自分の実力に合わせて工夫して使うものです。 ではこの本の良い点を書きます。私からすれば良い点だらけなので挙げるとキリがないのですが、重要なもののみに絞って書くと、 ❶語彙学習のやり方について詳しく書かれており、それに沿う様々な工夫がされている(詳しく知りたい方は本書の「はじめに」を読んでください) ❷例文、発音、アクセントを大切にしている ❸覚え方のコツや、単語の豆知識や派生知識が豊富である ❹レイアウトがシンプルで、見やすい ❶の中に❷と❸は含まれていますが、敢えて分けました。ともかく、この本は「語彙学習書はこうあるべき!」のこうあるべきをすべて達成していると言って過言ではありません。私はすべての英語学習者にこの本をオススメします。冗談ではありません。

13105721?w=80

楽しくなる単語帳

レビューをもっと見る

地味に難しい!文法の確認(センター編・2次試験編共通)

文法・語法は細かい決まり事が非常に多く、とても難しい問題です。
使っていた問題集は、『Next Stage 英文法・語法問題』です。この1冊で文法・語法問題はほとんどカバーできます。
分厚く問題数が多いため、やる気を削がれる問題集ですが、文法問題の1問1問に時間をかけてはいられないので、「5秒考えて分からなければ次の問題に進む」というルールで15分間時進めていました。
1つの章を2周して次の章に進むと、復習したことを忘れにくくなります。

8558068
参考書名
Next Stage英文法・語法問題4th edition
著者
ページ
511ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
17190820?w=80

一言で言えば、悪くは無い!!悪くは無いんです!むしろ、いいんだ!! けど、、、、、量が多いし、英語アレルギーな方はおすすめしません……。 正直こいつをインプットでやるのはオススメしません。アウトプット専用の参考書です。 なので偏差値50以下の方はまずはフォレストやグラマスターからやるべき。 私はこいつのお陰で英語が好きになれたんですが、同時並行で「初めからよくわかる英文法」というのをやってるからか、、も、、初心者にはだいぶ厳しいけど、 ほんとは良くないですが、同時並行でめちゃくちゃ簡単な問題集をやりながらやれば、ある程度いけるかも? 基本が飛ばされてますので。 march以上なら、解くべきなんですがセンターレベルの英語ならばレベルは一個下げるべきかも……と思いました。とにかく文が長い!!!! 兄は英語偏差値30でネクステ必死にやって覚えて来たら、偏差値65まであがってました。だから、悪くは無い。何度も言うけど悪くは無い。むしろ、いい! こいつ全部やって解けたなら早慶上智は余裕だと。(兄から)

16842057?w=80

なんとこの本は1500もの文法を取り扱っており、すべて覚えようとすると、相当の忍耐力が鍛えられます。1問に対し、1つの文法公式を暗記させるという、学問の本質から程遠いこの本は、コンサートスタッフや忍者のように忍耐力を要する仕事を目指す人にピッタリです!

15265902?w=80

結構勘違いしてる方が多いように思うのですが、この本に限らず問題集タイプのものは、文法のインプットに使うのではなく、アウトプットに使ってください。 インプットが出来ていなければできるわけありません。 ちなみにですが、この本のそでの部分に「文法」「語法」「イディオム」「単語・語彙」の音声データをダウンロードできる専用サイトへのURLがありますので、ぜひとも有効活用してください。 やはり音声があった方が捗ります。

レビューをもっと見る

速読の基本!構文把握の確認(センター編・2次試験編共通)

構文把握、特に基本五文型の判断は速読には欠かせません。まずは簡単な英文の構造から分析していきましょう。
一度学習した構文を音読する方法以外にも、簡単な構文把握専用の参考書を用いて短い時間で構文を把握する練習をしていきましょう。

4094
参考書名
英語必修構文101
著者
島朝応, 徳久善也
ページ
208ページ
出版社
山口書店
Btn amazon

『英語必修構文101』は、基本的な構文を101個紹介してくれています。見開き左ページに構文の説明と例題、右ページに練習問題が掲載されていて、とても学習しやすくなっています。
難易度はそれほど高くないので、15分あれば基本構文を2つ学習できると思います。
センター英語の長文でも基本構文は頻出なので、なるべく早く『英語必修構文101』を学習して、基本構文をマスターしましょう。

リスニングが必要な方に!15分でリスニング2問!

センター試験で、リスニングが必要な方もいると思います。
リスニングは、読解力以上に維持することが難しいため、短時間でも毎日英語を聴くことが大切になります。
また、音声を聴くだけでなく、音声を聴きながら音読する勉強法が非常に効果があります。

勉強の手順として、
①問題を解く
②スクリプトを見ながら音声を聴く
③スクリプトを見ながら音声を聴き、音読をする
④スクリプトを見ずに音声を聴き、音読する

の順番で学習すると最も効果があります。

リスニングの勉強では、過去問をメインに使っていました。
多くの教材に手を出しても全てを消化できないので、過去問+参考書1冊くらいに留めておくと良いでしょう。

30分くらいは英語に時間を使えるぞ!【30分勉強法】

14641218

少し時間が増えて30分、英語の勉強に使えるとなると、15分間しか勉強できない時に比べてかなり学習の幅が広がります。
「復習」のみではなく、新しい問題を問いて「復習」をしましょう。

センター第3、4、5問のどれか!

センター英語過去問の、大問3、4、5のいずれか2問を選んで15分程で解いてみて、残り15分を「復習」に充てましょう。
本番での目安の時間配分は、大問3は15分、大問4が10分、大問5が15分となっているのでかなり短めの設定ですが、本番では焦ってしまい普段の実力が出せないかもしれないと考えると丁度いい時間設定ではないでしょうか。
また、実力がまだついていない場合は時間内に解けることよりも、できなかった過去問から「復習」で多くを学ぶ事のほうが重要なので、「音読」による「復習」と「復習ノート」へのメモに力を入れましょう。

センター試験の第3問~第6問を解く際に、先に選択肢を読んでから問題本文を読んでください。
問われていることは何かを理解した上で長文を読み始めると、解答効率が良くなります。

12782937
参考書名
赤本601 センタ-試験過去問研究 英語
著者
ページ
1648ページ
出版社
教学社
Btn amazon
16687235
参考書名
大学入試センター試験過去問レビュー英語 2017 (河合塾シリーズ)
Btn amazon

知らない英単語・熟語を覚えよう!【暗記法伝授!】

30分あれば、知らない単語・熟語に目を通して暗記することもできます。
単語帳から100個の知らない単語または熟語をピックアップし、「復習ノート」にスペルと日本語での意味を書き込みましょう。
「復習ノート」に書き込んだ日を含め10日間、書き込んだ100個の新しい単語を毎日音読してください。
10日後には、何となくですが100個の英単語を覚えられているはずです。10日経った後でも「音読」で「復習」をしましょう。
1日で全部を覚えようとせず、10日間で覚えるという意識を持ってください。毎日欠かさず目にし声に出すことで記憶に残りやすくなります。

センター第2問で文法確認!

センター試験第二問は30分のうちの10分で解いてみましょう。「復習」に10分、最後の10分は文法用の参考書で間違えた問題と類似した問題が載っている部分を解いてみましょう。

センター過去問や『Next Stage英文法・語法問題』で間違えた英文法・語法を「復習ノート」に記入し、次の日や1週間後に見返して確実に覚えていきましょう。

難しい構文をじっくり!(センター編・2次試験編共通)

30 分あれば、少し難しめの構文を学習することもできます。
ここでは、『エキスパート 最新英語構文124』がぴったりです。
『英語必修構文101』の復習ができ、さらには『英語必修構文101』に載っていない構文を知ることができます。
構成は見開き左ページに構文の説明と例題、右ページに練習問題が掲載されていていますが、練習問題の難易度が『英語必修構文101』に比べて高いので30分で構文2つ勉強することを目安にしてください。

『エキスパート 最新英語構文124』の例文や練習問題の英文も、「音読」することで確実に「復習」できます。
できなかった問題は必ず「音読」で「復習」し「復習ノート」にメモしましょう。

8454151
参考書名
エキスパート最新英語構文124
著者
金谷憲
ページ
0ページ
出版社
文英堂
Btn amazon
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

少しゆったり1時間確保できた!【1時間勉強法】

15085742

センター試験の英語の偏差値を10以上上げたい場合は、毎日1時間以上欠かさず英語の勉強に時間を使ってください。
勉強で大事なのは量よりも質ですが、英語の場合は単語・熟語・文法・構文・長文など、やるべき単元がかなり多くなるため、全ての単元の質を上げるためには、どうしても1時間以上は必要になります。
【15分勉強法】は、どうしても時間が足りない時に、現状維持(これまで勉強したことを忘れない)のために行う「復習」だけをするものです。
【30分勉強法】は、新しく学ぶことがどうしても少なくなってしまいます。
しかし、これらを組み合わせて1時間勉強することができれば、幅広い復習ができると思いませんか?

さて、1時間程英語に使える時間を確保できた時、前述した【15分勉強法】から2つ、【30分勉強法】から1つ選んで組み合わせるも良し、これから説明する【1時間勉強法】から1つ選んでじっくり勉強するも良し、自分の得意不得意に合わせて自由に時間を使ってください。

センター第3、4、5問をまとめて!

センター試験の第3、4、5問をまとめて30分で解いてみましょう。目安時間の合計は40分なので、焦ってやってみてください。
次の15分でお決まりの「音読」で「復習」し「復習ノート」にメモをして、最後の15分で最もできなかった大問の他年度の過去問を解いてみましょう。
大問別に解いてみることで、形式に慣れやすくなります。
センター試験は形式になれるだけで30点ほど得点が上がります。ただし、他の受験生も形式に十分慣れてから本番に望むので差は付きません。形式になれた他の受験生に差をつけられないために、あなたも形式になれることが必要です。


また、長文では速読力(構文把握力+単語・熟語力+内容把握力)が必要になります。
構文把握力は『英語必修構文101』『エキスパート最新英語構文124』で磨き、
単語・熟語力は自分のお気に入りの単語帳で付け、
内容把握力をセンター過去問でトレーニングします。
まずは問題文を、躓くことなく読めるようになることを目標に、徐々に読むスピードを上げていきましょう。

センター第5、6問をまとめて!

センター試験の2大長文である第5問と第6問をセットで30分で解いてみましょう。第6問の目安時間が20分なので、合計目安時間は35分になります。焦って解いてみてください。
次の15分で「音読」による「復習」、「復習ノート」にメモ、最後の15分で解けなかった大問の他年度の過去問を解いてみましょう。
ここでも、先に選択肢を読む戦法が使えます。

最難関構文把握のために(センター編・2次試験編共通)

センター試験のレベルを大きく超えるため必要ではありませんが、複雑で難しい英文構造を解説している『英文解釈教室』を読み込むことで、私はセンターレベルの英文を非常に楽に読むことができるようになりました。本番では全部解き終えた後30分余る程に、速読力が上がりました。
センター試験で8割以上の得点を目指す人は、2次試験の英語の勉強も兼ねて『英文解釈教室』にチャレンジすると良いかもしれません。
非常に難しいので、30分考えて分からなければじっくり解答を読み込み、納得してから「音読」による「復習」と「復習ノート」へのメモをしましょう。

2607
参考書名
英文解釈教室 改訂版
著者
伊藤 和夫
ページ
314ページ
出版社
研究社出版
Btn amazon
14198090?w=80

新装版が出るという話を聞き、懐かしいな〜と思ってレビューを書きたくなりました。 まず、この本は現在の入試に対してはオーバースペックだと思います。僕は京都大学になんとか合格し、英長文は自分の貴重な武器になっていたと思っていますが、それでもこの本に書いてある文の中には未だにスラスラ読めない文もあります。 ただし、この本の中の難解な英文に挑むことで普段の読解力が増したことも確かです。そして何よりその挑戦は楽しく、受験勉強の中で一番充実していたのはこの本に取り組んでいる時であったとさえ思っています。(信者並みの感想) 『英文読解の透視図』や『ポレポレ』など、この本と並べて評価される参考書があります。個人的にはどれも負担や内容は大して変わらないと思いますので、本屋で眺めてみて自分に合いそうな物を選んで取り組めば間違いないと思います。(僕みたいな怠け者にとっては、本のレイアウトや語調が気にいるかどうかが本の内容と同じくらい大事だと思うんです)

15810139?w=80

《使い方》長期休みに短期で仕上げるのに向いている。1時間〜2時間で1chapter仕上がると思われる。 1毎朝chapter1ずつノートに日本語訳をしていく。 2自身の回答の間違えた部分に青ボールペンで下線を引く。 3下線部にオレンジペンで正しい答えや解法をメモしておく。 4問を見てもう一度口頭で訳をする。(恐らく正解できるはずだが出来なければそれもオレンジでメモしておく「…のための✕→副詞的用法…のために」) 5次の日の朝、4を再度行い、全問正解してから次のchapterへ移る。 ※何故その答えになるのか、何故それが間違いなのか説明できるようになって初めて正解したと言える。 《ビジュアル英文解釈との比較》 ビジュアル英文解釈1を終了してから2に進むのではなくこちらに移った。予備校に入り時間がかけづらくなったため短文のこちらがいいと思ったのと、ビジュアル…がハードカバーで扱いづらかったからである。ビジュアルですでに習得した筈の範囲であったが、なかなかやりがいのあるものであった。 短文を多読することで効率良く演習量を増やしたいならこちらがおすすめである。 しかし、なかなかの難易度であるため、英文法の知識が固まっていなければ難しい。

Icon default user

単語帳に出てくる単語の日本語訳をただ丸暗記しただけではいけないと痛感させてもらえる参考書である。 もちろんこれは正しい英文解釈をするための本であって、自然な日本語訳を作るための参考書ではないが、自然な日本語で訳したいという教員志望の私にはとても良い本です。 ただし、分量が非常に多いため大学受験生向けではないとも感じる。 時間的・精神的余裕のある人向けの参考書ではないだろうか。

レビューをもっと見る

やる気満々、2時間以上!【2時間勉強法】

15183352

センター英語で満点を目指す人は、英語の勉強にがっつり2時間かけてください。
途中に10分間の休憩を入れても良いと思います。

2時間以上勉強する場合は、丁寧に勉強しましょう。
紙の辞書で知らない単語・熟語を調べたり、知らない文法や構文に出会った時は『Next Stage 英文法・語法問題』や『エキスパート最新英語構文』で調べて例題を解いてみましょう。

センター英語一通り!

センター英語の過去問を、第1問~第6問までの一通りを目安時間より10分短い70分で、焦りながら解いてみてください。
解く順番や各大問の時間配分は、あなたの得意不得意に照らし合わせて自由に決めて大丈夫ですが、「全大問の中で最も難しい第1問で悩んで時間を無駄に使わないこと」だけには気をつけてください。
「発音・アクセント」の問題は、知らないと解けない問題が多いのですが、配点が14点あり完全に捨てることもできないので、直前期に対策しましょう。

解き終わったら、残りの50分を使って「音読」による「復習」と「復習ノート」へのメモを丁寧に行ってください。
知らない単語・熟語は辞書と英単語帳を使って調べ、文法事項や構文は『Next Stage 英文法・語法問題』と『エキスパート 最新英語構文124』で調べ、例題や類似問題を解きましょう。
「音読」は、大問3~第6問までを各5回行ってください。

過去問のやりっぱなし(復習しない)のが一番ダメな勉強法です。過去問は「2次対策している感」満載なので復習せずに終わってしまう人が多いです。
丁寧な「復習」をして、効率の良い(一度学習したことを忘れない)勉強をしましょう。
人間は忘れてしまう生き物なので、学習内容を完全に覚えておくことは不可能です。
そこで、忘れてしまった学習内容を思い出すために作っているのが「復習ノート」です。
前日や前々日のメモを見返すことで、忘れていた学習内容を思い出し、忘れにくくなっていきます。

構文把握力・速読力を高めるために

センター英語については過去問で十分ですが、国公立大学では2次試験に英語を課している大学がほとんどであるため、センター英語だけの対策よりは、2次試験まで見据えた対策をとりたい受験生が多いと思います。
そんな時には、自分の志望大学の過去問に取り組んでみましょう。
国公立大学の2次試験はセンター試験よりもレベルの高い場合が多いので、志望大学の過去問に取り組むことで英語力全体の向上が望めます。
ある程度センター試験の形式に慣れることができ、本番まで時間がある場合には自分の志望大学の過去問に取り組んで見ましょう。

また、【15分勉強法】【30分勉強法】【1時間勉強法】を上手く組み合わせて、単語・熟語・英文法・構文・長文を万遍なく勉強するのでも大丈夫です。
自分の得意不得意に照らしあわせて、勉強時間を組み立てていきましょう。

目標点と点数配分から戦略を練る!

14641185

センター試験は、試験時間80分のわりに分量が多く、最後の問題までたどり着けないこともあります。
あらかじめ目標点数を決めておいて、どの問題を解くか計画を立てておきましょう。
目標点数に応じて自分なりの時間配分も決めておきましょう。

センター英語の配点

センター英語の点数配点は、
第1問
発音・アクセント 14点

第2問
文法・語法、整序問題、応答文補充 44点

第3問
対話文、不要文選択、意見要約 41点

第4問
図表問題、広告・書類問題 35点

第5問
長文(メール・手紙) 30点

第6問 
長文読解 36点

となっています。

第3問、第4問を含めた英文読解は142点分あり、全体の7割を超えている点数です。
現在のセンター試験では、英文読解が大部分を占めています。

この点数配分により、高得点(160点以上)や、平均点(120点程度)を目指すには、確実に英文読解の力が必要となります。

例えば、文法・語法問題は苦手だが長文を読むのが得意な受験生が7割得点(140点)を目指す場合、極端な話をすれば第1問、第2問0点でも第3問以降満点を取れば目標は達成できます。
そんなことを本番ではできないので、
第1問 6点
第2問 20点
第3問 30点
第4問 25点
第5問 24点
第6問 36点   合計141点
くらい健闘すれば、苦手な発音・アクセントや文法・語法問題が半分以下でも、長文読解で点を稼ぐことができていると、何とか穴埋めはできます。

逆に文法・語法問題は得意だが長文読解が苦手な受験生の場合であれば、
第1問 10点
第2問 36点
第3問 20点
第4問 15点
第5問 12点
第6問 16点   合計109点
となってしまい、平均点を超えることもできません。

あなたがもし、長文読解が苦手であれば、「音読」による「復習」と「復習ノート」で単語・熟語力と構文把握力、そして内容把握力(=速読力)を付けて、長文読解で点を取れるようになりましょう。
長文読解が得意であれば、「音読」での現状維持と、「復習ノート」で文法・語法力をつけていきましょう。

最後に

14641226

この記事では、「音読」と「復習ノート」に何度も触れてきました。
丁寧な「復習」こそが英語力アップの鍵になります。
また、センター試験に限って言えば文法問題よりも長文読解を優先して勉強しましょう。
2次試験では、英文和訳や和文英訳などで厳しく文法をチェックされるため、抜かり無く文法・語法も勉強しましょう。

最後に。毎日毎日【15分勉強法】だけを実行しても英語の成績は上がりません。【1時間勉強法】や【2時間勉強法】の「復習」として、時間のない日に【15分勉強法】を行ってください。
この記事が、あなたの勉強の参考になれば幸いです。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720526
慶應義塾大学 理工学部に通っています。1人旅が趣味で、得意科目は数学と英語です!

関連するカテゴリの人気記事

14650399?w=120

【センター英語対策】3ヶ月で8割9割目指す勉強法&参考書・問題集

14641462?w=120

センター英語のリスニングで確実に8割を取る「レベル別」勉強法

15455019?w=120

センター英語で9割取る人の時間配分や過去問を使った勉強法を公開!

14634635?w=120

【センター英語対策】長文読解で満点を取れる2つのポイント

14650514?w=120

センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

14623885?w=120

【大学受験英語勉強法】高3からでも短期間で長文読解の基礎を固めよう!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay